葬儀での娘婿の挨拶は?場面別の挨拶の例文と注意点・ポイントを解説

葬儀での娘婿の挨拶は?場面別の挨拶の例文と注意点・ポイントを解説

葬儀では遺族を代表して喪主が挨拶をする場面があります。しかし喪主に代わって娘婿が挨拶をする場合にはどのようなことを話したら良いのでしょうか。今回は娘婿の葬儀の挨拶内容についてを中心に、場面別の挨拶の例文や注意点などを詳しく紹介していきます。

最終更新日: 2020年02月22日

娘婿の葬儀の挨拶例って?

葬儀

一般的な葬儀においては、遺族代表の挨拶を行う場が必ずあります。
通常は喪主が挨拶をすることが多いですが、もし娘婿が挨拶をすることになった場合、どのような内容を話せば良いのでしょうか。

今回終活ねっとでは、葬儀での娘婿の挨拶について、娘婿が挨拶をする場合の場面別の例文を紹介したうえで、挨拶をするときの注意点などを解説していきます。

  • 葬儀の喪主は誰がやる?

  • 娘婿が葬儀で挨拶する時の例文

  • 挨拶の注意点・ポイント

以上の項目を軸に解説していきます。
葬儀は誰にとっても非日常的なものですので、何が正解なのかがわからなくなる場面もあるでしょう。

いざというときに焦らないようにぜひ最後までご覧いただき、挨拶をする際の参考にしてみてください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀の喪主は誰が務める?

葬儀

葬儀では、喪主は故人に近しい方から選定されることが多いです。
最も可能性が高いのが配偶者、もしくは両親です。

しかし人によっては配偶者や両親がいらっしゃらない場合もあるでしょう。
その場合は実子の中で最も年齢が高い男性が喪主として選ばれます。

これらはあくまでも一般的な慣習による喪主の選定方法です。
実は喪主の選定の仕方には法的な決まりは無く、どなたが務めても問題はありません。

しかし、上記のような順序で喪主を決めることが一般的です。
なお、もし故人が遺言であらかじめ喪主を指定している場合はそれに従ってください。

娘婿の葬儀の挨拶例

葬儀

葬儀での挨拶は基本的に喪主が務めるものですが、ご病気やご高齢といった事情により挨拶に立つことが難しいこともあるでしょう。
その場合は娘婿が葬儀の挨拶を務めることもあります。

娘婿は故人にとって直系の血族ではありませんが、親族代表として代理を務めても特に問題はありません。

では娘婿が葬儀での挨拶を行う場合、どのような場面でどういった内容を話せば良いのでしょうか。
ここでは、娘婿の葬儀の挨拶例について紹介します。

通夜終了時の挨拶

葬儀での挨拶として、一つ目は通夜終了時の挨拶が挙げられます。
弔問のお礼や生前のエピソードなどを話しながら、通夜振る舞いの席へとご案内します。

また翌日に葬儀・告別式を控えている場合は、最後に開式予定の時間なども加えましょう。
具体的な例文を以下で紹介します。

本日はご多用の中、故人のためにおいでいただき誠にありがとうございました。
お陰様をもちまして、滞りなく通夜を執り行うことができました。

母はにぎやかな場が好きでしたので、こうして皆さんにお集まりいただき喜んでいることと存じます。
本当にありがとうございます。

母は癌による闘病のため半年ほど入院しておりましたが、○日の午前○時○分、息を引き取りました。
皆様の生前のご厚誼と、療養中のお見舞いに、厚く御礼申し上げます。

なお明日の葬儀、告別式は午前10時からとなっております。
ご都合がつきましたらぜひご参列いただけますと有り難く存じいます。

ささやかではございますが、別室にてお食事の席をご用意いたしました。
故人を偲びながら召し上がっていただきたいと思います。

本日は誠にありがとうございました。

出棺の挨拶

葬儀、告別式を終えましたら出棺を行います。
出棺時にも参列者への挨拶を行います。
参列者全体に向けては最後の挨拶となりますので、しっかりと行いましょう。

ここでは初めに娘婿であることを伝えるために自己紹介をします
喪主ではなく娘婿が挨拶をする理由についても、喪主の○○が体調不良により、等の理由を説明すると全体に状況が伝わります。

娘婿の●●でございます。
喪主の○○が体調不良により皆様への挨拶が難しい状況となっておりますため、代わってわたくしが親族を代表してご挨拶申し上げます。

本日はご多用の中ご会葬、ご焼香をいただき、誠にありがとうございました。
お陰様で葬儀・告別式も無事終えることができました。
個人も喜んでいることと思います。

母の病気が発覚してからは家族一同、回復を信じて進んでまいりました。
母自身も弱音を吐かずに戦い続けておりましたが、最後は苦しむことなく眠るように旅立っていきました。
最後が安らかであったことは、私たち家族にとっても救いとなっています。

皆様の生前のご厚誼と、療養中のお見舞いに、故人に代わりまして厚く御礼申し上げます。
今後も私たち家族を見守っていただきますと同時に、これまでと変わりのないお付き合いをお願い申し上げます。

本日は最後までお見送りいただき、誠にありがとうございました。

終活ねっとでは葬儀に関する様々な記事を紹介しています。
喪主の挨拶についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

挨拶をするときの注意点・ポイント

人々

喪主ではなく娘婿が挨拶をする場合でも、通常と同じようにマナーには気を配りましょう。
ここでは葬儀時の挨拶の注意点を解説します。

挨拶は3分程度にまとめる

葬儀での挨拶は丁寧に行うべきですが、あまり長すぎると式の進行に影響が出たり、参列者を疲れさせてしまいます。

要点を抑えながらできるだけ簡潔な挨拶を心がけてください。
目安としては3分に収まるように話すと良いでしょう。

葬儀の挨拶は、事前に用意した紙を見ながら話しても問題ありません
暗記することに不安がある方はメモを持参しましょう。

挨拶文を考える際は下書きの段階で一度読み上げ、何分かかるか、読みにくいところはないかどうか等をチェックすることをおすすめします。
その上で清書するようにしてください。

忌み言葉を避ける

弔事においては、忌み言葉を使うことはマナー違反です。
香典などで死や苦といった連想を避けるため、4や9の数字を嫌うのはそのためです。

また重ね言葉につきましても、弔事が重なることを思わせることから弔事での挨拶では使用しないことがマナーとされています。
忌み言葉の例を以下で紹介します。

  • 不幸や死を連想させる言葉

    死ぬ、四、九、流れる、離れる、など

  • 重ね言葉

    たまたま、重ね重ね、度々、かえすがえす、など

  • 重ね言葉以外でも繰り返しを連想させる言葉

    繰り返し、再び、戻る、など

四や九などに派生して、できるだけ「し」や「く」といった音も避けたほうが良いと言われています。
例えばシクラメンという言葉が相当します。

また忙しいという言葉も、亡という字が入っていることなどからできれば避けたほうが良いとされています。

忙しいという言葉は挨拶の際はどうしても必要になりがちですが、ご多用のところ、というような表現に変えるなどすると丁寧さが伝わるでしょう。

ゆっくりと話す

長すぎる挨拶が望ましくないからと言って急いでしまいますと、参列者に感謝の気持ちが伝わりません。

葬儀での挨拶はできるだけゆっくりと、焦らずに気持ちが伝わるようにしましょう。
特に娘婿の立場ですと緊張するかもしれませんが、落ち着いて挨拶に臨みましょう。

終活ねっとでは葬儀に関する様々な記事を紹介しています。
葬儀マナーについてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

娘婿の葬儀の挨拶についてまとめ

人々

いかがでしたでしょうか。
今回終活ねっとでは、葬儀での娘婿の挨拶について以下のことを紹介してきました。

  • 葬儀の喪主は基本的には直系の血族から選ぶ。
    配偶者、両親、長子などが務めることが多い。
    ただし誰を喪主にするかは法的な決まりは無いので自由に選んで構わない。

  • 通常、娘婿が喪主に選定されることはないが、喪主が病気などで挨拶ができない場合は親族代表として喪主に代わって挨拶をすることがある。

    挨拶の内容は本来喪主がするものと同じ内容で構わないが、最初に自身が娘婿であることを述べるとどういう立場なのかが全体に伝わる。

  • 葬儀での挨拶は簡潔にゆっくりと心を込めて述べる。
    時間にすると3分くらいが望ましい。

    忌み言葉など葬儀に相応しくない言葉は避けなければならないため、内容を考える時には注意する。

娘婿だけでなくどのような立場の方でも、喪主に代わって葬儀の挨拶をしなくてはならない場面が訪れる可能性はあるでしょう。

いざという時に慌てないためにも、葬儀ではどういった挨拶が必要になるのかを一通り覚えておきましょう。
最後までお読みいただきありがとうございました。

終活ねっとでは葬儀に関する様々な記事を紹介しています。
葬儀に関する挨拶についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説のサムネイル画像
    ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説

    大切な方とのお別れはいつ訪れるか分かりません。いざ最期のお別れを迎えた時に、落ち着いて葬儀の準備をすることはとても大変です。今回終活ねっとではご臨終から葬儀までの手順について解説していきます。いざという時のために葬儀までの手順を把握しておきましょう。

  • 葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説しますのサムネイル画像
    葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説します

    葬儀に行くときに身に着けるものって迷いますよね。葬儀に参列される際、髪型や服装、身に着けるアクセサリー、持っていくバックなども様々な決まり事があります。この記事では、葬儀にふさわしいバックの選び方のポイントを紹介します。

  • 葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像
    葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

    故人とのお別れの時間を過ごすご葬儀の場で、故人を偲び、ご遺族と悲しみを分かち合う時。その場に合う装いはとても大切です。しかし、大切だからとアクセサリーで身を飾るのは相応しくない場です。今回は、ご葬儀の場で失礼にならないアクセサリーの身に着け方をご紹介します。

  • 葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像
    葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

    この記事では、葬儀のマナーの中でも特にネクタイの色や結び方などの常識について書いていきたいと思います。また、例えば葬儀の際のネクタイの色や結び方など常識とされているものがなぜそうなのかという点にも注目していきたいと思います。

  • 葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像
    葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

    家族葬や直葬など様々な種類の葬儀を聞いたことはありませんか?自分たちはどの葬儀をすればいいのかわからないですよね?この記事で全ての種類の葬儀の特徴や違いを説明いたします。ご自身がどの葬儀を選択すればいいのか必ずわかるはずです!

  • 大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説のサムネイル画像
    大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説

    冠婚葬祭には、行っていい日取りと、行ってはいけない日取りがあります。結婚式は大安にあげると良いとされているのは知ってる方も多いと思いますが、葬儀の日取りは六曜と関係があるのでしょうか。大安の日に葬儀を行ってもいいのかについてや、六曜の意味なども解説します。

  • 葬儀にふさわしいネックレスの色や形とは?NGなアクセサリーも解説のサムネイル画像
    葬儀にふさわしいネックレスの色や形とは?NGなアクセサリーも解説

    葬儀に参列するとき、女性は喪服に真珠のネックレスをつけている印象がありませんか?一口に真珠のネックレスと言っても、色や長さなどいろいろな種類があります。今回は、葬儀にふさわしいネックレスがどんなものなのか、ご説明したいと思います。

  • 葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!のサムネイル画像
    葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!

    お葬式が終わった後にも、残されたご家族にはたくさんにやらなければならない葬儀後の手続きがあります。葬儀後の手続きをしっかりと行わないと、損をしてしまう場合があるので注意が必要です。今回はそんな葬儀後の手続きについて、年金や相続の手続きとともに解説します。

  • 葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!のサムネイル画像
    葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!

    現在は、故人や家族の想いや事情に合わせた葬儀をさまざまな場所で執り行うことができます。何人くらいの人に来てもらい、どんな形式と流れで故人を送るかにより場所の選び方は変わってきます。いざというとき、何を基準にどんな葬儀の場所を選べばいいのかを考えてみましょう。

  • 葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像
    葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

    近親者が亡くなった場合、社会人の常識として自分や故人が所属する会社へ連絡を行います。連絡を受けた会社側は、葬儀への参列などについて社内規則に沿って対応を行います。これら葬儀に関する一連の流れの中で、双方が注意すべき点をまとめました。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事