葬儀で長男が喪主を務める際の挨拶は?通夜・告別式別に例文を紹介

葬儀で長男が喪主を務める際の挨拶は?通夜・告別式別に例文を紹介

葬儀を行う場合は長男が喪主を務める場合が多いです。喪主の葬儀の挨拶はどのようにすれば良いか迷う方もおられるのではないでしょうか。今回は葬儀で長男が喪主を務める際の挨拶について、通夜や告別式ごとの挨拶例文や挨拶のマナーまでご紹介していきます。

2020-02-12

葬儀での長男の挨拶について

葬儀

葬儀を行う際、誰が喪主になるかは定められてはいませんが長男が喪主を務めることが多いでしょう。
実際に喪主を任された際、葬儀での挨拶をどうすれば良いか迷う方も多いのではないでしょうか。

今回終活ねっとでは、葬儀で長男が喪主を務める際の挨拶について以下の項目を解説していきます。

  • 葬儀の挨拶のタイミング・内容

  • 通夜において、長男が喪主を務める場合の挨拶例

  • 告別式において、長男が喪主を務める場合の挨拶例

  • 葬儀の挨拶において注意すべきマナー

通夜・告別式の場面別の挨拶例や挨拶時のマナーも解説します。
少ない機会ではあるものの、喪主として挨拶をする可能性はどなたにでもあるものです。

故人との最後の別れである葬儀をしっかり作り上げるためにも、ぜひ最後までお読みいただき、挨拶のマナーをしっかり知っておきましょう。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀の挨拶について

葬儀

喪主となる長男が葬儀で挨拶をする場面はいくつかあります。
どのタイミングでどういった内容の挨拶をすれば良いのでしょうか。
ここでは葬儀の挨拶について、挨拶のタイミングや内容を解説します。

挨拶のタイミング

長男に限らず、喪主となった人は葬儀において全体の前で挨拶をする機会があります。
具体的には通夜終了時・通夜振る舞い・告別式終了時と出棺・精進落としの場面となります。

通夜や告別式の終了時・出棺においての挨拶は、参列者全員に対しての挨拶となります。
通夜終了時につきましては翌日の葬儀の告知の意味も含みます。

通夜振る舞いや精進落としの際の挨拶は、主に親族に対するものとなります。
参列いただいたことに対する感謝や、僧侶へのお礼といった意味があります。

挨拶に入れる内容

通夜や告別式で参列者全員に挨拶する場合、また精進落としなどで親族を中心に挨拶をする場合も、それぞれ基本となる喪主の挨拶があります。

どの場合でも必ず用いる挨拶の最低限の内容を解説します。

  • 話し手と故人との関係

    ご自身が故人とどのような関係だったかを明らかにします。

  • 参列へのお礼

    参列者全員に対し、感謝の言葉を述べます。

  • 生前の厚意へのお礼

    参列者の方々は故人に生前、厚意を寄せて下さったことでしょう。
    それに対するお礼をしっかりと述べます。

  • 家族へ支援のお願い

    故人が逝去した後も、遺族である家族に向けて支援をお願いするという形で挨拶を締めます。

具体的な喪主の挨拶の例文は次でご紹介します。

通夜で長男が喪主を務める場合の挨拶

葬儀

通夜で喪主が挨拶をする場面は、通夜終了時と通夜振る舞いの開始時・終了時です。
長男が喪主を務める際の通夜の挨拶例について解説します。

なおここでの喪主は、長男が務めているものとします。

通夜終了時の挨拶

長男が喪主を務める場合の通夜終了時の挨拶は、以下のようなものになります。
前の段落でご紹介した挨拶の基本を踏まえたうえで、通夜についての内容を加えてあります。

○○(故人の名前)の長男の●●(ご自身の名前)でございます。
本日は、お忙しいところ亡き父○○(故人のお名前)の通夜に参列いただき、誠にありがとうございます。
故人が生前たまわりましたご厚誼とご厚情に、心より感謝申し上げます。

皆様にお集まりいただき、父も喜んでいることと思います。
私たち家族はこれから父のいない人生を歩むこととなりますが、ぜひこれからもご支援のほどをよろしくお願い申し上げます。
本日は、ありがとうございました。

なお明日の告別式は午後○○時からとなっております。
お時間がございましたら、ぜひ参列くださいませ。
本日は遅くまで本当にありがとうございました。

通夜振る舞い前の挨拶

通夜が終わりますと、次は通夜振る舞いとなります。
こちらでは主に親族への挨拶となります。
喪主の通夜振る舞い開始時の挨拶を紹介します。

○○(故人の名前)の長男の●●(ご自身の名前)でございます。
本日はお忙しい中、通夜に参列いただきありがとうございました。

皆様にお集まりいただき、父も喜んでいることと思います。
闘病が長引いておりましたが、最後は安らかに旅立つことができました。
最後にこうして皆さまのお見送りがあったことで、父も安心していることでしょう。

ささやかではございますが、お料理をご用意いたしました。
お召し上がりいただきながら、父の思い出話などをお聞かせいただければ幸いです。

通夜振る舞い後の挨拶

通夜振る舞いが終わったときにも、喪主の挨拶が必要となります。
こちらでも次の日の葬儀の案内があると良いでしょう。
喪主の通夜振る舞い終了時の挨拶を紹介します。

本日は父○○(故人の名前)の通夜に参列いただき誠にありがとうございました。

生前の父につきましてお話をお聞きしたいことはまだまだございますが、明日に向けまして本日はこれをもちまして終了とさせていただきます。

明日の葬儀、告別式は□□時からを予定しております。
お時間がございましたらぜひお集まりください。

本日は遅い時間まで誠にありがとうございました。

終活ねっとでは葬儀に関する様々な記事を紹介しています。
通夜での受付の挨拶についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

告別式で長男が喪主を務める場合の挨拶

葬儀

告別式におきましても、喪主が挨拶する場面が3つほどあります。
長男が喪主を務める際の告別式の挨拶例文をご紹介します。

こちらでも、喪主は長男が務めているという設定です。

告別式後・出棺の際の挨拶

告別式で喪主は出棺の際に挨拶をします。
一般の参列者に対してはこの挨拶が最後となりますので、しっかり行いましょう。

故人の闘病や生前のエピソードなども加えますと、故人の人となりが伝わるので入れるようにしましょう。

長男の●●(ご自身の名前)と申します。
遺族を代表してご挨拶させていただきます。
本日はご多用中にもかかわらず、父○○(故人の名前)のためにお集まりくださいまして、ありがとうございます。

おかげをもちまして、つつがなく式を執り行うことができ、これより出棺の運びとなりました。
最後までお見送り頂きまして、父も喜んでいる事と思います。

父は特に大きな病気をすることなく、最後は眠るように旅立ちました。
父の人生を思いますと決して平坦な道のりではありませんでしたが、最後が安らかであったことで私たち家族も救われたような思いです。

私たち家族はこれから父のいない人生を歩むことになりますが、今後とも、亡き父同様、ご指導ご厚誼を賜りますことができましたら有り難く思います。

お世話になった皆様に父に代わって、心よりお礼を申し上げます。
本日はご参列、誠にありがとうございました。

精進落とし前の挨拶

告別式が終わりましたら、親族で集まり精進落としとなります。
このタイミングでも喪主の挨拶があります。
精進落とし開始の挨拶例を紹介します。

皆様、本日は誠にありがとうございました。
おかげをもちまして父○○(故人の名前)の葬儀、告別式ともに、どこおりなく終えることができました。
皆様におかれましてはご多用の中お集まりいただき、あらためてお礼を申し上げます。

ささやかではございますが、皆様への感謝と慰労を兼ねまして席をご用意いたしました。
お召し上がりになりながら、父の思い出話などをお聞かせ頂けますと有り難く思います。

本日は本当に、ありがとうございました。

精進落とし後の挨拶

精進落としの会食後のにも喪主の挨拶が入ります。
ここで葬儀関連の挨拶は終了となりますので、心を込めて挨拶をしてください。
以下で精進落とし終了時の挨拶例を紹介します。

皆様、本日はお忙しい中ありがとうございました。
故人の思い出話などをもっとおうかがいしたいところですが、お時間となりましたのでそろそろお開きとさせていただきたく思います。
十分なおもてなしもできずに、申し訳ございません。

父が生前に賜りましたご厚情に改めて感謝申し上げます。
皆様におかれましては、今までと同じように、私たち家族を見守っていただきたいと思っております。

なお四十九日の法要につきましては、後日改めましてご案内させて頂きますのでお時間とご都合が許しますようでしたら、ぜひ足をお運びいただきたいと存じます。

本日はまことにありがとうございました。

終活ねっとでは葬儀に関する様々な記事を紹介しています。
以下の記事では出棺の際の挨拶例に加え、出棺の際の持ち物や服装などのマナーも解説しているのでぜひご覧ください。

葬儀の挨拶でのマナー

葬儀

葬儀での挨拶は細かく決まっているようなものではありません。
しかし参列者の方に不快な思いをさせないように、最低限のマナーは守る必要があります。
ここでは、葬儀での挨拶のマナーを説明します。

  • 話す時間の目安

    挨拶はできるだけ丁寧に行う必要がありますが、あまりに長すぎるのは好ましくないです。
    できるだけ簡潔に抑えるようにしましょう。
    時間の目安としては、3分くらいを最長として考えると良いです。

  • 使用してはいけない言葉がある

    弔事の際は、不吉な言葉を避けることがマナーです。
    具体的には死や苦といった言葉は避けてください。

    また重ね言葉も弔事が重なることを連想させるので避けましょう。
    重ね言葉とはたびたび、いよいよ、ますますといったような言葉となります。

葬儀での長男の挨拶についてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。
今回終活ねっとでは、葬儀で長男が喪主を務める際の挨拶についてをご紹介してまいりました。

  • 葬儀での挨拶の主なタイミングは、通夜終了時・通夜振る舞い・告別式終了時と出棺・精進落としである。
    参列者や親族に対して喪主から行うので、参列していただいたことへの感謝や生前の厚意へのお礼などを述べる。

  • 長男が喪主を務める場合は、挨拶の際に故人との関係性を明確に述べる。

  • 通夜や告別式の挨拶では、故人の生前のエピソードなどを加えると、人となりが伝わる。

  • 挨拶は丁寧に行うべきだが、あまりに長すぎるものは好ましくない。
    できるだけ簡潔に抑え、長くても3分ほどに抑えて話す

  • 弔事の挨拶では、死や苦といった不吉な言葉は避けるようにする。
    たびたび、ますますといったような重ね言葉も好ましくないため気を付ける。

通夜や告別式での挨拶は、故人の最後の旅立ちのお手伝いにもなります。
ぜひ心を込めて、参列者に対する感謝などを述べるようにしてください。

終活ねっとでは葬儀に関する様々な記事を紹介しています。
葬儀での挨拶についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀・挨拶・長男」に関連する記事

  • 葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像
    葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

    この記事では、葬儀のマナーの中でも特にネクタイの色や結び方などの常識について書いていきたいと思います。また、例えば葬儀の際のネクタイの色や結び方など常識とされているものがなぜそうなのかという点にも注目していきたいと思います。

  • 葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!のサムネイル画像
    葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!

    現在は、故人や家族の想いや事情に合わせた葬儀をさまざまな場所で執り行うことができます。何人くらいの人に来てもらい、どんな形式と流れで故人を送るかにより場所の選び方は変わってきます。いざというとき、何を基準にどんな葬儀の場所を選べばいいのかを考えてみましょう。

  • 葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像
    葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

    近親者が亡くなった場合、社会人の常識として自分や故人が所属する会社へ連絡を行います。連絡を受けた会社側は、葬儀への参列などについて社内規則に沿って対応を行います。これら葬儀に関する一連の流れの中で、双方が注意すべき点をまとめました。

  • 葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像
    葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

    家族葬や直葬など様々な種類の葬儀を聞いたことはありませんか?自分たちはどの葬儀をすればいいのかわからないですよね?この記事で全ての種類の葬儀の特徴や違いを説明いたします。ご自身がどの葬儀を選択すればいいのか必ずわかるはずです!

  • ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説のサムネイル画像
    ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説

    大切な方とのお別れはいつ訪れるか分かりません。いざ最期のお別れを迎えた時に、落ち着いて葬儀の準備をすることはとても大変です。今回終活ねっとではご臨終から葬儀までの手順について解説していきます。いざという時のために葬儀までの手順を把握しておきましょう。

  • 葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!のサムネイル画像
    葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!

    お葬式が終わった後にも、残されたご家族にはたくさんにやらなければならない葬儀後の手続きがあります。葬儀後の手続きをしっかりと行わないと、損をしてしまう場合があるので注意が必要です。今回はそんな葬儀後の手続きについて、年金や相続の手続きとともに解説します。

  • 葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説のサムネイル画像
    葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説

    身近な人が亡くなったとき、葬儀の日程を決めなくてはなりません。急いで決めなくてはならない状況で、どのようなことに気を付けて決めればよいのでしょうか?この記事では、葬儀日程を決めるうえで押さえておくべき項目や、決まった日程のお知らせについてを紹介しております。

  • 大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説のサムネイル画像
    大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説

    冠婚葬祭には、行っていい日取りと、行ってはいけない日取りがあります。結婚式は大安にあげると良いとされているのは知ってる方も多いと思いますが、葬儀の日取りは六曜と関係があるのでしょうか。大安の日に葬儀を行ってもいいのかについてや、六曜の意味なども解説します。

  • 葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像
    葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

    故人とのお別れの時間を過ごすご葬儀の場で、故人を偲び、ご遺族と悲しみを分かち合う時。その場に合う装いはとても大切です。しかし、大切だからとアクセサリーで身を飾るのは相応しくない場です。今回は、ご葬儀の場で失礼にならないアクセサリーの身に着け方をご紹介します。

  • 葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説しますのサムネイル画像
    葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説します

    葬儀に行くときに身に着けるものって迷いますよね。葬儀に参列される際、髪型や服装、身に着けるアクセサリー、持っていくバックなども様々な決まり事があります。この記事では、葬儀にふさわしいバックの選び方のポイントを紹介します。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料