家族葬なのに参列してもいいの?香典や服装などのマナーも解説!

家族葬なのに参列してもいいの?香典や服装などのマナーも解説!

家族葬なのに参列することはできるのでしょうか。少人数で行う家族葬ですが、どのような場合に誰が参列できるのかは気になるところです。そこで今回は、家族葬なのに参列してもいいのかについて、香典や服装などのマナーにも触れながら解説していきます。

最終更新日: 2020年06月27日

家族葬への参列について

葬儀

家族葬なのに、家族・親族以外の方が参列することはできるのでしょうか。
家族葬は少人数で行うイメージがありますが、どのような場合にどのような人が参列できるのかは、気になるところです。

そこで今回「終活ねっと」では、家族葬なのに参列してもいいのかについて、以下の項目を解説していきます。

  • そもそも家族葬とは?

  • 家族葬なのに参列することはできる?

  • 参列時のマナーは?

  • お世話になった人なのに参列できない場合は?

参列する場合の、香典や服装などのマナーについても知ることができます。
ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。

状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

家族葬とは?

葬儀

家族葬に、明確な定義はありません。
ですが一般的には、家族や親族、故人と親しかった友人などの少人数で行う葬儀を家族葬と呼びます。

家族葬は10~30名程度の人数で行われることが多く、流れなどは一般的な葬儀と同じです。
故人を静かに見送りたい方や、参列者の人数が少ない場合によく選ばれています。
従来の葬儀と比べると、費用面の負担が少なく済む点も家族葬のメリットです。

家族葬のプランは、455,000円(税抜)よりご用意しており、「終活ねっと」の早割で最大71,000円の割引もご利用いただけます。
葬儀についてお困りでしたら、24時間365日電話対応しておりますので、お気軽にご相談ください。



家族葬なのに参列してもいいの?

困った人々

家族葬なのに、参列することはできるのでしょうか。
故人と親しい間柄のみで行われる家族葬ですが、どのような場合に参列できるのかは気になるところです。

ここでは、家族葬なのに参列できるのかについて、詳細を見ていきます。

参列願いがあったときのみ

家族葬なのに参列できる場合は、ご遺族から参列願いが送られてきたときのみです。

加えて、葬儀の会場や日時などの詳細が記載されていて、参列を辞退する旨の記載がない場合も参列して良いでしょう。
不安がある場合は、ご遺族に確認してから伺うと確実です。

一方で、訃報の連絡を頂いた際に参列は不要である旨が記載されていたり、葬儀の詳細に関する情報が一切書かれていない場合は参列すべきではありません。

また、基本的に家族葬には参列しないため、「家族葬」とのみ連絡を受けた場合も参列しないものと考えましょう。

参列するときのマナー

家族葬に参列する場合は、どのようなマナーに気を付けたら良いのでしょうか。
ここでは家族葬でのマナーについて見ていきます。

お香典

一般的な葬儀とは異なり、家族葬では香典を辞退するケースが多くあります。
訃報の連絡に、香典を辞退する旨が記載されていることも珍しくありません。
よって家族葬に参列する場合は、香典を辞退していないかを確認しましょう。

香典を辞退する旨が記載されていれば、ご遺族の意向に沿うのが基本です。
お悔やみの気持ちだからと無理に香典を渡しても、受け取ったご遺族は予想外の事態に戸惑ったり、香典返しを贈る必要が出てきます。

ご遺族の負担に繋がってしまいますので、香典を辞退する旨の連絡があった場合は、用意する必要はありません。

一方で、香典についての記載がない場合は、用意しておくのが無難です。

香典を渡す場合の金額ですが、相場は一般的な葬儀と同じです。
親であれば10万円、兄弟姉妹は3万円、祖父母や親戚であれば1万円が目安です。
親族ではなく友人や職場関係であれば、5000円が目安となります。

服装

家族葬に参列する際の服装は、一般的な葬儀と同じです。
喪服や礼服を着用しましょう。

親族の男性や、親族以外の参列者の男性も、黒のスーツに白いワイシャツで、黒のネクタイを合わせるのが基本です。
ベルトや靴下、靴もすべて黒で揃えます。

親族の女性の場合も、礼服を着用します。
ストッキングも黒を着用し、髪留めも黒やグレーなどの控え目な色で装飾が少ないものを選びます。
また、スカートの丈は膝下丈で短すぎないものを身に着けましょう。

親族以外の参列者の女性であれば、喪服や礼服ではないフォーマルな黒の服装でも問題ありません。
ただし、光沢のある素材を使った服は避けるようにしましょう。

家族葬での喪主の仕事については以下の記事で詳しく説明しているのでぜひご参考ください。

お世話になった人なのに参列できないとき

葬儀

家族葬は家族や親族などの少人数で執り行う葬儀です。
そのため、参列したくてもできない場合があります。
お世話になった人の葬儀なのに参列できないときは、どのような対応をすれば良いのでしょうか。

ここでは、参列する以外の対応について見ていきます。

弔問してもいいの?

葬儀が終わり、ご遺族の方が一段落したタイミングで弔問することは可能です。

弔問する場合、葬儀直後はご遺族も慌ただしいため、葬儀が終わってから1週間程度空けるのが理想です。
もちろん、弔問の際は前もって連絡を入れておくようにしましょう。

ただし家族葬を行う家庭によっては、後日の弔問を迷惑に思われてしまう場合があります。
ご遺族に弔問を辞退する旨の意思があれば、意向を汲んで弔問は控えるようにしましょう。

その他の弔意の表し方

弔問する以外にも、故人への弔意の表し方があります。
具体的には、以下の通りです。

弔電

弔電は、通夜や葬儀に参列できない場合に送ることで弔意を示せる電報です。
受け取ってもお返しをする必要が無く、ご遺族にとって負担がかからない弔意の表し方です。

尚、弔電を送る場合、通夜の開始前までに届けるのがマナーです。
葬儀後に送ることはマナー違反となりますので、余裕をもって手配するようにしましょう。

供花

供花は葬儀場で供えられる生花のことで、故人への弔意を表します。
お悔やみの気持ちがあれば誰でも送ることが可能で、斎場の入り口や祭壇に飾られます。

ただし、供花を頂いたらお返しをしなければならないことから、ご遺族にとって負担となる場合があります。
家族葬で供花を送りたい場合は、前もってご遺族に確認しておくと良いでしょう。

外来語がそのまま定着していることも多い花の名前ですが、日本語の「和名」を知ることで、より深くその花を知ることができるのではないでしょうか?身近な花の、美しい「和名」について気になるという方はこちらの記事も併せてご覧ください。

お香典

葬儀が終わった後日に、香典を送る方法もあります。

ただし前述したように、香典を受け取ったご遺族は香典返しを用意しなくてはなりません。
そのため、後日の香典も供花と同様に、ご遺族にとって負担となる場合があります。

訃報の連絡に香典を辞退する旨が記載されていた場合は、ご遺族の意向を汲んで遠慮するようにしましょう。

香典の辞退に関するご遺族の意思が不明な場合は、前もって確認しておくと安心です。
ご遺族に確認した上で問題が無ければ、香典を郵送するようにしましょう。

弔電などの断り方については以下の記事で詳しく説明しているのでぜひご参考ください。

家族葬なのに参列していいかについてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。
今回の「終活ねっと」では、家族葬なのに参列してもいいのかについて、香典や服装などのマナーにも触れながら以下の項目を解説していきました。

  • 家族葬には明確な定義があるわけではないが、家族や親族、故人と親しかった友人などの少人数で行う葬儀のことを指す。
    一般的には、10~30名程度の人数で行われるものが多い。

  • 基本的に、家族葬には参列しない。
    家族葬なのに参列できる場合とは、ご遺族から参列願いが送られてきたときのみ

  • 家族葬では香典を辞退するケースが多いため、事前に確認しておくようにする。
    香典を辞退するというご遺族の意向があれば、それを尊重するのがマナー。
    また、家族葬に参列する場合の服装は、喪服や礼服を着用するのが基本。

  • 家族葬に参列できない場合、弔電・供花・香典を送ったり、弔問することで弔意を示す方法がある。
    ただし方法によっては、ご遺族の負担になる場合があるため注意が必要。

家族葬なのに参列できるのかについて、様々なマナーを知ることができました。
家族葬の場合、一般的な葬儀とは違ったマナーがあるため注意が必要です。

家族葬なのに参列しても良いのか迷われている方にとって、この記事が少しでも役に立ちましたら幸いです。

家族葬の費用については以下の記事で詳しく説明しているのでぜひご参考ください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事