家族葬で会社からの弔問を断っていい?連絡方法や会社側の対応も解説

家族葬で会社からの弔問を断っていい?連絡方法や会社側の対応も解説

ご家族の方が亡くなった場合に、家族葬を行うご遺族もいらっしゃいます。家族葬を行うと、後日弔問を希望される方もいるでしょう。もし会社から弔問を希望された場合、断ることはできるのでしょうか。今回は、家族葬で会社からの弔問を断って良いかについて解説します。

最終更新日: 2020年06月27日

家族葬での会社からの弔問について

葬儀

近年の日本では様々な葬儀形式で葬儀が行われており、家族葬を選ばれるご遺族も増えてきています。
家族葬で葬儀を行った場合、葬儀後に弔問に伺うことを希望される方が現れる可能性があります。

弔問を希望された場合には、個別に対応をしなければいけません。
では、もし会社から弔問を希望された場合、断ることはできるのでしょうか。

今回「終活ねっと」では、家族葬での会社からの弔問を断って良いかについて以下のポイントを中心に解説します。

  • 家族葬とは

  • 会社からの弔問は断っても良い?

  • 会社側がとるべき対応

  • 会社以外にはどうやって訃報連絡をするの?

万が一身内の方に不幸があり家族葬を行うのであれば、弔問の対応をする必要も出てきます。
ご遺族側だけでなく、会社側がとるべき対応についても触れています。
ぜひ最後までご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、必要なものを厳選した低価格かつ高品質なセットプラン5つの葬儀形式からお選びいただけます。

「終活ねっとのお葬式」ついて詳しくはこちらをご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、全国の斎場葬儀/家族葬を執り行うことが可能です。
お近くの葬儀場・斎場をお探しの方はぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

家族葬とは?

葬儀

そもそも家族葬とは、どういった葬儀形式なのでしょうか。
家族葬とは、故人のご遺族・親族や特に親しくしていた方のみで行う小規模な葬儀形式です。

葬儀の内容自体は一般葬と同じでまずお通夜を行い、翌日にお葬式を行います。

一般葬と違い参列者の人数が少ないので、ご遺族の方の負担が軽減されるという特徴があります。

また葬儀費用も一般葬に比べると安く抑えられるため、葬儀費用を抑えたい方にも人気のある葬儀形式です。

近年の日本では、周囲の方との付き合い方や家族形態などが変化してきました。
家族葬はこういった変化に対して適している葬儀形式となっており、最近では一般葬に次いで選択されることが多い葬儀形式となっています。

「終活ねっとのお葬式」では、必要なものを厳選した高品質かつ低価格の家族葬プランを455,000円(税抜)よりご用意しています。

また、事前の資料請求で通常価格から5,000円割引、終活ねっとの早割のお申し込みで最大75,000円割引もご利用いただけます。

家族葬プランの特徴・内容・流れなどの詳細はこちらからご覧ください。



会社からの弔問を断ってもいい?

困った人々

ここまでは、家族葬がどういった葬儀形式なのかご紹介をしてきました。
家族葬は故人のご遺族や親族といった方のみが参列をするので、他の方は葬儀に参列できません。
その代わりに、葬儀終了後に弔問に伺うことを希望される方が現れることもあります。

もし家族葬後に会社から弔問を希望された場合、断ることはできるのでしょうか。
ここでは、家族葬で会社からの弔問を断っても良いかについて解説します。

弔問を断ってもよい

結論から述べると、会社からの弔問はお断りしても問題はありません
弔問はご遺族の方に負担がかかるので、弔問を依頼する側はご遺族の意思を尊重することがマナーとされています。

ご遺族の方の遺志で弔問をお断りしたからといって、相手の方に失礼な行為となる訳ではありません。

会社の方だからといって無理をして弔問を許可するのではなく、無理な場合にはちゃんとお断りをすると良いでしょう。

弔問や香典辞退の伝え方

家族葬を行う場合、弔問や香典を辞退するのであれば相手の方にその旨を伝えることがマナーです。
弔問や香典辞退はどのように伝えると良いのでしょうか。

弔問や香典を辞退する場合、故人の遺志または故人とご遺族の意思であることをお伝えしましょう。
以下に弔問や香典を辞退する際の文例をご紹介しますので、参考にしてください。

故人の遺志により、お香典や弔問はご辞退させていただいております。

会社への訃報連絡について

身内の方が亡くなった場合には、訃報連絡をしなければいけません。
故人の方が会社に勤めている場合やご遺族の方が会社に勤めている場合には、会社にも訃報連絡をする必要があります。

以下に会社への訃報連絡で伝える内容や文例をご紹介しますので、覚えておきましょう。

故人の務めていた会社

故人の方が会社に勤めていた場合、故人の勤め先に訃報連絡をする必要があります。
この場合、会社内でも様々な手続きが必要になるので葬儀前に訃報連絡をすることが基本となります。

故人の勤め先に訃報連絡をする場合には、以下の内容を伝えるようにしてください。

  • 亡くなった方の氏名・亡くなった日時

    会社側に誰がいつ亡くなったのかお伝えしなければいけません。
    また連絡している方と故人の関係もお伝えするようにしてください。

  • 葬儀形式・日時・場所

    どういった葬儀形式で、いつどこで葬儀を行うのかということもお伝えします。
    もし家族葬を選んで家族のみで葬儀を行うのであれば、日時や場所は省略することもできます。

  • 香典などを辞退している旨

    香典や弔問などを辞退するのであれば、この時点で丁寧にお伝えするようにしてください。

基本的には、上記の内容を会社側にお伝えすることになります。
以下に訃報連絡をする場合の文例をご紹介しますので、こちらも参考にしてさい。

故人の名前の(故人との関係)の○○と申します。
故人の名前が本日○○時に亡くなりました。

通夜式は〇月〇日○○時から、告別式は〇月〇日○○時から△△にて執り行います。
喪主は私○○が務めます。
故人の遺志により、失礼ではありますが香典は辞退させていただきます。

よろしくお願いいたします。

ご遺族の務めている会社

ご遺族の方は忌引き休暇を取得する関係などから、葬儀前に会社へ訃報連絡をする必要があります。

ご遺族の方が務めている会社には、訃報連絡でどういったことをお伝えするといいのでしょうか。
以下に訃報連絡で伝える内容をご紹介します。

  • 故人との関係性・亡くなった日時

    ご遺族の方の務めている会社に訃報連絡をする場合、故人との関係性や亡くなった日時をお伝えします。

    故人との関係性によって忌引き休暇の日数が決定されることがあるので、必ず伝えましょう。

  • 喪主は誰なのか

    会社側からお花などを送る場合に、喪主の名前が必要となります。
    誰が喪主を務めるのかお伝えするようにしましょう。

  • 葬儀の日時・葬儀形式

    葬儀形式と葬儀の日時も必ず伝えなければいけません。
    仮に家族葬で参列をお断りしているのであれば、その旨もお伝えしましょう。

故人の勤め先に訃報連絡をする場合と、基本的にお伝えする内容は同じです。
事前に伝える内容を確認して、会社に漏れなく伝えることができるようにしておきましょう。
以下に、ご遺族の方が務めている会社に訃報連絡をする場合の文例をご紹介します。

○○部の○○です。

本日私の父が他界いたしましたので、ご連絡させていただきました。

通夜は〇月〇日○○時、告別式は○月〇日○○時から△△ホールにて行います。
私が喪主を務めるため、申し訳ございませんが○日までお休みをいただけますでしょうか。

お忙しい所ご迷惑をおかけしますが、何卒宜しくお願い致します。

また「終活ねっと」では他にも様々な記事をご紹介しています。
以下の記事では、家族葬の弔電辞退を会社へ伝える方法を解説しています。
家族葬をお考えの方はぜひこちらもご覧ください。

会社側の対応について

葬儀

ここまでは、家族葬の際に会社からの弔問を断ることができるのかご紹介をしてきました。
ご遺族側の対応についてご説明をしましたが、会社側はどういった対応をするべきなのでしょうか。

ここでは、訃報連絡を受けた際の会社側の対応をご紹介しますので、覚えておきましょう。

社内通知を行う

社員から訃報連絡を受けた場合、社内通知を行う必要があります。
社内通知を行うことで、社員が個人的に弔問や香典をお渡ししてご遺族の方に負担をかけないようにすることができます。

社内通知をする場合、まずはご遺族の方に社内通知を行っても問題ない範囲を確認しましょう。
社内通知を行う範囲が確定したら、葬儀形式や日時、香典などを辞退している旨などを漏れなく伝えましょう。

以下に社内通知を行う際の文例をご紹介します。

○○課 ○○殿のご尊父○○様はご病気のため〇月〇日○○時に永眠されました。

心から哀悼の意を表するとともに謹んでお知らせ申し上げます。
故人の遺志により 通夜及び葬儀は家族葬にて執り行われるとのことです。

家族葬となりますので葬儀日時の記載はいたしませんのでご了承ください。

香典や弔電の準備をする

訃報連絡を受けた後には、葬儀に間に合うように香典や弔電の準備を始めます。
訃報連絡の際に香典を辞退する旨を伝えられている場合には、控えるようにしてください。

会社で香典を準備する場合、会社の規則を確認しなければいけません。
会社の規則で弔慰金が定められているのであれば、そちらに従って香典の準備を行いましょう。

香典などに関しては辞退の旨を伝えられているものの、弔電に関しては辞退されていないこともあります。
弔電は辞退されていなければ送ることができますので、判断に困った場合には確認してから手配を始めましょう。

会社以外への訃報連絡について

葬儀

ご遺族の方は、会社以外の方にも訃報連絡をしなければいけません。
会社以外への訃報連絡では、どういったことをお伝えするのでしょうか。

ここでは、参列を依頼する人と依頼しない人に訃報連絡をする場合について解説します。

参列を依頼する人

葬儀への参列を依頼する人には、葬儀前に訃報連絡をしなければいけません。
訃報連絡では、葬儀形式や日時など葬儀の詳細をしっかりとお伝えしなければいけません。

また香典を辞退しているのであれば、訃報連絡のタイミングでお断りするようにしてください。

参列を依頼しない人

参列を依頼しない人に関しては、基本的に葬儀が終了してから報告をすることになります。
葬儀後に報告をするのであれば、家族のみで家族葬を行ったこと、すぐに連絡ができなかったお詫びをお伝えしましょう。

また弔問や香典を辞退されているのであれば、このタイミングでお伝えしてください。
故人と特に親しくされていた方には、参列を依頼しない場合でも葬儀前に訃報連絡をすることがあります

この場合は、家族葬で葬儀を行うので参列を遠慮することや香典、弔問についてしっかりとお伝えするようにしてください。

また「終活ねっと」では他にも様々な記事をご紹介しています。
以下の記事では、家族葬で喪主がやることについて解説しています。
ぜひこちらもご覧ください。

家族葬での会社からの弔問についてまとめ

葬儀

いかがだったでしょうか。

今回「終活ねっと」では、家族葬で会社からの弔問を断って良いかについて以下のポイントを中心に解説しました。

  • 家族葬とは故人の家族や親族のみが参列をする小規模な葬儀形式である。
    葬儀内容は一般葬と同じだが、参列者の人数が少ないという特徴がある。

  • 弔問はご遺族や故人の意思が尊重されるので、会社から弔問を希望されても断ることは可能である。
    弔問を断るのであれば、訃報連絡の際にお伝えする。

  • 訃報連絡を受けた場合、会社側は社内通知を行う。
    また香典や弔電の準備も葬儀に間に合うように行う。

    香典を辞退する旨を伝えられているのであれば、香典は控えるようにする。

  • 参列を依頼する人には葬儀の詳細や香典に関する情報を、葬儀前に連絡する。
    参列を依頼しない人には、基本的に葬儀終了後に家族葬を行ったことを連絡する。

家族葬で会社から弔問を希望された場合について、お分かりいただけましたでしょうか。
会社から弔問を希望されたとしても、ご遺族の方や故人の意思によってはお断りすることは可能です。

葬儀などにより、ご遺族の方には大きな負担がかかってしまいます。
弔問の対応が難しい、負担となると感じた場合にはちゃんとお断りをするようにしましょう。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

また「終活ねっと」では他にも様々な記事をご紹介しています。
以下の記事では家族葬について、メリット・デメリットや費用について解説しています。
家族葬をお考えの方はぜひこちらもご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事