家族葬で香典や弔問はご遠慮する?伝え方や文例、参列についても解説

家族葬で香典や弔問はご遠慮する?伝え方や文例、参列についても解説

家族葬にしたいけど香典や弔問をご遠慮できるの?と悩んでいる方は多いです。ご遠慮できるとしたらどんな方法でどう伝えれば良いのか、初めての方には分からないことが多いでしょう。今回は、家族葬で香典や弔問はご遠慮できるのか、またその文例についても解説します。

2020-02-13

家族葬の香典や弔問のご遠慮について

葬儀

家族葬は香典や弔問をお断りすることが多いですが、どうにか角を立てずに香典や弔問をご遠慮するにはどうしたら良いのでしょうか。

近年増加傾向にある家族葬ですが、喪主の立場になってみて分からないことが多いことに気づいたという方が多いといわれています。

親しい人達だけで行われる家族葬ですが、家族葬のマナーを知らないと人間関係がこじれることにもなりかねません。
家族葬は喪主のマナーが問われることが意外に多いのです。

今回終活ねっとでは、家族葬で香典や弔問はご遠慮できるのかということについて以下のポイントを中心に解説します。

  • 家族葬で香典や弔問をご遠慮することはできる?

  • 香典・弔問の辞退を伝える方法

  • 香典を辞退したけれど渡された場合の対応

  • 参列をご遠慮したい方にはいつ伝えたら良い?

  • 家族葬に参列するべきかを判断する基準

家族葬の香典や弔問をご遠慮したいとお悩みの方におすすめの記事になっています。
ぜひ最後まで読んでいただき参考にしてくだされば幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

家族葬とはどういったものかを詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

家族葬とは?

葬儀

家族葬とはご遺族・親族や故人との付き合いが深かった友人だけで行う小規模な葬儀のことです。

近年、都市部を中心に親しい人達だけで葬儀を行いたいという方に多く選ばれています。
葬儀の流れも内容も、一般的な葬儀とほぼ同じです。

家族葬は参列者も少なく、ゆったりとした雰囲気の中で故人を見送ることができます。
その反面、故人と親しかった方への配慮が必要とされる葬儀形式です。

家族葬で香典や弔問はご遠慮できる?

葬儀

香典や弔問をご遠慮できるからと家族葬を選ぶ方も多いです。
一般的な葬儀と違い、家族葬は費用を抑えられるメリットがあります。

家族葬を選ぶ理由はさまざまですが、家族葬は香典や弔問は実際にご遠慮できるのでしょうか。
ここでは、家族葬で香典や弔問はご遠慮できるのかということについて解説します。

ご遠慮することはできる

家族葬で香典や弔問をご遠慮することはできます
ここが一般的な葬儀とは違うところですが、家族葬を行うということは香典や弔問に限らず参列などもご遠慮することもできるのです。

家族葬を選ぶ理由としては以下のものが挙げられます。

  • 故人が生前家族葬を希望していた。

  • 葬儀にかかる費用を抑えたい。

  • ご遺族の精神的・肉体的な負担を軽減したい。

  • 限られた人たちでゆっくりと故人を見送りたい。

ご遺族や親族・友人だけで行われる葬儀だからこそ、周りの人の目を気にして派手な演出などしなくても良いのです。

ですが家族葬には、ごく親しい人たちだけで行うという決まった定義はありません
家族とはそれほど面識がなくても、生前の故人と親交の深かった方が参列してくださったら、お亡くなりになった方は喜んでくれるに違いありません。

香典・弔問辞退の伝え方

家族葬で香典・弔問の辞退を伝えるにはどうしたら良いのでしょうか。
香典や弔問を辞退することが、故人や家族の意向であれば別に失礼なことではありません。

ここでは、家族葬の香典・弔問辞退の伝え方を紹介します。
喪主のマナーとして把握しておきましょう。

事前に訃報連絡の中で伝える

訃報の連絡手段は以前は電報が多かったのですが、通信手段が発達している現在ではコミュニケーションツールを使えば一斉に多くの人に訃報を伝えることができます。
しかしSNSなどで訃報連絡をするのは、あまりおすすめできません

訃報連絡には電話や手紙・ハガキを使うことが一般的です。
生前故人と親交のあった方や親族には電話で連絡した方が良いでしょう。

亡くなった日や葬儀の日程を伝えたら、「誠に勝手ながら香典や弔問は辞退させていただきます。
」のように、香典・弔問を辞退する旨を付け加えておきます。

親しい人たちだけで行う家族葬の参列者の人数は限られています。
そのため参列をご遠慮したい人には、葬儀後に訃報連絡をすることが一般的です。

当日に受付で伝える

当日に葬儀場の受付で、香典を辞退することを伝えることもできます。
受付の前に、香典は辞退する旨を書いた看板を葬儀社に用意してもらうことができます。

さらに、葬儀の受付の際に口頭でも実際に伝えるとより丁寧な印象になります。
以下のように伝えられるといいでしょう。

誠に勝手ながら、故人の遺志によりお香典は辞退させていただきます。お気持ちだけありがたく頂戴いたします

葬儀社にも伝えておく必要がある

香典を辞退する旨を葬儀社にも伝えておく必要があります。
ですが地域の風習により香典は受け取った方が良い場合もあります。
事前に葬儀社の方に相談するのが良いでしょう。

参列者が当日参列できない場合に、香典の代わりに祭壇の横に飾る供花を贈ることがあります。
供花は葬儀社を通して準備していただくことがほとんどです。

香典と同じように供花も辞退するのであれば、事前に葬儀社に伝えておきましょう。
葬儀社の方がお断りしてくれますので安心です。

お断りする際の文例

家族葬は親しい人たちだけの少人数で執り行われますので、訃報連絡は葬儀後2週間以内に関係者に送付しましょう。

香典・弔問を辞退する旨をはっきりと記載しておかないと、先方に不快な思いをさせることになりかねません。
後々のトラブル防止のためにも、確実に伝えましょう。

香典・弔問をお断りする際の文例を以下に紹介します。
実際には縦書きで書きます。

父○○○○は 去る○月○日 永眠いたしました
誠に勝手ではございますが 通夜・葬儀につきましては 父の遺志により 家族葬にて執り行いました
ご連絡を差し上げなかったご無礼を どうかお許しください
父が生前に賜りましたご厚情に深く感謝申し上げるとともに 謹んでお知らせ申し上げます
御香典や弔問につきましては 故人の遺志により堅くご辞退申し上げます
令和○○年○月○日
喪主 ○○○○

辞退していても渡された時は無理に断らない

家族葬で香典を辞退していたのに渡されたときは、まず丁寧にお断りしてそれでも受け取って欲しいと言われたら受け取るのがマナーです。
そんなときは相手の方の気持ちを尊重して、無理に断るのは止めましょう

あまりにも頑なにお断りすると今後の人間関係がギクシャクして、取り返しのつかないことになってしまう可能性があります。

また香典を渡せなかったから、せめて気持ちを形で表したいと供え物を贈る人がいます。

悪気があってのことではありませんので、快く受け取ります。
故人の好きなお菓子やお線香などが多いため、仏前にお供えしておくと良いでしょう。

家族雄のプランは、税込493,000円よりご用意しており、終活ねっとの早割で最大7万円の割引もご利用いただけます。
葬儀についてお困りでしたら、24時間365日電話対応しておりますので、お気軽にご相談ください。



参列をご遠慮したい方への対応

困った人々

少人数で行われる家族葬ですから、どこまでの人を呼んで良いのか難しいところです。
ここでは、参列をご遠慮したい方への対応を解説します。

家族葬に呼ぶ範囲

家族葬の参列者の範囲に明確な定義はなく、ご遺族の判断次第で故人と親しい友人や知人を呼ぶこともできます。

ですが、故人との最期のお別れは家族だけでゆっくりと行いたいという場合は、必ずしも親族に声をかける必要はありません。

ただ声をかけて良いのか迷ってしまうような方には、声をかけた方が良いでしょう
後になって、どうして葬儀に呼んでくれなかったとトラブルのもとになることがあります。

参列をご遠慮したい方への対応は?

家族葬では参列をご遠慮したい人への対応として、一般的に葬儀後に葬儀を行ったことを伝えます。
一方で葬儀前に伝えるべき場合もあることをご存知でしょうか。

それでは、参列をご遠慮したい方への対応を解説します。

葬儀前に伝える

家族葬の場合は葬儀の報告は葬儀後にするのが一般的ですが、会社には葬儀前に伝える必要があります。
葬儀の日が出勤日の場合は休まなければいけないことになり、無断欠勤となってしまいます。

また、会社から慶弔休暇を取ったり、慶弔金を受け取ることもできなくなります。
事前に会社が就業規則で慶弔休暇や慶弔金について定めているかを確認しておきましょう。

会社に連絡する際は、家族葬を行うこと・香典や弔問を辞退することを添えておきましょう。

葬儀後に報告する

家族葬は家族や親族・故人の親しかった友人だけで執り行われます。
そのため参列をご遠慮したい人へは葬儀後に、家族葬で無事葬儀を終えたこと、香典弔問辞退の旨を伝えます。

家族葬の場合、訃報連絡は葬儀後2週間以内に報告しても良いとされています。

また終活ねっとでは他にも様々な記事をご紹介しています。
以下の記事では、家族葬に呼ぶ人数について解説しています。
家族葬をお考えの方はぜひこちらもご覧ください。

家族葬で香典や弔問を辞退していたら?

葬儀

家族葬の場合、参列する側の方にとっても参列するべきなのか、香典は準備しなくても良いのかなどの分からないことが多いでしょう。

ここでは家族葬で香典・弔問を辞退していた場合の対応を解説します。

家族葬に参列するかの判断基準

家族葬は近年増加傾向の葬儀形式です。
しかし喪主様・ご遺族の方だけでなく、参列する方も分からないことが多いのが実情です。
家族葬に参列するかの判断基準はどうなっているのでしょうか。

  • 参列してよい場合

    訃報連絡に葬儀会場や開始時刻などの葬儀の詳細が記載されている場合は、それは家族葬の案内状になりますので参列しましょう。
    故人の遺志やご遺族の考えに沿うためにも、都合をつけて参列するようにしましょう。

  • 参列しないほうがよい場合

    人伝に訃報を聞いても、訃報連絡は受け取っていない場合は参列は避けるべきです。

    また訃報連絡を受け取っても葬儀会場や日程が記載されていなければ、訃報の連絡だけになりますので参列は避けましょう
    家族葬は故人やご遺族の気持ちを汲んであげるのがマナーです。

香典や弔問を辞退されていた時の対応

家族葬で香典や弔問を辞退されていたときは、どのような対応をしたら良いのでしょうか。
葬儀に参列している場合と参列していない場合に分けてご紹介します。

葬儀に参列している場合

家族葬では香典・弔問をお断りしているのが一般的です。
家族葬に参列している場合で香典を辞退していたら、香典を無理に渡さないようにしましょう。

香典・弔問の辞退は、故人の生前のご遺志だったりご遺族の意向だということになります。
無理に渡してもかえってご迷惑になってしまいます。

お供物や供花は辞退されてない場合は、贈っても構いません
お供物や供花も辞退されている場合は、何もしないことがマナーです。

葬儀に参列していない場合

後日弔問するようにしますが、香典は持参しません
また、弔問も辞退されている場合は無理に弔意を伝えようとしなくて構いません。
香典も弔問も辞退されているのに、無理を通してしまうのはマナー違反となります。

葬儀前に訃報連絡がきた場合、辞退されていなければ弔電を送ることは良いとされています。

また終活ねっとでは他にも様々な記事をご紹介しています。
以下の記事では、葬儀に参列できない場合の対応について文例とともにご紹介しています。
ぜひこちらもご覧ください。

家族葬の香典や弔問のご遠慮についてまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、家族葬で香典や弔問はご遠慮できるのかということについて以下のことを解説してきました。

  • 家族葬では一般的に香典・弔問をご遠慮することが多く、失礼には当たらないため香典・弔問をお断りできる

  • 香典・弔問辞退の伝え方は、事前に訃報連絡で伝える、当日に葬儀場の受付にその旨を書いた看板を立てる、葬儀社に事前にその旨を伝えておくなどの方法がある。

  • 香典を辞退したのに渡された場合は、一度断ったうえで渡されたら受け取るのがマナーである。

  • 参列をご遠慮したい場合、会社には葬儀前に伝え、その他の人には葬儀後に家族葬を行ったことを伝える。

  • 家族葬には、葬儀会場や開始時刻といった葬儀の詳細が記載された訃報連絡を受け取ったら参列し、訃報連絡を受け取っていない・訃報連絡に葬儀会場や日程が記載されていない場合は参列しないようにする。

家族葬は、一般葬に比べマナーは少なくシンプルなイメージがありますが、細かな約束事がたくさんあるのですね。

喪主様やご遺族の方だけでなく、参列する側の方も知っておかないと思わぬ恥をかいたり、相手方にご迷惑をかけてしまう可能性があります。

家族葬に香典は用意しなくても良いとは言っても、他の方が用意していて渡していたら戸惑ってしまうことでしょう。
取り合えず用意はしておいて、その場で様子を見て判断しても良いと思います。

あとあとトラブルになっても、ご遺族だけに余計な心労が増えることになってしまいます。
何のために家族葬にしたのかと後で悔いることのないように、今回の記事を参考にしていただけたら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

また終活ねっとでは他にも様々な記事をご紹介しています。
以下の記事では家族葬について、メリット・デメリットや費用を解説しています。
家族葬をお考えの方はぜひこちらもご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「家族葬・ご遠慮」に関連する記事

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料