家族葬に知人は参列していいの?参列する時しない時のマナーも解説!

家族葬に知人は参列していいの?参列する時しない時のマナーも解説!

故人の親しい方のみで行われる家族葬は、ご遺族にとって一般葬よりも負担がかからないために多く行われるようになってきました。一方故人の知人である場合、故人の家族葬に参列するのかどうかで悩む方もいるでしょう。今回は故人の知人は家族葬に参列してよいのかを見ていきます。

最終更新日: 2020年06月27日

家族葬に知人が参列することについて

葬儀

故人とごく親しい間柄の人々が参列する小規模な葬儀の家族葬は、一般葬に比べてご遺族の負担が軽いことや少子高齢化などの背景もあって増えてきています。
家族葬が増えていることに合わせて、「家族葬」の言葉を見聞きする機会も多くなったように感じている方もいるのではないでしょうか。

ところで家族葬に参列する顔ぶれといえば、多くの場合で故人のご遺族やご親族です。
いわば故人と血縁関係がある方ばかりが参列するため、生前故人と付き合いのあった知人である場合、参列してよいのかどうかに迷うでしょう。

そこで今回「終活ねっと」では、家族葬に知人として参列してもよいのかについて見ていきます。
合わせて、参列する場合としない場合のそれぞれで守るべきマナーも詳しく見ていきましょう。

  • 家族葬とはどのような葬儀なのか?

  • 家族葬に故人の知人は参列してもよいのか?

  • 家族葬に参列する場合に気を付けることとは?

  • 家族葬に参列しない場合に気を付けることとは?

  • 家族葬の流れとは?

親しい方の葬儀が家族葬で行われる場合、どのようにすればよいのかで迷う方にとって、いろいろと役立つ内容となっています。
ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、必要なものを厳選した低価格かつ高品質なセットプラン5つの葬儀形式からお選びいただけます。

「終活ねっとのお葬式」ついて詳しくはこちらをご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、全国の斎場葬儀/家族葬を執り行うことが可能です。
お近くの葬儀場・斎場をお探しの方はぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

家族葬とは?

葬儀

近年多く行われている家族葬とは、故人の親しい方だけが集まって行う小規模な葬儀のことです。
故人にとってごく親しい方だけが集まる分、参列者対応や費用などに対するご遺族の負担が一般葬に比べて軽いことが特徴といえます。

家族葬は地域の人口が都市部に流出し、コミュニティが以前に比べて希薄になったことや、少子高齢化で子供の数が少なくなったことが背景に増えてきました。

「終活ねっとのお葬式」では、必要なものを厳選した高品質かつ低価格の家族葬プランを455,000円(税抜)よりご用意しています。

また、事前の資料請求で通常価格から5,000円割引、終活ねっとの早割のお申し込みで最大75,000円割引もご利用いただけます。

家族葬プランの特徴・内容・流れなどの詳細はこちらからご覧ください。



家族葬に知人が参列してもいいの?

困った人々

親しい方が亡くなり、葬儀を家族葬で行うことになった際、故人の知人が参列できるのかどうか気になる方もいるでしょう。
ここでは、故人の知人が家族葬に参列してよいのかどうかについて詳しく見ていきます。

家族葬の参列者の範囲は?

一般的には家族葬に集まるのは、故人のご遺族とごく親しいご親族の方です。
このため同じご親族であっても、日頃から故人と疎遠でめったに顔を合わせないような方が参列しないこともよくあります。

ただし家族葬の参列者については、厳密な定義が存在しません
このためご遺族の考え方によっては、故人とごく親しい付き合いをしていた知人や友人をお招きし、葬儀に参列してもらうこともできます。

家族葬での訃報連絡の仕方

家族葬を行うことになった際、注意したいことの1つが、訃報連絡の方法です。
家族葬で訃報連絡をする際、参列してほしい方に対する連絡と参列を依頼しない人に対する連絡とで、方法が異なってきます。

参列を依頼する人

まず家族葬に参列してほしい方に対しては、訃報連絡を葬儀前に行います。
そして訃報連絡の中に、葬儀の詳細や香典を辞退する旨を記すのが基本です。

葬儀の詳細については、具体的には葬儀を行う日時と場所、宗教形式などを指します。
また香典辞退については、はっきり記さない場合は参列者の方で香典を持参すべきなのかどうか判断に迷うため、極力記すことが大切です。

なお家族葬への参列を依頼する方に対しては、極力電話で直接連絡するのがマナーといえます。
もし電話連絡だけで伝えるのが難しい場合は、はがきや手紙も使うと良いでしょう。

参列を依頼しない人

一方参列を依頼しない人に対しては、訃報連絡の中で家族葬で行うために参列を遠慮してほしい旨と香典や弔問を辞退する旨を書きます。
前もって訃報連絡で以上の内容を記すことで、受け取った側は参列しないことを決めやすいです。

葬儀後に故人の訃報連絡を行う場合は、家族葬で無事に葬儀を済ませたことや、香典と弔問を辞退する旨を記します。
なお参列を依頼しない方に対する連絡手段には、はがきや手紙を使うのが基本です。

以下の記事では家族葬を執り行う際の費用や訃報連絡についてさらに詳しく解説しています。
こちらも合わせてお読みください。

知人は家族葬の通夜と告別式に参列する?

故人の知人として家族葬に参列する場合、通夜と告別式に参列してよいのかという疑問も出てくるでしょう。
実は家族葬の通夜・告別式では、知人が参列してよいかどうかは、以下にご説明するケースに応じて判断が分かれてきます。

参列していい場合

ご遺族から直接参列を依頼された場合は、逆に参列しない方が失礼に当たるため、なるべく都合をつけて参列するのがマナーです。

また訃報連絡に葬儀の詳細が記してある場合も、ご遺族から参列を依頼されていることを意味するため、なるべく参列するように心がけるべきでしょう。

なお通夜・告別式のどちらかに参列するべきなのかについては、可能な限り両方参列するのがおすすめです。
もし片方しか参列できない場合は、ご自身の都合に合わせてどちらかに参列するとよいでしょう。

参列しないほうがよい場合

一方で故人の知人であっても家族葬に参列しない場合とは、訃報連絡に葬儀の詳細が記されていない場合・人づてに聞いたもののご遺族から直接連絡がない場合です。

どちらの場合であっても、ご遺族からの参列しないでほしいという意思の表れであるため、参列するとかえって失礼ということになります。

家族葬に参列する場合に気を付けること

困った人々

もし故人の知人として家族葬に参列する場合、どのような点に気を付ければよいのでしょうか。
家族葬に知人として参列する際に注意すべき点として、香典に関するものと服装に関するものがあります。

香典について

まず香典については、訃報連絡に辞退する旨が記されていた場合は持参しないようにします。
一方訃報連絡に香典を辞退する旨が記されていない場合は、念のために持参し、ご遺族に確認して大丈夫そうであればお渡しするとよいでしょう。

なお最も避けるべきケースは、ご遺族が辞退しているにもかかわらず、無理に香典をお渡しすることです。
ご遺族に不要な負担を強いるだけではなく、ご遺族とのトラブルにもなりかねないため、絶対に避けるべきでしょう。

服装について

故人の知人として家族葬に参列する場合、参列者の服装は準喪服が一般的です。
具体的には、以下のリストに記す通りとなります。

  • 男性の場合

    黒系の上下スーツと、黒無地のネクタイを締めた白無地のワイシャツが基本。
    靴下は黒無地で、靴は黒無地で光沢がなく、動物由来の素材が使われていないものを履く。

  • 女性の場合

    黒系のスーツ・ワンピースと、ブラウスなど黒いインナーが基本。
    ストッキングは黒色で、パンプスは黒無地で光沢がなく、動物由来の素材が使われていないものを履く。

家族葬に参列しない場合に気を付けること

困った人々

一方で故人の知人で家族葬に参列しない場合、どのような点に注意すればよいのでしょうか。
参列しない場合に注意すべきとして、香典・弔問に関することと、弔電に関することがあります。

香典・弔問について

まず香典・弔問については、訃報連絡の中ではっきりと辞退されている場合は控えます
一方明確に辞退されていない場合は、まずご遺族に確認し、弔問ができそうであれば日時を決めるとよいでしょう。

弔問当日の服装は、実際の葬儀に参列する場合と同じように、上記でご紹介した準喪服を着用していくのがマナーです。

弔電について

弔電についても、訃報連絡の中ではっきり辞退されていれば、送るのを控えるべきです。
ただはっきりと辞退されていない場合は、送っても問題はないとされています。
なお事前にご遺族へ確認しておくと、なお無難です。

家族葬の流れ

葬儀

家族葬のことを考えたり話題にしたりする際、どのような流れで行われるのか気になる方もいるでしょう。
家族葬の一般的な流れは、以下の通りです。

  • ご臨終~納棺

    故人のご臨終後、最期の対面やエンゼルケアを経て、ご自宅などにご遺体を搬送する。
    搬送した後でご遺体を安置し、葬儀の日時・会場が決まり次第納棺して、会場へと搬送する。

  • 通夜

    故人が亡くなった翌日の夕方に行うが、通夜自体を省くこともある。
    開式・読経・焼香・喪主挨拶・閉式・通夜振る舞い・通夜の番の順番に行う。
    ただし人数が少ない分、読経や焼香に時間がかからないため、全体の時間も短くなる
    ほかにも通夜振る舞いが行われないこともある。

  • 葬儀・告別式

    当日の午前中に行い、開式・読経・弔辞などの紹介・焼香・喪主挨拶・閉式・出棺の順番に行い、通夜と同じく短めの時間で終わることが多い。
    葬儀・告別式を通夜とともに省略する場合もある。

  • 火葬・精進落とし

    火葬場にて炉前の式を行い、火葬する。
    火葬完了後は、ご遺骨を骨壺に納骨する。
    精進落としは省略する場合がある

基本的には一般葬と同じような流れとなります。
ただし短い時間で終わる点や省略するものがあるという点が、一般葬と異なるところです。

以下の記事では家族葬の流れについてさらに詳しく解説しています。
こちらも合わせてお読みください。

家族葬に知人が参列することについてまとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では、最近増えてきた家族葬に知人として参列できるかどうかを見てきました。
今回の記事で触れてきた内容をまとめますと、以下のリストに挙げられる各ポイントの通りです。

  • 家族葬は故人の親しい方たちが集まって行う小さな規模の葬儀のことで、少子高齢化などを背景に多く行われるようになってきており、ご遺族の負担が軽くなるのが特徴である。

  • 家族葬の参列者はご遺族やご親族が基本ではあるが、ご遺族の判断で知人が参列できることもあり、直接参列を依頼された場合は極力参列するようにする。

  • 家族葬に参列する場合、香典は辞退されている場合は持参せず、辞退されていない場合は一応持参して確認を取るようにし、服装は準喪服を着用する。

  • 家族葬に参列しない場合、香典・弔問を辞退されている場合は控え、辞退されていなければご遺族に確認の上で弔問に伺い、弔電は辞退されていなければ送ってもよい

  • 家族葬の流れは基本的に一般葬と同じではあるが、通夜や告別式自体を行わなかったり、一部を省略したりできる点では一般葬と異なる。

故人の知人として家族葬に参列してよいのは、あくまでも直接参列を依頼された場合や、訃報連絡に葬儀の詳細が記されていた場合だけです。
なお参列する場合は、香典についてはご遺族の意向に従い、服装は準喪服を着用します。

知人の立場で家族葬に参列するかどうか判断することになった際、今回触れた内容を思い返していただければ幸いです。
今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

以下の記事では家族葬で喪主がやる事についてわかりやすく解説しています。
こちらも合わせてお読みください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事