家族葬は食事なしでもいい?食事マナーやお通夜の有無についても解説

家族葬は食事なしでもいい?食事マナーやお通夜の有無についても解説

家族葬は親しい方のみで集まる葬儀であるうえ、一般葬で行うことの一部を省略することができる点も特徴です。では、家族葬を食事なしで行うこともできるのでしょうか。今回は家族葬では食事なしでも問題ないかどうかについて、家族葬の食事マナーなどにも触れつつ解説します。

最終更新日: 2020年06月27日

家族葬は食事なしでもいいかについて

困った人々

近年行われるケースが増えている家族葬は、親しい方だけで行うのが特徴です。
そして家族葬では、参列者が一般葬よりも少ないために、ご遺族にとっては費用や参列者対応などの面で負担が軽くなります。

加えて家族葬では、お通夜など一般葬で行われることの一部を省略できるのも大きな特徴です。
このように一般葬で行われるべきものの一部を省略できるのであれば、食事なしも可能なのでしょうか。

もし食事なしにできるのであれば、費用の面でもご遺族が背負う負担も大幅に軽くできるでしょう。

そこで今回「終活ねっと」では、家族葬を食事なしで行うことができるのかということについて以下のポイントを中心に解説します。

  • 家族葬とは

  • 家族葬は食事なしでも問題ない?

  • 家族葬を行う際の食事マナー

  • 家族葬でお通夜は行わなくても良い?

家族葬をどのように行うのかを検討している方や、家族葬についていろいろと知りたい方にとって、役立つ内容となっています。
ぜひ最後まで読んでいただければ幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

家族葬とは?

葬儀

家族葬とは、近年多く行われるようになってきた、ご遺族やご親族など故人と親しい方だけで行う葬儀です。

一般葬に比べると参列者が少ないため、ご遺族の費用面や精神面の負担も軽くできたり、故人とお別れする時間を長めに持てたりというメリットがあります。

近年の少子高齢化や都市部への人口流出などが原因で、一般葬のように盛大な葬儀を行えなくなったことを背景に広く行われるようになってきました。

家族葬は基本的に故人のご遺族やご親族が主な参列者ですが、実際はそこまで明確に定義されていないため、ご遺族の意向によっては故人の親しい知人・友人も参列できます。

家族葬のプランは、455,000円(税抜)よりご用意しており、「終活ねっと」の早割で最大75,000円の割引もご利用いただけます。
葬儀についてお困りでしたら、24時間365日電話対応しておりますので、お気軽にご相談ください。



家族葬では食事なしでもいいの?

困った人々

家族葬が一般葬に比べて参列者が少ない葬儀であれば、喪主やご遺族によっては、食事なしにしても大丈夫なのではないかと思う方もいるでしょう。
ここでは、実際に家族葬で食事なしにしても問題はないのかということについて解説します。

葬儀での食事にはなにがある?

まず家族葬も含めて、葬儀で出される食事にどのようなものがあるのかを見ていきます。
葬儀で用意する食事には、通夜振る舞いと精進落としの2つが一般的です。

通夜振る舞い

通夜振る舞いは、お通夜の儀式が終わった後に、参列者への感謝や故人の供養を目的に行う会食です。
関東の場合はすべての参列者が参加しますが、関西の場合は主にご親族だけが参加します。

喪主の挨拶と献杯に始まり、1~2時間ほど故人の思い出などを語りながら会食して、終了時刻に喪主が再び挨拶して終わる流れです。

精進落とし

精進落としは葬儀・告別式や火葬が終わった後、お坊さんや世話役など葬儀でお世話になった方や、ご親族に感謝したり故人を供養したりする目的で行う会食です。

精進落としの場合も最初に喪主の挨拶と献杯から始まり、1~2時間ほど故人の思い出を語りつつ会食した後、喪主挨拶で終了する流れとなります。

家族葬では食事なしでも問題ない

家族葬の場合は、多くの参列者が参加する一般葬と異なり、身内など親しい方だけが参加する葬儀です。
このため、通夜振る舞いや精進落としなどを省略して食事なしにしても、特に問題はありません

ただし食事なしで家族葬を行うのであれば、途中で空腹になった場合に備えて、例えば火葬中の待機時間に食べられるような軽食を用意するなど配慮が必要でしょう。

また当日に身内だけが参加するのであれば、外食するという方法もあります。

また「終活ねっと」では他にも様々な記事をご紹介しています。
以下の記事では、葬儀後の食事の意味について解説しています。
ぜひこちらもご覧ください。

家族葬での食事の際のマナー

葬儀

家族葬で食事する場合、さまざまなマナーが存在します。
ここでは家族葬の食事に関するマナーをご紹介しましょう。

家族葬での食事の際の喪主挨拶

家族葬で食事を行う場合、喪主は食事前と終了前でそれぞれ挨拶するのが一般的です。
まず食事前に挨拶する際は、以下のような文例にすると良いでしょう。

皆様、本日はご多用のところ父の葬儀に参列いただきありがとうございました。
おかげさまを持ちまして、無事に葬儀を済ませることができました。

さぞお疲れのことと思います。
ささやかではございますがお食事を用意させていただきましたので、ぜひ亡き父の思い出を語り合いつつ、ゆっくりとお召し上がりいただければと思います。

以上のように食事前の挨拶では、葬儀が無事に済んだことへの感謝と、故人の思い出を語りながら食事を召し上がっていただきたい旨を伝えます。
次は食事終了前の挨拶例です。

皆様、本日は誠にありがとうございました。
皆様の温かいお心遣いで、父も喜んでいることと存じます。

父の思い出をもっとお聞かせいただければと思うのですが、なにぶん皆様もお疲れのこととお見受けしますので、この辺で終了とさせていただきたきたく存じます。
本日は誠にありがとうございました。

下記の記事では、家族葬の喪主の挨拶について食事以外のタイミングについてもより詳しく紹介しています。
ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。

参加する場合のマナー

一方食事に参加する側のマナーとしては、以下のようなものがあります。
中にはついおろそかになってしまうようなものもあるため、事前によく確認すると良いでしょう。

基本的に参加する

まず食事に招かれたら、基本的に参加することが大切なマナーです。
よほど都合が悪い場合以外は、なるべく参加して一口だけでも口にするように心がけます。

もしどうしても用事がある場合は、ご遺族に一言断ってから辞退するのが作法です。
なお招かれていないにもかかわらず、勝手に参加するのも失礼に当たります。

死因を聞くのは避ける

儀式終了後の食事の時間であることや、お酒が出されることも多いことから、食事中はつい気が緩んでしまいがちです。

ましてや家族葬は親しい方のみで集まるため、なおさら気が緩みがちだと思います。
このため食事中に、ご遺族に対して故人の死因を聞こうとしてしまうこともあります。

しかし、ご遺族は故人のご不幸に対する悲しみの最中にあるため、死因を尋ねることで気持ちを動揺させてしまうことになりかねません。
たとえ食事中であっても、故人の死因を聞くことは避けるべきです。

故人の思い出話をする

また家族葬など葬儀で行われる食事は、あくまでも故人を供養する意味を持っています。
このため食事中の話題は、あくまでも故人との思い出など故人に関わることを話すように心がけるのが作法です。

故人と関係のないことや仕事の話は、かえって故人やご遺族に失礼であるため、避けるようにします。
また食事中に話している内容が故人に関わることであっても、あくまでも葬儀の場であるため、大声で笑うなどするのは好ましくありません。

長居しない

葬儀中の食事には、長居しないことも大切なマナーです。
たとえ家族葬のような、親しい間柄で集まる場であっても、ご遺族に余計な気を遣わせないためにも長居しない方が良いとされています。
退席した方が良い頃合いを見計らって、一言断ってから退席すると良いでしょう。

また「終活ねっと」では他にも様々な記事をご紹介しています。
以下の記事では、家族葬での香典について解説しています。
ぜひこちらもご覧ください。

家族葬はお通夜を行わなくてもいいの?

葬儀

ここまで家族葬で食事なしにしても大丈夫かどうかや、食事の際に守るべきマナーについていろいろ見てきました。
実は家族葬では食事なしにできるほか、お通夜を省略することも可能です。

基本的に家族葬では、一般葬と同じようにお通夜・葬儀・告別式を行いますが、身内のみで通夜なしで行う場合は一日葬という形で葬儀を行えます。

またお通夜に加えて葬儀・告別式まで省略した場合は、火葬のみを行う直葬になる形になります。

家族葬は食事なしでもいいかについてまとめ

葬儀

いかがだったでしょうか。

今回「終活ねっと」では、家族葬では食事なしでも良いのかということについて以下のポイントを中心に解説しました。

  • 家族葬とは故人と親しい方のみで行う葬儀で、一般葬に比べると参列者が少ないため、ご遺族の負担が比較的軽くなるのがメリットである。

  • 葬儀の食事には通夜振る舞いと精進落としがあるが、家族葬を行う際は食事なしにすることが可能で、代わりに軽食を準備したり身内のみで外食に出かけたりすると良い。

  • 家族葬で食事する際のマナーとして、喪主は挨拶する一方、参加者は基本的に参加するようにし、死因を聞いたり大声で話したりすることなく故人の思い出を語るようにする。

  • 家族葬では食事なしにできる以外にお通夜も省略でき、この場合は一日葬で葬儀を行え、お通夜と葬儀・告別式を省略する場合は火葬のみの直葬という形で行う。

家族葬はご遺族にとって比較的負担を軽くできる葬儀であるうえ、食事なしで行うこともできます。
ただ家族葬を食事なしで行う場合、代わりに空腹に備えて軽食を準備したり、身内のみであれば外食に出かけることを考えておくと良いでしょう。

家族葬は故人にゆかりのある親しい方のみが集まる葬儀であるため、食事の際につい気が緩んで大声を出すなどしてしまいがちです。
ただあくまでも葬儀の一環であるため、節度ある態度で食事に参加すべきでしょう。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

また「終活ねっと」では他にも様々な記事をご紹介しています。
以下の記事では、家族葬についてメリット・デメリットや費用を解説しています。
ぜひこちらもご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事