家族葬では受付はいないの?頼む人や仕事内容、服装についても解説!

家族葬では受付はいないの?頼む人や仕事内容、服装についても解説!

最近、家族葬という言葉を耳にする機会が増えてきました。家族葬は、故人とゆっくりお別れができる葬儀形式として多くのご遺族に選ばれています。弔問客があまりいないため受付をどうするかは悩むところでしょう。今回は、参列者が多くはいない家族葬の受付について解説します。

2020-02-13

家族葬の受付はいないのかについて

葬儀

ご自身のご家族の葬儀について考えたことはあるでしょうか。
近年、家族葬という葬儀形式が、ご遺族が納得のいく形で故人とのお別れをすることができる葬儀として注目されています。

しかしいざその時になると、家族葬はどのような葬儀になるのかよく分からないという方もいるのではないでしょうか。
参列者を絞り込んで小規模に行うため、受付をどうするかについて悩む人も多いものです。

家族葬にも受付が必要なの?
家族葬で受付がいないのはどういう場合?

などと疑問に思うことがたくさんあると思います。
そこで今回終活ねっとでは、家族葬では受付がいないのかということについて以下のポイントを中心に解説します。

  • 家族葬とは

  • 家族葬に受付がいるかいないかはどうやって決める?

  • 家族葬でも受付が必要な場合について

  • 受付係の仕事内容は?

  • 服装や葬儀当日に受付係が気を付けておくべきポイント

普段なかなか触れる機会のない家族葬の受付について学び、いざという時に慌てないようにしましょう。
受付はどういった役割を担うのか、受付係が当日気を付けるべき点についても触れていますので、ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

家族葬とはどういったものかを詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

家族葬とは?

葬儀

家族葬は、亡くなられた故人のご遺族、そして生前非常に親しかった人などのみが参加する小規模な葬儀です。

故人の生前のご遺志や、ご遺族の意向を反映して、故人との最期のお別れに重点を置いた葬儀内容になっています。

一般葬の場合、ご遺族は弔問客の対応や接待、葬儀全般の運営に時間を費やすことが多く、なかなか故人と満足のいくお別れができない場合もあります。

しかし家族葬では、そもそも弔問客がそれほどいないこと、そしてご遺族は接待や葬儀の運営に時間を取られないため、故人とのお別れを希望通り納得のいく形ですることができます。

葬儀の規模も小さいため、ご遺族の経済的負担や精神的負担なども非常に少なく、近年非常に注目され需要の高まっている葬儀形式ということができるでしょう。

家族葬に受付はいないの?

葬儀

家族葬では、広く弔問客を受け入れることはせず、呼ばれた人のみが参加する葬儀になります。
そもそも訪れる人があまりいないため、受付という係がいないというケースもあるものです。
では、受付がいる場合といない場合は、どのような点で決定したら良いのでしょうか。

ここでは、どういった家族葬の場合に受付が必要なのかということについて見ていってみましょう。

香典を受け取るかどうかで決める

家族葬で受付がいらないケースは、香典を辞退している場合です。
香典を受け取らない旨を事前に伝えておくことで、受付を設置する必要がなくなります。

反対に、家族葬であっても香典を受け取るという場合には、受付を設置する必要があります。

家族葬は小規模な葬儀になることが多いですが、参列者の人数が多い場合には、後日葬儀についての残務処理や記録という観点からも、受付を置いた方が良い場合もあります。

最も遠縁の親戚や姻族などに受付を頼む

家族葬で受付を置く際、受付係としてふさわしい人物は最も遠縁の親戚となります。
または、長男の奥様などが受付をするのも好ましいでしょう。

葬儀では、亡くなった故人の直系の親族は焼香の順番が早くに回ってくることがほとんどです。
そのため、あまり近しい親族だと香典の管理にまで配慮が行き届かない場合もあるでしょう。

また、故人と近しい人ほど、参列者に対してきちんとしたご挨拶をしたいと考えてしまうものです。

そうなると挨拶や受付が長引いてしまったり、その場を離れてしまうことにもなりかねず、後々トラブルや記録の漏れにつながることもあります。

遠縁の親戚なら、焼香の順番もそれほど早く回ってくるわけではありませんし、参列者とそれほど話し込んでしまうということもないでしょう。
そのため、余裕を持って受付の仕事をこなし、葬儀に出席することができます。

家族葬で受付をお願いするなら、まずは遠縁の親族に依頼してみるようにしましょう。

最低でも2人必要

受付を設置するなら、人数は最低でも2人は必要になります。
受付をスムーズに進めるため、1人がご挨拶や記帳を促している間、もう1人は返礼品を渡したり、会場へと案内するようにします。

受付では、丁寧なご挨拶をしてくれる弔問客や、記帳に時間がかかる人などもいますから、必ず2人以上配置するようにしてください。

頼める人がいないときには?

家族葬の場合、葬儀に呼ぶ身内さえも少ない人数にするため、受付を頼める人がいないというケースも多いものです。

そういった場合には、葬儀社に依頼してスタッフに受付係をお願いするのも一つの手です。

葬儀社に依頼することで、葬儀のプロによる失礼のない受付、スムーズで確実な受付を期待できるでしょう。

また終活ねっとでは他にも様々な記事をご紹介しています。
以下の記事では、家族葬の喪主のやるべきことについて解説しています。
家族葬をお考えの方はぜひこちらもご覧ください。

家族葬のプランは、税込493,000円よりご用意しており、終活ねっとの早割で最大7万円の割引もご利用いただけます。
葬儀についてお困りでしたら、24時間365日電話対応しておりますので、お気軽にご相談ください。



受付係の仕事内容

葬儀

ではここからは、受付係が担う役割や仕事について解説します。
受付係は、葬儀に足を運んでくれた弔問客に対して、まず最初に接する人物となります。

失礼のなくマナーを守りきちんとした受付ができるよう、以下の仕事内容をしっかりと把握しておいてください。

挨拶

受付係の最初の仕事は、受付に来た相手に対してまずはきちんとした挨拶をすることから始まります。

挨拶の言葉や内容に関しては、下記のような例文のような挨拶を心がけてください。
挨拶では、忌み言葉を使わないようにしましょう。

本日はお忙しい中、足をお運びいただき誠にありがとうございます。
本日はご多忙の中お越しいただきまして、ありがとうございます。

芳名帳に記帳してもらう

丁寧にあいさつをしたら、次は芳名帳に記帳をしてもらいましょう。
参列者の人数が極端に少なく、喪主が参列者の全員について把握している家族葬の場合には、芳名帳への記帳を省略する場合も多いです。

芳名帳に記帳をお願いする際には、下のような言葉を使うと良いでしょう。

恐れ入りますが、こちらにお名前、ご住所をご記載ください。
お手数をお掛けしますが、こちらにお名前とご住所をご記入ください。

香典を受け取り返礼品を渡す

芳名帳への記帳が済んだら、相手から香典を受け取り、返礼品を渡します。
香典を受け取る時には両手で受け取り、ありがとうございます、お預かりします、という言葉を添えて一礼しましょう。

香典袋にしっかりとお名前が書かれているかをチェックすることも大切です。
苗字のみを書いている相手などがいたら、下の名前も伺いメモしておくようにします。

後でご遺族がしっかりと内容を把握できるよう、香典袋の表書きなどには注意を払うようにしましょう。

会場へご案内する

記帳と香典の受け取りが済んだら、参列者を会場へと誘導するのも受付係の仕事です。
会場によっては靴のまま参列する場合もあれば、靴を脱いだりすることもあるでしょう。

足の不自由な方や、年齢を重ねた方への介助なども時には必要になります。
また、いくつもの会場が併設されていて、どの会場かわかりにくい場合にも、順路を丁寧に説明するようにしてください。

受付係が気を付けること

葬儀

受付はご遺族の代表として弔問客の対応をする役割を担っています。
そのため、服装はもちろん、当日葬儀が始まる前に済ませておくべきこともあります。
ここでは、葬儀の受付を頼まれた人の注意点についてご紹介します。

服装について

受付の服装は、葬儀に参列する場合と同じ服装で問題ありません。
男性と女性の場合の受付にふさわしい服装についてご覧ください。

  • 男性の場合

    男性は、そのまま葬儀に参列できるようなブラックスーツに白ワイシャツが好ましいです。

    靴はエナメルや飾りなどがついたものは避けましょう。
    靴下、ネクタイも黒で統一し、ネクタイピンは着けません。

    また、アクセサリー類も結婚指輪以外は身に着けていない状態にしてください。
    髪型も落ち着いた髪型を心がけましょう。

  • 女性の場合

    女性の場合も、葬儀に参列できる喪服や黒のスーツ、ワンピースが良いでしょう。
    ワンピースの場合のスカート丈は膝が隠れるくらいあるものにします。

    また、ストッキングやパンプスも黒で統一し、ボタンやコサージュなども黒いものにしましょう。

    メイクは極力薄くし、アクセサリー類は結婚指輪以外は避けましょう
    ヘアスタイルも落ち着いたスタイルにします。

焼香を済ませておく

受付係は、葬儀が始まる前に先に焼香を済ませるようにしましょう。
順番通り焼香をしたのでは、受付に誰もいないという時間ができてしまうこともあるでしょう。

葬儀に遅れて訪れた人や、何らかの理由で途中から参加する人などが、誰もいない受付で困惑しないようにするため、焼香はあらかじめ済ませておくのがベストです。

また終活ねっとでは他にも様々な記事をご紹介しています。
以下の記事では、葬儀の受付係のマナーについて解説しています。
ぜひこちらもご覧ください。

家族葬の受付はいないのかについてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、家族葬での受付について以下のポイントを中心に解説しました。

  • 家族葬は、ごく限られた身内や友人などだけを呼ぶ葬儀形式であり、ご遺族が故人とのお別れを納得のいく形で行えるとして注目が集まっている。

  • 家族葬で受付を置くか置かないかは、香典を受け取るかどうかで決定し、香典を受け取らない場合には受付を置く必要がない

  • 家族葬でも香典を受け取る場合には受付が必要で、受付には最も遠縁の親戚などに依頼すると良い。

  • 受付に必要な人数は、スムーズな受付作業をするためにも最低2人は必要となる。

  • 受付を頼めるような人がいない場合には、葬儀社に依頼することもできる。

  • 受付係の主な仕事内容は、弔問客への挨拶・芳名帳への記帳の依頼・香典を受け取り返礼品を渡す・会場への案内である。

  • 受付係は、男女ともにそのまま葬儀に参列することができるような黒で統一した服装で、靴やアクセサリー、髪型などにも十分に注意する。

  • 受付係は、葬儀の途中で抜けることがあまりできない場合もあるため、先に焼香を済ませておくようにする。

香典を受け取らない場合は受付が不要ですが、香典を受け取る場合には家族葬であっても受付を設置する必要があるのでした。

受付係は最低でも2人は必要となり、頼む人がいない場合には葬儀社に依頼できるということもお分かりいただけたでしょうか。

今回の記事をお役立てくだされば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

また終活ねっとでは他にも様々な記事をご紹介しています。
以下の記事では、家族葬のメリット・デメリットについて解説しています。
ぜひこちらもご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「家族葬・受付・いない」に関連する記事

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料