通夜の前に火葬することはできる?メリットや骨葬の流れも解説!

通夜の前に火葬することはできる?メリットや骨葬の流れも解説!

骨葬や前火葬という言葉を耳にする機会が多くなっています。通夜の前にご遺体を火葬する事で多くのメリットがある葬儀方法と言われていますが、本当なのでしょうか?今回は通夜の前に火葬をする骨葬や前火葬をする理由、メリットやデメリット、葬儀の流れをご紹介します。

最終更新日: 2020年06月27日

通夜の前に火葬することについて

葬儀

近年の葬儀スタイルの多様化によって、骨葬や前火葬と言う選択肢を耳にする機会も多くなってきています。
しかしいざとなると、骨葬や前火葬はどういった葬儀形式なのかよくわかりませんよね。
お通夜の前に火葬をする葬儀の流れもわかりにくい部分が多いものです。

そもそもお通夜の前にご遺体を火葬してしまっても良いの?
骨葬や前火葬にはどんなメリットがあるの?

など疑問に思う事がたくさんあると思います。
そこで今回「終活ねっと」では、お通夜の前に火葬をする葬儀形式について、下記の項目を中心に解説します。

  • 一般的な葬儀から火葬までの流れはどうなっているの?

  • お通夜の前に火葬はできる?

  • 骨葬が選ばれているのはどうして?

  • 前火葬にはどんなメリットがあるの?

  • 前火葬のデメリットは?

  • 前火葬の流れについて

普段なかなか触れる機会のない前火葬について学び、万が一の葬儀について考えるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

お通夜の前に火葬をし、それから葬儀告別式までの流れについても紹介していますので、ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、必要なものを厳選した低価格かつ高品質なセットプラン5つの葬儀形式からお選びいただけます。

「終活ねっとのお葬式」ついて詳しくはこちらをご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、全国の斎場葬儀/家族葬を執り行うことが可能です。
お近くの葬儀場・斎場をお探しの方はぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

一般的な葬儀から火葬までの流れ

葬儀

一般的な葬儀の場合、まずはじめに行われる儀式はお通夜です。
お通夜は夕方から始まることがほとんどで、仕事帰りに弔問できる時間と重なりますので、お通夜に参列してくれる人も多いものです。

お通夜の次の日は、葬儀告別式になることがほとんどで、日中の時間帯に行われることが多いでしょう。

葬儀告別式が一通り終わると、霊柩車に棺を乗せて火葬場に向かう、いわゆる出棺となり、故人の供養のための儀式が一通り終わってから火葬することになります。

火葬場に着くと、まずは僧侶が供養をし、喪主が火葬炉のスイッチを押して火葬が始まります。
火葬時間は1時間半~2時間ほどで、その後ご遺骨をご遺族や立ち会った関係者が拾い、精進落としの会食をして葬儀の一切が終了します。

通夜の前に火葬できるのか?

葬儀

普通は葬儀の後に火葬を行うことが多いですが、葬儀の前に火葬を行ってしまっても問題ないのでしょうか?
ここからは葬儀の前に火葬をすることの可否についてご覧いただきましょう。

通夜の前に火葬を行うことは可能

基本的には火葬はどのタイミングでしても良く、葬儀後でなければ火葬できないというルールはありません。

葬儀前に火葬を行う葬儀形式を、前火葬・骨葬といいます。
広く認められている葬儀であり、実際に火葬を先に行う形式でお葬式を挙げる人はたくさんいます。

葬儀で祭壇にご遺体を置く一般葬とは異なり、前火葬の場合には祭壇にご遺骨を置くという形式になります。

以下の記事では火葬の日取りの決め方について詳しく解説しています。
こちらも合わせてお読みください。

骨葬が選ばれている理由は?

火葬を先に行う骨葬が選ばれる場合、それなりの理由があることも多いです。
できれば一般葬を選びたいけれど、やむを得ない事情があって骨葬にするというパターンもあるのです。

ここでは骨葬が選択される理由や、どういった場合に骨葬が最適な葬儀方法になるのかについてご覧いただきましょう。

ご遺体の状態がよくない

長期的に病と闘っていて見た目があまり良くない時や、事故などでご遺体の損傷が激しい時、またご遺体が発見されるまでに時間を要したためご遺体の腐敗が進んでしまっている時もあるでしょう。

こうしたご遺体の状態があまり良好ではなく、弔問客に見せるには忍びないという場合に、骨葬という葬儀形式が取られることが多くあります。

ご遺体を長距離移動させる必要がある

ご遺体を長距離に渡って移動させるような場合にも、骨葬がおすすめの葬儀形式となります。
例えば海外で亡くなった方を日本で供養したり、飛行機や新幹線で行かなければならないような距離からご遺体を運ぶ必要などがある時です。

長距離移動によるご遺体の損傷や腐敗が進んでしまい、葬儀の際にご遺体の状態が悪くなってしまうことが予想される場合は、お通夜の前に火葬を済ませてしまう方が良いでしょう。

密葬を行ってから本葬を行う

身内だけの密葬をしたいという場合にも、多くの参列者をお呼びする前に火葬することがあります。

身内だけでまずは納得のいくお別れをするための葬儀を執り行い、その後期間をあけて本葬やお別れ会を開く場合、ご遺体を長期的に保存しておくよりは、密葬の際に火葬してしまった方が良いからです。

このような葬儀方法を選びたいという場合にも、本葬や大規模な告別式やお別れ会前に火葬を済ませることがあります。

「終活ねっとのお葬式」では、必要なものを厳選した高品質かつ低価格の火葬式プランを170,000円(税抜)よりご用意しています。

また、事前の資料請求で通常価格から5,000円割引、終活ねっとの早割のお申し込みで最大75,000円割引もご利用いただけます。

火葬式プランの特徴・内容・流れなどの詳細はこちらからご覧ください。



前火葬(骨葬)のメリット・デメリット

葬儀

お通夜の前にご遺体を火葬してしまうことには、たくさんのメリットもあります。

しかしその反面、いくつかのデメリットもあるということを覚えておきましょう。
デメリットの側面は、注意したり工夫したりすることで改善できる場合もあります。

ここではメリット・デメリットをご紹介しますので、一般的な葬儀とどのような点が異なっているのかに着目して見てください。

メリット

まずはお通夜の前に火葬をするメリットについてです。
費用の面、そしてご遺族の負担軽減につながるメリットばかりです。

ご遺体搬送費を抑えることができる

亡くなった人のご遺体は、一般車両では運ぶことができません。
ご遺体は専用の搬送車を手配し、その搬送車に乗せて移動させる必要があります。

お通夜の前に火葬をすることで、その搬送費を抑えることができます。
搬送距離が長ければ長いほど費用がかさむこともありますので、搬送費を削減できるのは葬儀費用のコストを抑えるのに非常に効果的です。

火葬場の予約が取りやすい

一般的な葬儀の場合、葬儀告別式の後に火葬をするため、午後から夕方にかけては火葬場の予約がたくさん入ります。
しかしお通夜の前や葬儀前に火葬をするのであれば、午前中の早い時間に火葬の予約を入れることもできます。

午前中に火葬を予約する人は少ないため、比較的スムーズに予約を入れることができるでしょう。
火葬場が予約できずに葬儀日程をずらしたり、火葬場の予約の可否に葬儀の日を左右されることがありません。

以下の記事では火葬場の混雑についてさらに詳しく解説しています。
こちらも合わせてお読みください。

葬儀を急ぐ必要がない

火葬を先に行ってしまうため、ご遺体の状態に気を遣う必要がない点もメリットです。

ご臨終から葬儀までの期間が長い場合、ご遺体が悪い状態になってしまわないように冷却したり、室温に気を付けたりしなければなりません。

また、なるべく早目に参列者への都合を聞いたり、親族の予定を把握するために行動しなければなりません。
こういった手間や苦労をしなくても良いのが、前火葬や骨葬のメリットでもあります。

ご遺体を持ち込めない会場でも葬儀を行える

ご遺骨にすることで、ご遺体を持ち込めないホテルなどでの葬儀を行うこともできるようになります。

社葬や大規模なお別れ会など、一旦親族での葬儀を終えた後に別の会場で改めて葬儀を行う場合に、先に火葬をしてしまうことで会場の選択肢を増やすことができるようになります。

ご遺体が傷むこともないので、遠方で改めて葬儀を行うこともできますし、期間をあけてお別れの会を開いたり、ホテルで大規模な葬儀などを開催することもできます。

デメリット

こうしたたくさんのメリットがあり、葬儀の自由度も大幅にアップするのが前火葬や骨葬ですが、その反面デメリットもあるのを忘れないようにしましょう。

故人の顔を見てお別れできない

葬儀の前に火葬してしまうため、葬儀に参列した人が顔を見て故人とのお別れをすることができません
故人の顔をどうしても見ておきたいという人は、お通夜に参列するようにしましょう。

しかし、前火葬や骨葬は、火葬のタイミングがお通夜の前に行う場合もあれば、お通夜後に行う場合もあります。
故人の顔を見ておきたい人は、喪家にその旨を伝えて火葬のタイミングを知っておく必要があるでしょう。

周囲の人とのトラブルになる可能性がある

葬儀の前に火葬するという葬儀形式について、理解を得られないという場合もあります。
古くからのしきたりや伝統を重んじる人の中には、先に火葬をしてしまうのが順序として一般的ではないため、好ましく思わない人もいるのです。

僧侶に反対される可能性がある

ご遺体を供養の前に火葬してしまうことに反対する人の中には、僧侶が含まれている場合もあります。

前火葬や骨葬の読経を断られることもありますので、依頼する僧侶は火葬を先に済ませることに理解のある人を選びましょう。

前火葬(骨葬)の流れ

葬儀

では実際に前火葬の流れをご覧いただき、一般葬との火葬の順番の違いについて認識していきましょう。

  • 火葬

    火葬のタイミングは、お通夜の前に行うケースもあれば、お通夜を行ってから火葬し、その後に葬儀告別式を行う場合もあります。

  • お通夜

    祭壇にはご遺骨を置き、遺影などを飾って故人の生前の姿を偲ぶという形になります。

  • 葬儀告別式

    前火葬や骨葬の場合、お通夜の次の日に葬儀を行う場合もあれば、期間をあけて行うという場合もあります。

通夜の前に火葬することについてまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では、お通夜の前に火葬をすることができるのかについて、下記の項目を中心に解説しました。

  • 一般的な葬儀では、ご遺体の納棺後まずお通夜と葬儀告別式を行い、ご遺体を出棺し、火葬する。

  • お通夜の前に火葬を済ませてしまうことは問題なく、骨葬や前火葬などと呼ばれる葬儀形式である。

  • 骨葬・前火葬を行う理由として、ご遺体の状態が良くない、ご遺体を長距離移動させる、密葬後に本葬を行う、などが挙げられる。

  • 前火葬をするメリットは、ご遺体の搬送費削減火葬場の予約が取りやすい、葬儀を急ぐ必要がない、葬儀会場の選択肢が増えるなどがある。

  • 前火葬のデメリットは、故人の顔を見てお別れできない、周囲の人や僧侶の理解が得にくいという点だが、対処法を工夫することでデメリットを改善することもできる

  • 前火葬の流れとしては、火葬→通夜→葬儀告別式という場合もあれば、通夜→火葬→葬儀告別式という場合もある

お通夜の前に火葬することで、ご遺体の状態に気を遣うことなく、どこでも好みの場所での葬儀が可能になるのですね。
前火葬や骨葬という葬儀形式は、やむを得ない理由がある場合にも選択される葬儀だということもわかりました。

葬儀形式でお悩みの方は、メリットの多い前火葬も視野に入れて検討してみてはいかがでしょうか。
「終活ねっと」では、他にも葬儀や法要についての記事を多数掲載しています。
ぜひそちらもご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

以下の記事では火葬に必要な手続きについて詳しく解説しています。
こちらも合わせてお読みください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事