家族葬は通夜・告別式を行う?参列の有無や服装、香典についても解説

家族葬は通夜・告別式を行う?参列の有無や服装、香典についても解説

近年数多く行われるようになってきた葬儀の形態に家族葬があります。家族葬といえば小差な葬儀というイメージがある一方、通夜・告別式まで行うのかといった疑問が出てきやすいです。今回は家族葬で通夜・告別式を行うのかどうかについて、マナーなどにも触れながら見ていきます。

2020-02-16

家族葬の通夜と告別式について

葬儀

近年葬儀で比較的多く行われるようになってきた形態として、家族葬があります。
家族葬といえば、一般葬に比べるとだいぶ小さな規模で行うため、負担がかからないという点で人気も高まってきている状況です。

同時に家族葬は、近年定着してきたということもあり、いろいろな疑問が持たれることもあります。
その中でよくある疑問の1つが、「家族葬では通夜・告別式は行うのか」というものです。
たしかに家族葬の規模が小さいのであれば、通夜・告別式もきちんと行うのかという疑問も出てくるでしょう。

そこで今回終活ねっとでは、家族葬で通夜・告別式を行うのかどうかについて、家族葬の際に必要となるマナーにも触れながら見ていきます。

  • 家族葬と一般葬の違いはどこにある?

  • 家族葬で通夜と告別式は行われるのか?

  • 家族葬で行われる通夜と告別式は参列してもよいのか?

  • 家族葬で行われる通夜と告別式の流れとは?

  • 家族葬の通夜と告別式に参列する際のマナーとは?

故人の家族葬を検討している方や、家族葬に参列すべきかどうかに迷っている方などにとって、いろいろと参考になる内容となっています。
ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

家族葬とはどういったものかを詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

家族葬と一般葬の違いは?

困った人々

家族葬については、見聞きしたことのある方もいるでしょう。
そして、家族葬が一般葬とどのような点で異なるのか、気になるのではないでしょうか。

家族葬と一般葬の違いは、参列者や葬儀の規模です。
一般葬の場合は、故人のご遺族やご親族だけではなく知人や友人も参列するため、自然と葬儀の儀式や必要な負担の規模は大きくなります。

一方家族葬の場合は、参列者がご遺族とご親族のみというのが基本です。
このため一般葬に比べると非常に規模が小さく、その分金銭面や心身面の負担を大幅に軽くできます。
加えて参列者対応をしなくても済むため、会食や香典返しの準備も不要です。

家族葬で通夜と告別式は行う?

葬儀

一般葬に比べて規模が小さい家族葬では、通夜・告別式は行うのでしょうか。
特に準備するご遺族にとって、通夜・告別式を行うのかどうかは重要な問題といえるでしょう。
ここでは、家族葬で通夜・告別式を行うのかどうかについて見ていきます。

通夜・告別式の有無はご遺族次第

実際の家族葬で通夜・告別式を行うのかどうかは、ご遺族の意思次第です。
一般葬と同じように通夜・告別式まで行ってきちんとお別れしたい場合は行ってもよいでしょう。
一方葬儀に必要な負担を軽減したい場合は、告別式のみにするか、火葬のみにするかといった選択もできます。

別の書き方をすれば、ご遺族の気持ちや状況次第で、家族葬の際に通夜・告別式を行うかどうかを判断してもよいでしょう。

ただしご遺族やご親族の中には、通夜・告別式をきちんと行うべきと考える方もいることがあります。
このため、ご遺族やご親族とよく相談しながら、家族葬で通夜・告別式を行うのかどうか判断するのがおすすめです。

通夜なしの家族葬(告別式のみ)

もし通夜を省略する場合は、告別式と火葬のみを行う形になります。
この場合は通夜の日がなくなるため、一日葬とほぼ同じになるでしょう。

通夜なしで家族葬を行う場合は、通夜の儀式や通夜振る舞いの準備が必要なくなる分、費用やご遺族の負担も軽減できます。
加えて故人ときちんとお別れを済ませるための時間も、通夜・告別式を行う場合に比べて長めに持てるでしょう。

ただし葬儀会場によっては、通夜を行わない場合でもご遺体を安置するために、会場費が2日分かかる場合があります。
また参列者によっては、都合が悪く参列できないケースもあるため、注意が必要です。

通夜・告別式なしの家族葬(直葬)

通夜・告別式なしで家族葬を行う場合、火葬のみを行う直葬と同じようになります。
儀式を行わないため、ご遺族も火葬場に直葬して火葬を行うだけです。

通夜なしで家族葬を行う場合に比べると、より負担を軽減できるメリットがある反面、菩提寺によっては納骨できない場合があります。
もし菩提寺がある場合は、通夜・告別式なしの家族葬を行う際に前もって相談しておくと無難です。

※終活ねっとのお葬式では直葬は最もシンプルで費用を抑えたプラン、火葬式は直葬に白木位牌や祭壇などが付いたプランとなっております。

家族葬に呼ぶ範囲は?

家族葬を行う際、参列者はどの範囲まで呼べばよいのでしょうか。
実は家族葬に呼ぶ参列者の範囲は、明確な定義が存在しません

ただ一般的には、故人のご遺族やご親族のみを呼ぶケースが多いです。
もしご遺族やご親族以外に、故人と比較的親しかった知人・友人を呼びたい場合は、彼らを呼んでも問題はありません。

家族葬のプランは、税込493,000円よりご用意しており、終活ねっとの早割で最大7万円の割引もご利用いただけます。
葬儀についてお困りでしたら、24時間365日電話対応しておりますので、お気軽にご相談ください。



家族葬の通夜と告別式に参列していい?

困った人々

故人の家族葬を行うことになった場合、ご遺族やご親族以外の立場であれば、参列してよいのかどうかで気になるでしょう。
実は家族葬に参列してもよいかどうかは、場合によって異なってきます。

参列してよい場合と参列しない方がよい場合は、具体的に以下のようなものがあるため、各条件をもとに判断するとよいでしょう。

参列してよい場合

まず家族葬に参列してよい場合とは、具体的にはご遺族から参列を依頼された場合と、訃報の連絡で葬儀の詳細が記してある場合があります。

参列を依頼された場合

家族葬を行う際、喪主などご遺族から葬儀への参列を依頼された場合参列してよいです。
ご遺族から見れば、参列を依頼する相手は、ぜひとも一緒に故人とお別れをしてほしい人物であることを意味します。

一方参列を依頼された側も、なるべく都合をつけて参列することが大切です。
家族葬で多くの参列者に参列を辞退している中で、ぜひ参列してほしいと依頼を受けたのであれば、極力参列するのが礼儀といえます。

訃報の連絡に葬儀の詳細が書いてある場合

また故人の訃報連絡で葬儀の詳細がきちんと明記されている場合も、家族葬に参列してよいと判断できます。
もし参列しない方がよい場合、訃報連絡に参列をお断りする旨が記されているためです。

詳細が記してあれば、ご遺族側からのぜひ参列してほしいという意思の表れとみなすことができます。
ただし直接依頼されたわけではないため、念のため参列してよいかどうかをご遺族に確認すると無難でしょう。

参列しないほうがよい場合

一方で家族葬に参列しない方がよい場合には、訃報連絡に参加辞退の旨が書いてある場合と葬儀の詳細が書かれていない場合があります。

訃報連絡に参列辞退の旨が書いてある場合

まず訃報連絡で参列辞退の旨が書かれている場合は、どのような理由があっても家族葬に参列しない方がよいです。
訃報連絡に前もって参加辞退の旨を記すということは、ご遺族側としてはなるべく静かに故人を見送りたいという意思の表れと考えるべきでしょう。

訃報連絡に葬儀の詳細が書いていない場合

訃報連絡に葬儀の詳細が書かれていない場合も、家族葬に参列しない方がよいでしょう。
訃報連絡には葬儀の日時や場所が書かれているのが一般的で、それが書かれていない場合は、ご遺族が葬儀への参列を辞退する意思を示していることと同じであるためです。

通夜と告別式どちらに参列する?

もし家族葬に参列できる場合、通夜と告別式のどちらに参列すればよいのかに悩む方もいるでしょう。
家族葬の場合、基本的に故人とごく親しい方が参列するケースがほとんどです。

このため参加を依頼された場合は、極力両方とも参列して、故人にきちんとお別れを済ませるとよいでしょう。
ただし両日参加が難しい場合は、どちらかに参列するということでも問題ありません

家族葬の通夜と告別式の流れ

葬儀

家族葬を行う場合、どのような流れで進むのでしょうか。
ここでは家族葬の流れを、通夜と告別式の場合に分けて見ていきます。
基本的には、一般葬の場合とほとんど同じとなっています。

通夜の流れ

まず通夜の場合、以下のような流れで進みます。
所要時間とともにご紹介しますので、ぜひともご参照ください。

  • 開式・読経

    開始時刻になると開式し、僧侶が読経を行う。
    所要時間は、10~20分程度である。

  • 焼香

    故人と親しい順番に焼香を行う。
    所要時間は10~15分程度である。

  • 喪主挨拶・閉式

    5分程度、喪主が参列者に挨拶するが、省略する場合もある。
    挨拶終了後、そのまま閉式する。

  • 通夜振る舞い

    行う場合と行わない場合がある。
    行う場合は1時間ほど、故人をしのびつつ会食する。

  • 通夜の番

    最近では3時間程度で切り上げる半通夜が主流である。

家族葬は通常の葬儀に比べると参列者が少ないので、かかる時間も短くなります。
このため比較的短い時間で終わることが非常に多く、故人と向き合う時間も取りやすいです。

以下の記事では家族葬の通夜の流れについてさらに詳しく解説しています。
こちらも合わせてお読みください。

告別式の流れ

告別式は通夜の翌日10時か11時に行われます。
ただし家族葬の場合、告別式も一般葬に比べて短い時間で終わるため、午後に行われることも多いです。

  • 開式・読経

    開始時刻になると開式し、僧侶の読経が行われる。
    所要時間は10~20分ほどである。

  • 弔辞の紹介

    参列者の中から2,3人ほどが弔辞を読み上げる。
    所要時間は1人につき3分程度

  • 焼香

    故人と親しい順に焼香を行う。
    所要時間は参列者の人数にもよるが、10~15分程度である。

  • 喪主挨拶・閉式

    喪主が参列者に挨拶するが、省略する場合もある。
    挨拶終了後、閉式になる。

  • 出棺

    故人のご遺体に蓋をかぶせて、霊柩車に載せ出棺する。

告別式についても、一般葬に比べると比較的短くなります。
このため、比較的早い時間で終わることが非常に多いです。

以下の記事では家族葬の告別式の流れについて詳しく解説しています。
こちらも合わせてお読みください。

家族葬の通夜と告別式への参列マナー

葬儀

家族葬の通夜と告別式に参列する際、どのようなマナーがあるのでしょうか。
ここでは家族葬に参列する際のマナーを、服装と香典の点からご紹介します。

服装について

家族葬の場合も、服装のマナーは一般葬の場合と変わりません
以下のように、立場や場合によって着用するものが異なります。

  • 喪主側の服装は正喪服か準喪服

    男性はモーニングと縞柄のズボン、黒ネクタイを締めた白無地のワイシャツ。
    女性の場合は、黒系のスーツ・ワンピース、下には黒色のブラウスなど。

  • 参列者側の服装は準喪服が一般的

    男性は黒系の上下スーツ、黒ネクタイを締めた白無地のワイシャツ。
    女性の場合は、黒系のスーツ・ワンピース、下には黒色のブラウスなど。

  • 「平服でお越しください」は略喪服

    男性は暗色系の上下スーツ、黒ネクタイを締めた白無地のワイシャツ。
    女性の場合は、暗色系のスーツ・ワンピース、下には黒色のブラウスなど。

香典について

香典については、まず訃報連絡などで香典辞退の旨が伝えられた場合は、香典を持参しないのがマナーです。

一方訃報連絡に香典辞退の旨が書かれていない場合でも、基本的には持参しません。
ただしどうしてもお渡ししたい場合は、ご遺族に事前に確認するべきです。

家族葬の通夜と告別式についてまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、家族葬で通夜と告別式を行うべきかどうかについて、家族葬のマナーにも触れながら見てきました。
内容をまとめますと、以下の通りです。

  • 家族葬は一般葬と比べて規模が小さく、参列者も一般葬に比べるとずっと少ないため、準備や費用などで負担があまりかからない

  • 家族葬で通夜と告別式を行うかどうかは、ご遺族が自由に判断してよく、通夜なしの場合や通夜・告別式なしの場合で行うこともある。

  • 家族葬で通夜と告別式に参列してよいかどうかは、参列を依頼された場合と訃報連絡に詳細が書いてある場合は参列してよいが、訃報連絡で辞退された場合は避けるべきである。

  • 家族葬の通夜と告別式の流れは、基本的に一般葬の場合と同じだが、所要時間は比較的短い

  • 家族葬に参列する際、服装は一般葬の場合と同じく立場で適切なものを着用し、香典については基本的に持参しない

家族葬で通夜や告別式を行うかどうかは、ご遺族が気持ちや状況に応じて判断してよいのが一般的です。
ただ場合により相談が必要になる場合があるため、その際は綿密な相談が欠かせません。

家族葬を行ったり参列したりする際に、今回の内容をお役立ていただければ幸いです。
今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

以下の記事では香典がお通夜と告別式で2回必要かどうかについて詳しく解説しています。
こちらも合わせてお読みください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「家族葬・通夜・告別式」に関連する記事

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料