家族葬の後日に訪問していいの?香典や服装、線香についても解説!

家族葬の後日に訪問していいの?香典や服装、線香についても解説!

最近では、ご遺族の方の負担を軽減できる家族葬を執り行う家庭が増えてきています。親しい方やお世話になった方が家族葬を行った場合、後日訪問してもよいのか悩む方は多いです。この記事では、家族葬前の後日に訪問してもよいのか、訪問マナーなどを解説していきます。

2020-02-15

家族葬の後日訪問することについて

葬儀

最近では、家族・親族のみで行う小規模な葬儀である家族葬を選ぶ方が増加傾向にあります。
家族葬の参列者は限定されているため、参列できなかった場合に後日訪問してもよいのかや訪問時のマナーなどをご存知でない方も多いのではないでしょうか。

家族葬の後日に訪問してもよいのかや訪問時のマナーを知った上で対応すれば、ご遺族の方に不快感を与えなくて済みます。

そこで今回終活ねっとでは、家族葬で後日に訪問することについて、以下の項目を中心にご紹介します。

  • 弔問とは?

  • 家族葬の後日に訪問はしても大丈夫?

  • 訪問するときのマナーって?(服装・香典・供え物など)

  • 訪問される側の対応方法は?

家族葬の弔問に関する情報を、弔問する側・される側両方の視点から詳しく解説していきますので、ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

家族葬とはどういったものかを詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

弔問(訪問)ってなに?

困った人々

弔問(訪問)とは、お通夜の前に亡くなられた方が安置されている場所に伺うこと、お通夜や葬儀に参列すること、また[/emp2]葬儀後に喪主の自宅に訪問しお悔やみのお言葉を伝えること[emp2]をいいます。

家族葬を行う場合は参列者が家族や親族のみとなるため、後日故人の自宅を弔問することが多くなります。

家族葬の後日に訪問してもいいの?

葬儀

家族葬は、ご遺族の方の金銭面や精神面での負担を減らすために選ばれていることがほとんどです。

しかし葬儀後に弔問客がたくさん自宅に来ることは、ご遺族の方にかえって負担を与える可能性があります。
家族葬の場合でも葬儀後にご遺族を訪問しても良いのかについて詳しく解説していきます。

基本的に訪問するのを遠慮する

ご遺族が家族葬にされた気持ちを汲み取って、基本的には親しい方であっても弔問は遠慮した方がよいでしょう。
訃報通知に辞退と記載されている場合は、弔問を遠慮すべきです。

ただ、ご遺族の方から弔問の依頼がある場合もあります。
その場合は弔問しても問題がないので、ご遺族の方の希望どおり弔問に伺いましょう。

どうしてもの場合はご遺族側に確認を取る

お世話になった方や親しい友人などが亡くなった場合、どうしてもお悔やみの言葉を伝えたい方もいるでしょう。
弔問するのは控えた方がよいと分かっていても一言亡くなられた方に感謝を伝えたい場合は、ご遺族の方に必ず確認を取ってから伺うことが大切です。

しかし、連絡を取ったときに「お言葉だけで十分です」などと前向きな返答がない場合は、無理に訪問するのはマナー違反なので控えましょう。

お悔やみの手紙は送っても問題ない

上記の通り、家族葬の場合は後日の訪問も基本的には控えたほうがよいです。
しかし、お悔やみの手紙は返礼品の必要がなく、送っても問題ないので、訪問ができないようなら手紙を送るとよいでしょう。

手紙を送る際は、相手側に失礼のないように宗教を確認した上で言葉を考えることが大切です。

弔問のタイミング

後日弔問する場合、ご遺族の方は弔問客を迎える準備をしなくてはならないため、葬儀・告別式の後~四十九日までがよいといわれています。

葬儀や告別式直後は後片付けもあるので、3日くらい経ってから連絡をするとよいでしょう。

四十九日までとされているのは、あまりに日にちが空き過ぎると弔問客を迎える準備がご遺族の負担になりかねないからです。
ご遺族の方に配慮して弔問する時期を考える必要があります。

訪問する際のマナー

葬儀

訪問する際は必ず喪主側に連絡を取って日時を決める必要があります。
訪問の日時が決まると、香典や供物・服装などのマナーを守って訪問することが重要となってきます。

マナーを守れていないと、ご遺族の方に不快感を与えたり負担を与えたりする可能性があります。

訪問する際はご遺族の負担も考えて、長居しないように注意しましょう。

香典について

香典については、葬儀に参列していない場合でも参列する場合と同じ金額がよいでしょう。
葬儀に参列していないからと高額包んでしまうと、香典返しをする必要があるご遺族の方にとっての迷惑となってしまう可能性があります。

また家族葬では香典を辞退する場合も多いため、訃報連絡で香典辞退が記載されていた場合は、香典は渡さないのがマナーです。
どうしても渡したい時は、事前にご遺族の方に確認をしてから渡すとよいでしょう。

服装について

お通夜や葬儀に参列する場合は喪服を着て行くのがマナーですが、後日の訪問の場合はグレーや紺色など、地味な色の普段着で行くのがマナーです。

ご遺族の方は葬儀が無事に終わり日常を取り戻しているところですので、大切な家族が亡くなった悲しみを思い出させないために喪服や黒色の服はNGです。
また、ご遺族の方よりも格式の高い服にならないように、服選びをしましょう。

供物について

家族葬の後日訪問をする場合、供物は必要なのでしょうか。
供物の場合も、香典と同じでご遺族の意向によって供物を辞退される方もいます。

供物を持って行ってよいのかも、ご遺族の気持ちに配慮して用意しましょう。
線香やお花、お菓子など、供物についてそれぞれご紹介します。

線香

供物の代表ともいえるものが、線香です。
昔は線香を供物としてお渡しする方が多かったのですが、最近では香りつきのものが増えてきており、ご遺族の方の香りの好みを知るのが難しいことから供物にはふさわしくないと考えている方も多いです。

仏教の場合は線香を供物にするのはよいですが、キリスト教や神式の場合は線香をお供えする風習がないため避けましょう。

お花

線香と同じ代表的な供物の一つが、お花です。
線香と違ってお花はどの宗教でもお供えできるため、供物として用意しやすいでしょう。
しかし宗教によってお供えするお花の種類が違うので、間違えないように注意が必要です。

仏教と神道の場合は菊やカーネーションなど、黄色や白色を中心にして、キリスト教の場合は、白い花の花束や花かごを用意するのがよいでしょう。

お菓子

家族葬の後日訪問の場合は、お菓子を供物として用意するのも可能です。
亡くなられた方の好きなお菓子を知っている場合は、好物をお供えするとよいでしょう。
供物でお菓子を用意する場合は、日持ちのするもの、箱入りの菓子折りを準備するのがおすすめです。

以下の記事では家族葬の後日弔問の時の供物についてさらに詳しく解説しています。
こちらも合わせてお読みください。

持ち物について

家族葬の後日に訪問する場合の持ち物はお花や線香、ろうそく、数珠などお参りに必要な物を持参しておくと安心です。

後日訪問する場合、手土産は持参しなくてもマナー違反にはなりません。
お世話になった方や親友など、親交の深かった方の場合は手土産を持って行くのもよいです。

線香のあげ方

後日訪問をした場合、線香をあげてもよいかご遺族の方に確認することが重要です。
断られた場合は、ご遺族の方の気持ちにしたがって遠慮するようにしましょう。

以下では、線香のあげ方をご紹介します。

  • ご遺族の方に一礼し、仏壇の前に座って遺影に一礼する。

  • ろうそくで線香に火をつける。

  • 線香に火がついているほうを上にし、下に勢いよく引いて火を消し煙が出ている状態にする。(息を吹いて消すのはNG)

  • 線香を一本ずつ香炉に立てていく。(宗教により寝かせる場合もある)

  • 最後に合唱して遺影に一礼、その後ご遺族の方にも一礼する。

以下の記事では家族葬の後日弔問で線香をあげる時のマナーについてさらに詳しく解説しています。
こちらも合わせてお読みください。

訪問される側は?

葬儀

家族葬に参列できる方は家族や親族など、限られた人数の方だけなので、葬儀が終わると色々な方々(友人やご近所の方など)から弔問の連絡が来る可能性があります。
一般的な葬儀と比べて家族葬のほうが、後日訪問に来る方の人数が多くなるということを喪主側は理解しておく必要があります。

弔問を辞退する場合は訃報連絡に記載する

家族葬の場合は家族葬の後日の弔問が多くなる可能性がありますが、大切な家族を失った悲しさから弔問を辞退したいと考えている方もいらっしゃると思います。

弔問を辞退したい場合は、電話やメール・はがきなどで訃報連絡をするときに、香典と弔問を辞退する旨を記載しましょう。
辞退する旨をはっきりと記すことで、相手側も弔問の連絡を控えることができます。

しかし、辞退していても弔問に来てくれる方がいるかもしれません。
そのような場合、無理に断ることは相手の方に対して失礼となってしまうので気を付けましょう。

香典は辞退する?

香典は、家族葬だから辞退するという決まりはありません。
しかし、家族葬を選択する方は香典を辞退している方が多いです。

香典を辞退したい場合は、訃報連絡をする際に香典の辞退をしっかり記しておきましょう。
しかし、辞退していても香典を渡される場合もあります。
そのようなときは無理に断る必要はなく、受け取って香典返しをするとよいです。

弔問に来てくれる人に感謝する

無事に家族葬が終わると、ほっと一息つきたい気持ちになるでしょう。
弔問に来てくれた方々は、亡くなった家族を大切に思う気持ちから訪問してくれています。

そのため、無下に扱うのではなく、来てくれた方々に感謝の気持ちを忘れてはなりません。
来て頂いた場合は、返礼品を渡すだけでなく感謝の気持ちを伝えることが大切です。

家族葬のプランは、税込493,000円よりご用意しており、終活ねっとの早割で最大7万円の割引もご利用いただけます。
葬儀についてお困りでしたら、24時間365日電話対応しておりますので、お気軽にご相談ください。



家族葬の後日訪問することについてまとめ

人々

今回終活ねっとでは、家族葬の後日訪問について見てきましたがいかがでしたか?

この記事をまとめると以下のようになります。

  • 家族葬の後の訪問を弔問ともいい、家族葬の後に訪問したい場合は、基本的には訪問を控え、どうしても弔問したい場合は事前にご遺族の方に連絡を取る

  • 訪問の時期は葬儀後1週間~49日までに行くようにし、訃報の連絡で香典辞退を記載している場合は、香典を渡すのは控える

  • 弔問に行けない場合でも、返礼品の必要のお悔やみの手紙は送っても良いため、どうしても弔意を表したい場合はお悔やみの手紙を送る。

  • 家族葬にした場合、弔問を辞退するのならばその旨を訃報の連絡ではっきりと伝える
    また、辞退しない場合は後日の訪問の連絡が多いことを予想して返礼品などを準備し、弔問に訪れた方に感謝の気持ちを示す。

家族葬の後日訪問は、行く側がご遺族の方の気持ちに配慮してマナーを守ることが重要です。
終活ねっとでは、他にも家族葬に関する記事を多数記載しております。

ぜひ今回の記事とあわせてお読みください。
最後まで読んで下さりありがとうございました。

以下の記事では家族葬での香典辞退や金額相場についてさらに詳しく解説しています。
こちらも合わせてお読みください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「家族葬・後日・訪問」に関連する記事

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料