香典を郵送する際に添える一筆箋とは?香典に関するマナーもご紹介!

香典を郵送する際に添える一筆箋とは?香典に関するマナーもご紹介!

親族や友人が亡くなったとき香典を持って葬儀に参列しますが、どうしても参列できない場合には香典を郵送することができます。香典を郵送する時には一筆箋を添えるのがマナーですが、どのような事を書いたら良いのでしょうか?今回は香典に添えて送る一筆箋について紹介します。

最終更新日: 2020年12月16日

香典を郵送する際に添える一筆箋とは?

葬儀

親族や親しい間柄の人が亡くなった時の葬儀について、考えたことがありますか?

親交の深かった人の葬儀には、できる限り足を運んで弔意を表したいものですが、都合で参列できない場合、香典はどうしたら良いのでしょうか?
香典は郵送で送れますが、マナーはよくわかりませんよね。

葬儀に出席できないときは香典を郵送するだけでもいいのか、香典に添える一筆箋は必要か、一筆箋に書く内容など、疑問に思う事がたくさんあると思います。

そこで今回「終活ねっと」では、香典を郵送する際に添える一筆箋について、下記の項目を中心に解説します。

  • そもそも香典を郵送で送るのはあり?なし?

  • 香典を郵送する場合に添える一筆箋という手紙とは?

  • 香典に添える一筆箋の例文は?

  • 香典を郵送するときの方法や注意点は?

  • 香典袋はどうやって選ぶの?

  • 香典を送る以外にも弔意を表す方法があるの?

普段なかなか知ることのできない一筆箋や香典の郵送マナーについて学び、いざという時に慌てないようにしましょう。

一筆箋にふさわしい例文や香典袋の書き方などについても触れていますので、ぜひ最後までお読みください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

香典を郵送してもいいの?

仏壇

できれば葬儀に参列してご遺族に言葉をかけてあげたい、香典を直接渡して少しでも役に立ちたいと思っていても、都合が悪く参列できないこともありますよね。

そういった場合、香典を郵送で相手に届けることができるのをご存知でしょうか?
香典はもともとご遺族に対する支援という意味合いが込められています。

香典を渡すことは、悲しみに暮れるご遺族に対して経済的支援をする事につながりますので、葬儀に参列できない場合には、ぜひ香典を郵送して届けるようにしましょう。

香典を郵送する際の一筆箋について

葬儀

香典を郵送する場合には、一筆箋や手紙などのメッセージを添えて弔意を伝えるというのが一般的なマナーとなっています。

一筆箋を利用しなければならないというわけではありませんが、香典に添えるメッセージなら一筆箋の方が便利で使いやすいでしょう。

手紙でも良いですが、サイズやデザイン、さらに内容にも気を付ける必要があります。
あまり長すぎる内容・ふさわしくないデザイン・内容や文字にあっていないサイズの紙などでは、受け取った相手もがっかりしてしまいますし、不快に感じることもあるでしょう。

そういった点をふまえると、香典を郵送する際には一筆箋が最もふさわしいアイテムだと言えるのです。

香典を郵送する際には手紙を添える

香典を受け取るご遺族も、ただ単に郵送で香典だけが送られてきたのでは、こちらの弔意を受け取ったという気持ちにはなれないでしょう。

葬儀に参列していれば、お悔やみの言葉をかけるものですが、香典だけの郵送ではその気持ちを表現することができません。

そのため、普通香典を郵送する場合には、お悔やみの言葉や慰めの言葉など弔意を表す気持ちを綴った手紙を添えるものです。

受け取ったご遺族も、一言温かい言葉が綴ってあるだけで、悲しみが少し癒えるのではないでしょうか。

一筆箋が便利な理由

一筆箋が香典に添える手紙としてふさわしい理由はいくつかあります。
ご遺族が受け取った時に、不愉快な思いをしないように、そして違和感を覚えずこちらの弔意をしっかりと受け取ることができるように、できれば以下のようなメリットのある一筆箋を用いるようにしてください。

  • 適度な分量で空白が残らない

    一筆箋は、一言相手に温かい言葉や思いやりのある声掛けをするために作られているメッセージ用の紙です。

    そのため、相手にシンプルな言葉を書くのにちょうどいい分量になっていて、余分な空白が残らないというメリットがあります。

  • 封筒に入りやすいサイズである

    サイズも封筒に入れやすく、何度も折り曲げたり不自然な場所で折る必要がありません。
    香典袋にちょうど良く入るサイズで、相手にとってもとても気持ちの良いお手紙となります。

  • 種類が豊富である

    デザインが豊富で、TPOに合わせてデザインを選ぶこともできます。
    種類が豊富なので、香典にふさわしい柄の中から、自分の好みのデザインを選んだり、生前の故人を偲ぶような絵柄を選ぶこともできます。

香典に添える一筆箋の例文

香典に添える一筆箋の内容は、どのようにすれば良いのでしょうか。
相手の悲しみを癒し、大切な人を亡くした遺族に寄り添う言葉とは、いったいどのような言葉なのでしょうか。
ここでは、一筆箋の例文をご紹介します。

○○(故人)様の突然の訃報に接し、ただ驚くばかりです。
以前お目にかかった時には、お元気そうにしておられたのに、信じられない気持ちでいっぱいです。
皆様の悲しみはいかばかりかと胸が締め付けられる思いです。
本来であればすぐにでも弔問にお伺いすべきところですが、諸事情によりお伺いできない無礼を何卒お許しください。
心ばかりの香典を同封しております。
○○様の御霊前へお供えいただければ幸いです。
慎んでご冥福をお祈り申し上げます。

香典を郵送する際のマナー・注意点

お金

香典を相手に郵送で送る際には、いくつかの注意点があります。
相手に不快な思いをさせないように、そして失礼の無い送り方について解説していきます。

現金書留を利用する

香典を送る際は、現金書留で送ります。
他の方法で送ってはいけません。

現金を相手に送る場合には、必ず現金書留によって送る郵便法というルールがあるため、現金を包んだ香典も現金書留で送るのがマナーです。

香典袋へのお金の入れ方

香典袋のお金の入れ方にもマナーがありますので注意しましょう。
お札はすべて向きをそろえて、枚数や金額が偶数にならないようにします。

また、お札の肖像画が印刷されている面が見えないように、香典袋に入れましょう。
この際、お札の肖像画の位置が、香典袋の下にくるようにしましょう。

香典のお金の入れ方については、以下の記事でも詳しく解説しています。
ぜひ目を通してみてください。

いつ香典を郵送すればいいの?

香典は初七日までに届けたいものです。
そのため、葬儀後から初七日までに相手の手元に届くのが理想的な時期となります。

しかしこの時期に間に合わなかったとしても、諸事情を簡潔に手紙に記載し、相手に送っても大丈夫です。

金額は漢数字で表記する

香典の金額は、一、二、三…のような普通の漢数字ではなく、旧字体の漢数字である壱、弐、参…のような表記を使います。

普通の漢数字がすぐに偽造することができたり、書き換えることができるためです。
また、旧字体の方が読み間違えることが少ないため、香典を取りまとめる係の人もスムーズに作業することができます。

香典袋に関するマナー

香典の送り方や一筆箋についてのマナーを守るのと同時に、香典袋についても気を付ける点があります。

ここでは、香典袋に関するマナーを紹介しますので、ふさわしい香典袋で香典を郵送できるようにしましょう。

香典袋の選び方

香典袋は、中身の金額によって袋のデザインを変える必要があります。
中身が1万円以下の場合、水引が印刷されたものや、封筒タイプの香典袋を使います。

中身の金額が3万円~5万円の場合には、きちんと水引がついた三つ折りタイプの正式な香典袋を使いましょう。
水引の色は、宗教や宗派によって異なります

香典額がそれ以上になる場合には、水引が銀の豪華なタイプの香典袋がふさわしいでしょう。
このように、香典袋は中の金額によってふさわしいものがありますので注意しましょう。

表書きについて

香典袋の表書きは、宗教や宗派によって記載が異なります
故人がどのような宗教、宗派の葬儀で供養されるのかは、一度確認しておいた方が良いでしょう。

また、香典袋の表書きの文字は、悲しみの涙で墨が滲んだことを表現している薄墨で書くのが正式なマナーです。

香典袋の表書きについての詳細は、以下の記事で紹介しております。
あわせてご覧ください。

香典以外に弔意を表す方法

葬儀

大切な人の訃報を聞けば、誰でも真っ先に駆け付けてあげたいと思うものです。
しかし何らかの事情で都合がつかず、お通夜や葬儀に出席できない場合には、香典以外にも弔意を表す方法があります。

ここでは香典以外の弔意を表す方法について見ていってみましょう。
葬儀に参列できない事がわかったら、あまり時間を空けずにすぐに行動するのがポイントです。

葬儀当日に供花を送る

葬儀に参列できない場合、葬儀当日に供花や盛籠を送ることができます。

斎場に直接送るため、ご遺族にあまり手間をかけさせない方法としておすすめです。
個人で送ることもできますが、数名で連名で送ることもできます。

外来語がそのまま定着していることも多い花の名前ですが、日本語の「和名」を知ることで、より深くその花を知ることができるのではないでしょうか?身近な花の、美しい「和名」について気になるという方はこちらの記事も併せてご覧ください。

後日ご遺族を弔問する

葬儀を終えた直後は、ご遺族も慌ただしい時を過ごしていたり、まだ深い悲しみに暮れている時期です。
そのため、後日の弔問は電話で都合を確認し、故人の死の悲しみが落ち着いたころにしましょう。

弔問するときには、故人にお供えする花やお菓子を持参し、ご遺族の迷惑にならないようあまり長居しない事が大切です。

下記の記事では、葬儀の後日で気を付けるべきお悔やみの言葉について紹介しています。
ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。

香典を郵送する際に添える一筆箋のまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では、香典を郵送する際に添える一筆箋について、下記の項目を中心に解説してきました。

  • 香典は葬儀当日に受付に出したりご遺族に手渡したりするだけではなく、郵送で送ることもできるため、葬儀を欠席する際には郵送で香典を送る

  • 香典を郵送する際には、中に手紙を添えて送るのが一般的

  • 香典に入れる手紙には、サイズやデザインなどがちょうどよい一筆箋を用いるのがおすすめ

  • 香典に添える一筆箋には、故人の訃報に驚いて、ご遺族の悲しみを慮る気持ち、さらに香典を故人に備えてほしいという言葉を綴る

  • 現金を包む香典は、郵便法によって現金書留で送るというのがルール

  • 香典袋にはお札の肖像画が下になるように揃えて入れる

  • 香典を郵送で送る場合、できれば初七日の法要までに届けるようにするのが理想

  • 香典の金額は漢数字の旧字体で表記し、表書きは薄墨にする

  • 香典袋を選ぶときには、中に入れる香典額によってふさわしい袋があるので注意して選ぶ

  • 香典以外にも、葬儀当日に供花を送ったり、後日ご遺族のもとを弔問するという方法でも弔意を表すことができる

香典は郵送する際に、一筆箋にお悔やみや励ましの言葉を書いて同封すると良いのですね。
香典は現金を送ることになるため、法律で現金書留を利用しなければならない事もわかりました。

葬儀に出席できず、香典をどのように送るか悩んでいる人は、一筆箋にメッセージや気持ちを綴り、現金書留で送るようにしましょう。

「終活ねっと」では、他にも葬儀や法要についての記事を多数掲載しています。
以下の記事では香典の金額相場について解説していますので、ぜひそちらもご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事