北海道でペット葬儀・火葬をするにはどうすれば良い? | 料金・流れ

北海道でペット葬儀・火葬をするにはどうすれば良い? | 料金・流れ

北海道でペット葬儀や火葬をするにはどうすれば良いのでしょうか?近年ではペットも家族の一員と考える方が増えています。そんなペットが亡くなった時にはきちんとした葬儀や火葬をしてあげたいものです。この記事では北海道のペット葬儀の仕方や流れ・料金相場を解説します。

2020-02-04

北海道でペット葬儀・火葬をするには?

お墓

最愛のペットを亡くしたとき、葬儀・火葬はどのようにすればいいのでしょうか?
また、葬儀・火葬にはどのくらいの費用や準備が必要なのでしょうか?

今回「終活ねっと」では、北海道におけるペットの葬儀・火葬について、以下のポイントを中心に解説していきます。

  • なぜ近年ペット葬儀が増えているのか

  • ペット葬儀・火葬にはどのような種類があるのか

  • ペット葬儀の流れの紹介

  • 北海道でペット葬儀が可能な葬儀社は?

  • 葬儀社選びで後悔しないために

  • ペット葬儀・火葬でよくあるトラブルについて

北海道でペット葬儀・火葬をお考えの方はぜひ最後までご覧ください。

なおこちらの記事で用いている数字は全て、2019年12月の調査結果に基づきます。
予めご了承ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

ペット葬儀とは?

葬儀

そもそもペット葬儀とはここ最近になって普及したものですが、どのようなものなのでしょうか?
ここでは、ペット葬儀が増加している理由や流れなどを解説していきます。

ペット葬儀が増加している理由

ペットを飼うという文化は古くからありますが、その理由や意味合いは時代とともに変わっています。

かつては狩りや害獣駆除のため、防犯のためなど実用的な目的で犬や猫が飼われることも少なくありませんでした。
それが近年ではペットに癒しを求める人が急増し、こんにちペットは家族同然の存在となっています。

そうした背景があり、ペットが亡くなったときも家族同様に葬儀を行いたいというニーズが増え、それに伴いペット葬儀のサービスが増加しています。

ペット葬儀・火葬の種類

近年のペット葬儀の普及について説明してきましたが、増加しているのはその件数だけでなく、サービスの種類も増えてきました。

ペットとのお別れの仕方はどのようなものがあるのでしょうか。
ここからはペット葬儀・火葬の種類について紹介していきます。

合同火葬

合同火葬とは、他のペットと一緒に火葬を行う葬儀の方法となります。
ご遺体を火葬してもらった後、合同骨箱にご遺骨を納め、他のペットと一緒に供養することになります。
他のご家庭のペットと一緒に火葬することになるためご遺骨を個別に返却してもらうことや、火葬に立ち会うことはできません。

一方で他のペットと合同で火葬をするため費用を比較的安く抑えることができるという特徴があります。

個別火葬

個別火葬とはその名の通り、ペットのご遺体を個別に火葬する形式となります。
その中でも火葬から納骨までを葬儀社の方に一任する一任型と、火葬に立ち会い納骨をご家族が行う立会型があります。

一任型で個別火葬を行う場合、ご遺体を葬儀社に預けると個別の火葬炉で火葬をし、その後お骨上げを葬儀社のスタッフが行うことになります。
個別の火葬炉で火葬を行っているため、ご遺骨をご家族にお返しすることが可能です。

立会型の場合、ペット霊園の火葬施設でお別れを行うことができ、その後火葬に立ち会い火葬が済んだらご家族でお骨上げをし、納骨を行います。
人の場合と同様にしっかりとお見送りができる形式となっており、お寺附属のペット霊園などでは出棺の際にお経を上げていただくことができることもあります。

火葬車による訪問火葬

ペットの火葬は火葬場で行うだけではなく、専用の火葬車で火葬を行うことも多くあります。

自宅まで火葬車が訪問し、その場でペットのご遺体を預かり搭載された火葬炉で火葬を行います。
訪問火葬についても合同、個別それぞれあり、ご遺骨がかえってくる場合とかえってこない場合があります。

火葬車での訪問火葬のメリットとしては、火葬施設での火葬と異なり幅広い時間帯での火葬が可能であり、自宅でお見送りができるということがあります。
一方でデメリットとしては、その場で納骨をすることができないということや、場合によっては大型の動物の火葬ができないということがあります。

土葬

ハムスターや小鳥など、小さなペットについてはそのまま自宅の庭などに埋葬するということも可能です。
土葬を行う場合は埋葬する場所や埋め方に注意が必要です。

ペットのご遺体を土葬する場合は、必ず私有地に埋葬しなければなりません
公園や私有地でない山中などに埋めることは法律に抵触することになりますので注意してください。

また、埋葬の仕方にも気を付けなければなりません。
ご遺体を埋める際には最低でも1~2メートルの深さに埋めるようにしましょう。
埋める深さが不十分であると、腐敗臭がして近隣の迷惑になったり、野生の動物が掘り返してしまうなどの恐れがあります。

また、犬や猫などの大きさの動物であると、土に還るまでにかなりの年数が必要となるため、小動物以外はできるだけ火葬によって供養する方が良いでしょう。

ペット葬儀の流れ

いざ大切なペットが亡くなってしまったら、多少なりとも悲しみで気が動転してしまい何をすればよいかわからなくなってしまうかもしれません。
そうならないためにも、事前にペットのための葬儀の流れを確認しておくとよいでしょう。

ここでは、ペットの葬儀・火葬の流れを紹介していきます。

  • お別れの形を決める

    これまで紹介してきた通り、ペットのお見送りの方法は様々です。
    自治体、葬儀社のどちらに依頼するのかや、合同火葬にするのか個別にするのかなど、お別れの仕方を決める必要があります。
    大切なペットを見送る儀式ですので、後悔が残らないようにしっかりと検討しましょう。

  • 自治体・葬儀社に連絡する

    お別れの形式が決まりましたら、依頼する自治体や葬儀社に連絡をしましょう。
    この時、焦って悪質な葬儀社に依頼をしてしまったという事例も多々ありますので、くれぐれも慎重に葬儀社を判断するようにしましょう。
    葬儀社選びのポイントに関しては後ほどご紹介します。

  • 読経・焼香を行う

    ペット葬儀でも、葬儀社によっては希望に応じて人の場合と同様に葬儀を行うことも可能です。
    祭壇を準備してお坊さんにお越し頂いて読経をして頂き、ご家族でお焼香を行います。
    火葬車での訪問火葬の場合でもお坊さんが自宅まで訪問し、葬儀を行って頂けることもあります。

  • 火葬・納骨をする

    先ほどもご紹介した通り火葬場に赴いて火葬を行ったり、火葬車に来て頂いて火葬を行ったりと、その形式は様々です。
    個別立会葬儀であれば、火葬中は待合室で待機し、火葬が終わったら骨上げを行います。

  • ご遺骨を供養する

    火葬を行った後、そのままペット専用の霊園で供養してもらえるサービスを提供している葬儀社も少なくありません。
    個別で火葬を行った場合であれば、ペットのご遺骨を返却してもらうことができるため手元で供養したり、お墓を建てたりと納得のできる供養を行うようにしましょう。

北海道で手配するペット葬儀の特徴

北海道内にはペット葬儀社が多数ありますが、その中でも札幌市と旭川市に集中しているようです。

お住まいの地域の近辺に葬儀社が見つからない場合も、訪問火葬であればご自宅まで葬儀社が訪問してくれます。
対応地域は葬儀社によって異なるため、事前にHP等で情報収拾をしておくとスムーズにペットを送り出すことが出来ます。

北海道でペット葬儀をする際の料金相場

ペットを火葬する場合、大きさや葬儀社によって料金が異なります。
以下に主なペットについて、北海道で火葬する場合の料金相場を紹介いたします。
火葬形態は、立会火葬・一任型の個別火葬・合同火葬の3つの相場をご紹介します。
立会火葬は、最後まで立会うことができますが料金が高額になる傾向があります。
合同火葬では、料金を抑えることができますがご遺骨を持ち帰ることができません。

小鳥・ハムスターなど

小鳥・ハムスターといった極小動物の火葬費用の相場は以下の通りです。
また、大きさの目安は体長10cm未満です。

葬儀形態 費用相場
合同火葬 5,000円〜
一任個別 10,000円〜
立会火葬 12,000円〜

モルモット・リス・プレーリードッグなど

モルモット・リス・プレーリードッグなどの小動物の火葬費用の相場は以下の通りです。
また、体重の目安は2キロ未満です。

葬儀形態 費用相場
合同火葬 7,500円〜
一任個別 15,000円〜
立会火葬 18,000円〜

猫・兎・小型犬

猫・兎・小型犬などの火葬費用の相場は以下の通りです。
小型犬にはチワワやヨークシャテリアが該当します。
また、体重の目安は3キロ未満です。

葬儀形態 費用相場
合同火葬 10,000円〜
一任個別 17,000円〜
立会火葬 21,500円〜

中型犬(シーズー・ミニチュアダックス)

中型犬(シーズー・ミニチュアダックス)の火葬費用の相場は以下の通りです。
また、体重の目安は6キロ以下です。

葬儀形態 費用相場
合同火葬 12,000円〜
一任個別 18,000円〜
立会火葬 23,000円〜

中型犬(柴犬・パグ)

中型犬(柴犬・パグ)の火葬費用の相場は以下の通りです。
また、体重の目安は15キロ以下です。

葬儀形態 費用相場
合同火葬 14,000円〜
一任個別 20,000円〜
立会火葬 25,000円〜

大型犬

ハスキー・北海道犬・コーギー・シェルティーといった大型犬の火葬費用の相場は以下の通りです。
また、体重の目安は20キロ以下です。

葬儀形態 費用相場
合同火葬 21,000円〜
一任個別 26,000円〜
立会火葬 31,000円〜

特大犬

ゴールデンレトリバー・秋田犬・ラブラドールといった特大犬の火葬費用の相場は以下の通りです。
また、体重の目安は30キロ以下です。

葬儀形態 費用相場
合同火葬 25,000円〜
一任個別 30,000円〜
立会火葬 35,000円〜

超特大犬

バーニーズ・ボクサーなど超特大犬の火葬費用の相場は以下の通りです。
また、体重の目安は40キロ以下です。

葬儀形態 費用相場
合同火葬 29,000円〜
一任個別 35,000円〜
立会火葬 40,000円〜

※体重や大きさによって、同種であっても料金が変動することがあります。
また、ペットの体が大きすぎる場合には対応していないペット葬儀社もあるので注意しましょう。

北海道で対応可能なペット葬儀社3選

北海道でペット葬儀を執り行う際の、ペット葬儀社を以下に3つご紹介いたします。
それぞれのペット葬儀で、異なるプランがあるのでぜひご自身でチェックしてみてください。

ペット葬儀社 住所 ホームページ
北海道ペットセレモニー 北海道旭川市永山五条24-4-5-1C https://www.jpc-hokkaido.jp/
北海道動物霊園 北海道札幌市豊平区豊平四条3丁目1番12号 http://www.hd-reien.com/index.php?id=2
札幌御嶽神社附属ペット霊園やすらぎの丘 北海道札幌市西区小別沢79-1 https://www.satu-petyasuragi.com/

北海道ペットセレモニーは移動火葬車での訪問火葬や提携寺院での火葬を取り扱っています。
お引取り供養プラン・一任個別火葬プラン・立会個別火葬プランの3つのプランがあり、立会個別火葬プランでは無料でメモリアルフォトを作成してもらう事が出来ます。

北海道動物霊園は豊平区に霊園、札幌市に澄川火葬場があります。
個別火葬と合同火葬のどちらかを選ぶことが出来ます。

ペット霊園やすらぎの丘は合同火葬・一任個別・立会個別の3つのプランがあります。
火葬のオプションとして「お別れ花」「お守り」「お棺」等のサービスを追加することが出来ます。

ペット葬儀社を選ぶ際のポイント

たくさんあるペット葬儀社の中で、よりよい葬儀社を選ぶ際にはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?
以下では、ペット葬儀社を選ぶポイントについて説明いたします。

  • 業者のサービス内容・金額の説明の明確さ

  • 過去にその葬儀社でペット葬儀を行った人の口コミや評価

  • ペット葬儀社のスタッフの対応

企業のウェブサイトを見ているだけでは、どのような運営がされているかを適切に判断することは難しいのが現状です。
そうした時に役に立つのが口コミや評判になります。

ネット上に掲載されているものの中には信憑性に欠けるものもあるため注意が必要ですが、大切なペットとのお別れを満足に行うためにも、依頼する葬儀社の吟味はしっかりと行うようにしましょう。

ペット葬儀・火葬でよくあるトラブル

一方で、ペット葬儀はまだ法律が整っておらずトラブルにあってしまうケースも見られます。
ここでは、ペット葬儀・火葬でよくあるトラブルを紹介いたしますのでぜひ参考にしてください。

  • 事前に提示された費用より高額な請求をされる

    オプションを勝手に追加されるなどにより事前に提示されていた金額を大幅に上回る高額な費用を請求されるというトラブルがあります。
    悪質な業者の中には火葬炉にご遺体を入れた後に請求を行い、請求に応じられないようであれば火葬の途中で中断するなどと脅しを行うという事例もありました。

  • ご遺骨が返されない

    個別火葬を依頼したにもかかわらず他のペットと一緒に火葬され、ご遺骨が返されないというケースや、明らかにサイズの異なる骨が返却されたというケースも報告されています。

  • 適切な火葬・供養が行われない

    ペットの火葬・供養をペット葬儀社に一任した場合、その後どのような対応がされているかは確認のしようがありません。
    そのため火葬された遺骨をお墓に埋葬することなく山中に捨てられるというトラブルが発生したこともありました。
    また、預かったペットのご遺体を火葬するのではなく、廃棄物として焼却処分していたという飼い主にとってはいたたまれない事例も存在しています。

以上のようなトラブルにならないようにするためにも、ペット葬儀・火葬をする際にはご自身でしっかり葬儀社を見極めたり事前に下調べや見積もりをとったりすることが重要になります。

北海道でのペット葬儀・火葬まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回の「終活ねっと」は、北海道でのペット葬儀・火葬について解説してまいりました。
ポイントは以下の通りになります。

  • ペット葬儀が増加している背景として、ペットが家族同然の存在になってきていることが挙げられる。

  • ペット葬儀・火葬の種類は様々で、合同火葬・個別火葬・火葬車による訪問火葬・土葬などがある。

  • ペット葬儀の流れは、1.お別れの形を決める 2.自治体・葬儀社への連絡 3.読経・焼香 4.火葬・納骨 5.ご遺骨の供養となっている。

  • 北海道のペット葬儀社は札幌市と旭川市に集中している。
    ご自宅の近くにペット葬儀社が無い場合も、訪問火葬であればご自宅まで葬儀社が訪問してくれる。

  • 自分やペットに合った葬儀社を選ぶためには、各葬儀社のサービス体系、料金の明確さや葬儀社の口コミ、スタッフの対応についてよく確認することが重要。

  • ペット葬儀の際によくあるトラブルとして、事前に提示された費用より高額な請求をされたり、ご遺骨が返されないなどが挙げられる。
    ペット葬儀でのトラブルを避けるためにも、しっかり葬儀社を見極めたり事前に下調べや見積もりをとったりすることが重要となる。

大切なペットを最期までしっかり見とどけることも、飼い主の責任になります。
ペットが亡くなった悲しみの中でも、ペットやご家族にとってよい葬儀・火葬になるようポイントを抑えることが大切です。

北海道でペットの葬儀・火葬をご検討されている方にとってこの記事がお役に立てれば幸いです。
最後までご覧いただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「ペット・葬儀・北海道」に関連する記事

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料