葬儀での喪主の妻のマナーは?役割や服装、身だしなみについて解説!

葬儀での喪主の妻のマナーは?役割や服装、身だしなみについて解説!

夫が長男である場合、義父や義母の葬儀で夫が喪主となることがあります。喪主の妻は喪主のサポートをすることになりますが、その際の役割や服装マナーなど意外とわからないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は葬儀で喪主の妻がやるべきことやマナーについて解説します。

最終更新日: 2020年01月24日

葬儀での喪主の妻のマナーについて

葬儀

夫が長男である場合には、義父母が亡くなった際に夫がご遺族の代表として喪主を務める可能性が高いです。
喪主の妻は裏方として喪主の仕事を支える立場となりますが、具体的にどのようなことをすればいいのかご存知でしょうか?

喪主の役割は多岐に渡りますが比較的はっきりとしています。
しかし、喪主の妻となるとどのような振る舞いをすればいいのか、どんな服装がマナーとして好ましいのかなど色々と戸惑う方も多いです。

そこで今回「終活ねっと」では、葬儀での喪主の妻のマナーについて以下の点を中心に解説していきます。

  • 喪主の妻の葬儀での役割とは?

  • 喪主の妻の服装

  • 喪主の妻も香典が必要?

喪主に比べてやるべきことがあまり明確でない喪主の妻のマナーや仕事について、丁寧に解説していきますのでどうも最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀での喪主の妻の役割

葬儀

喪主の最も大きな役割は、ご遺族の代表として葬儀全体を取りまとめることです。

近しい方が亡くなったということもあり、精神的な負担も大きい状況で喪主を務めることになるため、喪主の妻として夫を精神的な面で支えることが喪主の妻の最も大切な役割です。

また、喪主である夫は様々な仕事をしなければならないため、その負担を少しでも軽減できるように影から支えるようにしてください。

葬儀の準備段階から葬儀当日まで喪主にはやるべきことが数多く存在します。
それを一人でこなすのはとても大変なことですので家族間で相談し、妻がフォローして仕事を分担することで葬儀がスムーズに進められます。

どこまで喪主の妻がフォローすべきかということは地域や家族の風習に依るところも大きいので、不安があるときは親族や経験者に相談するようにしてください。

ここでは一般的に喪主の妻が葬儀でした方がいいこと、しない方がいいことについて解説していきます。

葬儀の準備

葬儀の準備も喪主の重要な仕事の一つです。
基本的に準備の段階では、喪主の仕事は喪主の妻も一緒に相談しながら進めるということが多いです。

特に喪主の妻が手伝うことが多い仕事は次の通りです。

葬儀社、僧侶、会食の料理などの手配

まず葬儀社を決めないことには葬儀を進めることができません。
喪主がすべてを一人で決めるのは大変なので一緒に相談しながら、親身になってくれそうな葬儀社を選びましょう。

また、僧侶の手配も必要です。
菩提寺がある場合には菩提寺に依頼することになりますが、あてがない場合には葬儀社の方が紹介してくれることがあります。
葬儀社の方にも相談してみるといいでしょう。

葬儀の当日には通夜ぶるまいや精進落としなど会食の料理が必要となります。
当然準備の時点で予約しておく必要がありますので、会食人数を把握し事前に手配します。

「終活ねっと」では、葬儀のプランをご提案しております。
一般葬のプランは、565,000円(税抜)よりご用意しており、「終活ねっと」の早割で最大75,000円の割引もご利用いただけます。
葬儀についてお困りでしたら、24時間365日電話対応しておりますので、お気軽にご相談ください。



訃報の連絡

葬儀の前には親戚や知人へ訃報の連絡を行う必要があります。
喪主が一人で訃報の連絡を全員にするというのは時間的にも大変なことですので分担することが多いです。

夫の兄弟姉妹であったり、夫の方が普段から交流のある相手へは喪主である夫自身が訃報の連絡を行った方がスムーズではありますが、それ以外の方への連絡は喪主の妻が担当することが多いです。

誰に連絡する必要があるのかを確認したり、誰に連絡を済ましたのかをきちんと把握できるように一覧表を作成しておくと間違いがありません。

葬儀当日

葬儀の当日には喪主本人にしかできない仕事が多くあります。
そういった仕事を喪主の妻が代行することはできませんが、逆に言えば喪主である夫の手が回らない仕事も増えることになりますので、その部分に関してフォローしましょう。

お茶出し・会食の料理の準備など

通夜の前後や葬儀の前、火葬待ちなど葬儀の最中には待ち時間というものが発生します。
その際のお茶出しや参列者の応対をすると忙しい喪主の助けとなります。

また、会食の料理の準備も喪主の妻の仕事の一つです。
料理自体は事前に注文しておくことが多いですが、届いた料理の配膳は喪主の妻が行います。

受付の手伝い

葬儀の際には誰かに受付を頼むことが多いですが、その受付の方が到着するまでや、トイレ休憩の間などの交代要員としてすぐに手伝えるように心がけておくといいでしょう。
妻が喪主の代わりに受付の方へのお願いや説明を担うと喪主の手間が減ります。

また、「終活ねっと」では葬儀の受付の手伝いについて詳細に解説した記事を書いて李ますので、こちら参考にしてください。

急な買い出し

葬儀の当日になってから足りないものが発覚したり、予期していなかった参列者の増加などで急な買い出しが必要となることがあります。

喪主はその場を離れるわけにはいきませんので、そういった場合には妻が買い出しに行くことになります。
必要なものをしっかりとリスト化し、臨機応変に対応しましょう。

喪主の妻の焼香の順番は?

焼香は、故人との関わりが深い順番に行っていくのが基本となります。
喪主である夫が最初で、喪主の配偶者である妻は喪主の次となります。

故人が義父で義母が存命だった場合などには喪主の次に義母が入り、義母の次に喪主の妻となることが多いです。

喪主の妻がやるべきではないこと

葬儀当日には、喪主自身がやらなければならない仕事が多くあります。
そういった仕事は、喪主の妻が代わりにやるわけにはいかないので注意しましょう。

喪主挨拶は当然喪主本人が行わなければなりません。
僧侶への応対も喪主本人が行う仕事の一つです。
葬儀を手伝ってくださる方への挨拶もまた責任者である喪主本人がしなければなりません。

喪主の妻はあくまでも裏方ですので、責任者本人が出てくるのがマナーとされることに関しては妻が代行するということはやめましょう。

葬儀での喪主の妻の心構え・注意点

喪主は近しい家族が亡くなっているということもあり、心身ともに負担の大きい役割です。
喪主の妻としてその負担を少しでも軽減できるよう縁の下の力持ちを心掛けて夫をサポートしましょう。

ただし、前面に出ての応対は喪主の仕事ですので、裏方として喪主の手が回らないことを中心に手助けをするようにします。

また、喪主の妻として葬儀に関わるということは人生でもそう何度もあることではないので、わからないことが多くても当然です。
葬儀というのは地域によってマナーも変わってきますので、わからないことがあれば葬儀社の方など詳しい人に相談して解決するというのが大事です。

また、「終活ねっと」では、葬儀の喪主について詳細に解説した記事を書いておりますので、ぜひご覧ください。

喪主の妻の服装マナー・みだしなみ

葬儀

喪主の妻が葬儀に参列するにあたって、服装を和装にするのか洋装にするのかということは非常に迷われる方が多いことです。
そして、和装か洋装かを決めてからも、具体的にどのような服装をすればいいのかという疑問を抱える方も多いです。

また、髪型やメイクなどの身だしなみのマナーにも注意すべきところがあります。

ここでは喪主の妻の葬儀での服装マナーや持ち物について説明します。

喪服について

喪服は和装が正装だというイメージを持っている人もいるかと思いますが、現代においては和装、洋装どちらでも構いません。
地域の風習や家のしきたりに則って和装か洋装かを選ぶことになります。

たとえば、他の親族が和装なのに一人だけ洋装だと不自然ですし、逆のパターンも同様です。
ですので、他の親族の方々との統一性を考えて服装を選ぶようにするといいでしょう。

ただし、喪主の妻として列席する際は、和装、洋装どちらの場合でも正式礼装を着用するのがマナーです。

和装の場合

和装で葬儀に参列する場合は、黒無地染め抜きの五つ紋をつけた着物を着て、黒の帯を合わせることが基本になります。

また、履物に関しては、光沢のない黒い草履と白い足袋を履くようにしてください。

家紋は実家の家紋か婚家の家紋のどちらを入れるのかを、予め確認しておきましょう。

洋装の場合

洋装の場合には、黒無地のアフタヌーンドレスか、ワンピースやスーツ、アンサンブルなどを着用します。
色は黒の中でも特に色が濃い印象の黒を選び、肌の露出が少ないものを選ぶのがマナーです。

夏で気温が高い日に葬儀だったとしても、襟元が詰まった七分袖以上のものを着るようにしてください。
お悔やみの場で膝が見えるのはマナー違反とされているので、スカート丈は多少動いても膝が隠れる長さにします。

足元は、正式には黒の布製が好ましいのですが、光沢のない革製品であれば問題ないとされています。
ヒールが高すぎない黒のパンプスを選びましょう。

髪型・メイクについて

髪型は派手な印象を与えない清潔感が大切です。

ロングヘアーの場合は、耳よりも低い位置で髪をまとめるようにしてください。
髪を耳よりも高い位置でまとめてしまうと、慶事の際の髪型となってしまうためマナー違反になります。

ヘアアクセサリーを使用する場合は、黒一色で光沢のない髪留めやリボンを選びましょう。
ショートヘアーの場合には、清潔感が出るように綺麗にまとめるようにしてください。

明るい髪色の場合には、できれば葬儀当日だけでもヘアースプレーなどで黒や濃いブラウンなどに染め直す方がいいでしょう。

メイクに関しては、派手なメイクは当然マナー違反ですが、一切メイクをしないというのもまた失礼にあたります。
華やかな色を用いるのは避け、薄化粧を心掛けましょう。

その他の身だしなみ

服装以外の身だしなみに関しても基本的には光沢のない黒いものを選びます。

アクセサリーについて

和装で参列する場合は、結婚指輪以外の指輪は身に着けないようにしてください。

洋装の場合には、一連の真珠のネックレスを選ぶようにしてください。
弔事では重なることを連想させる二連のアクセサリは身に付けないのがマナーです。

ストッキング・タイツ

ストッキングやタイツは肌が少し透ける程度の黒いものを選びます。

持ち物について

葬儀に持っていくといい持ち物について列挙します。
喪主の妻ならではのあった方がいいものもあるので確認しておきましょう。

  • バッグ

    小ぶりで黒の布製のバッグを用いるのが正式です。
    殺生を連想させる革製のものはできれば避けた方がいいですが、他になければ光沢がなく、金属や飾りのないものを選びましょう。

  • 数珠

    意外と忘れがちですのでよく確認しましょう。
    ただし、キリスト教式葬儀の場合には必要ありません。

  • ハンカチ

    ハンカチは身だしなみの基本の一つです。
    葬儀では人に差し出す機会があるかもしれませんので、予備もあるといいかもしれません。ハンカチの色は白無地か黒のフォーマルなものを選びます。

  • ストッキング

    気をつけていてもストッキングが伝線することはあります。
    万が一に備えて予備を用意しておくと安心です。

  • エプロン

    喪主の妻はお茶出しや配膳などの仕事をすることが多いです。
    そのままでは服が汚れる心配があるので、予めエプロンを用意しておくと安心です。
    エプロンの色は白か黒の派手ではないものを選びましょう。

  • 折りたたみ可能なバッグや風呂敷

    喪主の妻は葬儀を取り仕切る側ですので、何かと荷物が多くなりやすい傾向にあります。帰りがけなどで荷物が増えたときのために追加で持ち運べるバッグや風呂敷があると便利です。

喪主の妻の香典について

葬儀

ここでは、喪主の妻の香典について季節していきます。
結論から言うと喪主の妻としての香典を用意する必要はありません

香典は基本的に各家庭単位で準備するものですので、喪家の側である喪主の妻は香典を出す側ではなく受け取る側です。
葬儀の費用を負担している施主と喪主が異なる場合には喪主であっても香典を出す場合がありますが、基本的には喪主の家族は香典の準備はいりません。

葬儀での喪主の妻のマナーまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。
今回「終活ねっと」では、葬儀での喪主の妻のマナーについて以下のことを中心に解説してまいりました。

  • 喪主の妻は喪主である夫の負担を軽減するためにサポートをする裏方。

  • 葬儀の準備段階では喪主と相談して仕事を分担する。

  • 分担する喪主の仕事としては葬儀社や僧侶、会食の料理などの手配や訃報の連絡などを担当することが多い。

  • 葬儀当日には喪主の手が回らない部分を手助けをする。
    具体的にはお茶出しや会食の料理の準備など。

  • 喪主の妻の焼香の順番は、喪主の次。
    義母または義父が存命な場合は喪主→義母または義父→喪主の妻となる。

  • 葬儀中の喪主挨拶や僧侶への挨拶など葬儀責任者である喪主自身がやらなければならないことを喪主の妻が代行するべきではない。

  • 葬儀の服装は、他の親族と統一性を考えて和装か洋装かを選ぶ。

  • 和装の場合には黒の五つ紋付きの着物を着用し、結婚指輪以外のアクセサリーは着用しない。

  • 洋装の場合には露出の少ない黒のアフタヌーンドレスかワンピース、スーツを着用する。アクセサリーは一連の真珠のネックレスが無難。

  • 喪主の妻は香典を用意する必要はない。

肉親を亡くした夫が喪主を務めるにあたっては精神的にも疲弊するものです。
妻として精神面でも支えてあげましょう。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
また、「終活ねっと」では、葬儀のマナーについて詳細に解説した記事を書いておりますので、ぜひそちらもご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 葬儀にふさわしいネックレスの色や形とは?NGなアクセサリーも解説のサムネイル画像
    葬儀にふさわしいネックレスの色や形とは?NGなアクセサリーも解説

    葬儀に参列するとき、女性は喪服に真珠のネックレスをつけている印象がありませんか?一口に真珠のネックレスと言っても、色や長さなどいろいろな種類があります。今回は、葬儀にふさわしいネックレスがどんなものなのか、ご説明したいと思います。

  • 大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説のサムネイル画像
    大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説

    冠婚葬祭には、行っていい日取りと、行ってはいけない日取りがあります。結婚式は大安にあげると良いとされているのは知ってる方も多いと思いますが、葬儀の日取りは六曜と関係があるのでしょうか。大安の日に葬儀を行ってもいいのかについてや、六曜の意味なども解説します。

  • 葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像
    葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

    故人とのお別れの時間を過ごすご葬儀の場で、故人を偲び、ご遺族と悲しみを分かち合う時。その場に合う装いはとても大切です。しかし、大切だからとアクセサリーで身を飾るのは相応しくない場です。今回は、ご葬儀の場で失礼にならないアクセサリーの身に着け方をご紹介します。

  • ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説のサムネイル画像
    ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説

    大切な方とのお別れはいつ訪れるか分かりません。いざ最期のお別れを迎えた時に、落ち着いて葬儀の準備をすることはとても大変です。今回終活ねっとではご臨終から葬儀までの手順について解説していきます。いざという時のために葬儀までの手順を把握しておきましょう。

  • 葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説しますのサムネイル画像
    葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説します

    葬儀に行くときに身に着けるものって迷いますよね。葬儀に参列される際、髪型や服装、身に着けるアクセサリー、持っていくバックなども様々な決まり事があります。この記事では、葬儀にふさわしいバックの選び方のポイントを紹介します。

  • 葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像
    葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

    近親者が亡くなった場合、社会人の常識として自分や故人が所属する会社へ連絡を行います。連絡を受けた会社側は、葬儀への参列などについて社内規則に沿って対応を行います。これら葬儀に関する一連の流れの中で、双方が注意すべき点をまとめました。

  • 葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像
    葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

    家族葬や直葬など様々な種類の葬儀を聞いたことはありませんか?自分たちはどの葬儀をすればいいのかわからないですよね?この記事で全ての種類の葬儀の特徴や違いを説明いたします。ご自身がどの葬儀を選択すればいいのか必ずわかるはずです!

  • 葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像
    葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

    この記事では、葬儀のマナーの中でも特にネクタイの色や結び方などの常識について書いていきたいと思います。また、例えば葬儀の際のネクタイの色や結び方など常識とされているものがなぜそうなのかという点にも注目していきたいと思います。

  • 葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!のサムネイル画像
    葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!

    現在は、故人や家族の想いや事情に合わせた葬儀をさまざまな場所で執り行うことができます。何人くらいの人に来てもらい、どんな形式と流れで故人を送るかにより場所の選び方は変わってきます。いざというとき、何を基準にどんな葬儀の場所を選べばいいのかを考えてみましょう。

  • 葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!のサムネイル画像
    葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!

    お葬式が終わった後にも、残されたご家族にはたくさんにやらなければならない葬儀後の手続きがあります。葬儀後の手続きをしっかりと行わないと、損をしてしまう場合があるので注意が必要です。今回はそんな葬儀後の手続きについて、年金や相続の手続きとともに解説します。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事