葬儀でのハンカチのマナーってなに?選び方や買うお店について解説

葬儀でのハンカチのマナーってなに?選び方や買うお店について解説

葬儀の際は香典や数珠などさまざまな持ち物を持参するのが一般的です。そして香典などと並んで忘れてはいけない持ち物がハンカチです。葬儀では涙をぬぐうなどする際に役立つハンカチにも実はマナーが存在します。今回は葬儀で持参するハンカチのマナーをご紹介します。

最終更新日: 2020年02月28日

葬儀でのハンカチマナーについて

葬儀

葬儀に参列する際は、香典や数珠などを持参するのが一般的です。
そして香典や数珠と並んで、葬儀に際してぜひとも持っていきたいものにハンカチがあります。

ハンカチは、葬儀の際に故人を思って流す涙をぬぐうなどする際に必要な道具です。
ただ葬儀においてハンカチは、どのようなものを持参しても良いわけではありません。

むしろ葬儀で持参するハンカチには一定のマナーがあるため、節度を保って故人を悼むうえで知っておくと役立つでしょう。

そこで今回「終活ねっと」では、葬儀で持参するハンカチにまつわるマナーについて、選び方や購入する際の店まで含めてご紹介いたします。

  • 葬儀で持参するハンカチはどのような色でも良いのか?

  • 葬儀の場にふさわしいハンカチのデザインとは?

  • 葬儀で持参するハンカチの素材で気を付けるべきこととは?

  • 男女によってハンカチのマナーに違いはあるのか?

  • 袱紗の代用品としてハンカチはどのように使えるのか?

  • 葬儀に参列する際に適切なハンカチがない場合、どのようにすれば良いのか?

  • 通夜や3回忌など葬儀以外の場合、ハンカチのマナーは?

葬儀の際に必需品となるハンカチのマナーが気になるという方や、持参するハンカチ選びに悩んでいる方にとって、すぐにでも役立つ内容となっています。
ぜひとも最後まで読んでいただき、実際に活用していただければ幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀でのハンカチの色はどれでもいい?

困った人々

葬儀の場に持参するハンカチ選びの際に、最も基準になりやすいのが色です。
実は葬儀に持参するハンカチの色には一定のマナーがあります

加えて葬儀に持参して良いとされるハンカチの色は、極めて限定的であるという点に注意が必要です。

以下の記事では葬儀のマナー全般に関して解説しておりますので、合わせてご覧ください。

葬儀では白か黒の無地がマナー

葬儀の場に持参するハンカチの色は、白無地か黒無地のものに限られるというのが一般的なマナーです。

もともと神道行事や弔事を白装束で行っていた伝統があることから、本来は白無地のハンカチを持参するのが最も伝統的かつ正式なマナーでした。
加えて黒無地のハンカチも喪服と同じ黒色であることから、白無地のハンカチと同じように葬儀に持参して良いとされています。

白無地や黒無地のハンカチ以外にも、紺色やグレーなど落ち着いた暗色のハンカチであっても問題ありません。
このためどうしても白無地や黒無地のハンカチが家にない場合は、上記のような暗色系のハンカチを持参すると良いでしょう。

使わない方がいいハンカチの色は?

ハンカチに関するマナーで上記のものを持参して良いとされる一方、マナーから見て葬儀の場に不適切な色のハンカチも存在します。
具体的には赤や青などの原色系や、緑やピンクといった明らかに派手で華やかなイメージを持たせる色のものです。

葬儀は故人を悼みお見送りする場であるため、古くから派手で華やかな印象を持たせるものではなく、地味なもののみを持参するべきというのがマナーとされています。

このため、原色系や明色系など派手な色遣いのハンカチは、葬儀の場に持参しないようにするべきです。

葬儀のハンカチのデザインは?

葬儀

葬儀で持参するハンカチにまつわるマナーには、色に関するもの以外にもデザインにまつわるものもあります。

葬儀会場で恥ずかしい思いをしたり、周りから白い目で見られたりしないようにするためにも、色と合わせてハンカチのデザインに関するマナーを知っておくことも大切です。

無地が原則

葬儀に持参するハンカチのデザインで、最も無難かつ作法とされるのが無地のものです。
可能な限り余計なデザインの入っていないものを持参するのが良いでしょう。

ただし、絶対にデザインの入っていない無地のものを選ばなければいけないというわけではなく、派手さが目立たなければデザインの入ったものを持参しても良いとされています。

具体的には、地味な刺繍の入ったもの同色の糸が使われているもの、控えめなレースが入ったものであれば大丈夫です。

なお最近では弔事向けで無難なハンカチも多く販売されているため、適切なハンカチを持っていない場合は、店舗で弔事向けに刺繍が入ったハンカチを購入しても良いでしょう。

避けるべきデザイン

一方で葬儀に持参するハンカチで、避けるべきデザインも存在します。
主なものとして、ラメやストーンなど光物の入ったものや、キャラクターのデザインなどが入ったものが、その典型です。

ラメ、ストーンなどの光物

葬儀に持参するハンカチで必ず避けるべきものの代表例が、ラメやストーンなど光沢の著しいデザインが入ったものです。
光沢が著しいものは光物と呼ばれ、葬儀など弔事では派手な印象を与えることから、持参を避けるのがマナーとされています。

また艶の目立つハンカチも、光物とみなされるために極力持参しない方が無難でしょう。

なおラメやストーンについては、女性のネイルやメークでも外してから参列したほうが良いです。

キャラクターやワンポイントのもの

光物が施されているもの以外にも、キャラクターやワンポイントのデザインが入ったハンカチも避けるべきです。
いずれも弔事の中で派手な印象を与えてしまいます。

ただし葬儀の場において、キャラクターやワンポイントの部分が見えないように折り込んでいれば持参しても良いとされています。
このため、どうしてもキャラクターやワンポイントのデザインが入ったものを持参するしかない場合は、折り方を工夫することがポイントです。

ハンカチの素材で気をつけることは?

困った人々

葬儀で持参するハンカチは、使われている素材についても一定のマナーがあります。

ハンカチで素材はあまり問題にならないというイメージがありますが、やはり人間関係のトラブルを避ける意味でも、持参するハンカチの素材にまつわるマナーも知っておくべきでしょう。

素材は綿、麻、ポリエステルが良い

葬儀に持参するハンカチでおすすめの素材としては、綿や麻、ポリエステルが良いとされています。

特に綿や麻のハンカチは、吸水性に優れている点で重宝します。
このため、故人の葬儀に参列して涙がとめどなく流れそうな場合や、夏場の葬儀で汗を大量にかきそうな場合は、綿や麻のハンカチを持参すると良いでしょう。

避けるべき素材

持参するハンカチでおすすめの素材がある一方で、葬儀の場に似つかわしくない素材も存在します。

タオル生地が使われているハンカチと、シルクなど艶やかな生地が使われているものが、ハンカチで避けるべき素材の代表例です。

タオル生地

ハンカチの中でもタオル生地を素材に使っているものは、カジュアルさが目立って葬儀の場にふさわしくありません。

葬儀はあくまでもフォーマルで厳かな場であることから、タオル生地のようなカジュアルさが目立つ素材でできたハンカチは持参しない方が無難でしょう。

シルク、レーヨンなどの艶やかな生地

シルクやレーヨンは外見が高級そうであることから、一見すると葬儀の場に持参しても良いように感じられます。
しかし艶やかさがあって光沢が目立つという点では、葬儀に持参するうえで不向きです。

葬儀では光物は避けられるべきものであるため、シルクやレーヨンのように光沢が目立つものは持参しない方が良いでしょう。

夏場はタオル生地のものを使いたい

基本的にタオル生地が使われているハンカチは持参するべきではありませんが、夏場の葬儀のように汗をかきやすい場であれば持参しても良いとされています。

ただし可能であれば、綿や麻でできたハンカチの予備として持参するのが良いでしょう。

タオル生地は吸水性に優れていますが、やはり夏場で役立つ一方、単独で持参するにはおすすめできないためです。
このため、持参しても無難なハンカチと一緒に持参するのがおすすめでしょう。

男女でハンカチのマナーに違いはある?

困った人々

葬儀で着用する服装や持ち物のマナーは、男性と女性とで異なる場合が多々あります。
それではハンカチのマナーについては、男性と女性とで異なることがあるのでしょうか。

ここではハンカチのマナーで、性別による違いがあるのかどうかについて見ていきます。

選び方に違いは無い

まずハンカチの選び方については、男性と女性とで違いはありません
このため男性であっても女性であっても、色やデザイン、素材の面で無難であれば、どのようなものを持参しても良いといえます。

このため男性も女性も、葬儀の際にはマナーの範囲内で好みに応じたハンカチを持参して問題ありません。

持ち方は少し注意が必要

男性と女性とで持参するべきハンカチの種類に違いがない一方、持ち方については若干の違いがあるという点に注意が必要です。

男性と女性とでは、どのような点でハンカチの持ち方に違いがあるのでしょうか。

男性の注意点

男性の場合は、基本的に葬儀の場でカバンを持参しないことが多いため、スーツのポケットにハンカチを入れるのが一般的です。
ただしここで注意すべき点に、胸ポケットに入れるべきではないという点があります。

胸ポケットにハンカチを入れる行為は、まるでおしゃれをしていたり、恰好をつけていたりすると思われるためです。
このためハンカチを入れるのであれば、胸ポケット以外の場所に入れるべきでしょう。

また、国内の葬儀に参列する場合は胸ポケットからハンカチをのぞかせるポケットチーフも厳禁です

女性の注意点

女性の場合は男性の場合と異なり、カバンを持参することが多いです。
このためスーツのポケットに加えて、カバンの中にハンカチを入れていいとされています。

なお場合によっては座った際に膝の上にハンカチを乗せる場合もあり、乗せて良いかどうかは周りの様子を見ながら判断すると良いでしょう。

子供のハンカチのマナーはある?

葬儀に参列する子供についてもハンカチのマナーが存在しますが、基本的には大人と同じように、黒無地や白無地など地味な色遣いのものを持参するのが無難です。

ただし大人の場合と異なり若干緩いため、極端に派手だったり明るい色遣いだったりしなければ大丈夫です。

なお持ち方については、成人男性と同じくカバンを持参しないため、ポケットに入れるようにするのが一般的です。
仮にポケットのない服装で参列している場合は、両親のいずれかのカバンなどにしまっておくと良いでしょう。

また、「終活ねっと」では、ハンカチ以外にも葬儀における服装に関して解説した記事を書いていますので、ぜひそちらもご覧ください。

袱紗の代用としてのハンカチ

葬儀

葬儀で持参するハンカチが役立つのは、涙をぬぐったり汗を拭いたりする場合だけではありません。
実は、香典をお渡しする際に使われる袱紗の代わりに使うこともできます。

葬儀の場で香典は手渡しではなく、袱紗に載せた状態で受付係にお渡しするのが一般的です。
特に急な葬儀などで香典を用意したものの、袱紗がなくて困っている場合に役立ちます。

もしハンカチを袱紗の代わりに使う場合は、袱紗と同じようにひし形に広げて香典袋を真ん中より左側に置いたうえで、右・下・上・左の順に折りたたむのがマナーです。

なお受付係に香典をお渡しする場合は、ハンカチから香典袋を取り出して、簡単にたたんだハンカチの上に載せ、お悔やみの言葉を伝えながら両手で差し出します。
この際、表書きなどの文字が受付係から見やすいようにするのがポイントです。

葬儀だけど適切なハンカチがない時は?

困った人々

もし葬儀会場に向かう途中でハンカチを忘れた場合などは、途中でハンカチを購入するのがおすすめです。
葬儀に持参できるハンカチを扱っている場所として、コンビニや100円ショップ、駅構内のお店などがあります。

コンビニで買う

コンビニでハンカチを購入する場合、時間や場所のことを考えずに購入できる点が利点です。

特に急いで葬儀に駆け付ける場合、気軽に立ち寄って持参しても無難なハンカチを簡単に購入できます。
加えて基本的に毎日営業しているため、休業日というもので困ることもありません。

100均で買う

最近では100均こと100円ショップでも、気軽にハンカチを購入できるようになってきています。
100円ショップでハンカチを購入する場合、コンビニのように24時間いつでも購入できるわけではありませんが、安い金額で購入できることがメリットです。

このため単に葬儀に備えて急いで買うだけではなく、先々のことを考えて予備に数枚ほど一緒に購入しておくこともおすすめでしょう。

駅のお店で買う

コンビニや100円ショップ以外でも、駅構内にあるお店で買うという選択肢もあります。
特に比較的大きな駅では、改札の内外にコンビニや日用品のショップが出店しているケースが多いです。

駅にあるお店で購入する場合、電車に乗る際や乗り換えと合わせて購入できるため、比較的移動時間を短縮することにもつながります。
ただし駅構内にお店がない場合は、周辺にあるコンビニなどで購入するのがおすすめです。

使わない

どうしてもコンビニなどでハンカチを買っている時間などがない場合は、あえてハンカチを使わないという選択肢もあります。
ただ、ハンカチを使わないという選択肢が取れるのは、葬儀でハンカチを使わないという自信がある場合に限られるでしょう。

どうしても葬儀の最中に涙を流したり汗をかいたりする場合は、途中でハンカチを1枚でも良いので購入しておくのがおすすめです。

通夜や3回忌など葬儀以外ではどうなの?

葬儀

もし葬儀以外のお通夜や三回忌などに参列する場合、ハンカチにまつわるマナーは葬儀とどこか異なるのでしょうか。

葬儀以外の弔事にハンカチを持参する場合も、基本的に葬儀に参列する場合と同じです。
色は地味なもので、デザインもそれほど派手ではなく、素材についても綿や麻など適切なものであれば問題ないでしょう。

なお白いハンカチは結婚式など慶事の場合でも使える一方、黒無地のハンカチは弔事でしか使えない点に注意が必要です。

葬儀でのハンカチマナーについてまとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では、葬儀の際に持参するハンカチにまつわるマナーについて、色や素材、デザインなどからいろいろと見てきました。
加えて、葬儀会場に向かう途中で購入できるお店についてもご紹介しました。

今回の記事で触れてきた内容をまとめますと、以下に挙げられる各ポイントの通りです。

  • 葬儀に持参するハンカチの色は、基本として白無地か黒無地のものにするのがマナーで、逆に赤や青、ピンクなど原色や派手で明るい色遣いのものは避けるべきとされている。

  • 葬儀に持参するハンカチで適切なデザインは、原則として無地にするべきではあるものの、地味な刺繍でも良いとされ、一方で光物やキャラクターものは避けるべきである。

  • 葬儀に持参するハンカチの素材は、麻や綿、ポリエステルがおすすめで、タオル生地や艶の目立つ記事は避けるべきとされているものの、夏場はタオル生地でも良い場合もある。

  • 葬儀に持参するハンカチの選び方で男女の違いは特にないが、持ち方については男性は胸ポケット以外のポケットに入れ、女性はポケットかカバンに入れるのが作法である。

  • 葬儀の場でハンカチは涙をぬぐうほかにも袱紗の代わりに香典を包む際に使え、袱紗の代用として使う場合は、袱紗を使う場合と同じような包み方や渡し方が作法となる。

  • 葬儀に参列する際に適切なハンカチを持ち合わせていない場合、コンビニや100円ショップなどで簡単に購入できるが、あえてハンカチを使わないという選択肢もある。

  • 通夜や三回忌などのような葬儀以外の弔事でも、持参するハンカチのマナーは同じで、特に白無地のハンカチは結婚式などの慶事で持参しても問題にならない。

葬儀に持参するハンカチは、基本的には地味な色遣いやデザインで、素材も綿や麻など無難なものであれば問題ありません。
また男女の違いでは持ち方に若干の差があるものの、基本的に同じです。

葬儀にハンカチを持参する際は、上記のマナーさえ押さえてあれば良いでしょう。
葬儀の場でハンカチが必要な場合は、ぜひとも今回の内容を思い返していただければ幸いです。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。
「終活ねっと」では、葬儀に関して解説した記事を多数掲載しているので、ぜひそちらもご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像
    葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

    この記事では、葬儀のマナーの中でも特にネクタイの色や結び方などの常識について書いていきたいと思います。また、例えば葬儀の際のネクタイの色や結び方など常識とされているものがなぜそうなのかという点にも注目していきたいと思います。

  • ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説のサムネイル画像
    ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説

    大切な方とのお別れはいつ訪れるか分かりません。いざ最期のお別れを迎えた時に、落ち着いて葬儀の準備をすることはとても大変です。今回終活ねっとではご臨終から葬儀までの手順について解説していきます。いざという時のために葬儀までの手順を把握しておきましょう。

  • 葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像
    葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

    故人とのお別れの時間を過ごすご葬儀の場で、故人を偲び、ご遺族と悲しみを分かち合う時。その場に合う装いはとても大切です。しかし、大切だからとアクセサリーで身を飾るのは相応しくない場です。今回は、ご葬儀の場で失礼にならないアクセサリーの身に着け方をご紹介します。

  • 葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!のサムネイル画像
    葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!

    現在は、故人や家族の想いや事情に合わせた葬儀をさまざまな場所で執り行うことができます。何人くらいの人に来てもらい、どんな形式と流れで故人を送るかにより場所の選び方は変わってきます。いざというとき、何を基準にどんな葬儀の場所を選べばいいのかを考えてみましょう。

  • 葬儀にふさわしいネックレスの色や形とは?NGなアクセサリーも解説のサムネイル画像
    葬儀にふさわしいネックレスの色や形とは?NGなアクセサリーも解説

    葬儀に参列するとき、女性は喪服に真珠のネックレスをつけている印象がありませんか?一口に真珠のネックレスと言っても、色や長さなどいろいろな種類があります。今回は、葬儀にふさわしいネックレスがどんなものなのか、ご説明したいと思います。

  • 葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像
    葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

    家族葬や直葬など様々な種類の葬儀を聞いたことはありませんか?自分たちはどの葬儀をすればいいのかわからないですよね?この記事で全ての種類の葬儀の特徴や違いを説明いたします。ご自身がどの葬儀を選択すればいいのか必ずわかるはずです!

  • 葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像
    葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

    近親者が亡くなった場合、社会人の常識として自分や故人が所属する会社へ連絡を行います。連絡を受けた会社側は、葬儀への参列などについて社内規則に沿って対応を行います。これら葬儀に関する一連の流れの中で、双方が注意すべき点をまとめました。

  • 葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!のサムネイル画像
    葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!

    お葬式が終わった後にも、残されたご家族にはたくさんにやらなければならない葬儀後の手続きがあります。葬儀後の手続きをしっかりと行わないと、損をしてしまう場合があるので注意が必要です。今回はそんな葬儀後の手続きについて、年金や相続の手続きとともに解説します。

  • 大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説のサムネイル画像
    大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説

    冠婚葬祭には、行っていい日取りと、行ってはいけない日取りがあります。結婚式は大安にあげると良いとされているのは知ってる方も多いと思いますが、葬儀の日取りは六曜と関係があるのでしょうか。大安の日に葬儀を行ってもいいのかについてや、六曜の意味なども解説します。

  • 葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説しますのサムネイル画像
    葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説します

    葬儀に行くときに身に着けるものって迷いますよね。葬儀に参列される際、髪型や服装、身に着けるアクセサリー、持っていくバックなども様々な決まり事があります。この記事では、葬儀にふさわしいバックの選び方のポイントを紹介します。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事