葬儀に参列する際の基本マナーとは?挨拶・香典・服装・持ち物を解説

葬儀に参列する際の基本マナーとは?挨拶・香典・服装・持ち物を解説

基本的なマナーを知らないで葬儀に参列すると、とても恥ずかしい思いをしてしまうことになりかねません。いざという時に慌てないためにも、事前に葬儀に関する知識を得ておきたいですよね。そこで今回は、葬儀の参列に関するマナーを徹底解説いたします。

2020-01-16

葬儀に参列する際のマナーとは?

葬儀

突然、知り合いや親族が亡くなったという報告を聞いたら、どなたでも大きな驚きと悲しみに襲われてしまうでしょう。
人は生まれてから最期を迎える日まで、大きな人生の節目の行事が何度かあります。

お食い初め・七五三・入学式・卒業式・就職・結婚・退職などと、節目節目に儀式を迎えます。
そして最後の節目の行事が葬儀です。

こうした故人の最期の締めくくりの儀式には、参列する側もきちんとマナーを踏まえた服装や立ち振る舞いで、故人を送って差し上げることが大切です。

しかし、いざ葬儀に参列しなくてはならなくなった場合、多くの方が、服装や立ち振る舞いのマナーについて慌てて確認をするのが常ではないでしょうか?
事前に知識を得えておけば、いざという時に慌てずに済み、故人の最期を心から偲ぶことができると思います。

そこで今回の終活ねっとでは葬儀に参列する際の基本マナーについて、下記の内容で詳しく解説させていただきたいと思います。

  • 通夜・告別式に参列する際のマナーは何がある?

  • 葬儀に参列する場合のマナーは?

  • 葬儀には何をもって行けば良い?

  • 葬儀に関するマナーや注意点について

葬儀へ参列する際に慌てないためにも、ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

通夜・告別式に参列する際の基本マナー

葬儀

通夜・葬儀に参列する上で最も気になるのがマナーです。
マナーは地域や宗派などで違うことがありますが、基本的なマナーを知っていることでパニックにならずに済み、故人の死を心から悼むこともできます。

ここでは、遺族の方々への立ち振る舞いや言葉使い、葬儀におけるマナーなどを解説していきたいと思います。

時間には余裕を持っていく

通夜・葬儀の始まる時間には余裕をもって参列するようにしましょう。
しかし、当然ながら人の死は突然やってきます。

亡くなった知らせを受ければ、どなたでも自分の仕事や、所要に都合をつけて駆けつけると思います。
しかし、どうしても通夜に遅れてしまう場合もあると思います。

通夜の場合は遅れても構わないので駆けつけるようにしましょう。
ご遺族にとっては、忙しい中に駆けつけてくれたのだと、嬉しく感じられることと思います。

遺族の方への挨拶・振る舞い

振る舞いとしてのマナーは、私語は控え、言葉は短く無駄なことは言わないということです。
また、受付などでご遺族に会った場合は、以下のようなお悔やみの言葉を伝えます。

「このたびはご愁傷様でございます。」
「心よりお悔やみ申し上げます。」
「ご冥福お祈りします。」

なおキリスト教式では、死は神様のいるところに行くという意味であるため、このような文言は適切ではありません。
以下の言葉を参考にしてください。

「安らかにお眠りください。」
「平安をお祈りします。」

以下の記事は、状況別に葬儀の挨拶の仕方について詳しく紹介しております。
ぜひこちらもあわせてお読みください。

受付のマナー

受付ではご遺族に会う可能性が高いので、お悔やみの言葉を伝えましょう
受付ではそのほかにやることがいくつかあります。

芳名帳への記入

受付にてお悔やみの言葉を伝えたら、次に芳名帳に自分の住所と名前を記入します
香典返しなどの際に必要なものです。

または芳名カードに住所・名前を記入し受付で渡します。

香典の渡し方

香典を渡す際は、持参した袱紗(ふくさ)から香典袋を出して受付で渡します。
その際には、両手を添えて、表書きを上にし、相手から見て読める向きにして渡します。

その際は、以下のような言葉を添えます。

「ご霊前にお供えください。」

焼香のマナー

次に焼香についてのマナーですが、ここでは一般的な立礼焼香について説明させていただきます。

  • 自分の名前を呼ばれて焼香の順番がきたら、祭壇まで進み、まずは遺族に向かって一礼をします。
    この時、数珠は房が下になるようにして左手に持ちます。

  • 次に焼香台の近くまで行き、遺影に向かって一礼をします。

  • その後、更に焼香台の前まで進み、抹香を右手の親指と人差し指、中指と三本の指でつまみます。

  • 頭をやや下に下げながら、抹香をつまんだ右手を自分の額のところまで掲げます。

  • 次に、その抹香を香炉の中に落とします。
    この動作を一回から三回行います。

  • 次に左手に持っていた数珠を、両手にかけて合掌します。

  • 以上の一連の所作が終わったら、そのままの姿勢(祭壇を向いたままの姿勢)で後ろに下がり、遺族に一礼をして席に戻ります。

出棺・火葬のマナー

花入れの儀といって、故人の亡骸に花を添え最後のお別れをします。
枕飾りなど、故人の愛用していた品々を納めると、いよいよ釘打ちといって棺に蓋をしていきます。

火葬の際、火葬場に行くのは遺族か親近者のみです。
霊柩車が出発する際に鳴らす、クラクションの音が鳴りやむまで頭を下げ礼をし、鳴りやんだら合掌をし、故人を送ります。

法要・精進落としのマナー

最近では一連の葬儀の法要後に、初七日法要を行うことが多くなってきています。
それぞれの都合により、もう一度人が集まるのは大変ということから、このような繰り上げ初七日が行われるようになってきました。

繰り上げ初七日は、火葬後に再び法要が行われます。
一方で繰り込み初七日といって、葬儀の法要の中に初七日を繰り込んで行う方法もあります。
初七日の香典は告別式の香典の半分の金額が、相場となっています。

参列者の慰労を目的とした精進落としでは、くれぐれも飲み過ぎないように、またおしゃべりしすぎないように注意して、故人を偲ぶ話などをするのがマナーです。

葬儀に参列する際の服装マナー

葬儀

葬儀に参列する際は喪服を着ます。
喪服には、3種類あり、参列者は喪主よりも格式の低い喪服を着ます
喪服の3種類については以下の通りです。

  • 正喪服

    喪服の中でも、最も格式の高い服装です。
    これを着用する方は、家族を亡くした遺族側で、喪主またはその配偶者、近親者などの主催者側にあたる方になります。

  • 準喪服

    葬儀や通夜の際に、一般に着用する喪服です。
    この準喪服は、喪主にあたる方が着用しても構いません。

  • 略喪服

    遺族側から「平服でお越しください」などの指定があった場合や、3回忌以降の法事などで着用します。

以上を踏まえた上でここでは、男性・女性別に葬儀の際の服装のマナーについて具体的に解説してまいります。

男性

では具体的に男性の葬儀での服装のマナーは、どのようなものでしょうか?
以下に解説させていただきました。

通夜・告別式の服装

通夜・葬儀とも参列する男性の服装は、準喪服のブラックスーツです。
普段着る黒いスーツと、準喪服のブラックスーツは色味の度合いが全く違ったものになります。
同じ黒だからといって、ビジネススーツの黒を着用しないように気を付けましょう。

男性の服装・身だしなみ注意点

ワイシャツは白の無地で、ボタンダウンは使用しないようにしましょう。
ネクタイ・靴・靴下・バッグなども光沢がなく、飾り物のついてないものを選びます。

男性のひげも、綺麗に整えられているなら問題はありませんが、みるからに無精ひげなら大変な失礼にあたります。
無精ひげは綺麗に剃ってから、参列するようにしましょう。

女性

では女性は、どのような服装で葬儀に参列すればよいのでしょうか。
以下に解説させていただきました。

通夜・告別式の服装

通夜・告別式においても女性が参列する場合の服装は、準喪服もです。
スーツ・ワンピース・アンサンブル・パンツスーツなどです。

女性の服装・身だしなみ注意点

スカートは短すぎないように気を付けましょう。
ストッキングはできるだけ黒が良いですが、通夜などは肌色でも構いません。

バッグ・靴なども黒であまり光沢のないものを選びます。
飾り物はできる限り、少ないものの方がいいでしょう。

アクセサリーはつけませんが、パールの一連のネックレス・イヤリングならつけても大丈夫です。
しかし、不幸がめぐってくるという意味合いの、二連三連ものはつけないようにしましょう。

ヘアアクセサリーも黒で統一します。
長い髪の人は、焼香の時に失礼にあたらないよう、髪を束ねるようにするのがマナーです。

子供の服装

中学生・高校生で制服があるのであれば、制服で問題ありません

制服がなかったり、幼児だったりするの場合、白のブラウス・カッターシャツに黒・紺・グレーのスカートやズボン、派手でない靴であれば大丈夫です。

葬儀に参列する際の持ち物

葬儀

葬儀や通夜での服装もさることながら、その他の持ち物、またお香典なども気になるところです。
次に、香典・持ち物について解説してまいります。

香典

香典を遺族に渡す際にも、マナーがあります。
香という字は、線香という意味合いがあり、香典というのは故人の尊前に捧げるものです。

一方では、葬儀で大変なご遺族のために、金品を使っていただくという、言わば助け合いという一面もあります。
最近では香典をお断りし、その代わりにお返しの品も省くといった場合もあります。

ご遺族が香典を辞退している場合は、無理に渡さないようにしましょう。

香典に入れる金額の相場は?

それでは香典袋に入れる金額は、いったいいくら位が相場なのでしょうか?
香典は自分と故人との関りによって相場が決まっています。
以下の表に故人との関係と香典の相場を示します。

入れた額が相場より少ないということがないようにしたいものです。
また入れる金額はできるだけ、奇数が良いでしょう。

偶数は割り切れてしまう数のため、ご縁が切れるという意味合いがあり、縁起が悪いとされています。
お札を入れる向きも、肖像画が上にならないよう気をつけ、揃えていれるようにしましょう。

親族関係
故人との関係 金額
父親・母親 5万円~10万円、もしくは10万円以上
兄弟・姉妹 3万円~5万円
子供 5万円~10万円
2万円~10万円
叔父・叔母 1万円~3万円
義父・義母 3万円~10万円、もしくは10万円以上
祖父・祖母 1万円~5万円
会社関係
関係 金額
社長 5000円~1万円
上司 5000円~1万円
同僚 5000円~1万円
部下 5000円~1万円
取引先社長・重役クラス 1万円以上
取引先担当者など 3000円~1万円
友人・同級生・近隣
関係 金額
友人 5000円~1万円
同級生 5000円~1万円
近隣 3000円~5000円

香典についてのマナー

香典の包み方や、表書きの書き方などにもマナーがあります。
ここでは、香典についての細かなマナーについてご説明いたします。

  • 袱紗(ふくさ)

    葬儀で使う袱紗は、寒色系・または紫色のものを使用します。
    袱紗は、右側から折り込み、続いて下側、上側、最後に左側を折り込みます。

    万が一、袱紗を忘れてしまった場合は、ハンカチでも代用ができますが、その際は必ず
    無地の地味なハンカチを使うようにしましょう。

  • 表書き

    表書きにも注意が必要です。
    故人の宗派によって書き方が違います。
    仏教の場合は、「御霊前」「御香典」です。

    そのほかに浄土真宗の場合には、「御仏前」、神式の場合は、「玉串料」「御神前」「御榊料」、キリスト教の場合には、「御花料」です。

  • 名前の書き方

    自分の名前は、香典袋の下段に書きます。
    中央にバランスよく、自分のフルネームを記入します。

  • ペン

    ボールペンは絶対につかわないようにしましょう。
    香典袋につかう筆は、薄墨を使います。

    最近は薄墨の筆ペンが簡単に手に入るので、そちらを使えば大丈夫です。

  • 香典に入れるお札

    香典に入れるお札は、新札を避けるのがマナーです。
    必ず旧札を入れるようにしましょう。

    新札を入れることは、故人の不幸を準備していたという意味合いがあるからです。
    旧札を入れることで、予期せぬできごとである、突然のことでといった、故人の死を悼むという意味合いをあらわします。

    もし新札しか手元になければ、一回だけ折りたたみ、香典袋にいれるようにしましょう。

数珠

葬儀には必ず数珠を持参しましょう。
最近は数珠をもっていない方もいるようですが、数珠というものは、本来祈念を込めていくものであり想いが籠るもので、そういう意味でも数珠の貸し借りはあまり好ましくないとされています。

一生使えるものですから、お持ちでない方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。
数珠の種類は本連数珠(108個の珠がついてる本来の念珠)でもよろしいですし、略式数珠でも構いません。

色は基本的に好みで決めて問題ありませんが、一部地域や慣習によっては決まりがあるようですので注意が必要です。

左手に持ち、房の部分が下になるように持ちます。
焼香時など合掌する際は、両手の親指に輪をかけるようにします。

ハンカチ

葬儀の際のハンカチは、白もしくは黒で飾りのないものを用います。
間違っても赤や黄色など派手なものは使用しないようにします。

いざという時に慌てないためにも、葬儀用のハンカチを用意しておくのがおすすめです。

葬儀に関するマナー・注意点

葬儀

葬儀に関しては、服装や持ち物を解説してきましたが、他にも知っておくべきマナーや注意点があります。

ここでは、葬儀に関するマナーや気をつけておきたいことを解説します。

告別式と通夜どちらに参列すべき?

基本的には告別式は参列した方が良いです。
故人との関わりがあまり深くない場合は通夜には参列せず、告別式だけの参列でも問題ありません。

通夜は本来故人との関係が親しい方が行くものですから、無理に両方とも参列する必要はないのです。
ただ、仕事で夜しか空いていないなどやむを得ない事情がある方は、通夜のみの参列でも問題ありません

使ってはいけない忌み言葉とは?

日本では冠婚葬祭の時に、使ってはいけない忌み言葉というのがあります。
これらの言葉は、縁起が悪いとされている言葉です。

これは日本古来より伝わる言霊信仰といわれるものに由来しますが、言葉というものは、言った如くに事が運んでしまうということから、安易に使ってはならないとされる戒めのようなものです。

「苦しみ」「四」「九」「死」「辛い」「切る」「去る」「悲しむ」「裂ける」「滅びる」などがあります。
また不幸が重なるとして使ってはいけない言葉に「再び」「重ね重ね」「再々」「度々」「かえずがえす」「わざわざ」などがあります。

葬儀に参列する際のマナーのまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回の終活ねっとでは、葬儀に参列する際のマナーについて、詳しく解説させていただきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 通夜・葬儀には遅れないように余裕をもって行く。
    通夜であれば遅れても良いので、できるだけ駆けつけるようにする。

  • 通夜・葬儀ではお悔やみの言葉を言う際、私語を控え、無駄な話はしないようにする。

  • 芳名帳には丁寧に記入する。
    また香典を渡す際には、両手を添えて言葉を添える。

  • 参列する一般的な服装は準喪服である。
    持ち物、靴なども黒で、飾りのないものを使うようにする。

  • 香典は袱、自分と故人との関りによって金額を決める。

  • 数珠はできるだけ自分のものを持参するようにする。

  • 基本的に告別式には参加した方が良いが、事情がある場合は通夜のみでも問題ない。

  • 参列の際は忌み言葉に気を付ける。

葬儀に関しては多くのマナーがあり、いろいろと気を付けなければならないので少し大変ですよね。
事前に調べて下準備を念入りにして葬儀に臨みたいものです。

終活ねっとでは、他にも葬儀に関する記事を多く掲載しています。
ぜひそちらもご覧ください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀・マナー・参列」に関連する記事

  • 葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像
    葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

    近親者が亡くなった場合、社会人の常識として自分や故人が所属する会社へ連絡を行います。連絡を受けた会社側は、葬儀への参列などについて社内規則に沿って対応を行います。これら葬儀に関する一連の流れの中で、双方が注意すべき点をまとめました。

  • 葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!のサムネイル画像
    葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!

    お葬式が終わった後にも、残されたご家族にはたくさんにやらなければならない葬儀後の手続きがあります。葬儀後の手続きをしっかりと行わないと、損をしてしまう場合があるので注意が必要です。今回はそんな葬儀後の手続きについて、年金や相続の手続きとともに解説します。

  • 葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像
    葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

    家族葬や直葬など様々な種類の葬儀を聞いたことはありませんか?自分たちはどの葬儀をすればいいのかわからないですよね?この記事で全ての種類の葬儀の特徴や違いを説明いたします。ご自身がどの葬儀を選択すればいいのか必ずわかるはずです!

  • 葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説のサムネイル画像
    葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説

    身近な人が亡くなったとき、葬儀の日程を決めなくてはなりません。急いで決めなくてはならない状況で、どのようなことに気を付けて決めればよいのでしょうか?この記事では、葬儀日程を決めるうえで押さえておくべき項目や、決まった日程のお知らせについてを紹介しております。

  • 葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説しますのサムネイル画像
    葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説します

    葬儀に行くときに身に着けるものって迷いますよね。葬儀に参列される際、髪型や服装、身に着けるアクセサリー、持っていくバックなども様々な決まり事があります。この記事では、葬儀にふさわしいバックの選び方のポイントを紹介します。

  • 葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説のサムネイル画像
    葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説

    葬儀の受付を任されたら、どのようなマナーを守ればいいのでしょうか。葬儀の受付を行う機会自体、人生の中でそう多くはなく、それ故に実際、どのように振舞うべきか分からない方は多いと思います。その為、今回は葬儀の受付を行う際のマナーを紹介したいと思います。

  • 葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像
    葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

    この記事では、葬儀のマナーの中でも特にネクタイの色や結び方などの常識について書いていきたいと思います。また、例えば葬儀の際のネクタイの色や結び方など常識とされているものがなぜそうなのかという点にも注目していきたいと思います。

  • ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説のサムネイル画像
    ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説

    大切な方とのお別れはいつ訪れるか分かりません。いざ最期のお別れを迎えた時に、落ち着いて葬儀の準備をすることはとても大変です。今回終活ねっとではご臨終から葬儀までの手順について解説していきます。いざという時のために葬儀までの手順を把握しておきましょう。

  • 葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!のサムネイル画像
    葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!

    現在は、故人や家族の想いや事情に合わせた葬儀をさまざまな場所で執り行うことができます。何人くらいの人に来てもらい、どんな形式と流れで故人を送るかにより場所の選び方は変わってきます。いざというとき、何を基準にどんな葬儀の場所を選べばいいのかを考えてみましょう。

  • 葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像
    葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

    故人とのお別れの時間を過ごすご葬儀の場で、故人を偲び、ご遺族と悲しみを分かち合う時。その場に合う装いはとても大切です。しかし、大切だからとアクセサリーで身を飾るのは相応しくない場です。今回は、ご葬儀の場で失礼にならないアクセサリーの身に着け方をご紹介します。

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料