ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説

大切な方とのお別れはいつ訪れるか分かりません。いざ最期のお別れを迎えた時に、落ち着いて葬儀の準備をすることはとても大変です。今回終活ねっとではご臨終から葬儀までの手順について解説していきます。いざという時のために葬儀までの手順を把握しておきましょう。

目次

  1. ご臨終から葬儀までの日程について
  2. 葬儀を行うまでの手順
  3. 葬儀を準備する際の注意点
  4. 実際の葬儀の流れ
  5. ご臨終から葬儀の日程についてまとめ

ご臨終から葬儀までの日程について

葬儀

大切な方とのお別れは突然やってきます。
お亡くなりになられてから、葬儀を行うまでの期間は数日間であり、とても短い期間です。
数日間で、喪主を担当する方、またその家族は何をすればよいのでしょうか。

今回終活ねっとでは、ご臨終から葬儀までの手順についてご説明し、そのうえで葬儀を準備する際の注意点、実際の葬儀の流れについて解説していきます。
以下の項目を中心にご紹介していきます。

  • 葬儀を行うまでの流れについて
  • 喪主の選び方について
  • 家族葬の際の注意点について
  • 葬儀。告別式の簡単な流れについて

大切な方が亡くなられた時は、精神的に大きな負担を感じるでしょう。
そのうえ、葬儀の準備となると精神的にも身体的にも大きなストレスになります。

事前に葬儀までの流れを知っておくと、落ち着いて行動できるようになるでしょう。
この記事をご覧にいただき、ご活用いただければ幸いです。

ぜひ最後までご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀を行うまでの手順

葬儀

ご臨終されてから葬儀を行うまでの手順は、どのようになっているのでしょうか。
普段、経験することがないために不安に思われる方は多いと思います。

ここでは、ご臨終されてから葬儀までの手順を解説していきます。
各項目別に分けて解説していますので、それぞれのタイミングで何をすればよいのか確認しておきましょう。

以下にご臨終されてから葬儀までの手順をご紹介します。

  • 死亡の確認
  • 葬儀社の決定
  • 遺体の搬送・安置
  • 葬儀の打合せ
  • 枕経をあげてもらう
  • 納棺
  • 葬儀の準備

葬儀の手順①死亡の確認

担当医から、ご臨終が告げられます。
その後、死亡診断書を医師に作成してもらいます。

死亡診断書とは、死亡したことを証明するためのものです。
死亡診断書には故人の名前と生年月日、死亡時刻や死亡場所、死亡原因、死亡の種類(病死、自然死、外因死など)などが記入されます。

病院で亡くなられた場合は、エンゼルケアというご遺体の手当てを受けることができます。

葬儀の手順②葬儀社の決定

ご遺体の搬送を依頼するため、葬儀社を決定する必要があります。
この時点で葬儀社が決まっていない場合は、葬儀社を決定します。

生前に契約されている葬儀社がある場合は、そちらの葬儀社に連絡します。
病院が提携している葬儀社もあるので、病院に相談されてもよいでしょう。

亡くなられた後、急に葬儀社を決めることは大変な負担になります。
この場合、ご遺体の搬送までを葬儀社に依頼して改めて葬儀社を決めることもできます。

葬儀の手順③遺体の搬送・安置

葬儀社を決定した後は、ご遺体の搬送を手配します。
手配の際、まず搬送先を伝える必要があります。
これまでは自宅に搬送されることが多かったのですが、近年斎場の遺体安置室など専用の安置室に搬送する場合も増えています。

病院からご遺体の搬送をする際は、死亡診断書の携帯が必要になるので、医師から必ず死亡診断書を受け取るようにしましょう。
また、この時ご臨終を知らせていない近親者に連絡しましょう。

ご遺体の搬送が終了したら、葬儀社を通じてドライアイスやエンバーミングでご遺体を安置します。
ご遺体を寝かせる場合、北枕になるよう寝かせましょう。

以下のリンクより、ご遺体の安置方法についてより詳しく解説した記事がご覧になれます。
ぜひご一読ください。

こちらも読まれています

遺体の安置方法とは?安置する期間や安置所の種類・注意点を全て解説

亡くなった方の遺体は葬儀が行われるまでの間、適切な方法で安置する必要があります。テレビドラマなどでもよく見かける遺体の安置ですが、実際にどのようにやるのかについてはわからないという方も多いのではないでしょうか?今回は遺体の安置の方法を見ていきます。

葬儀の準備④葬儀の打ち合わせ

ご遺体の安置が終了したら、葬儀社と葬儀について打ち合わせをします。
ご遺体搬送後、葬儀社を変更する場合はこの時点で改めて葬儀社に連絡しましょう。

葬儀の打ち合わせは、葬儀のプランや予算、日時を決定します。
日程を決める際は、僧侶の方の予定、火葬場の空き状況、参列者の参列時間を考慮して決めましょう。

以下のリンクより、葬儀社の選び方や費用見積もりの注意点を解説した記事がご覧になれます。
ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀社を選ぶタイミングは?選び方から費用見積もりの注意点まで解説

葬儀は誰にとっても慣れないものですが、納得のいく葬儀を行うためには、葬儀社をどう選ぶかが重要になります。今回の終活ねっとでは、葬儀社の選び方について詳しく説明します。選び方のポイントの他にも、葬儀社を選ぶタイミングや費用の項目もあわせて紹介していきます。

葬儀の手順⑤枕経をあげてもらう

自宅に遺体を運んだ場合、自宅に菩提寺などの僧侶を呼び枕経をあげてもらいます。
枕経とは故人が安らかに眠ることができるよう、枕もとで読経を行うことです。
宗派によっては枕経を行わない場合もあります。

葬儀の手順⑥納棺

枕経が終わったら遺体に死装束をつけます。
お棺に入れてほしいものがあれば一緒に入れてもらいます。

この際、葬儀の日程を参列者に連絡しましょう。
連絡をする範囲は、ご自身が行う葬儀形式に合わせて連絡しましょう。

葬儀の手順⑦葬儀の準備

葬儀の具体的な予定が決まったら、本格的に葬儀の準備に取り掛かります。
具体的には、以下のような準備が挙げられます。

役所に死亡届を提出する

ご臨終されたら、役所に死亡届を七日以内に提出する必要があります。
死亡診断書を故人の本籍地または死亡地、もしくは届人の現住所の市役所に提出します。

この際、火葬許可申請書を同時に提出して火葬許可証を受け取る必要があります。
ご遺族はこの時期慌ただしく動いているため、葬儀社が代行して行うことが多いです。

葬儀の役割分担

葬儀を行うにあたって、いくつか役割があるので分担しなければなりません。
主な役割は、受付係、接客係、駐車場係などです。
また弔辞をお願いする方には早めに伝えておかなければなりません。

お花や宿泊先の確保

葬儀社を通じて、お供え物と供花の手配をします。
予算を伝えて故人の好きな花や色があれば伝えておきましょう。

また遠方から葬儀にくる親戚などがいる場合、宿泊先を確保しなければなりません。
宿泊先の予定を葬儀の連絡をした際に、確認しておきましょう。

会食・会葬御礼の準備をする

参列者の人数が大方決まったら、通夜振る舞いや精進落としの準備をします。
また、参列された方にお渡しする会葬御礼の準備をします。
この段階でおおよその費用を計算しておくことができます。

葬儀を準備する際の注意点

葬儀

喪主の決め方

葬儀の準備を始める際に、まず喪主を決めることから始まります。
喪主を務める方は、基本的に故人と一番深い関係にある方が選ばれることが多いです。
一般的には、故人の配偶者や長男が務めます。

また、遺言で喪主を務める方が指名されている場合があります。
遺言がある場合は遺言に従うようにしましょう。
以下に喪主を務める方の優先順位をご紹介します。

  • 故人の配偶者
  • 長男
  • 次男から順に直系の男子
  • 長女から順に直系の女子
  • 故人の両親

家族葬で行う場合

家族葬で行う場合も葬儀までの手順は、一般葬とほとんど同じになります。
家族葬を行う場合の注意点は、葬儀の案内を送る対象を絞ることです。
葬儀の案内にも家族葬であることをはっきり記載しておきましょう。

また家族葬は参列する方が限られ、比較的新しい葬儀形式なだけに反対の意見が出ることもあります。
家族葬にする場合は、近親者とよく話し合って行うようにしましょう。

実際の葬儀の流れ

葬儀

これまでご臨終から葬儀までの流れをご説明してきましたが、葬儀当日はどのように進んでいくのでしょうか。
ここでは簡単に葬儀の流れについて喪主の側から説明していきます。
葬儀・告別式の流れは以下のようになります。

  • 会場・受付の設営、弔電の確認
  • 参列者の受付
  • 僧侶入場・開会
  • 読経・引導
  • 弔電紹介
  • 焼香
  • 閉会・出棺

その後、火葬に移り骨揚げを行います。
以下の記事では、葬儀の日程の決め方やお葬式の流れについても紹介しております。
ぜひあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

お通夜や葬儀の日程の決め方は?六曜との関係やお葬式の流れも解説

身近な方が亡くなったあと、すぐにお通夜や葬儀の日程を決めなければいけません。とはいっても、どんなことを考慮して日程を決定するべきなのでしょうか?今回はお通夜や葬儀の日程の決め方から、避けるべき日、お通夜や葬儀・告別式の流れを紹介していきます。

ご臨終から葬儀の日程についてまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回は、ご臨終から葬儀を行うまでの手順について解説していきました。
以下に今回の記事のポイントをまとめます。

  • ご臨終後は必ず医師から死亡診断書を受け取る。
  • 葬儀社を決める際は、ご遺体搬送までの契約にして、落ち着いた後に決め直すのが良い。
  • 納棺後は、指定の役所へ死亡届を提出し、火葬許可証を取る。提出は葬儀社が代行して行うことが多い。
  • 喪主は、故人と関係が深い人から順に選んでいく。遺言がある場合には、遺言に従う。
  • 家族葬を行う場合は、葬儀案内に明記して、案内を送る範囲に注意する。

亡くなった時に葬儀を行うことは知っていても、どのように葬儀の準備をするかなどの手順を知っている方は少ないのではないでしょうか。
お別れはなんの前触れもなく突然やってくるものです。
いざという時に慌てないためにも、葬儀までの手順をしっかり頭に入れておきましょう。

また、終活ねっとでは他にも葬儀に関する記事を多数掲載しております。
以下のリンクから葬儀の費用に関する記事をご覧になれます。
葬儀の費用に疑問をお持ちの方はぜひご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「葬儀・手順」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・手順」についてさらに知りたい方へ

葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説

死亡診断書はどのように発行する?発行対象者や料金、提出期限も解説のサムネイル画像

死亡診断書はどのように発行する?発行対象者や料金、提出期限も解説

葬儀社を選ぶタイミングは?選び方から費用見積もりの注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀社を選ぶタイミングは?選び方から費用見積もりの注意点まで解説

葬儀までの準備とは?ご臨終からの流れ、葬儀直前の準備やポイントのサムネイル画像

葬儀までの準備とは?ご臨終からの流れ、葬儀直前の準備やポイント

一般葬や家族葬の葬儀の手順って?宗教別・国別の葬儀手順もご紹介!のサムネイル画像

一般葬や家族葬の葬儀の手順って?宗教別・国別の葬儀手順もご紹介!

葬儀の手続きの流れは?葬儀の費用相場や生活保護受給者の場合も解説のサムネイル画像

葬儀の手続きの流れは?葬儀の費用相場や生活保護受給者の場合も解説

葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!のサムネイル画像

葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!

逝去から葬儀までかかる日数は?葬儀までの流れや忌引の日数も解説のサムネイル画像

逝去から葬儀までかかる日数は?葬儀までの流れや忌引の日数も解説

通夜・葬儀当日のスケジュールをご紹介!神式のスケジュールも解説!のサムネイル画像

通夜・葬儀当日のスケジュールをご紹介!神式のスケジュールも解説!

遺体の搬送を全て解説!自宅・病院からの搬送の流れや費用相場も紹介のサムネイル画像

遺体の搬送を全て解説!自宅・病院からの搬送の流れや費用相場も紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・手順」についてさらに知りたい方へ

葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説

死亡診断書はどのように発行する?発行対象者や料金、提出期限も解説のサムネイル画像

死亡診断書はどのように発行する?発行対象者や料金、提出期限も解説

葬儀社を選ぶタイミングは?選び方から費用見積もりの注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀社を選ぶタイミングは?選び方から費用見積もりの注意点まで解説

葬儀までの準備とは?ご臨終からの流れ、葬儀直前の準備やポイントのサムネイル画像

葬儀までの準備とは?ご臨終からの流れ、葬儀直前の準備やポイント

一般葬や家族葬の葬儀の手順って?宗教別・国別の葬儀手順もご紹介!のサムネイル画像

一般葬や家族葬の葬儀の手順って?宗教別・国別の葬儀手順もご紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと