義祖母の危篤について|重篤・仕事・見舞い・喪服・マナー

義祖母の危篤について|重篤・仕事・見舞い・喪服・マナー

皆様は義祖母の危篤の場合どういう行動をしますか。危篤についての意味を知っている方は多いかもしれませんが、その際のマナーについてなどについては、ご存じの方も少ないと思います。もし義祖母が危篤状態になってしまった際のマナーや行動についてご紹介致します。

最終更新日: 2020年03月10日

義祖母が危篤状態に陥った場合は知らせる?

困った人々

皆さんは、会社での仕事中などに、義祖母が危篤に陥ってしまったらどう対応しますか。

危篤状態という言葉は、皆さん一度は聞いたことがあるはずです。
しかし、義祖母などが危篤の時のマナーや行動について知っている方は、多くないでしょう。

ですが、義祖母など、親族の方が危篤状態に陥ってしまった場合などでは、知らないでは済まされません。

そこで今回「終活ねっと」では、義祖母が危篤状態に陥ってしまった場合について以下のことを解説します。

  • そもそも危篤とはどういう状態か

  • 義祖母が危篤の場合、どう行動すれば良いか

  • 危篤と聞いて駆け付けた際のマナーとは

義祖母の容体が気になる方や実際に危篤の知らせを受けている方には、是非ご一読して頂きたい記事になりますので、是非最後までお読みください。

また、お急ぎの方は今すぐお電話ください。「DMMのお葬式」の相談窓口スタッフが、迅速に対応いたします。

危篤状態とは?

困った人々

危篤状態とは、回復の見込みが難しく、生命の存続が危うい状態のことです。
基本的に危篤と判断されたら、死の直前という意味合いになりますので家族が呼ばれます。

危篤状態と言われたら、非常に危ない状態のことを意味しますが、明確な定義は存在していません。
意識が回復しない場合や、傷がひどい場合、脈拍が少なくなったりと様々な場合があります。

しかし、定義が明確化していなくとも、判断するのは医師なので、命の危険というのは間違いありません。

そのため、非常に残念なことですが、危篤状態と判断されたほとんどの場合が、息が長くないということになります。

もし、親族が危篤状態と判断されたら、覚悟だけはしておきましょう。

危篤と重篤の違いについて詳しく知りたい方は以下の記事をご参照ください。

義祖母が危篤状態だと知らせを受けたら

困った人々

仕事中や外出中にも危篤の連絡は突然きます。
もしも突然、親族が危篤状態になってしまった場合、焦ってしまいどうしたらいいのか分からなくなってしまいますよね。

特に義祖母となると、あまり関わりがない方も多くいらっしゃると思うので、仕事を切り上げていく方がいいのか、それとも連絡を待った方がいいのか等、悩んでしまう方も多いでしょう。

そんな方の為に、まず初めに義祖母が危篤状態に陥ってしまった場合にどうすればいいのかご説明させていただきます。

義父母に相談してみる

義祖母の危篤連絡が来たら、まずは慌てずに義父母に相談してみましょう。
危篤の連絡は、既に義父母にも届いていると思うので、自分がこれからお見舞いに行けばいいのかなども含めて、相談しておきましょう。

その後の行動は、義父母の判断になりますが、臨終した後は、事務的な報告を含めいろいろな対応をしなくてはいけないため、義父母の負担を減らすという意味でも、極力お見舞いに行く姿勢でいましょう。

遠方にいる場合などは、呼ばれないと思いますが、そうでない場合は呼ばれる場合も少なくないので、向かう準備をしていても良いかもしれません。

また、相談の際には不在の場合もある為、メールなどでも良いですが、基本的には緊急性が高いため、電話で知らせる方がいいでしょう。

まずは夫もしくは妻がお見舞いに駆けつける

義祖母のお見舞いに駆け付ける際は、まずは、夫もしくは妻がお見舞いに変えつけるのが一般的です。

やはり家族としての繋がりが強い人が、お見舞いに駆け付けた方が、危篤状態の方にも安心感を与えられるので、意識するようにしましょう。

仕事中でも必要があれば切り上げる

皆さんが一番悩むのは、仕事中に危篤の連絡が入ってきた際の対応だと思います。
まずは、義父母に連絡をしますが、その際に来てほしいと言われた場合は、仕事中でも切り上げるようにしましょう。

切り上げるのを迷ってしまう方もいると思いますが、義父母や夫もしくは妻の負担をできる限り軽減することも大切な役目です。

そのため、仕事中であっても、親族の負担が大きい場合や何か手伝えることがある場合は、会社側の上司などに必ず連絡してから切り上げるようにしましょう。

会社側に連絡する際は、必ず何日までかかるのか、どういう状況になっているのかなどを詳しく話しておくことをおすすめします。

そうすることで、後々の処理などがスムーズに進みます。

都合がつかない場合は丁重に断る

もしも、都合がつかない場合は、丁重に断るようにしましょう。
義祖母が遠方にいる際や仕事が忙しい際などは、向かうにも時間がかかってしまったりするので、生活面に支障をきたしてしまいます。

親族が危篤状態のため、できる限り向かうようにしたいですが、絶対に行かなければいけないわけではないありません。

ですので、行くことができないからといって、負い目をあまり感じないようにしましょう。

しかし、断る際は、どうしていけないのか等を細かく報告するように意識してください。

危篤の知らせを受けて駆けつける際のマナー

葬儀

上記では、危篤の際にどう対処すればいいかをご紹介しました。
続いて、危篤状態の義祖母の元に駆け付ける際のマナーについてご説明させていただきます。

危篤の知らせを受けた場合、親しい間柄なら、何よりも早く駆け付けてあげることが一番ですが、実は他にもマナーがあります。

最近では、あまり気にしない方も増えてきていますが、親族の中には非常に気にする方もいらっしゃるので、覚えておいて損はありません。

また、危篤の知らせを受けた際に動揺してしまいマナーを欠くことのないように注意しましょう。

喪服は用意するが、人目につかないように

義祖母の危篤の知らせを受けたからと言って、喪服で直接向かうのは、やめましょう。
危篤の際は、喪服は用意しても、一目のつかないように持っていきましょう。

喪服は、本来は葬儀などの際に着ていくものになります。

そのため、喪服を着て行ってしまう、まるで死亡の知らせを待っているようにも思われてしまう可能性があり、印象を悪くしてしまいます。

危篤状態というのは、生命の危機ということですが、まだ亡くなったわけではありません。
喪服を用意する際は、十分に気を付けるようにしましょう。

駆けつける際には暗めの地味な服装で

危篤の知らせを受けた際は、喪服で行くのはNGです。
それでしたら、駆け付ける際はどのような服装で行けばいいのか気になる方もいますと思います。

基本的に危篤の際に駆けつける場合は、暗めな地味な服装を意識しましょう。
具体的には、紺やグレーの地味な服装に整えて出向くことがベストとされています。

もしも、明るい服装などで向かってしまうと、悪目立ちしてしまう可能性もある為注意してください。

しかし、この服装はあくまで基本とされるものなので、地味な服装で行くことが難しい場合は、そのままの服装で駆け付けても大丈夫です。

簡単な危篤の際のマナーついて、ご紹介しましたが、以下の記事ではより細かく危篤のお見舞いの服装マナーや持ち物の注意点についてご紹介しています。

気になる方は是非、こちらもご覧ください。

義祖母が危篤状態に陥った場合のまとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では、義祖母が危篤状態に陥ってしまった場合ついてご紹介させて頂きましたがいかがでしたか?

この記事をまとめると以下のようになります。

  • 危篤というのは、医師が判断するもので、非常に危険な状態にあることです

  • 義祖母が危篤の場合、まずは義父母に相談してから、向かう準備をする

  • 駆け付けた際は、喪服を着ていくのでなく地味で目立たない服装をする

危篤状態の知らせは、いつも突然きます。
その際に混乱せず、慌てずに行動できるようにしましょう。

今回の記事を読んで頂き、危篤状態に義祖母や親族が陥ってしまった際の疑問点などを少しでも解決することができたのであれば、幸いです。

「終活ねっと」では、他にも危篤に陥ってしまった場合に関する記事を多数記載しております。
今回は義祖母が危篤状態に陥ってしまった際についてご紹介しましたが、以下の記事では危篤の際の連絡方法などについても紹介しています。

ぜひ今回の記事とあわせてお読みください。

最後まで読んで下さりありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事