危篤の知らせが入った場合の喪服について|重篤・準備・帰省・遠方

危篤の知らせが入った場合の喪服について|重篤・準備・帰省・遠方

両親や親族など、危篤の知らせが入った場合、もう回復することはないのか気になるところです。また、喪服の準備や、帰省をするときの服装などに悩む方も多いです。今回は、危篤の知らせが入ったときの喪服について見ていきましょう。

最終更新日: 2020年03月10日

危篤の知らせが入った時は喪服はどうする?

葬儀

両親や親族、お世話になった知人などの危篤の知らせが届いた場合「回復する確率はあるの?」「諦めて喪服の準備をしたほうがよいの?」など、分からないことも多いです。
危篤の知らせを受けてからの自分の行動によっては周りから失望される原因にもなるので、危篤について詳しく知っておきましょう。

そこで今回「終活ねっと」では、危篤とはどのような状況なのかや、危篤の知らせがあったときの喪服の準備などについてわかりやすくご紹介します。

  • 危篤とはどのような状況なの?

  • 危篤の知らせを受けたら喪服の準備はしたほうがよいの?

  • 危篤の知らせを受けたときに心構えしておくこと

  • 遠方から駆けつける場合の基準は?

詳しく解説していきますので、ぜひ最後までお読みください。

また、お急ぎの方は今すぐお電話ください。終活ねっとの相談窓口スタッフが、迅速に対応いたします。

危篤とは?回復する見込みはあるの?

困った人々

家族や親しい知人などが危篤状態になったと連絡がきた場合、長く入院していた方なら心の準備ができていますが、急変した場合だと「どういう状態なの?」とパニックになるでしょう。

危篤状態ということは、意識が失くなって死に近づいている危険な状態のことです。
奇跡的に意識を取り戻して回復される方もいますが、ほとんどの方は回復せずに亡くなられます。

危篤状態になってから亡くなられるまでの残された時間は、人によって違います。
危篤状態になってから数時間で亡くなる方もいれば、数日、数週間など、生命力は人によって様々です。

危篤と重篤の違いについて詳しく知りたい方は以下の記事をご参照ください。

危篤の知らせが入ったら喪服は必要?

葬儀

長い間入院していた親族や知人などの危篤の知らせがきた場合、多くの方は「もう回復する見込みがないんだ」と感じるでしょう。
知らせがきた場合は、容態は聞かずにすぐに入院している病院などに駆けつけることが大切ですが「どのような服装が好ましいの?」と、駆けつけるときの服装が気になる方も多いです。

生きているときに喪服を着るのは失礼

危篤の知らせがあった場合は悲しいですが回復する見込みはほぼないので、近いうちにお通夜や葬儀があることが頭をよぎります。
しかし、回復する見込みはないからといって、生きている方に会うときに喪服を着て行くのは相手やその家族にとって大変失礼な行為です。

家族は「少しでも長く生きていてほしい」と思っている方も多いので、間違っても喪服は着て行かないように注意しましょう。

遠方から帰省する際には一応準備しておく

遠方から帰省する方はすぐに取りに行けないため、喪服を一応持って行ったほうがよいでしょう。
しかし、まだ頑張って生きている方に会う際に、喪服を準備してきたことを見られると相手側御家族に失礼にあたります。

ロッカーなどに預けておく

遠方の方に会いに行く場合、何時間もかけて帰省する必要があります。
危篤の連絡がきてすぐに亡くなられる場合もあるので、帰省に時間がかかる方は喪服を持って行ってもよいのか悩むでしょう。

遠方から帰省するときは亡くなられてから喪服を取りに行く時間がないので、危篤の連絡がきたら喪服も持って行くことをおすすめします。
しかし、会うときに喪服を持っているのは失礼にあたるため、ロッカーなどに預けておきましょう。

後から家族に宅配便で送ってもらうのもOK

自宅に家族を残して帰省している場合は、後から家族に宅配便で送ってもらうのもよい方法です。
自宅から帰省先までの距離によっても変わりますが、前日の夕方までに荷物を発送すれば翌日の午前中には喪服が届くので自分で持って行かなくても安心です。

また、家族がお通夜などに参列する場合は、家族に持ってきてもらうのもよいでしょう。

その他に準備するものはある?

喪服以外にも、鞄や黒タイツ、黒のパンプス、真珠のアクセサリー、数珠、香典など、お通夜や葬儀に参列できるものを用意しておく必要があります。
宅配便で送ってもらう場合や後から家族に持ってきてもらうときは、忘れないようにメールなどに持ち物を送っておきましょう。

また、お通夜や葬儀に参列する場合は、数日間宿泊できるように着替えなども持ってきてもらう必要があります。

危篤の連絡が来た場合の心構え

葬儀

家族や親族、親しい知人など、大切な人の命が危ないと知らせがきたときは、信じたくない気持ちで焦ってしまう方が多いです。
「危篤の連絡がきたけれどどうしよう」とパニックになってしまう方もいますが、焦らずに冷静に行動することが大切です。

なるべく早く駆けつける

大切な人が危篤状態になったと知らせがきた場合は、生きているうちに会えるようになるべく早く駆けつけましょう。
しかし、焦り過ぎも禁物です。
パニックになって駆けつけている途中に転倒や事故などでケガをするケースも少なくないので、落ち着いて行動を取るように心がけてください。

親族でない場合は「私が会いに行ってもよいのかな?」と悩む方もいますが、危篤の知らせを受けたということは本人が会いたいと思ってくれて御家族が連絡をくれたことと思うので、御家族の方の気持ちを汲み取って会いに行くようにしましょう。

都合がつかないときは丁寧に断る

容態が急変する方も多いので、大切な人が危険な状態にあるという知らせが急にくることもあります。
仕事や外せない用事など、どうしても都合がつかないときがあるかもしれません。
都合がつかないときは、相手の御家族の方々に失礼のないように丁寧に断りましょう。

「すみません。
行けません」など、単調に断ってしまうと、相手側の御家族が嫌な気持ちになってしこり残り、今後の付き合いに影響を及ぼす可能性があります。
今後ともよい付き合いをしていけるように、相手側の御家族の方々の気持ちに配慮して言葉を選びましょう。

駆けつける時の服装

先ほどご紹介したように、お見舞いに駆けつける時の服装で喪服はNGです。
しかし、派手な服装も場の空気に合っていないため、喪服ではなくグレーやネイビーなど、地味な服装で行くことをおすすめします。

求められるマナー

命が危ない方に会いに行く場合は、早く駆けつけることが最優先です。
普段のお見舞いならお菓子などを持って行くと喜ばれますが、危篤状態の方に会いに行った場合はお菓子などを持って行くと「前から準備していたのでは?」と悪い印象を持たれることもあります。

何も持って行かずになるべく早く駆けつけ、「何か手伝えることがあればいつでも連絡してください」「皆様もお体をお大事になさってください」など、手短に挨拶をするようにしましょう。
「頑張って」「しっかりして」などの言葉は、相手側の家族の心を苦しめてしまうかもしれないのでNGです。

本人と対面した後は、すぐに失礼しましょう。
容態を聞く、長居するなどは相手側の家族の迷惑になる可能性があります。

以下の記事では危篤の際にかける言葉についてご紹介しています。

ぜひ今回の記事とあわせてお読みください。

危篤で遠方から駆けつける基準について

人々

お見舞いに行きたくても遠方だと、行くのが難しい時もあるでしょう。
両親や祖父母などと離れて暮らしている方も多いので、両親や祖父母が危篤になった場合はどうするのかを見ていきましょう。

両親の場合

両親が遠方に住んでいる場合は、危篤の連絡がくると早く駆けつけたい気持ちになるでしょう。
しかし、先ほどご紹介したように危篤状態と言っても、容態が持ち直したり、数週間意識がないままの状態が続いたりする場合もあるため、家族や仕事の都合などで帰省に悩む方は多いです。

遠方に住んでいると、帰省に費用がかかる、日帰りできないなどの理由から、知らせがきてもすぐに駆けつけてもよいのか迷うでしょう。

ですが、死が近づいていることには間違いがないので、今帰省して両親の最期に会っておかなくても後悔しないのかを自分で考えることが重要です。
亡くなられてからでは後悔をしても遅いので、後悔するのであればすぐに帰省したほうがよいでしょう。

両親の場合は親族の連絡がどこまで行き届いているかを確認して、連絡漏れがある場合は連絡を回すのも忘れないようにしましょう。
また、遠方の施設に両親が入所している場合は、本人の通帳や印鑑を預かっている方もいます。
その場合は通帳や印鑑、本人確認の取れる書類も一緒に帰省先に持って行く必要があります。

祖父・祖母の場合

祖父・祖父母の場合も、知らせがきた場合はできるだけ早く帰ることが大切でしょう。
遠方から駆けつけるのは、家族や仕事のことなど、気になることがあるので大変なのは分かりますが、亡くなられてから「会っておけばよかった」と後悔しても祖父・祖母は戻ってはこないのです。

なるべく家族や仕事先に連絡を早く入れて、飛行機や新幹線、バスなど、早く帰省できる移動手段を選びましょう。
両親が近場に住んでいる場合は、両親に相談して一緒に帰省するのもよいです。

以下の記事では、遠方から危篤の連絡があったときの持ち物や、準備、連絡などについてご紹介しています。

ぜひ今回の記事とあわせてお読みください。

危篤の知らせが入ったときの喪服のまとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では、危篤の際の喪服の準備や危篤の際の心構え、マナーについて見ていきました。
今回の内容をまとめますと、以下のようになります。

  • 危篤状態になると回復する見込みはほとんどないが、亡くなるまでに残された時間は人によって様々である

  • 危篤の連絡を受けて駆けつける時は喪服を着て行くのはマナー違反である

  • 遠方から駆けつける際は喪服はロッカーに預ける、宅配で送ってもらう、後から来る家族に持ってきてもらうなど、配慮することが大切

  • 危篤の連絡がきた場合はなるべく早く駆けつけて早めに失礼する

  • 遠方に住む両親や祖父母が危篤状態になった場合は、どんな理由があっても駆けつけたほうが後悔しなくて済む

危篤とは大切な人の死が近づいている状態ではありますが、亡くなられたわけではないので病院などに駆けつける際は喪服を着て行かないように注意しましょう。
また、自宅から遠方だと万が一に備えて喪服の準備は必要ですが、御家族の目に入ってしまうと御家族の心を傷つけてしまうことになります。
今後とも御家族の方々とよい付き合いが続けられるように、危篤の方のお見舞いに行くときのマナーをしっかり守りましょう。

遠方に住む家族や祖父母の場合も、後悔のないように危篤の連絡がきた場合はなるべく早く駆けつけることが大切です。

「終活ねっと」では、他にも危篤の連絡がきた時のマナーや喪服についての記事を多数記載しております。
今回は危篤の連絡がきた時の喪服についてご紹介しましたが、以下の記事では危篤の時にお見舞い品やお見舞金、マナーについてご紹介しています。

ぜひ今回の記事とあわせてお読みください。

最後まで読んで下さりありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事