喪中の人に「良いお年を」を言っていい?|年末・挨拶・マナー

喪中の人に「良いお年を」を言っていい?|年末・挨拶・マナー

十二月になると年末の挨拶をする機会が増えます。「良いお年を」も年末の挨拶の一つですが、喪中の人にこの挨拶を使用しても良いのでしょうか?今回は喪中の人に「良いお年を」を使用しても良いのかを中心に、使用しても良い挨拶や喪中の年末の過ごし方などを紹介します。

2019-11-09

喪中の人に「良いお年を」は失礼なの?

人々

十二月になると仕事関係や親戚の人に年末の挨拶をする機会が増えてきます。
「良いお年を」も年末の挨拶として使われる言葉の一つですが、喪中の人に対して使用するのは問題ないのでしょうか?

今回終活ねっとでは、喪中の人に「良いお年を」を使うことについて紹介した上で、「良いお年を」の成り立ちや喪中の人にも使用して良い挨拶、喪中の人の年末の過ごし方についてを紹介しています。

  • 「良いお年を」を喪中の人に使うのはマナー違反ではないのか?

  • 「良いお年を」の成り立ちとは?

  • 喪中の人に言っても良い挨拶はどんなものがあるのか?

  • 喪中の人が「良いお年を」を使っても良いのか?

  • 喪中の人は年末をどう過ごせば良いのか?

以上のことを中心に解説します。
喪中の人に対して「良いお年を」などの挨拶を使用しても良いのかお悩みの方は、ぜひ最後までご覧いただき、年末挨拶の際の参考にしてください。

喪中の人に「良いお年を」と言っていい?

人々

年末の挨拶で最も有名な「良いお年を」というフレーズですが、喪中の人に使うのはマナー違反に当たるのでしょうか?

早速「良いお年を」の意味や成り立ちなども含めながら確認していきましょう。

マナー違反ではない

まず喪中の人に対して「良いお年を」と挨拶することはマナー違反には当たりません。
年末に喪中の人に出会った際は、安心して「良いお年を」のフレーズを使用してください。

「良いお年を」の成り立ちとは?

「良いお年を」という言葉の成り立ちは、日本には新しい年に神様を家に迎え入れるために年末に大掃除をするといったような風習と深く関わっています。
「神様を迎え入れて良い年を過ごせるように」といった意味が短縮されて、今の「良いお年を」という言葉が生まれました。

そしてお互い良い年を迎えられるように「良いお年を」と親戚や近所の人と言い合うようになったことから、今のように定着したと言われています。

お祝いの言葉ではない

喪中期間は故人のことを弔い、お祝いごとや派手な行動を慎むといった決まりがあります。
喪中の人に「良いお年を」を使っても良いか心配する人は、「お祝い」と言った部分の抵触を懸念しているかと思います。

しかし、「良いお年を」の成り立ちを見ると分かるように、この言葉にはお祝いの意味合いは一切含まれてはいません。
そのため「良いお年を」を喪中の人に使うことはマナー違反ではないと言えるのです。

失礼だと感じる人もいる

一方で、この言葉を失礼だと感じる人も一定数いるのも事実です。
理由は二つあります。

一つ目の理由は、「良いお年を」の意味をお祝いに関係した言葉だと勘違いしているからです。
「良いお年を」を使う時期は年末ですが、年末は年始と非常に近い時期です。
「良い」という言葉が入っていることもあり、年始に使う「あけましておめでとうございます」と意味を混同している場合があるのです。

二つ目の理由としては、喪中の悲しみが深すぎる場合が挙げられます。
大切な人を亡くした時、すぐには明るい気持ちにはなれないでしょう。
そんな中「良いお年を」と言われても、不快な気持ちになってしまうことが考えられます。

喪中の人に言ってもいい挨拶とは?

喪中の人に「良いお年を」と言うことは問題ないということが分かりました。
しかし、人によっては失礼だと感じてしまう人もいるようです。

「良いお年を」を使用して不快な表情をされても、わざわざ言葉の意味を説明することも出来ません。
人によって受け取り方が異なり、少々扱いが難しいと言えます。

では、喪中の人に挨拶をする際、具体的にどういった言い回しであれば問題ないのでしょうか?
年末と年始に分けてそれぞれ挨拶文を紹介しますので、参考にしてください。

年末

  • 今年は大変お世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。

最も無難な内容としては上記のような挨拶になります。

シンプル過ぎて少し寂しい印象もありますが、特段トラブルになるような内容も含みません。
「良いお年を」を使うかどうか迷うのであれば、この程度の内容に留めるのが安心です。

年始

  • 昨年は大変お世話になりました。今年もよろしくお願いします。

続いて年始の挨拶です。
相手が喪中ということもあり「あけましておめでとうございます」は控えるようにします。
ほとんど年末の挨拶と変わらない文例となってしまいますが、上記のような言い回しをすると良いでしょう。

この他に喪中の挨拶マナーをまとめた記事が下記リンクよりご覧になれます。
はがき、メール、LINEでの挨拶まで詳しく解説しています。
興味がありましたら、ぜひご覧ください。

喪中の人が「良いお年を」と言うこと

困った人々

ここまでは喪中の人に「良いお年を」を使うことに対して解説をしてきました。
では、逆に喪中の人が「良いお年を」を使うのは問題ないのでしょうか?

結論から先に言うと使用するのは問題ありません。
少し前の解説で紹介したようにこの言葉にはお祝いの意味合いは含まれていません。
そのため喪中の人が「良いお年を」を使用するのも問題は無いのです。

それに相手によっては、喪中の人にかける言葉に、気を遣っていることもあるでしょう。
そのため、喪中の人から「良いお年を」と言ってくれるのであれば、相手も少し安心するのではないでしょうか。

喪中の人の年末について

人々

前の解説で少し触れましたが、喪中期間は故人のことを弔い、お祝いごとや派手な行動を慎むといった決まりがあります。

年末には様々な行事や風習があります。
その中でも年越しそばを食べることや、忘年会に参加することはお祝いごとや派手な行動に当てはまるのでしょうか?
一つずつ確認していきましょう。

年越しそばは食べてもいいの?

まず年越しそばを食べることについてですが、こちらは喪中に行っても問題ありません。
そもそも年末に年越しそばを食べるのには、長寿を願う、一年の厄を切り落とすなどの理由があります。

数ある理由の中に、お祝いごとの意味を持ったものは一つもありません。
そのため、喪中であっても年末に年越しそばを食べることは何ら問題が無いのです。

忘年会は参加してもいいの?

一方で、忘年会は喪中で控えるように言われている、派手な行動に触れてしまう可能性があります。
可能であれば、忘年会の参加は控えた方が良さそうです。

ただ、仕事の関係上断ることが出来ない忘年会もあることでしょう。
そういった場合は、上司に相談するなどして参加可否を決めるようにしましょう。

喪中の人に「良いお年を」まとめ

人々

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、喪中の人に対して「良いお年を」を使用することに関して、以下のように解説してきました。

  • 「良いお年を」を喪中の人に使うのはマナー違反に当たらないが、人によっては失礼だと感じる場合もある。

  • 「良いお年を」は「神様を迎え入れて良い年を過ごせるように」という意味からできた。

  • 喪中の人に挨拶をする時は「良いお年を」を使っても良いが心配な時は使わない。
    年始の挨拶には「あけましておめでとうございます」の使用は控える。

  • 喪中の人が「良いお年を」を使うのは問題ない。

  • 喪中は年末に年越しそばを食べるのは問題ないが、忘年会は可能であれば控える。

「良いお年を」という表現は年始の「あけましておめでとうございます」と意味合いを混同しがちです。

しかし、今回の解説で二つの挨拶は意味が異なることが分かりました。
そのため、喪中の人にこの挨拶を使うのは問題ありません。
ただ、相手の心情によっては使用を控えた方が良いケースもあるようです。
ぜひ今後の年末の挨拶に役立ててくださいね。

終活ねっとではこの他にも喪中の正月の過ごし方について詳しく解説した記事を用意しています。
新年の挨拶、初詣やマナーなどについて知りたい人はぜひ下記よりご確認ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「喪中・良いお年を」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像 1
    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像 2
    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像 3
    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像 4
    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像 5
    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像 6
    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料