葬儀の夢は吉夢?凶夢?誰の葬儀か、夢のシチュエーション別に解説!

葬儀の夢は吉夢?凶夢?誰の葬儀か、夢のシチュエーション別に解説!

夢には様々な内容がありますが、もし葬儀の夢をみてしまったらどのように感じますか?怖くなってしまう方も多いかもしれませんね。葬儀の夢を見た場合、それは吉夢なのか、それとも凶夢なのか、様々な人物やシチュエーションごとにその意味を紐解いていきましょう。

最終更新日: 2020年12月17日

葬儀の夢について

葬儀

皆さんは、葬儀の夢をみたことがありますか?
夢には楽しいものや不思議なもの,怖いものなど様々な夢がありますよね。
朝起きた時、「どうしてこんな夢をみたんだろう?」と不思議に思うことがるのではないでしょうか。

特に、葬儀の夢を見てしまったら「こんな夢を見るなんで何か不吉なことが起きるのでは?」と怖くなってしまいますよね。
実際に、葬儀の夢は不吉なことや縁起の悪いことが起こる前兆を表す凶夢なのでしょうか?

今回「終活ねっと」では、葬儀の夢について以下のことをご紹介します。

  • 葬儀の夢は吉夢なのか凶夢なのか。

  • 亡くなった人別の葬儀の夢の解釈。

  • シチュエーションごとの葬儀の夢の解釈。

  • 人の生死に関する夢にはどのような意味があるのか。

これらについて、一つずつ詳しくみていきましょう。
葬儀の夢にはこんな意味があったのか、と新しい発見があるかもしれません。
ぜひ最後までお付き合いください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀の夢は吉夢?凶夢?

困った人々

皆さんは、葬儀の夢をみたことがありますか?
葬儀の夢をみてしまったら、朝起きた時の気分はあまり良いものではないですよね。
「本当に誰か亡くなってしまうのではないか」と不安になってしまう方は多いのではないでしょうか。

しかし一般的に葬儀の夢は、幸運が訪れる前兆である「吉夢」といわれています。
トラブルや悩みを抱えている場合、それらから解放され新しいスタートを切ることができる、ということを暗示しているようです。

葬儀の夢といっても、自分の葬儀なのか家族の葬儀なのか、または友達や上司の葬儀なのか内容は様々です。

基本的に葬儀の夢は、誰の葬儀だったとしても縁起の良い吉夢であるとされています。
しかし解釈の内容は若干変わりますし、シチュエーションによっては凶夢である場合もあるようです。

亡くなった人別の葬儀の夢の意味

葬儀

一般的に葬儀の夢は吉夢といわれていますが、葬儀の夢は全て吉夢なのでしょうか。
誰の葬儀だったのかによって夢の解釈は変わってしまうのでしょうか。
気になりますよね。

ここからは、葬儀の夢について人別の解釈の仕方をみていきましょう。

自分の葬儀

まずは、自分の葬儀の夢をみた場合、どんな意味があるのかみてみましょう。
自分の葬儀の夢は、人生の新しい転機を意味しています。

これまでとは違う道を進む、という方向転換の前触れの可能性が大きいです。
また、仕事であれば昇進や起業,転職,プライベートでは結婚,出産など人生の転機を表している場合もあります。

しかし自分の葬式を自分で出している夢だったら、今後出費が重なることを暗示しているようなので注意しましょう。

自分の葬儀の夢を見る心理としては、願望が現れているといわれています。
もしたくさんの人に見送られていたなら、多くの人から慕われたいという願望の現れかもしれませんよ。

父親・母親の葬儀

親の葬儀の夢は、独立を意味しています。
これまで独立ができずにいたなら、準備が整ったというサインかもしれません。

周囲からの支えを得られ、応援してもらえるタイミングともとれます。
特に父親の葬儀の夢は、仕事など社会的な自立を意味します。
また夢の中の葬儀が豪華であればあるほど、スムーズに自立ができるサインとされています。

親の葬儀の夢をみる心理的な背景として、もし親が既に高齢または闘病中であるなら、近い将来に備えてシュミレーションをおこなっている可能性があります。
また既に親が亡くなっている場合、親の死を乗り越え成長していると解釈されます。

祖父・祖母の葬儀

祖父または祖母の葬儀の夢をみたなら、それはあなたの進んでいる道は正しいということを表しているサインととれます。

おじいさん、またはおばあさんがあなたを温かく見守りながら、あなたが進む正しい方向を示してくれているのですね。
また独立を意味している場合もあります

ただし、祖父または祖母がまだ存命であるものの現在重い病気を抱えている状況ならば、予知夢の可能性もありえます。

親戚の葬儀

親戚の葬儀の夢は、あなたの性格に関わるメッセージです。
葬儀の中で印象に残った親戚の性格は、あなたの中にある直したい性格を表します。
一方、その性格があなたの中から消えるということを暗示している、という解釈もあるようです。

親戚の葬儀の夢をみる心理的として、不安や心配の気持ちがストレスとなっている時に見やすいようです。
しかし、それはストレスの元となる苦境を乗り越えるタイミングに差しかかっているという意味なので、安心してくださいね。

葬儀に多くの親戚が集まっていたなら身内の不幸を暗示していることもありますので、注意しておきましょう。

自分の子どもの葬儀

自分の子供の葬儀の夢をみてしまったら、とてもショックですよね。
親としては一番みたくない夢ではないでしょうか。

しかし子供の葬儀の夢は、子供にとって何か嬉しいことが起きる前兆を表す吉夢とされています。

子供の葬儀の夢をみる心理的な要因として、「いつかは自分から独立していくんだな」という寂しさがあげられます。

特に子供が経済的又は精神的に自立する時期であったり、幼い子供の自我が芽生え始めてきた時期に「いつかは自分から巣立ってしまうんだな」と寂しさを感じ、子供の葬儀の夢を見やすいようです。

配偶者・恋人の葬儀

恋人やパートナーの葬儀の夢は、2人の関係にななんらかの進展があることを示しています。

進展とは、良くも悪くも恋愛面でのステップアップを意味しています。
嬉しい変化としては、現在付き合っている恋人と結婚できるなどパートナーと更に深い関係になることを示唆しています。

逆に嬉しくない変化として、現在の恋人やパートナーとの別れを暗示している可能性もあります。
しかしこれは、現在の相手よりもさらに良い相手と巡り合うことを意味しているので吉夢と解釈されます。

知らない人の葬儀

顔も名前も全く知らない人の葬儀の夢をみた場合、その夢には大した意味がないように思ってしまいますよね。
しかし、この夢は思いがけない幸運の予兆であるかもしれません。

夢の中の葬儀が立派であればあるほど良い意味となります。
予期しなかった収入が舞い込んできたり、遺産を相続するなど金運に恵まれることを暗示しています。

また、悩みが解決に向かうということを示唆しているともいわれています。

既に亡くなった人の葬儀

既に亡くなっている人の葬儀の夢は、その人の死に対して悲しみを乗り越えられるようになってきたことを意味します。
この夢をみたということは、自分では吹っ切れたと思っていても実はまだひきずっていたのかもしれませんね。

一方、この夢は内面的な成長を表す夢ともいわれています。
亡くなった人が自分に大きい影響を与えた人物だったからこそ、亡くなってるにも関わらず夢の中でもう一度葬儀を再現しているのです。

そうすることで悲しみを乗り越え、また一つ成長することができるのですね。

友人・知人の葬儀

知人や友人の葬儀の夢は、残念ながら凶夢であることが多いようです。
登場した知人や友人との関係を打ち切りたい、縁を切りたいという気持ちの表れとしてこの夢を見みるといわれています。

また、その知人や友人に対して無意識に嫉妬してしまったり誤解をしてしまう前兆かもしれません。
ネガティブな感情を持たないように気を付けましょう。

一方、夢の中で火葬場まで見送ったならば、その友人とは今後もずっと縁が続く、または腐れ縁のような関係であることも表しています。

上司の葬儀

上司の葬儀の夢をみた場合は、その上司と新たな良い関係に進むということを暗示しています。

例えばこれまで上司との間にあった様々なことを水に流して、これから関係が良くなるのかもしれません。
そうなれば、職場でのあなたの評価も上がっていくでしょう。
他にも、上司またはあなたの異動によって上司との距離が離れるということを示唆していることもあり得ます。

どちらにしても、これまでの関係から良い方向へ向かっていくことを意味していますので安心してくださいね。

芸能人の葬儀

たまに芸能人が夢に出てくることはありませんか?
芸能人の葬儀の夢は吉夢で、謙虚な気持ちを持つようになることを示唆しています。

つまり自分の中の傲慢さ、虚栄心が消え、これまでの怠慢を悔いて努力をするようになる前兆とされています。

また違う解釈として、芸能人や有名人は憧れの象徴とされています。
芸能人の葬儀の夢をみたときは、初恋の人、憧れの先輩など普段は思い出さない奥深くに沈んでいる記憶が呼び覚まされたのかもしれません。

ちなみに、葬儀の夢を見られた芸能人は長生きするともいわれているんですよ。

シチュエーション別の葬儀の夢の意味

葬儀

ここまで、誰の葬儀の夢だったのかその違いによる意味を解説してきました。
次に、その夢の中の葬儀はどのような葬儀だったのでしょうか。

とてもリアルでしたか?
あなたの他に誰か登場しましたか?
あなたは何をしていましたか?

ここでは、夢の中の葬儀がどのような葬儀だったのか、シチュエーションごとに解説していきましょう。

リアルな葬儀の夢

葬儀の夢がとてもリアルだった場合、正夢になる可能性があるようです。

通常夢は漠然としたものですので、夢の一部は鮮明でも他の部分はぼんやりしていたり、白黒であることが多いですよね。
しかし、細かく詳細にリアルに描かれている葬儀の夢を見た場合は、予知夢である可能性があります。

もしその夢が身近な人の葬儀の夢であり、リアルに感じた場合は、その人のことを気にかけておきましょう。

葬儀の準備を進めている夢

葬儀の準備をしている夢だった場合、それは吉夢です。
人生の節目である葬儀の準備をしているということは、あなたが人生の分岐点を越える準備ができたのだということを表しています。

準備をしている葬式が仕事に関わる方の葬儀なら、職場での昇進や抜擢などステージアップを暗示している可能性があります。
家族の葬儀の準備だったならば、あなたが家族から自立した大人となったことを表します。
また、現在結婚話がでている場合は、スムーズにトントン拍子で進んでいくかもしれません。

葬儀で泣いている夢

夢の中の葬儀で、あなたは悲しくて泣いていたかもしれません。
葬儀であなたが泣いていた場合、ストレスの発散を意味します。

心に溜まったストレスや心配事から解き放たれ、新たな一歩を踏み出せる前兆かもしれませんよ。
そして激しく泣いているほど、その夢は吉夢と言われています。

僧侶が読経している夢

僧侶がお経をあげている夢は、縁起の悪いことが起きる前兆といわれています。
ただし、縁起の悪い事の後には運気が上昇するといわれています。
気を付けて日々の生活をするように心掛けたらいいかもしれませんね。

一方、葬儀で僧侶が読経している夢は、願いが叶ったり、良い協力者が現れることを暗示する吉夢の場合もあるともいわれます。

特にお経の内容が印象的であった場合は、その内容にヒントが含まれているそうです。
お経の内容を思い出して、願望実現に役立てられたらいいですね。

生き返る夢

夢の中の葬儀で生き返る夢は、何か心残りがある、あなたの中で解決されていない問題があるということを意味しています。

例えば、諦められないことや、忘れられない過去、何か失敗をして悔やんでいることなどはありますか?
それらの苦い過去や失敗してしまったことに対し、それらを塗り替えるような再挑戦の機会が訪れる前兆といわれています。

そうすることで、つらい過去に区切りをつけ、新しい人生を歩んでいけるようになるかもしれませんね。

その他の生死の夢の意味

葬儀

ここまでは葬儀の夢にかんして誰の葬儀の夢なのか、どんなシチュエーションの夢だったのかについて、それぞれの解釈をご紹介してきました。

ここからは、葬儀の夢ではないけれど人の生死にかかわる夢について、それがどんな意味を持つのか見ていきましょう。

人が亡くなる夢

自分でも他人でも人が死ぬ夢をみてしまうと、気持ちが落ち込んでしまいますよね。
「何か悲しいことが起こるのではないか」と不安になってしまうかもしれません。

しかし自分や他人が死ぬ夢は逆夢で、これから大きな幸運がやってくることを教える吉夢と言われています。

開運前に見る夢の一つで、あなたの目的が達成されたり、新たな一歩が踏め出せる、願いが叶うという意味があるようです。

また、夢の中で亡くなるのが自分であれ、両親、子供、祖父母、友人、知人いずれの場合でも、昇給や、臨時収入が入るなど金運アップを意味する場合もあるそうです。

出産の夢

出産とは、新たな生命の誕生ですよね。
そのため出産の夢は、新しい可能性やチャンスが広がることを暗示ています。

男の子を産む夢だったなら、病気が治る、体調が回復するなど健康になることを表しています。
女の子を産む夢であれば、自分を信じて行動しなさいというメッセージを表しています。
もし双子や三つ子を産む夢をみたなら、なんと運気が二倍三倍になるということを意味しているそうです。

また、出産は人生の一大事ですので、出産の夢は重大な転機の訪れを知らせてくれるといわれています。
人生の明暗を分けるような大切な時期が訪れることを示唆しているそうですよ。

「終活ねっと」では、以下の記事で仏壇が出てくる夢についてもくわしく解説しています。
併せてご覧ください。

葬儀の夢についてまとめ

葬儀

ここまで、葬儀の夢にはどのような意味があるのかについてご紹介してきました。
いかがでしたか?
今回「終活ねっと」でお話したことを以下にまとめました。

  • 一般的に葬儀の夢は良いことが起こる前兆を表す吉夢とされている。ただし人別、シチュエーション別に解釈は若干異なる。

  • 自分、両親、祖父母、上司の葬儀の夢は人生の方向転換やステップアップ、独立を表している。友人、知人の葬儀の場合はトラブルを示す凶夢の可能性がある。子供の葬儀の夢は、子供にとってよいことが起きる前兆の可能性がある。

  • 葬儀の準備をしている、葬儀で泣いている、生き返る夢は、転機への準備やストレスからの解放などを示唆する吉夢であるが、リアルな葬儀の夢は予知夢の可能性もある。

  • 人が亡くなる夢、出産の夢はともに新たな一歩が踏み出せる、新たな人生の始まりを意味する吉夢である。

葬儀の夢は、誰の葬儀だったか、どのような葬儀だったのかによってその解釈に多少の違いはあるものの、基本的には吉夢とされているのがお分かりいただけたと思います。

人は、「死」というものに自然と恐怖心を抱いていますので、葬儀の夢をみてしまうと不安になってしまいますよね。
しかし上記のように、葬儀の夢をはじめ人の生死にかかわる内容の夢は、人生の方向転換やステップアップ、ストレスからの解放など、前向きな解釈が多いのです。

たとえ、トラブルを暗示するようなものであっても、それもまたよりよい人生へと変化していくための必要なステップととらえていただければ、結果としては吉夢といえるのではないでしょうか。

「終活ねっと」では、以下の記事で葬儀の費用について相場や内訳、また料金を安くする方法などについてくわしく解説しています。
参考までにお読みいただけると幸いです。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 葬儀にふさわしいネックレスの色や形とは?NGなアクセサリーも解説のサムネイル画像
    葬儀にふさわしいネックレスの色や形とは?NGなアクセサリーも解説

    葬儀に参列するとき、女性は喪服に真珠のネックレスをつけている印象がありませんか?一口に真珠のネックレスと言っても、色や長さなどいろいろな種類があります。今回は、葬儀にふさわしいネックレスがどんなものなのか、ご説明したいと思います。

  • 葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像
    葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

    近親者が亡くなった場合、社会人の常識として自分や故人が所属する会社へ連絡を行います。連絡を受けた会社側は、葬儀への参列などについて社内規則に沿って対応を行います。これら葬儀に関する一連の流れの中で、双方が注意すべき点をまとめました。

  • ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説のサムネイル画像
    ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説

    大切な方とのお別れはいつ訪れるか分かりません。いざ最期のお別れを迎えた時に、落ち着いて葬儀の準備をすることはとても大変です。今回終活ねっとではご臨終から葬儀までの手順について解説していきます。いざという時のために葬儀までの手順を把握しておきましょう。

  • 葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説しますのサムネイル画像
    葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説します

    葬儀に行くときに身に着けるものって迷いますよね。葬儀に参列される際、髪型や服装、身に着けるアクセサリー、持っていくバックなども様々な決まり事があります。この記事では、葬儀にふさわしいバックの選び方のポイントを紹介します。

  • 葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!のサムネイル画像
    葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!

    お葬式が終わった後にも、残されたご家族にはたくさんにやらなければならない葬儀後の手続きがあります。葬儀後の手続きをしっかりと行わないと、損をしてしまう場合があるので注意が必要です。今回はそんな葬儀後の手続きについて、年金や相続の手続きとともに解説します。

  • 葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像
    葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

    故人とのお別れの時間を過ごすご葬儀の場で、故人を偲び、ご遺族と悲しみを分かち合う時。その場に合う装いはとても大切です。しかし、大切だからとアクセサリーで身を飾るのは相応しくない場です。今回は、ご葬儀の場で失礼にならないアクセサリーの身に着け方をご紹介します。

  • 大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説のサムネイル画像
    大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説

    冠婚葬祭には、行っていい日取りと、行ってはいけない日取りがあります。結婚式は大安にあげると良いとされているのは知ってる方も多いと思いますが、葬儀の日取りは六曜と関係があるのでしょうか。大安の日に葬儀を行ってもいいのかについてや、六曜の意味なども解説します。

  • 葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像
    葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

    家族葬や直葬など様々な種類の葬儀を聞いたことはありませんか?自分たちはどの葬儀をすればいいのかわからないですよね?この記事で全ての種類の葬儀の特徴や違いを説明いたします。ご自身がどの葬儀を選択すればいいのか必ずわかるはずです!

  • 葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像
    葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

    この記事では、葬儀のマナーの中でも特にネクタイの色や結び方などの常識について書いていきたいと思います。また、例えば葬儀の際のネクタイの色や結び方など常識とされているものがなぜそうなのかという点にも注目していきたいと思います。

  • 葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!のサムネイル画像
    葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!

    現在は、故人や家族の想いや事情に合わせた葬儀をさまざまな場所で執り行うことができます。何人くらいの人に来てもらい、どんな形式と流れで故人を送るかにより場所の選び方は変わってきます。いざというとき、何を基準にどんな葬儀の場所を選べばいいのかを考えてみましょう。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事