葬儀・告別式の流れは?通夜の式次第や遺族・参列者のマナーも解説!

葬儀・告別式に参列するときにどのような流れで進むのかご存知でしょうか。流れを知ることでより深くお葬式に向き合うことができると思います。今回終活ねっとでは、葬儀・告別式の流れに加え、通夜の式次第やマナーについて解説をしていきます。

目次

  1. 葬儀・告別式の流れについて
  2. 葬儀・告別式の流れ
  3. 通夜の流れ
  4. 葬儀での遺族側のマナー
  5. 葬儀での参列者側のマナー
  6. 葬儀・告別式の流れについてまとめ

葬儀・告別式の流れについて

葬儀

お葬式の連絡を受け参列する際に、葬儀・告別式の流れがわからずに慌ててしまったことはないでしょうか。
お葬式に慣れていてあんまり慌てないという方はそう多くはないと思います。
それでも、葬儀・告別式の流れを知っておくと安心でき、落ち着いて亡くなった大切な人と向き合うことができます。

そこで今回終活ねっとでは、葬儀・告別式の流れについて詳しく解説をしていきます。

  • 葬儀・告別式の流れについて
  • 通夜の流れは?
  • 葬儀での遺族側のマナーについて
  • 葬儀での参列者側のマナーについて

通夜の式次第や遺族・参列者のマナーも合わせて解説をしていきますので、どうぞ最後までご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

終活ねっとのお葬式ではご希望・状況にあわせて、低価格葬儀から豪華葬儀までわかりやすいセットプランをご用意しております。追加費用がかかる場合は、丁寧に詳細を説明させていただきます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀・告別式の流れ

葬儀

それではまず葬儀・告別式の流れについて見ていきましょう。

葬儀は宗教的に故人を送り出す儀式であり、仏式であれば僧侶による読経があります。
告別式は社会的なお別れの場であり、ご遺族と一般参列者による故人との最後のお別れの儀式です。
もともとこの二つははっきりと区別されていましたが、現在ではお葬式の都合上同日に引き続いて行われていて、混同されることもしばしばあります

お通夜の日には夜通し多くの一般の参列者を迎えますが、翌日の葬儀・告別式は家族や親族など近しい人が中心で執り行われます。
昔は葬儀・告別式に参列する人が多かったものですが、忙しい現代ではお通夜に参列する人の方が多くなっています。

葬儀・告別式が始まる時間は?

葬儀・告別式はほとんどが同日に行われます。
葬儀・告別式は合わせて1時間、長くても2時間で時間設定をされます。

葬儀・告別式が始まる時間は、9時から13時です。
火葬場の多くが、10時から15時の時間帯での火葬を受け付けているため、このような時間設定となることが多いです。

あとは告別式の後に向かう火葬場が、近いか遠いかによって設定できる時間が変わってきます。
火葬場が近ければ14時から15時の葬儀・告別式も執り行えます。
逆に遠ければこの時間に葬儀・告別式を執り行うことは難しいでしょう。

葬儀・告別式の流れ

葬儀・告別式の流れは以下のようになります。
ここでは葬儀の中で多くの割合を占める仏式での流れについて見ていきます。

  • 遺族・親族・一般参列者の着席
  • 僧侶入場・葬儀開式
  • 弔電奉読(僧侶退場後の場合も有り)
  • 遺族・親族・一般参列者の順で焼香
  • 僧侶退場・葬儀閉式
  • 喪主挨拶
  • 告別式開式
  • 告別式閉式
  • 出棺

通夜の流れ

葬儀

お通夜は葬儀・告別式の前日に行われます。
お通夜の開始時間帯が夕方から夜であり、夜を通して故人への参列ができることもあり、葬儀・告別式よりもお通夜の日に参列する人が多い傾向があります。

通夜が始まる時間は?

通夜の時間帯は厳密には決まっていません
もともと字の通り、お通夜とは夜を通して参列者が故人をお別れを告げる場であり、夜から朝までを通夜を称したのです。
今では、仏式であれば僧侶が読経をあげる時間とされています。

お通夜はいつでも行ってよいものですが、昔の名残から17時から19時始まりとする人が多いです。
また最近では仕事の関係で昼間の葬儀に参列ができないために、お通夜に参列する人が多くなっています。
夕方から夜のお通夜は仕事や用事が終わって参列ができるために、この時間の始まりに設定されています。

通夜の流れ

お通夜の流れは以下の通りです。
ここでも仏式の流れを紹介します。

  • 遺族・親族・一般参列者の着席
  • 僧侶入場・お通夜の開式
  • 僧侶の読経
  • 遺族・親族・一般参列者の焼香(僧侶退場後の場合も有り)
  • 僧侶の読経終了・退場・お通夜の閉式
  • 喪主挨拶
  • 通夜振る舞い

葬儀での遺族側のマナー

葬儀

ここでは葬儀での遺族側のマナーについて見ていきましょう。

葬儀の日程の決め方

葬儀を行うためにはまずは葬儀の日程を決めなければいけません。
では、葬儀の日程の決め方には何があるのでしょうか。

火葬場の空き状況

希望の火葬場が営業しているか、どの時間で火葬が行えるかを確認します。
確認方法はホームページ、葬儀社経由、電話、市役所経由などの方法で行います。

火葬場の予約はほとんどが葬儀社が代行しますので、どの火葬場のどの時間が空いているのかの情報は葬儀社に委ねるとよいでしょう。
冬期・友引明けの日、年末年始明けは火葬場が混雑する傾向があります。
また都市部では年々お亡くなりになる方が増えていて、常に混雑をしている状況もあります。

火葬場の時間は、葬儀場から出発して到着する時間で決められることがほとんどです。
もし出棺後に、自宅や思い出の場所などを寄って火葬場に向かいたい場合は、先に葬儀社に希望を伝えておきましょう。

火葬予約時間を大幅に遅れて到着をしてしまうと、最悪の場合には火葬がしてもらえなくなってしまうので注意が必要なのです。

ご遺族の都合と希望

遠方の親族が居て、早く帰る必要がある場合には午前中のお葬式が都合がよいでしょう。
故人と別れがたい場合は、逆に午後のお葬式が良いでしょう。

このように葬儀・告別式の時間帯に希望がある場合は、葬儀社に先に伝えておきましょう。

宗教者の都合

葬儀では、僧侶などの宗教者に読経をしてもらうことが多いでしょう。
そのため、宗教者の日程に合わせて葬儀日程を決める必要があります。

菩提寺がある場合にはすぐに連絡をして予定を確認します。
僧侶の都合によっては葬儀の日程を1〜2日ずらすこともあり、どうしても日程が合わないときは他の寺院を紹介してもらえる場合があります。

地域の風習にもよる

葬儀は仏式であっても地域によって風習が大きく違う場合があります。
その地域独特の風習がある場合には、それにしたがって日程を決めたほうがいいでしょう。

日本には火葬を先に行う前火葬が行われる地域と、火葬を後に行う後火葬の地域があります。
また、葬儀の日には友引を避けるという風習もあります。

このように、地域の風習は葬儀の日程を決める上で大切な要因の一つです。

お布施を渡すタイミングは?

お布施を渡すタイミングに決まりはありませんが、初七日法要の後または後日というタイミングが多いです。
これは無事に葬儀を終えることができたという意味も含めることができるからです。

ただ、初七日法要が諸事情で行われなかったり、葬儀後にお寺を訪ねることをしないのであれば、葬儀が始まる前にお布施を渡すことになります。

また以下の記事ではお布施の書き方や包み方についても解説しています。
ぜひこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀で渡すお布施の書き方は?金額相場や渡し方・包み方まで解説!

葬儀が始まるまでにご遺族が準備することは山のようにあります。葬儀の準備の1つとしてお布施がありますが、書き方についてはご存知でしょうか。この記事では、葬儀で渡すお布施の書き方や金額相場などを解説していきます。

ご遺族の服装マナー

ご遺族の服装のマナーはいったいどのようなものなのでしょうか。

ご遺族はお葬式の中心ですので、略礼服や平服を着用しません。
そのため準礼服を着用するようにします。

男性の服装

男性の準礼服は、ブラックスーツで黒ネクタイという形です。
カフスやタイピンなどの飾り物を外し、靴下と靴も黒色で統一します。

喪主は正式な喪服であるモーニングコートまたは黒無地の染め抜き五つ紋つきの着物でもかまいませんが、現代では着用する人は少なくなりました

女性の服装

女性の準礼服もブラックフォーマルです。
正式喪服とされる黒無地の染め抜き五つ紋つきの着物、黒無地のオーソドックスなデザインのアンサンブルやスーツ、ワンピースなどでもかいませんが、着物は配偶者、喪主や喪主の妻、姉妹、子など3親等以内に限られます。

ストッキングを着用して、靴で光沢のあるものは避けます。
アクセサリーも結婚指輪と一連の真珠のネックレスにとどめ、濃い化粧や派手なネイルなどは避けましょう。

子供の服装

通っている学校などの制服があれば制服が礼服となります。
制服が無い場合は、男女とも落ち着いた色合いの服装であれば問題ありません。

男子であれば白シャツにジャケットが無難です。
女子であれば黒っぽいワンピースが無難です。
どちらともフォーマルな印象に近づけるとよいでしょう。

靴や靴下はグレーや黒・白などの無地で落ち着いた色合いであれば大丈夫です。

以下の記事では葬儀の服装のマナーについてより詳しく解説しております。
ぜひこちらもご覧になって参考にしてみてください。

こちらも読まれています

葬儀の服装マナーを男女や喪主・参列者別に解説!外国の葬儀服装まで

葬儀の際には、どんな服装でいくのが正式なのか、はっきりと答えられますか?そこで、いまさら聞けない葬儀に着ていく服装についてご解説します。親族や身内、知り合い、会社関係など立場によっても変わってくる服装のことをしっかりと確認しておきましょう。

葬儀での参列者側のマナー

葬儀

ここでは葬儀での参列者側のマナーを少し見ていきます。
お葬式は急に連絡が来ますので、覚えておくといざというときに慌てずに済むでしょう。

香典はいつ渡す?

香典を渡すのは、お通夜または葬儀の受付です。
受付をする際には下記の流れで香典を渡しましょう。
なお、香典は袱紗に包んで持参するようにします。

  • 受付で、「この度はご愁傷様でございます」などとお悔やみの言葉を言う。
  • カードなどに記名をする。
  • カードと共に袱紗から香典だして一緒に受付に出す。この際、香典の向きは受付側から文字が読めるように出す。

受付の記名が帳面に書き込む場合であれば、先に香典を取り出し、お盆などにおいてから記名しましょう。

また渡す際には、御霊前にお供えくださいなどの言葉を添えるとより丁寧な印象となります。

参列者の服装マナー

参列者の服装は、男女とも準礼服を着用しましょう。
正式喪服は遺族よりも格が高くなってしまうので、着用しません。

またお通夜に限り、「急いで駆け付けた」という意味合いから参列者は略礼服でも構わないとされています。
しかし、現代では略礼服での参列は少ないですので、できれば準礼服で参列したほうがよいでしょう。

葬儀では略礼服は着用しません
男性は黒の靴下と靴を、女性は黒のストッキングとヒールある靴を着用します。
また、男性はカフスやタイピンを外し、女性でもアクセサリーは一連の真珠に限ります。
結婚指輪はしていてもかまいません。

なお、仏式の葬儀の際は、数珠を忘れずに持っていきましょう。

葬儀・告別式の流れについてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。
今回終活ねっとでは、葬儀・告別式の流れについて解説をしてきました。
まとめると以下のようになります。

  • 葬儀・告別式が始まる時間は10時から13時が多いが定められてはいない。火葬場の営業時間に合わせる必要がある。
  • 葬儀・告別式は、宗教的な儀式の葬儀のあとで、故人とのお別れの儀式の告別式が行われ、合わせて1時間程度で終了し、その後出棺という流れである。
  • お通夜が始まる時間は、17時・18時・19時が多いが、決まりはない。
  • 葬儀の日程は、火葬場の状況と遺族の意向と僧侶の都合によって決まる。火葬場は冬期・友引明けの日、年末年始明けに混む傾向があり、僧侶はお彼岸・お盆・年末年始に都合がつけづらい。
  • お布施を渡すタイミングは、初七日法要が終わった後か後日お寺に持参することが多いが、どちらも都合がつかない場合は、葬儀前に渡すこともある。
  • 遺族のお葬式での服装は男女ともに準礼服を着用するとよい。
  • 香典を渡すマナーとして、香典は袱紗に包んで持参し受付で渡すことである。
  • 参列者の服装も準礼服を着用するとよい。参列者は、正式礼服は着用しないように気を付ける。

お通夜や葬儀・告別式は、おおよそ執り行われる時間帯が決まっています。
それは火葬場の営業時間の関係と、人々の生活スタイルに合わさっているのです。

ただ一つとして同じお葬式はありません。
お葬式に参列する際には、亡くなった人への気持ちと遺族への気持ちを服装や行動で表すことになります。
必要最低限の礼法は身に着けておくことをオススメします。

終活ねっとではお葬式について各種の記事を掲載しています。
以下の記事では、葬儀にかかる費用について詳しく解説しているので、あわせてご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

シェアする

「葬儀・告別式・流れ」に関連する記事

  • 葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像

    葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

    家族葬や直葬など様々な種類の葬儀を聞いたことはありませんか?自分たちはどの葬儀をすればいいのかわからないですよね?この記事で全ての種類の葬儀の特徴や違いを説明いたします。ご自身がどの葬儀を選択すればいいのか必ずわかるはずです!

  • ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説のサムネイル画像

    ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説

    大切な方とのお別れはいつ訪れるか分かりません。いざ最期のお別れを迎えた時に、落ち着いて葬儀の準備をすることはとても大変です。今回終活ねっとではご臨終から葬儀までの手順について解説していきます。いざという時のために葬儀までの手順を把握しておきましょう。

  • 葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

    葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

    この記事では、葬儀のマナーの中でも特にネクタイの色や結び方などの常識について書いていきたいと思います。また、例えば葬儀の際のネクタイの色や結び方など常識とされているものがなぜそうなのかという点にも注目していきたいと思います。

  • 葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説のサムネイル画像

    葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説

    身近な人が亡くなったとき、葬儀の日程を決めなくてはなりません。急いで決めなくてはならない状況で、どのようなことに気を付けて決めればよいのでしょうか?この記事では、葬儀日程を決めるうえで押さえておくべき項目や、決まった日程のお知らせについてを紹介しております。

  • 葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説しますのサムネイル画像

    葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説します

    葬儀に行くときに身に着けるものって迷いますよね。葬儀に参列される際、髪型や服装、身に着けるアクセサリー、持っていくバックなども様々な決まり事があります。この記事では、葬儀にふさわしいバックの選び方のポイントを紹介します。

  • 葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像

    葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

    故人とのお別れの時間を過ごすご葬儀の場で、故人を偲び、ご遺族と悲しみを分かち合う時。その場に合う装いはとても大切です。しかし、大切だからとアクセサリーで身を飾るのは相応しくない場です。今回は、ご葬儀の場で失礼にならないアクセサリーの身に着け方をご紹介します。

  • 葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像

    葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

    近親者が亡くなった場合、社会人の常識として自分や故人が所属する会社へ連絡を行います。連絡を受けた会社側は、葬儀への参列などについて社内規則に沿って対応を行います。これら葬儀に関する一連の流れの中で、双方が注意すべき点をまとめました。

  • 葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!のサムネイル画像

    葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!

    お葬式が終わった後にも、残されたご家族にはたくさんにやらなければならない葬儀後の手続きがあります。葬儀後の手続きをしっかりと行わないと、損をしてしまう場合があるので注意が必要です。今回はそんな葬儀後の手続きについて、年金や相続の手続きとともに解説します。

  • 葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説のサムネイル画像

    葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説

    葬儀の受付を任されたら、どのようなマナーを守ればいいのでしょうか。葬儀の受付を行う機会自体、人生の中でそう多くはなく、それ故に実際、どのように振舞うべきか分からない方は多いと思います。その為、今回は葬儀の受付を行う際のマナーを紹介したいと思います。

  • 葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!のサムネイル画像

    葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!

    現在は、故人や家族の想いや事情に合わせた葬儀をさまざまな場所で執り行うことができます。何人くらいの人に来てもらい、どんな形式と流れで故人を送るかにより場所の選び方は変わってきます。いざというとき、何を基準にどんな葬儀の場所を選べばいいのかを考えてみましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像

    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・告別式・流れ」についてさらに知りたい方へ

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説のサムネイル画像

ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説

葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説しますのサムネイル画像

葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説します

葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像

葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!のサムネイル画像

葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!

葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説のサムネイル画像

葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説

葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!のサムネイル画像

葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像

葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・告別式・流れ」についてさらに知りたい方へ

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説のサムネイル画像

ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説

葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説しますのサムネイル画像

葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと

女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-403-556
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料
事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引