沖縄でのお通夜のお香典相場は?|金額・親族・友人・知人

沖縄でのお通夜のお香典相場は?|金額・親族・友人・知人

一般的な香典の相場は1万円~3万円ほどですが、沖縄でのお通夜の香典相場が、どうやら他の県とまったく異なるようです。それは何故なのでしょうか。今回は沖縄でのお通夜の香典相場をご紹介し、全国と比べて安い理由についても解説いたします。

最終更新日: 2020年12月17日

沖縄のお通夜での香典相場

葬儀

一般的なお香典の相場は1万円~3万円ほどですが、沖縄でのお通夜の香典相場が、どうやら他の県とまったく違っているようです。
それは何故なのでしょうか。

そこで今回「終活ねっと」では沖縄でのお通夜の香典相場をご紹介し全、国と比べて安い理由についても解説していきます。

  • 香典とは何?

  • 沖縄でのお通夜の香典相場は?

  • 沖縄でのお通夜について

以上の項目を軸に解説していきます。
沖縄のお通夜に参加するという方や、沖縄の葬儀事情について知りたいという方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

香典とは?

葬儀

まず、香典について説明しておきましょう。

故人が亡くなった時、ご遺族にはお通夜代・葬儀代などの費用がかかりますよね。
そんな時、お通夜・葬儀の参列者が、援助するためにお金を出し合ってくれます。
この時に、出し合うお金のことを香典と言います。
そもそもの意味合いにおいては故人の霊前に供えるもので、線香やお花の代わりとしての金品でしたが、現在では香典は弔慰金の意味を持つようになったのです
他にも、香典の代わりにお線香やろうそく、お花を持参する所もあります。

それと同時に、一般的な香典相場も見ていきましょう。
下記の表に簡単にまとめましたのでご覧ください。

関係 金額 備考
親族 1万円~10万円 故人が叔父・叔母なら1万円から。
故人が父母、兄弟であるなら最高で10万円。
友人 5000円~1万円
知人 3000円~1万円

沖縄でのお通夜の香典の相場は?

お金

では、沖縄でのお通夜の香典相場について見ていきましょう。
以下で順に説明していきます・

沖縄での香典の金額相場

先にも説明しました通り、沖縄での香典相場は他県と同じではありません。
最近では、沖縄でも一般的な香典を包む方も増えてきましたが、未だに沖縄での香典相場に沿っている方が多いです。

沖縄での香典相場も下記にまとめました。

関係 金額 備考
親族 3000円~1万円 叔父・叔母の場合は3000円から。
祖父母や兄弟の場合は5000円から。
友人 1000円~3000円
知人 1000円~3000円

ただし、香典相場は沖縄の地域によって様々です。
北部などは、自治会によって金額を決めているので、あらかじめ相談しておく方が良いです。

全国と比べて安いのはなぜ?

沖縄が一般的な香典相場と比べて、安く済む理由は何故でしょうか
それには2つの理由がありますので、順に見ていきましょう。

お金を重ねる=不幸を重ねるを連想させる

例えば、一般的な知人の香典相場は3000円からです
しかしその場合、1000円を3枚も包まなければなりません。

沖縄では、こうして多くのお金を包むことは不幸が重なる(お金が重なる)と捉えられるため、あまり喜ばれません。

沖縄で、香典代に1000円を包むのはこのためなのです。

ナンカースーコーがあるから

「ナンカースーコー」とは、沖縄の言葉で週忌焼香(一週間ごとにある焼香)のことです。
沖縄では49日までの間、このナンカースーコーを執り行いますが、特に「ウフナンカ」と言われる奇数週のナンカースーコーでは、多くの参列者を招かなければなりません。

香典はウフナンカの度に包まないといけませんので、仮にお通夜・葬儀の香典が安く済んだとしても、結果として合計金額は他県とあまり変わりません

沖縄でのお通夜について

葬儀

実は沖縄では金額相場が他県と異なるだけでなく、その他の点に関してもいくつか違う箇所があります。
そこで最後に、沖縄でのお通夜についてご紹介いたします。
特徴的な点は以下にまとめました。

  • お通夜は仮通夜と本通夜がある

    夕方から夜にかけて行うのが沖縄の通夜です。
    故人が亡くなった当日の夜を「仮通夜」と言い、この日に参加するのは親族のみです。
    翌日の夜を「本通夜」と言い、この日に初めて友人・知人が参加します。

  • 通夜振る舞いがないので、弔問が済んだらサッと帰る

    沖縄では通夜振る舞い(通夜の後に開かれる食事会)がありません。
    なので、お通夜は夕方から始まりますが、22時頃までには終了します。
    弔問も、それに合わせてサッと帰るのがマナーになっています。

  • 喪服は禁止

    沖縄では、喪服を着ていくのは好まれません。
    それは、亡くなるのを待っていたと考えられているためです。
    地味な平服を用意しましょう。

この他にも沖縄では、葬儀に関して独自の文化が存在しています。
沖縄でのお通夜の文化やマナーについて知りたい方は以下の記事も併せてご覧ください。

沖縄のお通夜での香典相場まとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では沖縄でのお通夜の香典相場について以下のように解説してきました。

  • 香典とは、弔問客が葬儀などでかかる費用を援助するために支払う金品のこと。
    一般的な香典相場は親族の場合1万円~10万円。

  • 沖縄での香典相場は以下の通り。
    親族の場合…3000円~1万円
    友人の場合…1000円~3000円
    知人の場合…1000円~3000円

  • 沖縄の香典相場が全国平均より安い理由は2つある。一つはお札を複数枚で包むことは「お金が重なる=不幸が重なる」と考えられているため、1000円札一枚を香典に包むのが望ましいという理由。もう一つはナンカースーコー(一週間ごとにある焼香)の度に香典を包まなければいけないので、個別で見ると香典金額は安く感じるが、実際の合計金額は一般的な香典相場と変わらない。

  • 沖縄でのお通夜の特徴は3つ。
    ・仮通夜、本通夜がある。
    ・通夜振る舞いがないのでサッと帰る
    ・服装は平服

一見香典が安く見えますが、週忌焼香を開いたりその都度香典を渡す必要があったりと、他県での供養よりも手間暇がかかってますね。

この他にも、沖縄での葬儀事情についての記事を多数掲載しております。
沖縄の葬儀について知りたい方はぜひそちらもご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • お通夜に参列する時の服装マナー|親族・参列者・男性・女性のサムネイル画像
    お通夜に参列する時の服装マナー|親族・参列者・男性・女性

    お通夜は告別式と並び、葬儀の中で故人の冥福を祈りお見送りするための場です。このためお通夜の場にはふさわしい服装で臨む必要があります。そして立場によってお通夜に適しているとされる服装はさまざまです。今回はお通夜にふさわしい服装について見ていきましょう。

  • お通夜での挨拶は?弔問客と喪主の立場別の例文を紹介のサムネイル画像
    お通夜での挨拶は?弔問客と喪主の立場別の例文を紹介

    お通夜の際、どのように挨拶してよいのか困った経験はありませんか?お通夜での挨拶には様々なマナーやルールがあります。そこで、今回はお通夜での挨拶を参列者と喪主の立場別にご紹介します。また、マナーや例文についても解説します。

  • 突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?のサムネイル画像
    突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?

    突如入ってくるお通夜の知らせには、いろいろと準備も必要で慌ててしまいがちですが、いざ参列となると「お通夜ってどうすればいいんだっけ?」や「参列した時のマナーって?」と不安になるものです。そんな時に慌てないよう、今回はお通夜に参列する時のマナーをご紹介します。

  • お通夜に持参する香典の金額相場は?|入れ方・書き方・渡し方のサムネイル画像
    お通夜に持参する香典の金額相場は?|入れ方・書き方・渡し方

    お通夜には香典を持参するのがマナーです。香典を包む場合、金額はいくらにするか、どのように包めば良いか、どうやって渡すかなど悩みはつきません。今回、お通夜の香典の金額相場だけでなく、包み方や渡し方のマナーなどについて詳しく解説をしていきます。

  • お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!のサムネイル画像
    お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!

    冬の寒い日にお通夜に参列するとき、コートを着ていく方も多いでしょう。お通夜の会場ではコートを脱ぐからといって、どんなものを着用しても良いというものではないのです。そこで、今回はお通夜にふさわしいコートや冬の服装について、徹底的に解説します。

  • お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!のサムネイル画像
    お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!

    訃報を受けてお通夜に駆けつける時、どのような格好で参列したら良いか迷うことがありますよね。また冬の寒い時期のお通夜の格好がわからないという人も多いのではないでしょうか。間違えた身だしなみで参列して非常識だと思われないためにも、正しい服装を理解しましょう。

  • お通夜のネクタイマナー|選び方・色・ネクタイピン・購入場所のサムネイル画像
    お通夜のネクタイマナー|選び方・色・ネクタイピン・購入場所

    お通夜や告別式といった法事には、香典や服装など多くのマナーが存在します。では、ネクタイはどんなマナーがあるのでしょうか。黒以外にも着用してよいのでしょうか。今回「終活ねっと」では、お通夜でのネクタイに関して詳しく解説いたします。ぜひお読みください。

  • お通夜の食事は参加すべき?|通夜振る舞い・マナー・料理・挨拶のサムネイル画像
    お通夜の食事は参加すべき?|通夜振る舞い・マナー・料理・挨拶

    通夜振る舞いと呼ばれるお通夜の食事は、お声がけを頂いた後にどうすれば良いのか悩むことも少なくありません。お通夜の食事ではどのような点に注意すれば良いのか、守るべきマナーやふさわしい対応などについて、詳しく解説していきます。

  • お通夜でのハンカチはどう選ぶ?|女性・男性・持ち物・服装のサムネイル画像
    お通夜でのハンカチはどう選ぶ?|女性・男性・持ち物・服装

    お通夜に持参することが多いハンカチですが、ハンカチにもマナーがあるのはご存知でしょうか?実は色や模様にも細かい慣習があるのです。今回「終活ねっと」ではお通夜でのハンカチやその他の持ち物について詳しく解説いたします。ぜひ最後までお読みください。

  • お通夜はどのような流れで進む?焼香や参列のマナーについても解説!のサムネイル画像
    お通夜はどのような流れで進む?焼香や参列のマナーについても解説!

    大切な方が亡くなった際に行われる葬儀にはお通夜と告別式があります。このうちお通夜には告別式に参列できない場合などに出向くことも多いでしょう。このためお通夜の全体的な流れやマナーを知っておくと、いざというときに便利です。お通夜について、流れを中心に見ていきます。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事