お布施の名前の書き方とは?|表書き・連名・金額・マナー・包み方

お布施の名前の書き方とは?|表書き・連名・金額・マナー・包み方

葬儀などで僧侶にお渡しするお布施は、僧侶に感謝の気持ちを示すうえで一番わかりやすい形です。お布施には表書きなどのほかに名前を書くことが欠かせませんが、名前を書くにはどのようにすれば良いのでしょうか。今回はお布施での名前の書き方を、連名の場合も含め見ていきます。

最終更新日: 2020年12月18日

お布施の名前の書き方を知っていますか?

葬儀

葬儀や法事などでは必ず僧侶にお経をあげてもらうことが欠かせないため、僧侶への謝礼であるお布施をお渡しすることが欠かせません。
お布施についてはさまざまなマナーがありますが、そのうちの1つが名前の書き方です。

お布施で名前を書くとはいえ、考えてみるといくつかの書き方が思い浮かぶでしょう。
フルネームで書くべきなのか、それとも名字で書くべきなのか、あるいは名無しでも良いのかなどいろいろと迷うところが出てきそうです。
果たしてマナーの面から見て、お布施で名前を書くにはどのように書くのが適切なのでしょうか。

そこで今回「終活ねっと」では、お布施の名前の書き方について、封筒などに名前を書く際のマナーや、連名の場合も含めて見ていきます。

  • 葬儀などでお渡しするお布施とはどのようなものなのか?

  • お布施で名前を書く際のマナーとは?

  • お布施の書き方に関するマナーとは?

  • お布施を包むために使う袋の選び方とは?

お布施の準備をしていて名前の書き方がよくわからないという方や、お布施に関するマナーをもっと知りたいという方にとって、うまくお布施の準備ができるようになる内容となっています。
ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀などで渡すお布施とは?

お墓

葬儀などで僧侶にお渡しするお布施ですが、いったいどのようなものなのでしょうか。
お布施とは、葬儀や法事の際に僧侶が読経していただいたり、戒名をつけていただいたりしたことに対して、仏様に感謝する意味でお渡しする謝礼のことです。

もともとは仏教の大切な修行の一環である「布施」、つまり自分が持っているものを無償で他者に与える行為の一環とされていました。
あくまでも僧侶個人の労働報酬ではなく、僧侶が受け取ったお布施の全額は基本的にお寺の維持に使われ、僧侶の生活に必要なお金もそこから賄われます。

お布施の名前の書き方

葬儀

お布施を包むには、いくつかのマナーを踏まえて準備することが欠かせません。
そしてお布施を包む袋や封筒には、表書きとともに名前を書くことが重要ですが、どのように書けば良いのでしょうか。
ここではお布施の封筒などへの名前の書き方について、詳しく見ていきます。

誰の名前を書くの?

お布施の名前を書く上で一番重要なのが、誰の名前を書くのかという点です。
お布施に書く名前のパターンとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 葬儀や法事を行った家の名前

  • 喪主や施主の名前

  • お布施を共同で出し合った人たち全員の名前

以上の3つのパターンが主なものですが、以下の各項目でより詳しく見ていきます。
それぞれのパターンで記す際に、いろいろと参考にすると良いでしょう。

家名を書く場合

まず葬儀や法事を行った家の名前を書く場合から見ていきます。
家名を書く方法については非常に簡単で、「○○家」と書くだけで問題ありません
なお表面に家名を書いた場合は、裏面にきちんと喪主や施主のフルネームを書くことを忘れないようにすることが大切です。

喪主や施主の名前を書く場合

次に喪主や施主の名前を書く場合について見ていきましょう。
喪主や施主の名前を書くというのも、お布施で名前を書く際にはよくあるパターンで、以下で説明するように喪主や施主のフルネームで書く場合と苗字のみを書く場合とがあります。

なお弔事の際によく見聞きする、喪主と施主は一見すると同じように見えますが、実は明確な違いがあります。

喪主が葬儀や法事でご遺族を代表して取り仕切る立場の人物であるのに対し、施主は葬儀や法事のための費用を負担する立場の人物です。
ただ近年では喪主と施主が同じ人物であるというパターンが、非常に多く見られます。

フルネームで書く場合

もし喪主や施主の名前をフルネームで書く場合は、苗字だけではなく下の名前に至るまできちんと書きます。

なお表面にフルネームを書いた場合は、裏面に住所と名前は記す必要がありません。
言い換えれば表面にフルネームが書いてあれば、多少の手間が省けるでしょう。
ただ初めて知り合った僧侶にお布施をお渡しする場合は、裏面には連絡しやすいように住所と電話番号を記しておくとなお良いです。

苗字のみでもいいの?

表面にフルネームを記す代わりに、苗字のみで書くという書き方でも特に問題ありません。
ただし表面に苗字だけを記した場合は、裏面にフルネームと住所を記します。
初めて知り合った僧侶にお布施をお渡しする場合であれば、フルネーム同様、連絡しやすいように電話番号も一緒に記すのがおすすめです。

連名で書く場合

家名や喪主・施主のフルネームを記すほかにも、複数人の連名で名前を記すという書き方もあります。
主にお布施を複数人で出し合った場合などに見られる方法です。

名前の部分を複数人の連名で書く場合は、3人までの場合であれば立場の高い順や五十音順で、右側からフルネームで記します。
もし4人以上の方がお金を出し合った場合は、表面には代表者のフルネームに「外一同」をつけた書き方をし、お布施を出し合った人たちの名前を記した目録を中に同封するのが作法です。

お布施の書き方に関するマナー

葬儀

上の項目ではお布施の項目で名前を書く際の作法について見てきましたが、書き方についてはほかにも表書きや金額に関するものがあります。

ここではお布施を包む際に、名前以外の項目を書く方法やマナーについて見ていきましょう。

金額の書き方

まずお布施として包んだ金額の書き方から見ていきますと、金額を書く際は書く場所と、決まった書き方について知る必要があります。
なおお布施は本来労働報酬ではないため、金額を記す必要はありませんが、お寺側が経理面でお金の管理をする際に役立てるという理由で、なるべく記した方が良いとされています。

どこに書けばいいの?

金額を書く場所は、お布施を包む封筒にそのまま書く場合は、裏面の右側に記すのが一般的です。
一方で、もしお布施を包む際に中袋や中包みを使う場合は、中袋などの表面に書きます。

金額はどのように表記するの?

金額を書くべき場所について見てきたところで、ここからは具体的な書き方にも触れていきます。
金額を書く際は「金○○圓」の形で記し、特に単位の部分を旧字体で「圓」と書くのがポイントです。
過不足なく包んだことを示したいのであれば、続けて「也(なり)」もつけると良いでしょう。

加えて金額の具体的な数字を書く際は、大字と呼ばれる漢数字の旧字体を使います。
例えば3万円を包んだ場合は「金参萬圓」、7千円包んだ場合は「金漆仟圓」という書き方です。

なお数字の中でも4と9は、それぞれ「死」や「苦」を連想させる縁起の悪い数字とされているため、お布施が必要な弔事も含めて冠婚葬祭の場で使うことはありません。

表書きの書き方について

金額の部分と同様に、お布施の封筒で重要といえる項目が表書きです。
お布施の封筒で表面の上段に記す表書きは、お渡しする相手である僧侶に、何のために持参した金銭であるのかを示す意味があります。
お布施で使われる表書きで最も一般的かつ無難なのが、御布施やお布施です。

「読経料」や「戒名料」などでも問題ない場合もありますが、お布施が本来労働報酬ではないため、僧侶によっては不快な気分になるため、なるべく「お布施」や「御布施」と記すと良いでしょう。

なお僧侶にお寺から来ていただいた場合にお渡しするお車代や、僧侶が会食に参加できない場合にお渡しする御膳料については、それぞれ「御車代」と「御膳料」と記します。

薄墨で書くべき?

弔事で香典袋やお布施に表書きなどを書く際は、薄墨で書くべきという考え方に接したことのある方は多いでしょう。
確かに葬儀で香典袋に表書きなどを書く際は、故人のご不幸に対する悲しみを示す意味で薄墨で書くべきというのが作法とされています。

しかしお布施については葬儀や法事に関係なく、普通の黒い墨を使うのが一般的です。
葬儀や法事では、僧侶などお寺の関係者にご不幸があったわけではないことから、特にご不幸に対する悲しみの気持ちを示す必要がありません。

このためお布施の場合は、葬儀をはじめ弔事全般で黒い墨を使って表書きなどを記しても大丈夫です。

お布施の封筒の書き方についてさらに詳しく知りたいという方は、以下のリンクも合わせてご覧ください。

お布施の袋の選び方とは?

困った人々

お布施を包む際には、決まって封筒や袋を使う必要があります。
最後に、お布施を包む際の袋の選び方や封筒の種類についても見ていきましょう。

無地の白封筒を使う

お布施を包む際に使われる封筒は、一般的には無地の白い封筒が使われます。
なお封筒を選ぶ際には、郵便番号を書くための赤い枠や電話番号のマークなどといった、余計な印字がないものを選ぶと良いでしょう。
僧侶によっては、余計な印字がある封筒でお布施を包むことに対して不快な気持ちになるためです。

もちろん封筒によっては、あらかじめ表書きとして「お布施」や「御布施」などと印字されているものもありますが、それらについては使っても問題ありません。

お布施袋の水引の色とは?

お布施に使われる封筒では、水引はどうすれば良いのでしょうか。
基本的にお布施を包む封筒には、水引を掛ける必要はありません。
弔事用の水引は、故人のご不幸を悲しんだり供養したりする意味がありますが、お布施を包む際は僧侶をはじめお寺の関係者にご不幸があったわけではないためです。

このため一般的にはお布施を包む際は水引は不要ですが、もし急ぎの場合などといった何らかの事情で不祝儀袋を使う場合は、色が黒白や黄白、双銀の水引を使います。
なお結い方は、香典と同じように結び切りか淡路結びのものが一般的です。

なおお布施の準備ができてお渡しする際にも一定の作法がありますが、詳しいことは以下の記事をぜひともご参照ください。

お布施の名前や金額の書き方まとめ

葬儀

いかかでしたでしょうか。
今回「終活ねっと」では、葬儀や法事の際に謝礼として僧侶にお渡しする、お布施の名前の書き方について以下の項目を解説してきました。

  • お布施とは、葬儀や法事などで僧侶に読経していただいたり、戒名をつけていただいたりした謝礼として、仏様にお供えする意味でお渡しする金銭のことである。

  • お布施を包む封筒などに名前を書く際は、喪主や施主のフルネームか苗字、家名を書くほか、複数人でお布施を出し合った場合は連名のルールに基づいて書く。

  • お布施の金額を書く際は、「金○○圓」という形にしたうえで、数字は漢数字の旧字体を使って裏面の右側に書き、表書きは「御布施」や「お布施」と記し、普通の黒い墨を使う。薄墨は使用する必要はない。

  • お布施を包む際は無地の白い封筒を使い、水引は基本的に掛けないが、何らかの理由で不祝儀袋を使う場合は黒白か黄白、双銀の色で、結び切りか淡路結びの水引を掛ける。

お布施は葬儀や法事の際に僧侶が読経などしていただいたことに対し、仏様に感謝する意味でお渡しする金銭です。
そして名前については、喪主や施主のフルネームや苗字、家の名前、お布施を出し合った複数人の連名のいずれかで記します。

ほかにも金額や表書きの書き方や、お布施を包むうえで使う封筒にも作法があるため、一緒に覚えておくと良いでしょう。
今回の記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

「終活ねっと」ではこの他にも葬儀に関する記事を多数掲載しています。
以下の記事では、香典を包むために使われる不祝儀袋の中袋や中袋に包む際のマナーについて、いろいろと説明されていますので、あわせてご活用ください。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place DMMのお葬式で斎場を探す
DMMのお葬式で斎場を探す