仏壇はリビングに置いてもいい?|おしゃれ・インテリア・隠す・収納

仏壇はリビングに置いてもいい?|おしゃれ・インテリア・隠す・収納

故人と仏に祈る仏壇ですが、仏壇の置き場所については分からないことも多いですよね。たとえば仏壇をリビングに置いてよいのでしょうか。今回は、仏壇をリビングに置いてもよいのか、また仏壇の種類や置き場所、注意点について解説します。

最終更新日: 2020年02月29日

リビングに仏壇を置いてもいいの?

困った人々

普段何気なく目にする仏壇ですが、みなさんは仏壇はどこに設置するのが最適か知っていますか?
仏間のある家であれば問題はありませんが、仏間がない場合はリビングに置いてもよいのでしょうか。

そこで今回「終活ねっと」では、仏壇をリビングに置いてよいのかどうかについて解説をしてまいりたいと思います。

  • 仏壇はリビングに置いてもよいの?
    置くとしたらどのようなタイプのものがあるの?

  • 仏壇はリビング以外にどのような場所に置けばよいの?

  • 仏壇を家に置く場合にはどのようなことに注意すればよいの?
    置く場所や向き、神棚と置く場合はどのようにすればよいの?

以上のような要点を押さえながら解説をしてまいります。

近年では仏壇を家に置かない方も増えています。
だからこそなかなか仏壇について知る機会が減ってきているとも言えます。
今回の記事が皆様の仏壇に対する理解の一助となりましたなら幸いです。

ぜひ最後までお読みください。

仏壇はリビングに置いてもいい?

仏壇

仏壇は仏間に置いてあるというイメージを持っていらっしゃる方も多いかと存じます。

しかし住環境の変化もあり、仏間がある家も最近では少なくなってきています。
他にもリフォームをしたり引っ越しをしたり、住環境が変われば仏壇を置く場所に悩むこともあります。

そうしたとき、仏壇の置き場所として候補に挙がるのがリビングではないでしょうか。
そこでここからは、仏間がない場合に仏壇をリビングに置いてもよいのか、置く場合にはどのようなタイプのものがあるのかについて解説をしていきたいと思います。

多くの人がリビングに置いている

結論から申し上げますと、仏壇をリビングに置くことは問題ありません
実際に多くの方が仏壇をリビングに置いていらっしゃるようです。

リビングは家族が一番よく集まる場所です
ですので、仏壇をリビングに置くと、自然と家族全員が仏壇と過ごす時間や機会が増えます。
実際に仏壇をリビングに置くようになってから、仏様やご先祖様を身近に感じ手を合わせることが生活の一部になったという声もあるそうです。

インテリア・家具としての仏壇

近年では和室のない洋風の家も増えています。
また、仏壇に対する考え方も昔に比べてカジュアルなものに変化しつつあります。

そうした中で、仏壇をインテリア・家具の一つとして捉える思考の人も増えてきました。
仏壇をインテリア・家具のように生活の一部として取り入れるという意識です。
多くの方が仏壇をリビングに置いているのも、その影響だといえるかもしれません。

おしゃれな仏壇もある

洋風の家が増え、インテリアにこだわる方も多くなっています。
仏壇をリビングに置いてしまうと、部屋の雰囲気や他のインテリア・家具との調和が取れないのではないかとお考えになるかもしれません。

しかし、そうした社会やニーズの変化を受け、インテリア・家具としても映えるモダンでおしゃれなデザインの仏壇も出てきています。
各仏壇メーカーも、リビングに合うおしゃれな仏壇を紹介しています。

スペースを取らない仏壇

昔に比べ、核家族化も進みコンパクトな住宅も増えています
そこに仏壇を置くと考えた場合に、仏壇を置くだけのスペースがないという悩みをよく耳にします。

そうした悩みに応え、スペースを取らない仏壇も開発されています。
例えば、スペースを取らない仏壇には次のようなタイプのものがあります。

コンパクトな仏壇

仏壇と一口に言うと、大きく立派な仏壇をイメージします。
しかし、簡易的でコンパクトな仏壇も販売されています。

こうしたタイプのものであれば、スペースを取りません。
それだけでなく、軽量化されているので、引っ越しなどで仏壇を動かす必要が出てきたときにも便利です

壁掛けの仏壇

他に壁掛けタイプの仏壇もあります。

簡単に取り付け・取り外しができますので、引っ越しなどの際にも手間取りません。

隠すことのできる仏壇

また、部屋の雰囲気や他のインテリア・家具の邪魔をしないよう、使用しないときは隠しておくことのできるタイプの仏壇もございます。

木目調のものや白色のものなどもありますので、部屋の雰囲気や他のインテリア・家具と合わせることが可能です
扉を閉めておけば、インテリア・家具のようなたたずまいになります。

仏壇はリビング以外どこを置き場にする?

仏壇

仏壇をリビングに置いてもよいということはお分かりいただけたかと思います。
ではリビング以外に、仏壇を置く場合はどのような場所に置けばいいのでしょうか?

ここでは、仏壇をリビング以外の場所に置く場合にどのような場所に置けばよいのかについて解説していきます。

和室

家に和室がある場合は、仏壇を置く場所として最適です。
床の間など、仏壇を置くのに適した場所がある場合にはそこに設置します。
仏壇には仏様を祀っていますので、上座に置いてください

寝室

寝室に仏壇を置くご家庭も少なくありません。
寝室に置くことで、朝起きてすぐと寝る前と仏壇にお参りする習慣がついたという声も上がっています。
リビングに仏壇を置くことが難しく、部屋数も多くないという方にはおすすめと言えます。

しかし、寝ている時に当たってしまうようなところには置かないように気をつけましょう。

収納スペース

仏壇を収納スペースに置くというのも一つの手です。
コンパクトな仏壇であれば、壁面収納スペースに納めることもできます。
また、収納スペースと一体化した仏壇もあるようですので、仏壇を収納スペースにしまいたいとお考えの方は探してみるとよいかもしれません。

仏壇を置く場合の注意点

仏壇

ここまで、リビング周りを中心に仏壇をどこに設置すればよいのか、設置する場合どのようなタイプのものがあるのかについて解説をしてまいりました。

ではここから、仏壇を置く場合に注意しておくべき点をいくつか紹介していきます。

仏具の正しい並べ方については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

仏壇の置き場所

仏壇を直射日光が当たるところや湿気の多い場所に置くのはよくありません。
仏壇は木製のものが多いため、直射日光や湿気は劣化を速めてしまいます

また、音の鳴るものの上に置くのもよくありません。
騒々しいところを避け、落ち着いた場所に置きます

言うまでもありませんが、仏壇には仏様を祀っています。
ですので、仏壇の上に物を置いたり、お祈りする人の目線よりも下に設置するのはよくありません。
仏様に失礼のない位置に設置してください。

仏壇の向き

次に仏壇の向きについて解説していきます。
仏様はどの方角にもいらっしゃると考えられておりますので、基本的に仏壇はどの方角を向くように設置してもよいとされているようです。
ただ、以下のように大きく3つの考え方があるようです。

  • 南向きとする考え方

    お釈迦様が説法の際に南向きに座っていたことに由来すると言われています。
    また明るく風通しがよいという理由もあるようです。

  • 東向きとする考え方

    極楽浄土は西にあるとされています。
    東向きの仏壇にお参りすると、極楽浄土のある西に向かってお参りをする形になるためという理由があるようです。

  • 総本山方向に置くとする考え方

    各宗派の総本山の方角に仏壇を置く考え方です。
    仏壇にお参りをすると、その方向にある総本山を臨んでお参りができることからです。

こうした考え方の違いがあるほか、宗派によってもどの考え方を取るかについて違いがあるようです。
ですので、仏壇を設置する場合には、ご自身の宗派がどのような考え方を取っているかを確認しておく必要があります。

神棚と同じ部屋に置く場合

気を付けておくべきなのは、仏壇を神棚と同じ部屋に置く場合です。
実は仏壇と神棚を同じ部屋に置くことは問題ないとされています。

しかし、その場合に避けるべき配置が2つあります。

1つ目は、仏壇と神棚とを向かい合わせに置くことです。
これは片方にお参りをすると片方に背を向ける格好になってしまい、仏様にも神様にも失礼に当たってしまうからです。

2つ目は、仏壇と神棚とを上下に配置することです。
仏様と神様とどちらの方が偉いということはございません。
どちらかを上にしてどちらかを下にする配置にしてしまうと、仏様・神様に対して非常に失礼です。

仏壇と神棚とを同じ部屋に置く場合には、こうしたことに留意します。

「終活ねっと」では他に、仏壇の置き場所について宗派や風水に言及しながら詳しく解説した記事を準備しております。
ぜひそちらもあわせてお読みいただければと存じます。

リビングに仏壇を置くことまとめ

仏壇

いかがでしたでしょうか。
ここまで今回「終活ねっと」では、以下のように仏壇をリビングに置いても良いのかについて詳しく解説をしてまいりました。

  • 仏壇はリビングに置いてもよい。
    仏壇はコンパクトなもの・壁掛けできるのもの・隠しておけるタイプのものがある。

  • 仏壇をリビング以外に置く場合には、置き場所として和室や寝室、収納スペースなどがあるので自分にあった形を選択する。

  • 仏壇を置く場合には、直射日光と湿気と騒がしいところを避け、お祈りする人の目線より上にすることに注意する。

  • 仏壇の向きについては、基本的にはどの向きでもよい。
    しかし宗派によって考え方が異なっているため、自分の宗派を確認しておく必要がある。

  • 仏壇と神棚とを同じ部屋に置いても問題はない。
    ただし向かい合わせに置いたり、上下に配置したりするのは仏様・神様に対して失礼に当たるので避ける。

こうしたことについて解説をしてまいりました。

改めて考えると意外に分からないことの多い仏壇です。
今回の記事が皆様の仏壇に対する理解の一助となりましたならば幸いです。
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

「終活ねっと」では他にも、マンションでの仏壇の置き場所や置き方、マンション向けの仏壇を紹介した記事も用意しております。
そちらもあわせてお読みいただければと存じます。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事