一日葬のお布施の相場は?お布施を渡すタイミングやマナーもご紹介!

一日葬のお布施の相場は?お布施を渡すタイミングやマナーもご紹介!

シンプルな葬儀の形としてお通夜から火葬までを一日で行う一日葬があります。今回はこの一日葬についてお布施のマナーを中心に解説いたします。一般的な葬儀と一日葬でのお布施の違いやお布施の渡し方のマナーなど、葬儀方法の選択肢として知っておきたい内容です。

最終更新日: 2020年02月10日

一日葬のお布施について

葬儀

シンプルな志向に人気が集まる現在、葬儀やお墓に関しても今までよりシンプルに行いたいと考える方が増えています。
なかでも一日葬は、ご遺族の負担が軽くなる理由から注目を集めている葬送の方法です。

一日葬では通常は2日間で行うお通夜と告別式を一度に行い、お坊さんにお経をあげてもらいます。
喪主の方は一般の葬儀と同じようにお坊さんにお布施を渡します。

そこで今回の「終活ねっと」では、一日葬でのお布施に注目して解説いたします。
今回の記事は次の項目にそってご説明いたします。

  • 一日葬の葬儀費用とお布施の相場について

  • 一日葬でお布施を渡すタイミングとマナー

  • 一日葬の流れ

シンプルな葬送として注目されている一日葬についての基本的な知識です。
ぜひ最後までお読みいただければと思います。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

一日葬のお布施の相場は?

葬儀

一日葬は故人の家族を中心にごく少人数で行う葬儀です。

一般的な葬儀では、お通夜の翌日に葬儀と告別式を行いますが、一日葬ではお通夜・葬儀・告別式のすべてを一日で行います。
一日葬の名はここから付いています。

一日葬の大きな特徴は、遺族への負担が時間的にも経済的にも軽くなるという点です。
ここでは、一日葬の葬儀費用とお布施について相場を見ていきましょう。

一日葬の葬儀費用は?

一日葬の全国平均での相場は約45万円です。
この費用には、会場の使用料・祭壇とお棺・火葬料・香典返し・飲食費が含まれています。

一日葬は参列者の人数が少ないため、香典返しと飲食費の額が少なくなっています。
また会場も広いホールを借りる必要はないので、会場の使用料を抑えることができます。

地域によって差はありますが、全国で一般的な葬儀の相場は約90万円と言われています。
一日葬の葬儀費用はほぼ半額であることがわかります。

お布施の相場はいくら?

お坊さんに読経をお願いした場合、お寺へのお布施を渡します。
また一日葬の場合でも戒名をいただくので、お布施にはその謝礼も含まれています。

一日葬でのお布施の相場は、全国平均で10万円から15万円です。
一般的なお通夜・葬儀に比べて時間的な負担が軽く済むため、お布施の額も抑えめになっています。

ただし、お布施の額は地域やお寺によって異なってきます。
金額がわからない場合は事前にお坊さんに確かめても失礼にはあたりません。

また、お坊さんに読経を依頼する際には、通常の葬儀ではなく一日葬であることを必ず話しておきましょう

一般の葬儀のときのお布施の金額の相場などについて知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

一日葬でお布施を渡すタイミングとマナー

葬儀

一日葬は今までにはなかった葬送の方法ですので、お布施の渡し方に戸惑うかもしれません。
ここではお坊さんへのお布施の渡し方をご説明していきます。

お布施はいつ渡す?

お布施を渡すタイミングは、葬儀を終えた後が正しいマナーです。

かつては葬儀の前にお布施を渡していましたが、その場合お坊さんがお経をあげる間のお金の管理が難しくなります。
そこで安全性の面からも、現在では葬儀の後にお布施を渡すのがほとんどとなっています。

例外としては、お寺の本堂やホールで一日葬を行う場合です。
渡したお布施をお坊さんがすぐに納められることから、お寺での一日葬に限って葬儀の開始前にお布施を渡すことができます。

お布施に関するマナー

一日葬は、通常の葬儀に比べて短い時間に告別式までを完了します。
お坊さんにお布施を渡す際には、細かいマナーがあります。
当日にお布施の用意が間に合わず慌てないように、また失礼のないように前もってお布施に関するマナーを知っておきましょう。

お布施の表書きの書き方

一日葬でのお布施は、通常の葬儀と同じように不祝儀袋または白無地の封筒に入れて用意します。
不祝儀袋を使う場合、水引きはあってもなくてもどちらでも問題ありません。
水引きがある場合は、黒と白または黄色と白の組み合わせを選びます。

不祝儀袋また封筒の表書きは、普通の濃い墨で「お布施」と書き、下半分には喪主の方の名字を書きます。
もし地域で同じ苗字の方が多い場合は、喪主の方の名前をフルネームで書くとわかりやすくなります。

袋の裏側には、喪主の方の住所・氏名・電話番号・お布施の額を書き入れます。
連絡先と金額がすぐにわかって、お寺での事務がスムーズになります。
なお、お布施の金額は「壱、弐、参」といった漢数字を使って、「金拾萬圓也」というように書くのがマナーです。

お札を袋に入れる時は、新札を使い、お札の肖像が袋の表側に来るようにお札の向きを必ずそろえましょう。

お布施の渡し方

不祝儀袋または封筒に入れたお布施をそのままお坊さんに手渡すのはマナー違反です。

お布施は袱紗に包んだ状態で、お盆に乗せたまま運びます。
お坊さんの前に着いたら袱紗からお布施を取り出し、そのままお盆ごと差し出すようにしてお坊さんにお布施を渡します。

渡す時には「本日は来ていただきありがとうございました」といった内容の挨拶をして、感謝の気持ちを表します。

一日葬の流れ

葬儀

一日葬に関心を持つ方は増えているものの、実際に一日葬に参列した方はまだ多くはありません。
一日葬の所要時間や流れについて説明していきます。

一日葬の所要時間は全部で約5時間ほどが目安です。
たとえば午前9時から始まった場合、午後2時頃に終了となります。

一日葬の流れは具体的には次のようになっています。
これらのうち、一日で行うのは5・6・7の部分です。

  • 葬儀社への連絡

  • ご遺体の搬送と安置

  • 葬儀の形式と内容の決定

  • 親族など参列者への連絡

  • 納棺

  • 告別式

  • 出棺・火葬・骨上げ

一日葬のお布施についてまとめ

葬儀

一日葬についてお布施に関するマナーを中心にご説明してきました。
いかがでしたでしょうか。

今回の記事は次の点がポイントでした。

  • 一日葬の葬儀費用は約45万円、お布施は10万円から15万円が相場である。
    一般の葬儀に比べて半分ほどの額となっている。

  • 一日葬でのお布施は葬儀を終えた後にお坊さんに渡すのがマナーである。
    お布施は不祝儀袋または白い封筒に入れて、表書きは「お布施」とする。
    袱紗に包んでお盆に乗せて運び、お坊さんの前で袱紗から袋を出す。お盆に乗せたまま渡すのがマナーである。

  • 一日葬の流れは、遺体の安置・葬儀内容の決定・参列者への連絡・納棺・告別式・出棺・火葬の順である。

家族への負担を軽くしたい、シンプルに見送られたいといった考えから、一日葬に関心を持つ方が増えています。
今回の記事が皆様の終活のお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「終活ねっと」では、一日葬に関する記事を他にも多くご用意しています。
一日葬に関してより深く知ってみたいという方はぜひ以下の記事も読んでみてください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事