ペットが亡くなった時の喪中はがきはどうする?文例も紹介します!

愛するペットが亡くなり悲しい思いをした方も多くいるでしょう。ペットを亡くしてしまった時は、喪中はがきを出しても良いのでしょうか?この記事では、ペットが亡くなってしまった時の喪中はがきについて、送る際の注意点、例文も含めて詳しく解説していきます。

目次

  1. ペットが亡くなった時の喪中はがきについて
  2. ペットの喪中はがきは出すもの?
  3. ペット用喪中はがきは売ってるの?
  4. ペットの喪中はがきの文例
  5. ペットが亡くなった時の喪中はがきまとめ

ペットが亡くなった時の喪中はがきについて

年賀状

ペットは大切な家族です。
親族が亡くなってしまったら、親類や友人に喪中はがきを出す方がほとんどだと思います。
ではペットが亡くなってしまった時は、喪中はがきを出してもよいものなのでしょうか。

今回終活ねっとでは、ペットが亡くなってしまった時の喪中はがきについて、以下の点について詳しく解説していきます。

  • ペットが亡くなった時も喪中はがきは出すべきか
  • 喪中はがきにペット用はあるのか
  • 喪中はがきを出すときの例

ペットを飼っている方や今後飼う予定がある方にとっては、悲しいことですがいつかは避けられない出来事です。

ぜひ最後まで読んで頂き、参考にしていただければ幸いです。

ペットの喪中はがきは出すもの?

困った人々

大切なペットが亡くなってしまったら、飼い主さんはきっと深い悲しみに包まれてしまうでしょう。
そんな中、新年を祝いたいとは思えないかもしれません。

親族や家族が亡くなってしまった時は、遠くの親類や親しい友人に喪中はがきを出して、新年の挨拶をあらかじめ欠礼するとお知らせすることが、一般的だと思います。

では、ペットをなくしてしまった時はどうしたらいいのでしょうか。
ペットを大切な家族として捉える飼い主さんが多い一方で、ペットはモノとして捉える方が一部存在していることは否めません。

ペットの喪中はがきは出してもいいの?

ペットを亡くしたときの喪中はがきに関しては、賛否両論あるというのが正直なところです。

大切な家族を亡くしたのだから当たり前という方も居れば、ペットを亡くしただけで人間関係に影響させるのは非常識という方もおられます。

喪中はがきを出すことそれ自体は、マナー違反ではありませんが、送る相手を選ぶ必要はありそうですね。

親しい友人であれば、普段の関わり合いの中で亡くなったペットとも会ったことがある方もいらっしゃると思います。
そういう方であれば飼い主さんの心情を近くで見て、理解してくれているのではないでしょうか。
少なくとも、非常識と一蹴されることはないと思います。

ビジネス上でのお付き合いだけであったり、過去にお世話になった目上の方などが相手であれば、礼を欠いたと捉える方も中にはいるかもしれません。
そもそもペットを飼っていたということすら、お話していなかったという場合もあるでしょう。

ペットを通じて仲良くなった方や、近しい友人には喪中はがきを送り、ビジネスでお付き合いのある方には通常通り年賀状を送る、という形もよろしいかと思います。

寒中見舞いで出すのもアリ?

寒中見舞いとは、喪中の方に年賀状の代わりに送る季節の挨拶状です。
近況報告であったり、相手の体調を気遣ったりするものですが、年賀状の返事を送るのが遅れてしまった場合などにも使われます。
喪中はがきを出せなかったときに送る方もいらっしゃいますね。

「ペットを失くしてしまい、新年をお祝いする気分にはなれないけど、ペットの死に対して喪中はがきを出すことには抵抗を感じる」
という方は、寒中見舞いを利用するといいかもしれません。

新年の挨拶と共に、ペットとのお別れを周りの方にお知らせしましょう。

ペット用喪中はがきは売ってるの?

年賀状

人用の喪中はがきであれば、印刷屋さんやはがき屋さんに色々なデザインのものが並んでいると思います。
それをそのまま使用して送ってもいいですが、受け取った相手が親族を失くしたと勘違いしてしまう可能性もあります。

今ではペット用の喪中はがきを扱っている印刷屋さんもあります。
ペットの写真を入れたり、デザインも様々ですので、飼い主さんの思う形をお願いしても良いでしょう。

ペットの喪中はがきの文例

年賀状

ペットの喪中はがきをいざ出すとなっても、どのような文章でお知らせしたらいいのか、思い浮かばない方も居ると思います。
こちらではいくつか例文を紹介させていただきますので、参考にしてみてください。

例文 今年の〇月に愛犬の◇◇が天国へと旅立ちました。
   皆様には◇◇を大変かわいがっていただき本当にありがとうございました。

   感謝と共に、喪に服したいと存じます。
例文 愛犬の◇◇が永眠いたしましたので新年の挨拶を控えさせていただきます。
   皆様から賜りましたご厚情を深謝いたします。
   明年も変わらないご厚誼のほどよろしくお願いいたします。

文章としては人の喪中と大きな差はありません。
ペットの喪中に理解のある方に出すことがほとんどでしょうから、写真やイラストを入れたり、わりと自由度は高いと思います。

ペットが亡くなった時の喪中はがきまとめ

人々

いかがでしたでしょうか。
今回終活ねっとではペットが亡くなってしまった時の喪中はがきについて、詳しくお伝えさせていただきました。

  • 喪中はがきはペットの死でも送ってよい。
    ただし、非常識と捉える方も居るので送る相手はよく考える。
  • ペット用の喪中はがきを扱っているお店もあるので、そちらを利用すると送りやすい。
  • 文章はペットが亡くなったことと、感謝の気持ちを伝える。

以上の点を参考にしていただき、愛するペットをかわいがってくれた方々に、お別れをお知らせしていただければと思います。

なかなか浸透していないペットの喪中ですが、最近ではペットの死を悼み偲ぶ考えが肯定的に捉えられて来ています。
悲しい気持ちを無理して隠すのではなく、静かに喪に服すことも決して悪いことではないのではないでしょうか。

下のリンクからペットと一緒に入れるお墓について解説した記事をお読みいただけます。
気になった方は、ぜひ一度目を通してみてください。

最期まで読んでいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

ペットと一緒に入れる永代供養墓の種類から費用まで解説します!

最近はペットを家族の一員と考える方が増えてきました。それに伴い、ペットの埋葬の方法も変化しています。ペットと一緒に入れるお墓やペットの永代供養はこれからお墓を考える際の大切な要素となってきています。気になるペットと一緒に入れる永代供養について解説します。

シェアする

「ペット・喪中はがき」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「ペット・喪中はがき」についてさらに知りたい方へ

喪中はがきに返事は必要?寒中見舞いの注意点を解説のサムネイル画像

喪中はがきに返事は必要?寒中見舞いの注意点を解説

ペットの葬祭で準備することを解説!手配の方法や用語もご紹介のサムネイル画像

ペットの葬祭で準備することを解説!手配の方法や用語もご紹介

ペットも大切な家族!もしペットが亡くなったら火葬費用はいくら?のサムネイル画像

ペットも大切な家族!もしペットが亡くなったら火葬費用はいくら?

ペットを安心して火葬するには!ペット火葬でのトラブル紹介のサムネイル画像

ペットを安心して火葬するには!ペット火葬でのトラブル紹介

ペットが亡くなった時の火葬車についてのあれこれのサムネイル画像

ペットが亡くなった時の火葬車についてのあれこれ

愛するペットの火葬と納骨を一緒にできる霊園のご紹介のサムネイル画像

愛するペットの火葬と納骨を一緒にできる霊園のご紹介

火葬後のペットのご遺骨の安置方法や費用を注意点とともに解説!のサムネイル画像

火葬後のペットのご遺骨の安置方法や費用を注意点とともに解説!

自宅でペットの火葬はできる?注意点や費用相場、訪問火葬車まで紹介のサムネイル画像

自宅でペットの火葬はできる?注意点や費用相場、訪問火葬車まで紹介

ペット火葬の費用はどれくらい?火葬の流れや種類についてもご紹介のサムネイル画像

ペット火葬の費用はどれくらい?火葬の流れや種類についてもご紹介

ペットの火葬方法について解説!種類と費用についても紹介しますのサムネイル画像

ペットの火葬方法について解説!種類と費用についても紹介します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「ペット・喪中はがき」についてさらに知りたい方へ

喪中はがきに返事は必要?寒中見舞いの注意点を解説のサムネイル画像

喪中はがきに返事は必要?寒中見舞いの注意点を解説

ペットの葬祭で準備することを解説!手配の方法や用語もご紹介のサムネイル画像

ペットの葬祭で準備することを解説!手配の方法や用語もご紹介

ペットも大切な家族!もしペットが亡くなったら火葬費用はいくら?のサムネイル画像

ペットも大切な家族!もしペットが亡くなったら火葬費用はいくら?

ペットを安心して火葬するには!ペット火葬でのトラブル紹介のサムネイル画像

ペットを安心して火葬するには!ペット火葬でのトラブル紹介

ペットが亡くなった時の火葬車についてのあれこれのサムネイル画像

ペットが亡くなった時の火葬車についてのあれこれ

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと