喪中はがきを出す範囲はどこまで?|親等・会社・親戚・親族

近親者が亡くなった際に出す喪中はがき。喪中はがきはどこまでの範囲の方が亡くなった場合にどこまでの方に出せばよいのでしょう。今回は、喪中はがきはどこまでの範囲の方に出すべきなのか、また喪中はがきを出す時期や、その際のマナーについても詳しく解説します。

目次

  1. 喪中はがきはどこまで出せばいいのか解説!
  2. 喪中はがきとは?
  3. 喪中はがきを出すのは何親等の親族まで?
  4. 喪中はがきはどこまでの範囲に出す?
  5. 喪中はがきはいつ出せばよい?
  6. 喪中はがきをもらったら返事はどうする?
  7. 喪中はがきのマナー
  8. 喪中はがきはどこまで?まとめ

喪中はがきはどこまで出せばいいのか解説!

葬儀

近親者などが亡くなった際に、喪中をお知らせするために喪中はがきを出すのは皆様ご存知かと思います。

しかし、実際に喪中はがきを準備するとなると分からないことも多いですよね。
特に困るのが、喪中はがきはどこまでの範囲の親族に出せばよいのかということです。
いざというときに喪中はがきで困らなくてよいように、事前に知っておきたいものです。

そこで今回、終活ねっとでは喪中はがきはどこまでの範囲の親族に出すべきなのか、また、喪中はがきを出す時期やその際のマナーについて解説していきます。
主に次の点に触れながら詳しく説明していきたいと思います。

  • 喪中はがきとはそもそも何なの?
  • 喪中はがきを出すのは何親等の親族に不幸があった場合までなの?
  • 喪中はがきを出すのはどこまでの範囲なの?
  • 喪中はがきはいつ出せばよいの?
  • 喪中はがきをもらったら返事はどうするの?
  • 喪中はがきのマナーは?

以上のような項目について触れながら解説をしていきますので、最後までお読みいただければ幸いです。

喪中はがきとは?

年賀状

皆様も近しい方が亡くなった際、喪中はがきをお出しになることかと思います。

そもそも、喪中はがきとは身内の死後1年以内のお正月に年賀状の代わりに出す挨拶状のことを指します。
そこで、故人と関係のあった方々に喪中であることを報せ、年賀のご挨拶ができないことのお詫びをいたします。

喪中はがきを出すのは何親等の親族まで?

人々

では、喪中はがきを出すのはいったいどこまでの範囲の親族に不幸があった場合なのでしょうか。

それを考える際にヒントになるのが、亡くなった方がご自身にとって何親等に当たるのかということです。
「親等」というのは、家族間の繋がりがどれだけ近いかを数値として表したものです。
親子の関係を1親等と数え、そこから関係が離れるにしたがって2親等、3親等と続いていきます。
一般的には2親等までが、喪中のはがきを出す対象の範囲になります。

本来の喪中の期間については以下の通りになっています。

  • 0親等の配偶者と1親等(親、子、配偶者の親、子の配偶者)まで:1年間
  • 2親等の祖父母(配偶者の祖父母も)や兄弟姉妹(配偶者の兄弟姉妹も)
    孫、孫の配偶者:3ヶ月間

このようにされる場合もあるようですが、現在は1親等、2親等の親族の場合もともに1年間喪中とするのが一般的です。

3親等は叔父叔母、曾祖父母・ひ孫・甥・姪、4親等はいとこということになりますが、ここまで範囲に含めることはほとんどありません。

3親等、4親等であっても、親等とは別に、同居の家族であるかどうかも関係してきます。
もし2親等の間柄でなくても、同居の家族なら喪中はがきを出すことになりますので、注意が必要です。

終活ねっとでは、先ほど簡単に触れた親等の数え方に関しても分かりやすい記事をご用意しております。
よろしければ、ぜひこちらもあわせてお読みください。

こちらも読まれています

親等の数え方を知ってますか?相続時に迷わない、複雑な親等について

親等の数え方を正確に知っていますか?普段は何気なく数えていますが、いざ遺産相続となった場合や法律が関わる場合には厳密な数え方をするのです。妻や叔父や叔母、養子の場合などは何親等になるかご存知でしょうか?相続の時のために、親族の数え方を改めて調べてみませんか。

喪中はがきはどこまでの範囲に出す?

人々

喪中はがきは主に2親等の間柄までの方が亡くなった際に出すこと、同居している家族についてはその限りでないことが分かりました。

では、喪中はがきを出す相手の範囲は一般的にどこまでだと言えるのでしょうか。
ここからは、喪中はがきはどこまでの範囲の方に出せばよいのかについて見ていきます。

年賀状を出している相手

先ほども少し触れましたが、喪中はがきは「大切な方が亡くなった悲しみで、祝い事や新年の挨拶を控えさせていただきます」というお詫びの気持ちをお知らせする挨拶状です。

そのため、喪中はがきは毎年年賀状の交換をしている人全員に出すようにするのがマナーです。

喪中はがきはむやみやたらに出すものではないので、年賀状を出している相手にとどめるのがよいでしょう。

親戚には出さない人も増えている

喪中はがきをどこまで出すか考えた際に、例外として親戚には出さない方も増えているようです。
親戚であれば、喪中であることを知っている場合が多く、重ねてのお知らせになってしまいます。

特に喪主に対しては出さない方も多くなってきていますので、その点には留意が必要です。

仕事の関係の場合は?

では、次に仕事で関係のある方には喪中はがきを出すべきなのでしょうか。

プライベートな繋がりがある場合は出す

次に、仕事で関係のある方についてです。
仕事で関係があり、かつプライベートでも親交や繋がりが深い場合は出しておきましょう。

もしかすると年賀状を用意しようとしていらっしゃるかもしれません。
また、プライベートでも親交が深いのに、弔事を知らせなかったとなると、他人行儀に感じる方もいらっしゃいます。
仕事上の関係でも、プライベートでのお付き合いがある場合には出しておくのが無難です。

取引先には出す必要はない

仕事の関係があると言っても、原則として取引先には出す必要はありません。

取引先といったプライベートでの繋がりがない、あるいは薄い関係の方に喪中はがきを出してしまうと、逆に取引先に気を遣わせてしまう場合もあります。
もしどうしても必要な場合は、口頭で婉曲に伝えるとよいでしょう。
どこまでの範囲の方に喪中はがきを出すべきか悩まれた際には、これを基準に判断してみてください。

ただ、何事にも例外はあります。
どの場合においても、先方と故人との関わりの深さや先方がどの程度マナーを気にされるかといったことも加味して判断する必要があると言えます。

喪中はがきはいつ出せばよい?

葬儀

ここまで、喪中はがきは、どの範囲の親族に不幸があった場合に出せはよいのか、またどこまでの範囲の方に出せばよいのかについて解説をしてまいりました。

次に、喪中はがきを出す時期について確認しておきます。
喪中はがきを出す時期は、年賀状の受付開始がおおよそ12月15日からなので、その頃には届いていているのがよいでしょう。
つまり、関わりのある方々が年賀状を用意する前に出しておくのがマナーなのです。

一般的に11月中旬から12月上旬までに出すのが望ましいのですが、もし遅れたとしても12月中旬までには出しておきます。

喪中はがきをもらったら返事はどうする?

年賀状

では次に、逆に喪中はがきをいただいた場合についてはどうすればよいのかを見ておきます。

結論から申し上げますと、基本的に喪中はがきへの返事はしなくても構いません
基本的には返事をしなくてもよいのですが、受け取って何もしないというのも寂しいものです。
もし何かご遺族に対して心遣いをしたいという場合は、喪中見舞いの手紙や品物を贈ることもできます。

喪中はがきの返事をする場合には、年賀ではなく寒中見舞いとして出すのが適当ですので、出す時期や種類に注意して出すようにします。

終活ねっとでは、喪中はがきに返事をする必要はあるのか、また寒中見舞いをする際の注意点にはどのようなものがあるのかについても詳しくまとめております。

よろしければぜひ、そちらの記事もあわせてお読みください。

こちらも読まれています

喪中はがきに返事は必要?寒中見舞いの注意点を解説

喪中はがきが届いて初めて不幸を知り、驚いたと言う事はありませんか?弔問を済ませている場合は返事をしなくても気になりませんが、そうでない時はどの様に返事をするのが良いのでしょうか。そこで、喪中はがきが届いた際の返事の有無などのマナーを紹介していきます。

喪中はがきのマナー

葬儀

どこまで範囲の親族が亡くなった場合に喪中はがきを出すのか、また、どこまでの範囲の方に喪中はがきを出すべきなのかが分かりました。

では次に、実際に喪中はがきを出す際に気を付けておく点について確認をしておきます。

喪中はがきを出すにあたって、先方に失礼のないようにしておきたいものですよね。

ここでは、喪中はがきを出す際に気を付けておくべきいくつかのマナーについて解説します。

弔事用普通切手を使用する

喪中はがきを出す際に見落としがちなのが「切手」です。

実は、普通切手には弔事用のものがあります。

喪中はがきを出す際には、この弔事用普通切手を使用するのが一般的です。

弔事用切手は、他の普通切手と大きな違いはありませんが、いくつか価格の異なるものがあります。
またデザインが異なっており、弔事にふさわしいものがあしらわれているのが特徴です。

喪中はがきを出す際には、必ず弔事用切手を用いなければならないというわけではありません。
しかし普通はがきを使用する場合、キャラクターものや派手なデザインのものなど、弔事にふさわしくないものが紛れ込んでしまう可能性があります。

このような事態を避けるためにも、弔事用普通切手を使用する方法を選んでおくのが無難だと言えます。

喪中ハガキの絵柄に注意する

喪中はがきを出す際には、はがきの絵柄にも注意します。

喪中はがきには花の絵柄が多く採用されています。
このように、絵柄はシンプルで控えめなものを選ぶのがマナーだとされています。

そのため、基本的には墨色や黒を基調とした落ち着いたデザインのものを選ぶことになります。

ただ、カラーを使用してはいけないというわけではありません。

最近では、市販の喪中はがきの中にもブルー系や紫系の花の挿絵などが入っています。
また、赤や黄色などの色もポイントとして入れるのであれば、マナー違反ではないとする考えも浸透してきているようです。

他に、喪中はがきの絵柄として、故人の愛用品や思い出の場所の写真を使用される方も多くいらっしゃるようです。
ただ、故人の顔が写っている写真については、受け取った側が気を遣ってしまうおそれがありますので、マナーとして控えた方が無難だと言われています。

喪中はがきはどこまで?まとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。

終活ねっとでは、今回、喪中はがきはどこまでの範囲の方に出すのかについて解説をしてまいりました。

今回の記事で触れたことを、改めて確認しておくと次のようになります。

  • 喪中はがきとは、近親者が亡くなって1年以内のお正月に出す、年賀状の代わりになる挨拶状を指すこと。
    喪中であることを報せ、年賀のご挨拶ができないことのお詫びをするものであること。
  • 喪中はがきを出すのは、基本的には2親等までの範囲の方が亡くなった場合であること。
    ただし、同居している親族である場合は、その限りではないこと。
  • 喪中はがきは、基本的には年賀状のやり取りがある間柄の人に出すこと。
    仕事上の関係がある人で、プライベートでの付き合いがある人には出すこと。
  • 喪中はがきをもらった場合、返事はしなくてもよいこと。
    ただ、何か心遣いをしたいときには、お悔やみの手紙や品物を喪中見舞いとして贈ってもよいこと。
    その場合は年賀ではなく、寒中見舞いとして出すこと。
  • 喪中はがきには、弔事用普通切手を使用するとよいこと。
    喪中はがきのデザインは、シンプルで控えめなものを選ぶ方がよいこと。

ここまで、以上のことについて触れながら、詳しく説明をしてまいりました。

今回の記事が、皆様が喪中はがきを出す際の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

終活ねっとでは、喪中はがきの具体的な書き方について詳しく解説した記事をご用意しております。
そちらもあわせてお読みいただければと思います。

こちらも読まれています

喪中はがきは、いつ、どんな内容で出すのか? 文例も紹介します

近親者に不幸があった場合に出す、喪中はがき。昔からの慣習もあれば、最近変わってきている点もあります。喪中はがきの内容については多くの文例があります。この記事では、文例に重点を置き、常識的な事柄も含めて紹介していきます。

シェアする

「喪中はがき・どこまで」に関連する記事

  • 喪中はがきに返事は必要?寒中見舞いの注意点を解説のサムネイル画像

    喪中はがきに返事は必要?寒中見舞いの注意点を解説

    喪中はがきが届いて初めて不幸を知り、驚いたと言う事はありませんか?弔問を済ませている場合は返事をしなくても気になりませんが、そうでない時はどの様に返事をするのが良いのでしょうか。そこで、喪中はがきが届いた際の返事の有無などのマナーを紹介していきます。

  • 家族葬に呼ぶ人の範囲はどこまで?呼ばない人の決め方や対応も紹介のサムネイル画像

    家族葬に呼ぶ人の範囲はどこまで?呼ばない人の決め方や対応も紹介

    小さな葬儀の代表でもある家族葬については、最近増加傾向にあります。では、家族葬を行う際には、どこまでの範囲の方をお呼びするのが良いのでしょうか。今回終活ねっとでは、家族葬に呼ぶ人の範囲はどこまでとなるか、呼ばない人の決め方や対応についてもご紹介していきます。

  • 家族葬の喪中はがきの文面・文例とは?書き方や送る際の注意点も解説のサムネイル画像

    家族葬の喪中はがきの文面・文例とは?書き方や送る際の注意点も解説

    わたしたちは家族が亡くなったとき喪に服すかと思います。喪中には挨拶状として喪中はがきが用いられます。では、喪中はがきの書き方をご存知でしょうか?家族葬の喪中はがきの文面・文例をご紹介します。家族葬の喪中はがきの書き方や送る際の注意点に関しても解説していきます。

  • 香典をどこまで出すかの範囲とは?金額相場や書き方についても解説!のサムネイル画像

    香典をどこまで出すかの範囲とは?金額相場や書き方についても解説!

    葬儀と言えば香典を出すのがマナーですが、どこまで香典を出すのか悩んでしまう事もあると思います。今回終活ねっとでは香典をどこまで出すのか、出す場合の金額相場や香典袋の書き方や渡し方のマナーについて説明をします。

  • 喪中の範囲はどこまでになるの?|祖父・嫁・叔父・年賀状のサムネイル画像

    喪中の範囲はどこまでになるの?|祖父・嫁・叔父・年賀状

    近しい人が亡くなり、自分は喪中の範囲に入るか悩んだ経験はありませんか?喪中の範囲はどこまでなのか、自分が喪中になるか悩むような微妙な血縁関係の場合はどうしたらよいのでしょう。そこで今回はどこまでが喪中になるのか、喪中の範囲についてご紹介します。

  • 喪中で年賀状を出さない範囲は?|期間・喪中はがき・マナーのサムネイル画像

    喪中で年賀状を出さない範囲は?|期間・喪中はがき・マナー

    喪中に避けるべきことはいくつか挙げられますが、そのうちの1つが年賀状です。年賀状にはおめでたい意味があるため、故人の喪に服す喪中の間は避けるべきですが、どこまで出さないのか決まっているのはご存じでしょうか。喪中に年賀状をどこまで出さないかについて見ていきます。

  • 喪中はがきの切手はどれを郵便局で買うべき?|胡蝶蘭・弔事のサムネイル画像

    喪中はがきの切手はどれを郵便局で買うべき?|胡蝶蘭・弔事

    郵便局で買える喪中はがきの切手にはどのようなものがあるのか知っていますか?購入する際にどれにしたらいいのか迷うことがあるかもしれません。今回は郵便局で取り扱っている喪中はがきの切手について、その種類や特徴についてもご紹介します。

  • 遺品整理はどこまでするべきなの?|生前整理・注意点・業者のサムネイル画像

    遺品整理はどこまでするべきなの?|生前整理・注意点・業者

    自分の家族が亡くなった場合などには、遺品整理をする必要があります。遺品整理をしたことが無い方はどこまでやる必要があるのかわかりませんよね。今回の記事では、遺品整理はどこまでやるべきなのか解説をしていきます。注意点なども解説しますので参考にしてください。

  • 喪中はがきは郵便局で購入できる?|値段・販売・デザイン・窓口のサムネイル画像

    喪中はがきは郵便局で購入できる?|値段・販売・デザイン・窓口

    皆さんは喪中はがきはどこで購入しますか?切手やはがきの購入といえば、一番に郵便局を思い浮かべる方が多いと思います。そこで今回は喪中はがきを郵便局で購入できるのかについて、はがきの注意点もあわせて解説します。

  • 喪中はがきをもらったらどうするのか|喪中ハガキ・年賀状・メールのサムネイル画像

    喪中はがきをもらったらどうするのか|喪中ハガキ・年賀状・メール

    喪中はがきは普段あまり接する機会がなく、マナーが十分に知られているとは言えません。特に喪中はがきをもらったらどうすればよいか、知りたい方が多いのではないでしょうか?今回は、喪中はがきをもらったらどうするかについてや返信の仕方、返信の例文などについて解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像

    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「喪中はがき・どこまで」についてさらに知りたい方へ

喪中はがきに返事は必要?寒中見舞いの注意点を解説のサムネイル画像

喪中はがきに返事は必要?寒中見舞いの注意点を解説

家族葬に呼ぶ人の範囲はどこまで?呼ばない人の決め方や対応も紹介のサムネイル画像

家族葬に呼ぶ人の範囲はどこまで?呼ばない人の決め方や対応も紹介

家族葬の喪中はがきの文面・文例とは?書き方や送る際の注意点も解説のサムネイル画像

家族葬の喪中はがきの文面・文例とは?書き方や送る際の注意点も解説

香典をどこまで出すかの範囲とは?金額相場や書き方についても解説!のサムネイル画像

香典をどこまで出すかの範囲とは?金額相場や書き方についても解説!

喪中の範囲はどこまでになるの?|祖父・嫁・叔父・年賀状のサムネイル画像

喪中の範囲はどこまでになるの?|祖父・嫁・叔父・年賀状

喪中で年賀状を出さない範囲は?|期間・喪中はがき・マナーのサムネイル画像

喪中で年賀状を出さない範囲は?|期間・喪中はがき・マナー

喪中はがきの切手はどれを郵便局で買うべき?|胡蝶蘭・弔事のサムネイル画像

喪中はがきの切手はどれを郵便局で買うべき?|胡蝶蘭・弔事

遺品整理はどこまでするべきなの?|生前整理・注意点・業者のサムネイル画像

遺品整理はどこまでするべきなの?|生前整理・注意点・業者

喪中はがきは郵便局で購入できる?|値段・販売・デザイン・窓口のサムネイル画像

喪中はがきは郵便局で購入できる?|値段・販売・デザイン・窓口

喪中はがきをもらったらどうするのか|喪中ハガキ・年賀状・メールのサムネイル画像

喪中はがきをもらったらどうするのか|喪中ハガキ・年賀状・メール

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像

葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「喪中はがき・どこまで」についてさらに知りたい方へ

喪中はがきに返事は必要?寒中見舞いの注意点を解説のサムネイル画像

喪中はがきに返事は必要?寒中見舞いの注意点を解説

家族葬に呼ぶ人の範囲はどこまで?呼ばない人の決め方や対応も紹介のサムネイル画像

家族葬に呼ぶ人の範囲はどこまで?呼ばない人の決め方や対応も紹介

家族葬の喪中はがきの文面・文例とは?書き方や送る際の注意点も解説のサムネイル画像

家族葬の喪中はがきの文面・文例とは?書き方や送る際の注意点も解説

香典をどこまで出すかの範囲とは?金額相場や書き方についても解説!のサムネイル画像

香典をどこまで出すかの範囲とは?金額相場や書き方についても解説!

喪中の範囲はどこまでになるの?|祖父・嫁・叔父・年賀状のサムネイル画像

喪中の範囲はどこまでになるの?|祖父・嫁・叔父・年賀状

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと

女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-403-556
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料
事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引