遺品整理で出た廃棄物はどうなるの?|許可・業者・

遺品整理で廃棄物が出たら、きちんと処分しなくてはいけません。遺品整理業者に依頼する場合は、どのような業者に依頼すれば良いのでしょう?今回は遺品で出た廃棄物の処分に必要な許可や、優良な遺品整理業者の見つけ方などをご紹介していきます。

目次

  1. 遺品整理の廃棄物をどうするか
  2. 一般廃棄物と産業廃棄物の違いは?
  3. 遺品整理で出た廃棄物の処分は?
  4. 廃棄物は個人で処分できる?
  5. 優良な遺品整理業者を見つけるために
  6. 遺品整理の廃棄物についてまとめ

遺品整理の廃棄物をどうするか

遺品整理

故人の遺品整理をする際は荷物など、どう処分すればいいか知っていますか?
形見分けする以外の遺品の大半は廃棄物として処分することになるので、作業や手続きを全て個人がするのは難しいです。

今回終活ねっとでは遺品整理で出る廃棄物についての処分方法を中心に、処分を代行してくれる遺品整理業者の見つけ方などもご紹介させていただきます。

  • 一般と産業での廃棄物の違いとは?
  • 遺品整理で出る廃棄物の処分に必要な許可
  • 個人で廃棄物の処分は可能か?
  • 良い遺品整理業者の見つけ方

以上の内容で説明していきます。
最後までお読みいただき、これから経験するかもしれない遺品整理の情報収集に活用してください。

一般廃棄物と産業廃棄物の違いは?

困った人々

廃棄物の種類には、一般廃棄物と産業廃棄物があります。
その違いについて産業廃棄物は事業活動で出る特定の廃棄物であり、一般廃棄物は事業活動での特定の廃棄物以外のものと家庭からの廃棄物になります。

産業廃棄物も分類があり特定の業種で限定して出るもの、業種を限定しないで出るものがあります。
特定の業種から出る廃棄物は紙・木くず、業種の限定がない廃棄物は廃油や廃プラスチックなどです。

故人の遺品は家庭から出る廃棄物扱いになるので、一般廃棄物として処分することになります。

遺品整理で出た廃棄物の処分は?

遺品整理

遺品の廃棄物は数が多くゴミの分類が複雑なので、遺品整理業者に頼むのがおすすめです。
廃棄物の処分には必要な許可があり、それがない業者だと適切に処理してもらえません。

家庭からの一般廃棄物には専用の許可が要り、遺品を買取処分してもらう時にも古物を扱う許可が要ります。

一般廃棄物収集運搬許可が必要である

故人の遺品は家庭から出ることがほとんどなので、家庭系(生活系)一般廃棄物にあたります。
遺品の処分をしてもらう業者は、家庭系(生活系)一般廃棄物の収集と運搬の許可がなくてはいけないのです。

家庭からのごみを処分できる一般廃棄物収集運搬許可は、市区町村といった行政が出しています。
遺品整理業者が遺品からの廃棄物を処分するには、一般廃棄物収集運搬許可がないといけません。
持っていないのに処分する業者は、法律違反をしている違法なところです。

産業廃棄物収集運搬許可では処分できない

行政の一部では遺品整理で出た廃棄物を産業廃棄物扱いで処分していますが、それは稀であり基本的に遺品整理で出る不用品は産業廃棄物として処分できません。
産業廃棄物は会社や自治体などの事業活動で出る特定の廃棄物であり、一般家庭から出る廃棄物は一般廃棄物収集運搬許可が必要です。

遺品整理業者の中には産業廃棄物収集運搬許可があるとアピールして、依頼者に信頼できる業者だと思わせているところがあります。
産業廃棄物収集運搬許可があると強調している遺品整理業者は、遺品整理の処分に必要な一般廃棄物収集運搬許可を持っていない可能性が高いです。

買取をする場合は古物商許可が必要

遺品整理で価値がありそうなものがあったら、遺品整理業者に買取してもらえる場合があります。
遺品整理で出た廃棄物は古物扱いとなるので、業者が買取するには古物商許可が必要です。

古物商許可を受けている遺品整理業者は、古物商許認可番号を持っているはずです。
持っている業者の多くは自分のホームページ上で、古物商許認可番号を公開しています。

買取もお願いしたいのなら、ホームページでこの番号があるか確認しましょう。

持っていない場合は提携が必要

遺品整理の処分には一般廃棄物収集運搬許可が必要ですが、実はこの許可は申請しても中々下りないのです。
許可をもらえない業者であっても一般廃棄物収集運搬許可を持っている業者と提携していれば、遺品整理の廃棄物を処分することができます。

無許可の業者が作業するには許可を持っている遺品整理業者との提携が必要で、提携しないで無許可の業者が遺品の処分をするのは不法投棄扱いになることがあります。

遺品整理業者を探す際には一般廃棄物収集運搬許可を持っているか、ない場合は許可をもる他の業者と提携しているか見ておくと安心です。

廃棄物は個人で処分できる?

困った人々

故人の持っている遺品の数が少ないのなら、遺品整理の廃棄物を個人で処分できる場合があります。
自治体の定める方法でごみを処分して、使えそうなものはネットオークションに出すなどすれば個人でも処分できます。

個人が廃棄物を処分するデメリットとして時間がかかる点があるので、早く作業を完了するには遺品整理業者の利用をおすすめします。

遺品整理業者は遺品整理の廃棄物の対応に慣れているので、個人が処分するより手早く済ませてもらえます。

優良な遺品整理業者を見つけるために

お金

信頼できる遺品整理業者を見つけるには、いくつかポイントがあります。

遺品整理士の資格の有無や設定している料金見積もり比較、料金の内訳についての確認や遺品整理業者の事前の対応などです。

以上をチェックしておくと、優良な遺品整理業者が絞りやすくなります。

廃棄物の処分に必要な許可を持っていたら安全な業者であるとは言い切れないので、良い業者を見つけるにはよく調べましょう。
情報を持たないで適当に決めてしまうと悪質な業者にあたることもあるので、必ずチェックしてから決めるようにしてください。

遺品整理士の資格があるか確認する

遺品整理に関する仕事には遺品整理士という資格があり、この資格を持っている人は高いスキルと知識を持っています。
遺品整理士は遺品整理で出る廃棄物についての法的知識や方法にも詳しいので、故人の大切な遺品を正しく丁寧に整理してもらえます。

遺品整理は不用品を処分することではありますが、故人の品を代わりにキレイに整理する役目もあります。
遺品を整理する本質の目的を知っている遺品整理士は、遺品を雑に扱われる心配がありません。

遺品整理業者は需要の高さから数が増えていますが、仕事が良くない業者も少なくないです。
その中から優良な業者を見つけるには、遺品整理士の資格に注目しましょう。

数社から見積もりを取り料金比較をする

遺品整理の平均的な料金設定が分からないので、数社から料金の見積もりを取って相場の料金を調べます。
3社以上は見積もりを取るようにして、極端に高すぎず、安すぎずな料金の業者を見つけましょう。

高すぎると諸々の費用がかかってしまいますし、安すぎる遺品整理業者は人件費を安くし仕事を雑にする場合があります。

良い遺品整理業者を見つけるには見積もりを取り、比較して決めるようにしましょう。
1社だけで決めてしまうと、高い業者や安い業者にあたるリスクがあります。
数社を利用しての見積もりは、失敗を避けるために必要です。

時間がかかり大変ですが、信頼できる業者を決めるための欠かせない作業となります。

料金の内訳が明確かどうか確認する

見積もりを取ったら料金の内訳が明確か、しっかり見ておくようにします。
料金の内訳がはっきり出されていない遺品整理業者は、実際に支払いの段階になった時に最初と違う金額を請求してくる恐れがあります。

頼んでいない追加料金が不当に請求されていることがあるので、内訳を見てプラン内の設定になっているかよく見ましょう。

終活ねっとでは本記事以外にも優良な遺品整理業者の探し方や、注意点などを分かりやすく解説している記事を記載しています。

併せてそちらの記事も、ぜひご覧になってください。
遺品整理業者を選ぶのに必要な情報を、さらに知ることができます。

こちらも読まれています

遺品整理の費用の相場を徹底解説!優良な業者を見分けましょう!

遺品が大量にある場合には、家族だけで整理するには時間的にも難しいといった人もいるでしょう。そんな人の大きな助けとなるのが遺品整理会社です。ただ、このような会社に依頼をする場合には費用の相場が気になるものです。 ここではこの遺品整理の相場について紹介します。

事前の対応が適切かどうか確認する

信頼できる良い遺品整理業者かは、事前の対応、話し方や態度が丁寧かで判断できます。
事前のやり取りでは直接に会うよりも、電話やメールで行うことが多いです。

良い業者はお客様対応に気を使っているので、電話応対のマナーがしっかりしています。
内容も依頼者に分かりやすく伝え、分からないことにも細かく答えてくれます。
メールなら返信の返信が早く、あまり相手を待たせないようにしています。

事前のやり取りで電話対応のマナーが悪い、メールで問い合わせても返信が全くこない業者は避けるようにしましょう。
実際に会って話をする時にもビジネスマナーがあるか、上手な説明をするか忘れずに確認してください。

遺品整理の廃棄物についてまとめ

遺品整理

参考になったでしょうか?
今回の終活ねっとでは遺品整理で出た廃棄物の処分方法や、遺品整理業者の情報についてご紹介していきました。

  • 産業廃棄物は事業活動で出る特定の廃棄物であり、一般廃棄物はそれ以外の廃棄物と家庭からの廃棄物である。
    故人の遺品は家庭から出る廃棄物なので一般廃棄物に当たる。
  • 遺品整理の廃棄物を処分するには一般廃棄物収集運搬許可が、買取には古物商許可が必要である。個人がやろうとすると手間がかかるので遺品整理業者に頼むのがおすすめ。
  • ネットオークションなど個人で遺品の廃棄物を処分は可能だが、時間や手間がかかるので遺品整理業者に頼むのがおすすめ。
  • 優良な遺品整理業者を見つけるポイントは、遺品整理士の資格・料金の見積もり比較・事前対応をチェックする

遺品整理で廃棄物が出たら良い遺品整理業者に頼んで、正しい方法で処分してもらう方法が最も適切のようです。
遺品を正しく扱ってくれる遺品整理業者探しに、今回の記事が参考になれば幸いです。

終活ねっとでは、ご家族などに不幸があった際に遺品をどう処分するかについての記事も記載していますので、ぜひそちらもお読みになってみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

不用品の処分に困った!処分の方法を紹介します。

身内や親戚に不幸があると、不用品を処分する必要が出てきます。終活に備えて不用品を処分しようと思っても、どうやって処分したらいいのか悩んでしまいますよね。いざという時に困らないように、不用品の処分の方法について紹介します。

シェアする

「遺品整理・廃棄物」に関連する記事

  • 遺品整理と生前整理の違いってなに?|遺品整理・生前整理・違いのサムネイル画像

    遺品整理と生前整理の違いってなに?|遺品整理・生前整理・違い

    生前整理や遺品整理という言葉を一度は聞いたことがあると思います。ではこの二つの違いは何なでしょうか。そこで今回は遺品整理と生前整理の違い、及びやり方などについて詳しく解説します。業者に依頼する時の注意点ついても解説しますのでぜひ参考にしてみてください。

  • 遺品整理の際の本の処分方法とは?|遺品整理・本・買取・リサイクルのサムネイル画像

    遺品整理の際の本の処分方法とは?|遺品整理・本・買取・リサイクル

    本好きの方の遺品整理を行うと、思ったより大量の本が出てくる場合があります。本は重く場所を取るため保存するのも難しいですよね。本を処分する方法もわからない方もいるかもしれません。そこで遺品整理の際の本の処分方法について解説します。

  • 遺品整理を自分でやるコツはある?|手順・メリット・注意点のサムネイル画像

    遺品整理を自分でやるコツはある?|手順・メリット・注意点

    自分の身内の方が亡くなった場合には、遺品整理をすることがあります。遺品整理を業者に依頼せず、自分でやろうと思う方もいらっしゃると思います。今回は遺品整理を自分でやるコツをご紹介していきます。片付けの手順などを解説しますので参考にしてください。

  • 遺品整理で服などの衣類はどうするか|分類・処分・業者のサムネイル画像

    遺品整理で服などの衣類はどうするか|分類・処分・業者

    遺品整理では捨ててもよいのか、残しておくべきものか判断に迷うものが多くあると思います。その中でも生前に故人が着用していた衣類は判断に迷うということがあるかもしれません。今回は、遺品整理で服などの衣類はどうしたらよいのか、分類方法や処分方法も合わせて解説します。

  • 遺品整理で個人情報の処理はどうする?|遺品業者・メリットのサムネイル画像

    遺品整理で個人情報の処理はどうする?|遺品業者・メリット

    近しい方が亡くなった際に行なうことの一つに遺品整理があります。しかし、遺品整理をする際に個人情報の処理をどのようにすればよいかについては分からないことも多いですよね。今回は、遺品整理での個人情報の処理の方法や注意点について解説します。

  • 遺品整理で処分はどうする?|業者・遺品供養・費用・お焚き上げのサムネイル画像

    遺品整理で処分はどうする?|業者・遺品供養・費用・お焚き上げ

    遺品整理を行うとどうしても不用品が出てきてしまいます。遺品整理で出た不用品はどういった風に処分をするといいのでしょうか。今回の記事では遺品整理で処分はどうするのかご紹介していきます。注意点や遺品供養に関しても解説するので、参考にしてください。

  • 遺品整理の手順と流れは?|遺品整理・手順・いつ頃・遺言・遺書のサムネイル画像

    遺品整理の手順と流れは?|遺品整理・手順・いつ頃・遺言・遺書

    遺品整理をする機会はそう多くはありませんよね。そのため、遺品整理を行う手順について詳しく説明できる人は少ないのではないでしょうか?そこで今回は遺品整理の流れや手順、疑問点などの他に、遺品整理業者についても解説していきます。

  • 遺品整理はどこまでするべきなの?|生前整理・注意点・業者のサムネイル画像

    遺品整理はどこまでするべきなの?|生前整理・注意点・業者

    自分の家族が亡くなった場合などには、遺品整理をする必要があります。遺品整理をしたことが無い方はどこまでやる必要があるのかわかりませんよね。今回の記事では、遺品整理はどこまでやるべきなのか解説をしていきます。注意点なども解説しますので参考にしてください。

  • 遺品整理でのへそくりについて|隠し場所・遺品整理業者・相続税のサムネイル画像

    遺品整理でのへそくりについて|隠し場所・遺品整理業者・相続税

    身近な方が亡くなった際、遺品整理をすることがあると思います。しかし、遺品整理の際にへそくりが出てくるケースが多いことはご存じない方も多いのではないでしょうか。今回は、遺品整理のときにへそくりをどう見つけるのか、出てきたらどう対処すればよいかについて解説します。

  • 遺品整理の査定はどこに頼む?|買取・高額査定・遺品整理査定士のサムネイル画像

    遺品整理の査定はどこに頼む?|買取・高額査定・遺品整理査定士

    近親者が亡くなった場合に行なう遺品整理。遺品整理をする場合、査定はどこに頼めばよいのでしょうか。今回は、遺品の査定をどこに頼めばよいのか、また、遺品整理の際に査定を依頼する場合の注意点や遺品査定士の資格についても解説をしていきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像

    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「遺品整理・廃棄物」についてさらに知りたい方へ

遺品整理と生前整理の違いってなに?|遺品整理・生前整理・違いのサムネイル画像

遺品整理と生前整理の違いってなに?|遺品整理・生前整理・違い

遺品整理の際の本の処分方法とは?|遺品整理・本・買取・リサイクルのサムネイル画像

遺品整理の際の本の処分方法とは?|遺品整理・本・買取・リサイクル

遺品整理を自分でやるコツはある?|手順・メリット・注意点のサムネイル画像

遺品整理を自分でやるコツはある?|手順・メリット・注意点

遺品整理で服などの衣類はどうするか|分類・処分・業者のサムネイル画像

遺品整理で服などの衣類はどうするか|分類・処分・業者

遺品整理で個人情報の処理はどうする?|遺品業者・メリットのサムネイル画像

遺品整理で個人情報の処理はどうする?|遺品業者・メリット

遺品整理で処分はどうする?|業者・遺品供養・費用・お焚き上げのサムネイル画像

遺品整理で処分はどうする?|業者・遺品供養・費用・お焚き上げ

遺品整理の手順と流れは?|遺品整理・手順・いつ頃・遺言・遺書のサムネイル画像

遺品整理の手順と流れは?|遺品整理・手順・いつ頃・遺言・遺書

遺品整理はどこまでするべきなの?|生前整理・注意点・業者のサムネイル画像

遺品整理はどこまでするべきなの?|生前整理・注意点・業者

遺品整理でのへそくりについて|隠し場所・遺品整理業者・相続税のサムネイル画像

遺品整理でのへそくりについて|隠し場所・遺品整理業者・相続税

遺品整理の査定はどこに頼む?|買取・高額査定・遺品整理査定士のサムネイル画像

遺品整理の査定はどこに頼む?|買取・高額査定・遺品整理査定士

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像

葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「遺品整理・廃棄物」についてさらに知りたい方へ

遺品整理と生前整理の違いってなに?|遺品整理・生前整理・違いのサムネイル画像

遺品整理と生前整理の違いってなに?|遺品整理・生前整理・違い

遺品整理の際の本の処分方法とは?|遺品整理・本・買取・リサイクルのサムネイル画像

遺品整理の際の本の処分方法とは?|遺品整理・本・買取・リサイクル

遺品整理を自分でやるコツはある?|手順・メリット・注意点のサムネイル画像

遺品整理を自分でやるコツはある?|手順・メリット・注意点

遺品整理で服などの衣類はどうするか|分類・処分・業者のサムネイル画像

遺品整理で服などの衣類はどうするか|分類・処分・業者

遺品整理で個人情報の処理はどうする?|遺品業者・メリットのサムネイル画像

遺品整理で個人情報の処理はどうする?|遺品業者・メリット

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと

女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-403-556
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料
事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引