遺品整理はどこまでするべきなの?|生前整理・注意点・業者

自分の家族が亡くなった場合などには、遺品整理をする必要があります。遺品整理をしたことが無い方はどこまでやる必要があるのかわかりませんよね。今回の記事では、遺品整理はどこまでやるべきなのか解説をしていきます。注意点なども解説しますので参考にしてください。

目次

  1. 遺品整理をどこまですればいいの?
  2. 遺品整理とは?
  3. 遺品整理どこまでする?
  4. 遺品整理を行う際の注意点
  5. 優良な遺品整理業者を見つけるために
  6. 遺品整理をどこまでするかについてまとめ

遺品整理をどこまですればいいの?

困った人々

遺品整理は、自分の家族などが亡くなった場合などに行う可能性があります。
遺品整理をしたことが無い方は、どこまで遺品整理をすればいいのか悩んでしまいますよね。
今回終活ねっとでは、遺品整理をどこまでするのかということについて以下の内容でご紹介をしていきます。

  • 遺品整理って何?
  • 遺品整理はどこまでする必要があるの?
  • 遺品整理をやる際に注意点はある?
  • 優良な遺品整理業者を見つける方法は?

遺品整理を行う可能性が全くないとは言い切れません。
ぜひ今回の記事を最後までお読みいただき、遺品整理を行う際の参考にしてみてください。

遺品整理とは?

遺品整理

そもそも遺品整理とは、どういったことになるのでしょうか。
テレビや雑誌などで遺品整理という言葉を見たり聞いたりしたことはあるけど、実際に何をするのか知らないという方も少なくありません。

遺品整理とは故人の身の回りの物、つまり遺品を片付けることになります。
金銭的価値のあるものだけでなく、日用品なども片付けます。
遺品を整理していくことで、片付けをするだけでなく気持ちの整理をする意味もあるといわれています。

遺品整理を行う時期に関しては明確な決まりはないので、自分が始めようと思ったタイミングで行うことになります。
区切りの時期となる四十九日後に遺品整理を始める方も多くいらっしゃいます。

故人の方が賃貸住宅に住んでいた場合には、退去の関係があるので葬儀が終了してからすぐに遺品整理を始めることもあります。

遺品整理どこまでする?

困った人々

遺品整理がどういったものなのかご紹介をしてきました。
故人の遺品を片付ける遺品整理ですが、自分で行う場合どこまでやる必要があるのでしょうか。
また、遺品整理業者に依頼した場合にはどこまで整理をお願いすることができるのでしょうか。

ここでは、遺品整理を自分で行う場合と遺品整理業者に依頼した場合でどこまでするのか解説をしていきます。
しっかりと遺品整理を行う範囲を確認しておきましょう。

自分で片付ける場合

遺品整理をする場合、多くの方は自分で片付けを始めると思います。
自分で遺品整理をする場合には、どこまで自分でやる必要があるのでしょうか。
以下に自分で片付ける場合について解説をしていきます。

整理に必要なものを自分で準備する

遺品整理を自分でする場合、整理に必要になるものは全て自分で準備をしなければいけません。
整理を始めるタイミングで必要なものを揃えはじめると、片付けがなかなか始められずスムーズに進行できなくなってしまいます。

以下に遺品整理をする際に必要になるものをいくつかご紹介していきますので、事前に揃えておくようにしましょう。

  • 段ボール
  • ガムテープや布テープ
  • カッターナイフ
  • ハサミ
  • 軍手
  • ゴミ袋
  • マスク

これらの他にも、夏場であれば熱中症対策として水分を用意しておく必要などもあります。
自分が片づけをしていく中で必要になると思うものは、すべて用意しておくと遺品整理をスムーズに進めることができますよ。

仕分けから処分まで全てすることになる

遺品整理に必要なものを揃えて実際に片付けを始めた場合、どこまでする必要があるのでしょうか。
当然のことではあるのですが、自分で遺品整理をするのであれば全て自分で行う必要があります。
遺品整理をする場合は、以下のことを行う必要があります。

  • 資産価値があるものや思い出の品などの仕分け
  • 不用品の仕分け
  • ゴミの分別
  • ゴミや不用品の処分

遺品の仕分けに始まり、ゴミの処分に至るまで全て自分で行うので遺品整理は時間がかかってしまうといわれています。
また重たい荷物を運ぶことなどから、肉体的負担も大きくなりがちです。

業者に依頼する場合

最近では遺品整理を専門に行う、遺品整理業者が存在しています。
遺品整理業者に遺品整理を依頼した場合、どこまでしてもらうことができるのでしょうか。
ここでは、遺品整理業者に依頼する場合について解説をしていきます。

基本的には全て片付けてくれる

遺品整理業者に依頼した場合、基本的に全ての片付けを行って貰うことが可能です。
業者に依頼をするので、故人の思い出の品なども処分されてしまうのではと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

遺品整理業者に依頼をした場合、まず始めに遺族の方の立会いのもと貴重品や思い出の品の選別が行われます。
そのため、貴重品や思い出の品を処分されることはありません。

また、立会後に関しても遺品整理業者側で選別を行い思い出の品などは保管してくれます。
整理終了時に、立会後に出てきた思い出の品などを確認させてもらえますので安心です。

遺品整理業者に依頼をすることで遺品整理を全てお任せすることができるので、遺族の方の肉体的負担や時間は大幅に軽減されるといわれています。

不用品も処分・買取してもらえる

自分で遺品整理をする場合、不用品の処分は自分で行う必要がありました。
ゴミは分別をして捨てて、金銭的価値のあるものなどはリサイクルショップに自分で持ち込んで買取を依頼します。

遺品整理業者に依頼をした場合には、基本的に不用品の処分も全て行ってくれます
ゴミは業者が回収をして破棄してくれますし、遺品整理業者によっては不用品の買取をしてもらえる場合もあります

不用品の買取をしてもらった場合には、遺品整理業者への支払金額から査定額を差し引いて貰うことで金銭的負担を軽減できます。

遺品整理を行う際の注意点

困った人々

遺品整理を個人で行う場合と業者に依頼する場合で、どこまでやる必要があるのかご紹介をしてきました。
遺品整理を行う場合には注意点もあり、気をつけておかなければトラブルになってしまう恐れもあります。

ここでは、個人で遺品整理を行う場合と業者に依頼をする場合の注意点をそれぞれご紹介していきます。
遺品整理をする際には、以下の内容を思い出すようにしておきましょう。

個人で遺品整理を行う場合

遺品整理を個人で行う場合には、一人で片付けを始めるのではなく相続人全員で行うようにしましょう。
遺品は相続品となりますので、勝手に処分をしてしまうとトラブルになることがあります。
例えば自分では不用品だと思って処分したものが、他の人にとっては思い出の品で必要であった等です。

こういったトラブルにならない為にも、相続人全員が集まれる日を確認してその日に遺品整理を行うようにしておきましょう。
どうしても遺品整理に参加できない相続人がいるのであれば、処分の判断に関しては整理を行う人に一任してもらうよう話し合いをしておきましょう。

また遺品整理は時間や肉体的負担があることから、人にとってはストレスに感じてしまう場合もあります。
できるだけ多くの人で遺品整理を行うことで負担が軽減できますので、協力してもらうようにしましょう。

業者に依頼して遺品整理を行う場合

遺品整理業者に依頼して遺品整理を行う場合には、どういった点に注意しなければいけないのでしょうか。
遺品整理業者は現在多くあるのですが、中には悪徳な業者も存在しています。

悪徳業者に依頼をしてしまうと、高額な請求をされてしまったり遺品を雑に扱われてしまう場合もあります。
また金銭的価値のある遺品を盗まれてしまう恐れもあるので注意をしなければいけません。

優良な遺品整理業者を見つけるために

遺品整理

遺品整理業者に遺品整理を依頼する場合の注意点として、悪徳な業者に注意が必要であるとご紹介しました。
実際に遺品整理業者に依頼をする場合、どうすれば優良業者に依頼をすることができるのでしょうか。

ここでは優良な遺品整理業者を見つける方法をいくつかご紹介していきます。
遺品整理業者に依頼をしようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

数社から見積もりを取り価格の比較を行う

遺品整理業者に依頼をする場合、まずは見積もりをしてもらうようになります。
この場合に、1社の見積もりだけで判断するのではなく複数社の見積もりを手に入れて比較をしてみるようにしましょう。

遺品整理業者に依頼をする経験少ないため、適切な価格相場が分からない方は多いです。
1社の見積もりのみで判断をしてしまうと、結果的に高額だったという場合もあります。
まずは複数社に見積もり依頼をして、相場を把握するようにしましょう。

また他社の見積もりがあると、金額の交渉に利用できる場合もありますよ。

料金の内訳が明確かどうかを確認する

遺品整理業者に見積もりを貰ったら、料金の内訳が明確であるか確認をしてみましょう。
悪徳な遺品整理業者ですと、見積もり内容を分かりにくくしており作業終了後に追加料金を請求してくる場合もあります。

見積もりを貰った際に、内容をしっかりと確認して不明な点は全て説明を求めるようにしておきましょう。
また、どういった場合に追加料金が発生するのかといったことも確認しておくといいでしょう。

遺品整理士の資格を所持しているか確認する

遺品整理士とは、一般社団法人遺品整理士認定協会により発行されている資格になります。
遺品整理は資格がなくても行えるのですが、遺品整理士の資格は遺品整理に対する正しい知識を持っていることの証明になります。

遺品整理士の資格所有者が在籍している業者に依頼をすれば、基本的には正しい遺品整理をしてもらうことが可能です。
優良業者を探す場合には、必ず遺品整理士を持っているのか確認してみるようにしましょう。

以下の記事では、遺品整理の費用相場をご紹介しています。
遺品整理の費用相場を学んで、実際に見積もりを取った際には相場より高いのか安いのか判断してみましょう。

こちらも読まれています

遺品整理の費用の相場を徹底解説!優良な業者を見分けましょう!

遺品が大量にある場合には、家族だけで整理するには時間的にも難しいといった人もいるでしょう。そんな人の大きな助けとなるのが遺品整理会社です。ただ、このような会社に依頼をする場合には費用の相場が気になるものです。 ここではこの遺品整理の相場について紹介します。

遺品整理をどこまでするかについてまとめ

遺品整理

今回終活ねっとでは、遺品整理はどこまでするのかご紹介をしてきました。
以下に今回の記事の内容をまとめていきます。

  • 遺品整理とは、故人の遺品の片付けを行うことである。
    片付けをするだけでなく、遺族が気持ちの整理をする意味もある。
  • 自分で遺品整理をする場合は、事前準備から不用品の処分まで全て自分でする必要がある。
    遺品整理業者に依頼をした場合は、片付けから不用品の処分まで全て任せることができる。
  • 遺品整理を自分で行う場合、相続人全員で片付けを行う必要がある。
    一人で勝手に片付けを始めると、遺品の処分などでトラブルになることがある。
    遺品整理業者に依頼する場合は、悪徳業者に引っかかる場合がある。
    悪徳業者に依頼をしてしまうと、遺品を雑に扱われたり窃盗の恐れもある。
  • 優良な遺品整理業者を見つける方法としては、複数社から見積もりを取る、見積もりの内容が分かりやすいか確認する、遺品整理士の保有者がいるか確認するといったものが挙げられる。

いかがでしたでしょうか。
遺品整理はどこまでする必要があるのか頭を悩ませる方も多くいらっしゃいます。
自分で行う場合には、全ての片づけを自分ですることになるのでスケジュールを立てて効率よく行うようにしてみましょう。

終活ねっとでは、この他にも遺品整理に関する記事を多数掲載しております。
以下の記事では遺品整理で出た不用品の処分方法についてご紹介をしています。
遺品整理では不用品が必ず出てしまいますので、ぜひ参考にしてみてください。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

こちらも読まれています

不用品の処分に困った!処分の方法を紹介します。

身内や親戚に不幸があると、不用品を処分する必要が出てきます。終活に備えて不用品を処分しようと思っても、どうやって処分したらいいのか悩んでしまいますよね。いざという時に困らないように、不用品の処分の方法について紹介します。

シェアする

「遺品整理・どこまで」に関連する記事

  • 家族葬に呼ぶ人の範囲はどこまで?呼ばない人の決め方や対応も紹介のサムネイル画像

    家族葬に呼ぶ人の範囲はどこまで?呼ばない人の決め方や対応も紹介

    小さな葬儀の代表でもある家族葬については、最近増加傾向にあります。では、家族葬を行う際には、どこまでの範囲の方をお呼びするのが良いのでしょうか。今回終活ねっとでは、家族葬に呼ぶ人の範囲はどこまでとなるか、呼ばない人の決め方や対応についてもご紹介していきます。

  • 香典をどこまで出すかの範囲とは?金額相場や書き方についても解説!のサムネイル画像

    香典をどこまで出すかの範囲とは?金額相場や書き方についても解説!

    葬儀と言えば香典を出すのがマナーですが、どこまで香典を出すのか悩んでしまう事もあると思います。今回終活ねっとでは香典をどこまで出すのか、出す場合の金額相場や香典袋の書き方や渡し方のマナーについて説明をします。

  • 喪中の範囲はどこまでになるの?|祖父・嫁・叔父・年賀状のサムネイル画像

    喪中の範囲はどこまでになるの?|祖父・嫁・叔父・年賀状

    近しい人が亡くなり、自分は喪中の範囲に入るか悩んだ経験はありませんか?喪中の範囲はどこまでなのか、自分が喪中になるか悩むような微妙な血縁関係の場合はどうしたらよいのでしょう。そこで今回はどこまでが喪中になるのか、喪中の範囲についてご紹介します。

  • 喪中で年賀状を出さない範囲は?|期間・喪中はがき・マナーのサムネイル画像

    喪中で年賀状を出さない範囲は?|期間・喪中はがき・マナー

    喪中に避けるべきことはいくつか挙げられますが、そのうちの1つが年賀状です。年賀状にはおめでたい意味があるため、故人の喪に服す喪中の間は避けるべきですが、どこまで出さないのか決まっているのはご存じでしょうか。喪中に年賀状をどこまで出さないかについて見ていきます。

  • 遺品整理と生前整理の違いってなに?|遺品整理・生前整理・違いのサムネイル画像

    遺品整理と生前整理の違いってなに?|遺品整理・生前整理・違い

    生前整理や遺品整理という言葉を一度は聞いたことがあると思います。ではこの二つの違いは何なでしょうか。そこで今回は遺品整理と生前整理の違い、及びやり方などについて詳しく解説します。業者に依頼する時の注意点ついても解説しますのでぜひ参考にしてみてください。

  • 遺品整理の際の本の処分方法とは?|遺品整理・本・買取・リサイクルのサムネイル画像

    遺品整理の際の本の処分方法とは?|遺品整理・本・買取・リサイクル

    本好きの方の遺品整理を行うと、思ったより大量の本が出てくる場合があります。本は重く場所を取るため保存するのも難しいですよね。本を処分する方法もわからない方もいるかもしれません。そこで遺品整理の際の本の処分方法について解説します。

  • 遺品整理を自分でやるコツはある?|手順・メリット・注意点のサムネイル画像

    遺品整理を自分でやるコツはある?|手順・メリット・注意点

    自分の身内の方が亡くなった場合には、遺品整理をすることがあります。遺品整理を業者に依頼せず、自分でやろうと思う方もいらっしゃると思います。今回は遺品整理を自分でやるコツをご紹介していきます。片付けの手順などを解説しますので参考にしてください。

  • 遺品整理で服などの衣類はどうするか|分類・処分・業者のサムネイル画像

    遺品整理で服などの衣類はどうするか|分類・処分・業者

    遺品整理では捨ててもよいのか、残しておくべきものか判断に迷うものが多くあると思います。その中でも生前に故人が着用していた衣類は判断に迷うということがあるかもしれません。今回は、遺品整理で服などの衣類はどうしたらよいのか、分類方法や処分方法も合わせて解説します。

  • 遺品整理で個人情報の処理はどうする?|遺品業者・メリットのサムネイル画像

    遺品整理で個人情報の処理はどうする?|遺品業者・メリット

    近しい方が亡くなった際に行なうことの一つに遺品整理があります。しかし、遺品整理をする際に個人情報の処理をどのようにすればよいかについては分からないことも多いですよね。今回は、遺品整理での個人情報の処理の方法や注意点について解説します。

  • 遺品整理で処分はどうする?|業者・遺品供養・費用・お焚き上げのサムネイル画像

    遺品整理で処分はどうする?|業者・遺品供養・費用・お焚き上げ

    遺品整理を行うとどうしても不用品が出てきてしまいます。遺品整理で出た不用品はどういった風に処分をするといいのでしょうか。今回の記事では遺品整理で処分はどうするのかご紹介していきます。注意点や遺品供養に関しても解説するので、参考にしてください。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像

    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「遺品整理・どこまで」についてさらに知りたい方へ

家族葬に呼ぶ人の範囲はどこまで?呼ばない人の決め方や対応も紹介のサムネイル画像

家族葬に呼ぶ人の範囲はどこまで?呼ばない人の決め方や対応も紹介

香典をどこまで出すかの範囲とは?金額相場や書き方についても解説!のサムネイル画像

香典をどこまで出すかの範囲とは?金額相場や書き方についても解説!

喪中の範囲はどこまでになるの?|祖父・嫁・叔父・年賀状のサムネイル画像

喪中の範囲はどこまでになるの?|祖父・嫁・叔父・年賀状

喪中で年賀状を出さない範囲は?|期間・喪中はがき・マナーのサムネイル画像

喪中で年賀状を出さない範囲は?|期間・喪中はがき・マナー

遺品整理と生前整理の違いってなに?|遺品整理・生前整理・違いのサムネイル画像

遺品整理と生前整理の違いってなに?|遺品整理・生前整理・違い

遺品整理の際の本の処分方法とは?|遺品整理・本・買取・リサイクルのサムネイル画像

遺品整理の際の本の処分方法とは?|遺品整理・本・買取・リサイクル

遺品整理を自分でやるコツはある?|手順・メリット・注意点のサムネイル画像

遺品整理を自分でやるコツはある?|手順・メリット・注意点

遺品整理で服などの衣類はどうするか|分類・処分・業者のサムネイル画像

遺品整理で服などの衣類はどうするか|分類・処分・業者

遺品整理で個人情報の処理はどうする?|遺品業者・メリットのサムネイル画像

遺品整理で個人情報の処理はどうする?|遺品業者・メリット

遺品整理で処分はどうする?|業者・遺品供養・費用・お焚き上げのサムネイル画像

遺品整理で処分はどうする?|業者・遺品供養・費用・お焚き上げ

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像

葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「遺品整理・どこまで」についてさらに知りたい方へ

家族葬に呼ぶ人の範囲はどこまで?呼ばない人の決め方や対応も紹介のサムネイル画像

家族葬に呼ぶ人の範囲はどこまで?呼ばない人の決め方や対応も紹介

香典をどこまで出すかの範囲とは?金額相場や書き方についても解説!のサムネイル画像

香典をどこまで出すかの範囲とは?金額相場や書き方についても解説!

喪中の範囲はどこまでになるの?|祖父・嫁・叔父・年賀状のサムネイル画像

喪中の範囲はどこまでになるの?|祖父・嫁・叔父・年賀状

喪中で年賀状を出さない範囲は?|期間・喪中はがき・マナーのサムネイル画像

喪中で年賀状を出さない範囲は?|期間・喪中はがき・マナー

遺品整理と生前整理の違いってなに?|遺品整理・生前整理・違いのサムネイル画像

遺品整理と生前整理の違いってなに?|遺品整理・生前整理・違い

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと

女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-403-556
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料
事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引