直葬の後にお別れ会はするべき?お別れ会の種類や費用も解説します

直葬の後にお別れ会はするべき?お別れ会の種類や費用も解説します

最近直葬を選ばれる方が増えてきています。直葬を行う場合、お別れ会を行うことがあるようですが、お別れ会は何のために開かれるのでしょうか?また、お別れ会は直葬のどのタイミングで行うものなのでしょうか?今回お別れ会の種類や費用、注意点も含めて紹介していきます。

2019-10-09

直葬の後のお別れ会は必要?

困った人々

近年葬儀は一般的な葬儀だけでなく、直葬や家族葬など様々な形で執り行われることも増えてきています。
しかし直葬の場合、故人とのお別れの時間をほとんど取ることが出来ません。
このような場合、お別れ会を執り行うという方法がありますが、実際お別れ会はするべきものなのでしょうか?

今回終活ねっとでは、直葬の後のお別れ会を行うべきかについて、お別れ会の種類や費用がどのくらいかかるのかも併せてご紹介していきます。

  • そもそも直葬とはどのようなものなのか?

  • 直葬の後、お別れ会はするべきなのか?

  • お別れ会の種類について

  • 直葬とお別れ会の費用はどのくらいかかるのか?

  • 直葬とお別れ会をする上での注意点について

以上の項目について解説していきます。
葬儀の形も多様化していく中で、故人とのお別れをどのように執り行うかお悩みの方もいるのではないでしょうか。
ぜひ最後までお読みいただき参考にして頂ければと思います。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

直葬とはどういったものかを詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

直葬とは

葬儀

そもそも直葬という言葉は聞いたことがあっても、実際どのように執り行われるものなのかご存知でしょうか?

直葬の場合、お通夜や告別式を行わないで、納棺から直接出棺し火葬場にて火葬を行います。
核家族化が進んでいることや、経済的な面で直葬を選択される方々も多くなってきているようです。
直葬では、葬儀にかかる費用を抑えることができ、ご遺族の精神的な負担なども軽減することができます。

しかし、もちろんデメリットもあります。
それは、故人とのお別れの時間がほとんど取れないという点です。
故人とのお別れは、火葬炉の前で行われ、数分しか時間がとれない場合もあります。

また直葬の場合、参列する方々も限られた関係者のみとなります。
葬儀に参列出来なかった方とのトラブルがおこる可能性もあります。

直葬の後はお別れ会をするべき?

困った人々

直葬がどういったものか、お分かり頂けたかと思います。
では、直葬の後にお別れ会はするべきなのでしょうか?

結論から申しますと、お別れ会をされることをお勧めします。
ここでは詳しく、お別れ会をする場合のメリットについて解説していきます。

お別れの時間がしっかり取れる

上記で説明しました通り、直葬のデメリットとしてはお別れの時間をほとんど取ることができないということが挙げられます。

一般的に、お別れの時間として取ることの出来る時間は10分程度とも言われています。

直葬を行った方の中には、もっと時間があれば、と感じる方もいらっしゃいます。
故人を失った悲しみの中、気持ちを整理するためにも時間が必要な場合もあります。

この直葬のデメリットをカバーしてくれるのが、お別れ会です。
参加して下さった方々と、故人の生前のエピソードを話したり、献花を行ったり、しっかりお別れの時間を取ることが出来ます。

一般的な葬儀より費用が抑えられる

直葬の後にお別れ会をすることには、費用の面でもメリットがあります。
費用を抑えながらも、葬儀を行えるという点です。

直葬は一般的に、最も安く行える葬儀と言われています。
これは、必要最低限の物だけで葬儀を執り行えるからです。
しかし、お別れの時間が短いことなどのデメリットもあるため、きちんとお別れが出来なかった、と心残りに思う方もいらっしゃいます。

そこで、お別れ会を直葬の後に行うことによって、きちんとお別れの時間を取りながらも一般的な葬儀よりも葬儀費用を抑えることが出来るのです。
お別れ会は、会場や形式を予算を考えた上で自由に決めることが出来ますし、会費制で行うことも出来ます。

直葬の後にお別れ会をすることによって、デメリットを補いつつ後悔のない葬儀を行うことが出来るのではないでしょうか。

宗教にこだわる必要がなくなる

直葬の場合、一般的に宗教的な儀式を行いません。
お別れ会についても、宗教上の制約はありません。
つまり、宗教にこだわることなく式の流れや演出を自由に決めて、式を執り行うことが出来ます。
そのため、故人の生前の映像や好きな音楽を流したり、と様々な演出が行えます。

ご遺族や故人の中には、宗教的な儀式へのこだわりのない方や、儀式にとらわれることなく自由な会の中で見送りたいという方もいらっしゃるかと思います。
そんな方々に、お別れ会は適しているのではないでしょうか。

もちろん、自由な式となりますので、逆に宗教を取り入れたお別れ会を執り行うことも出来ます。

終活ねっとでは、無宗教の葬儀についても解説している記事がありますので、そちらも併せてご覧ください。

直葬の後のお別れ会の種類

葬儀

お別れ会といっても、どのような形式で執り行うのかご存知ない方もいらっしゃるかと思います。
ここでは、代表的な3つのお別れ会の種類について紹介していきます。

どのようなお別れ会を執り行いたいのかの、参考にして頂ければと思います。

セレモニー形式

セレモニー形式は、葬儀の告別式に近い形で行うお別れ会となります。

会場には正面に生花祭壇を設け、無宗教式も含め宗教儀礼を伴うものとなります。
故人の経歴の紹介、宗教者による葬式儀礼、弔事スピーチなどを行い、最後に一人ずつ献花をするのが一般的です。

セレモニー形式は斎場やセレモニーホールなど比較的広く、宗教儀礼を伴うため専門知識のあるスタッフのいる会場が選ばれるようです。

会食パーティー形式

会食パーティ形式は、故人とのお別れと共に立食パーティを行うお別れ会となります。

セレモニー形式とは違い、生花祭壇は簡略化されることも多いようです。
参列者は弔礼と献花などで故人とのお別れをし、その後会食に移ります。

一般的に立食ブッフェが多く、弔事や故人のエピソード紹介なども食事中に紹介されます。
宗教儀礼がないため、途中退出や献花のみの参加も自由に行えます。

会食パーティ形式は、参列者へのおもてなしを考え、ホテルや宴会専門の施設などで行うことが多いようです。

しかし、ホテルによっては遺骨の持ち込みや焼香不可など制約がある場合も多いので、確認が必要です。

セレモニー+会食パーティー形式

セレモニー+会食パーティ形式は、そのまま二つを合わせた形で行うものです。
告別式、献花を行った後に会食パーティを行います。

一般的に、セレモニーと会食の会場は分けることが多いようです。
その場合は告別式、献花を行った後、会場を移動し会食を行います

直葬とお別れ会を行う際の費用

お金

ここまでお別れ会の内容について解説してきました。
お別れ会では一般的に、葬儀より費用が抑えられると紹介しましたが、実際どのくらい費用が掛かるのでしょうか?

直葬とお別れ会の費用について、解説していきます。

直葬の費用相場

直葬の費用相場は10万円~30万円だと言われています。

内訳として、まずご遺体を運ぶ寝台車と火葬料が必要となります。
火葬前に遺体安置施設を利用する場合には、その費用も必要です。

また、火葬時に僧侶を読んで読経をお願いすることも出来ます。
その場合は、お布施が必要ですので用意しておきましょう。

この他にも、お棺、骨壺、骨箱が必要となりますので、こちらも費用がかかります。
しかし、なぜ直葬が最も安く行える葬儀なのでしょうか?

一般的な葬儀ですとこれ以外にも、葬儀場の施設使用費用や参列者への返礼品の費用など様々な費用が必要となるからです。
一般的に葬儀にかかる費用は全国平均で195万円だと言われています。

このように直葬は比べてみると、費用の負担の少ない式だと言えます。

お別れ会の費用相場

お別れ会の費用相場は、人数×1~2万円だと言われています。
食事やドリンク代も含めた金額となります。
しかし、お別れ会は自由に演出などを行える式となりますので、会場や演出、料理の内容などによって費用は高くなります。

さらに、式の種類によっても金額は変わってきます。
セレモニー+会食パーティ形式は、会場を分けることが多いので、その分会場費などがかかり高くなります。

また、主催者が負担するのではなく、会費を集めお別れ会を行う場合もあります。
その場合の費用相場は、8千円~1万5千円が相場となるようです。

お別れ会に参列する場合、案内状に「会費〇〇円」とある場合は、その金額を包みましょう。

お別れ会は、一般的に葬儀より1ヵ月以上経過してから執り行います。
準備期間がありますので、費用についても考えながら準備を進めることが出来ます。

終活ねっとでは、葬儀費用の相場について詳しく解説している記事もあります。
ぜひこちらも併せてご覧ください。

直葬とお別れ会を行う際の注意点

葬儀

ここでは、直葬とお別れ会を行う際に注意するべきことについて解説していきます。
参列される方々が困らないように、気を配りましょう。

招待時に服装について指定する

お別れ会の服装において平服でかまわない場合は、案内状に記載するなどして指定しておくと参列者の方々も悩まずにすみます。

指定のない場合、通常喪服が一般的とされています。
しかし、会場がホテルの場合は喪服や礼服を避けるなど他のお客様への配慮が必要な時もあります。
そのような場合、平服でお越しくださいなどの案内があれば、分かりやすいのではないでしょうか。

お別れ会に参加する際は、平服でとの案内がある場合もカジュアルな服装や華美な服装は控えましょう。
男性であれば、ブラックスーツやダークスーツを着用しましょう。
ネクタイも黒や地味な色合いのものを選びましょう。

女性の場合は、黒や地味な色合いのスーツやワンピース、アンサンブルなどを着用しましょう。
アクセサリーやメイクも華美にならないようにしましょう。

香典や弔問の辞退を明記する

近年、故人の遺志や参列者の負担軽減のため、香典や弔問を辞退することが増えてきていると言われています。

ご遺族も辞退することで、香典返しや弔問の準備といったことへの対応に追われずにすみます。

しかし香典や弔問を辞退する場合は、事前に参列者に伝えておく必要があります。
お別れ会の案内状を出す際には、「誠に勝手ではございますが、故人の遺志により御香典の儀は固くご辞退申し上げます」などと明記しておきましょう。

直葬の後のお別れ会は必要?まとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、直葬の後のお別れ会は必要かどうかについて以下のことを解説しました。

  • 直葬はお通夜や告別式を行わないで、直接火葬場に搬送し火葬を行うもので、金銭的・精神的負担は軽減されるが、お別れの時間が短いというデメリットもある。

  • お別れ会をすることで、費用を抑えながら故人とのお別れの時間をじっくり取ることが出来、式の内容も宗教にこだわらず自由に執り行うことが出来る。

  • お別れ会には、セレモニー形式、会食パーティ形式、セレモニー+会食パーティ形式がある。

  • 直葬の費用相場は10万円~30万円で、お別れ会の費用相場は、人数×1~2万円、会費制の場合は8千円~1万5千円が相場となる。

  • お別れ会を行う場合、服装の案内や香典辞退の意思などがある場合は案内状などで事前に伝えておく。

近年、様々な様式で執り行われている葬儀の中の一つである直葬には、メリットもありますがデメリットもあります。
葬儀は故人との最後のお別れの場となりますので、後悔のないように執り行いたいものではないでしょうか。

お別れ会を行うことによって、デメリットを補いながら故人やご遺族の希望を反映した自由な式が出来ますので直葬をお考えの場合は、記事を参考にお別れ会を検討して頂ければと思います。

終活ねっとでは、他にも葬儀について解説している記事があります。
ぜひそちらもご覧頂ければと思います。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「直葬・お別れ会」に関連する記事

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料