葬儀費用の平均額は?様々な形式での平均額や費用を抑える方法を紹介

葬儀費用の平均額は?様々な形式での平均額や費用を抑える方法を紹介

喪主の経験がない方は、葬儀費用がいくらかかるのか想像がつきませんよね。葬儀費用の平均額はいくらになるのでしょうか。また、葬儀費用を安く抑えるためにはどうしたらいいのでしょうか。この記事では葬儀形式ごとの平均額や費用を抑える方法を紹介しています。

最終更新日: 2020年12月02日

葬儀費用の平均額について

お金

喪主の経験がない方は、葬儀費用がいくら必要になるのか分からないので、頭を悩ませるポイントになります。
事前に葬儀費用がいくらになるのか知っておくことで、万が一の際にも慌てることなく手配をすることができます。

今回「終活ねっと」では、葬儀費用の平均額について以下の内容を中心にご紹介をしていきます。

  • 葬儀費用の平均額はいくらになるの?内訳は?

  • 葬儀形式ごとの費用平均額は?

  • 葬儀費用を抑えるためにはどうすればいいの?

  • 生前に終身保険に入る理由は?

  • 葬儀費用が払えない場合はどうすればいいの?

葬儀形式ごとの費用の平均額や、費用を抑えるポイントなどもご紹介しています。
ぜひ最後まで記事をお読みになり、参考にしてみてください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀費用の平均額とその内訳

お金

葬儀を行う際に必要になる葬儀費用の平均額はいくらになるのでしょうか。
以下に一般的な葬儀を行う際の葬儀費用の平均額をご紹介していきます。

  • 葬儀一式費用

    121万円

  • 飲食接待費

    31万円

  • 寺院への費用

    47万円

一般的な葬儀を行う場合には、上記の費用が平均額であるといわれています。
合計すると、約200万円近くの費用が必要になることが分かります。
金額に関しては、参列する人数や地域、宗派などにより違いが出てきます。

葬儀費用に関しては、葬儀一式費用、飲食接待費、寺院への費用に分かれています。
以下に、各内訳の内容を詳しくご紹介していきます。

葬儀一式費用

葬儀一式費用は葬儀本体費用ともいわれることがあります。
葬儀一式費用は葬儀に必要な物品や人件費、会場費などが含まれています。

葬儀社に葬儀費用の見積もりを依頼した場合、葬儀一式費用の金額が提示されることが多いです。
葬儀一式費用は、葬儀費用の中でも多くの割合を占める項目になります。

葬儀一式費用の中にも、細かい内訳があります。
これらの項目をよく理解して、確認をすることが重要なポイントになってきます。

飲食接待費

飲食接待費は、お通夜の後に行う通夜振る舞いや、葬儀後に行う精進落としなどの食事代になります。
飲食接待費は、参加する人数や食事のグレードなどにより金額に違いが出てきます。

飲食接待費には、会場でお渡しをする会葬返礼品の金額も含まれています。
事前にどのくらいの人数が参列するのか把握しておくと、飲食接待費の目安がつきやすいです。

寺院への費用

寺院への費用は、僧侶の方やお寺にお渡しするお布施になります。
読経料、戒名料、お車代、お膳代が寺院への費用には含まれています。

読経料や戒名料に関しては、相場はあるのですが寺院や地域によって違いが出てきます。
不安がある場合には、事前に確認をしておきましょう。

葬儀会場まで自分たちで僧侶の方を送迎する場合には、お車代は必要ありません。
また通夜振る舞いや精進落としに参加される場合には、お膳代も不要となります。

以下の記事では、葬儀の費用についてさらに詳しく紹介しておりますのでぜひあわせてご覧ください。

様々な葬儀形式での費用平均額

葬儀

ここまでは、一般的な葬儀費用の平均額と内訳についてご紹介をしてきました。
近年では、葬儀形式は多様化してきており様々な葬儀が行われています。

葬儀形式が違うと葬儀費用に関しても違いが出てきます。
葬儀形式ごとに葬儀費用は、どの程度変わってくるのでしょうか。

ここでは、葬儀形式ごとの費用平均額をご紹介していきます。
葬儀形式を検討する際には、参考にしてください。

一般葬

一般葬とは、一般の参列者の方もお呼びしてお通夜、葬儀、告別式を行う一般的な葬儀形式です。
一般葬の葬儀費用平均額については、先程ご紹介した通り約200万円程度といわれています。

一般葬の場合、参列者の人数によって金額に違いが出てきます。
人数が少なくなれば、小さい会場で葬儀が行えますので会場費が安くなりますし、飲食接待費用も安くなります。

また、葬儀を行う地域によっても葬儀費用の金額に違いが出てきますのでよく確認しておきましょう。

家族葬

家族葬とは、故人の家族や親族、親しくされていた方のみをお呼びして行う葬儀形式になります。
家族葬の費用平均額は、約90万円程度といわれています。

葬儀の内容は一般葬と変わりはないのですが、参列者の人数が少なくなるので費用が安くいなるといわれています。

家族葬は、一般の参列者の方を呼ばないので参列者の対応をする必要がなくなります。
そのため費用が安いだけでなく、故人とゆっくりとお別れをできるという点からも家族葬を選ばれるご家庭は増えてきています。

直葬

直葬は、お通夜や告別式などを行わず火葬のみを行う葬儀形式になります。
直葬の費用平均額は10万円~30万円程度といわれています。

直葬は火葬を行うだけの葬儀形式ですので、お通夜や告別式に必要な費用は発生しません。
また、参列者も故人の家族や親族のみとなるので費用が安くなります。

ただ、直葬が葬儀などを行わないので受け入れない方もいらっしゃいます。
話し合いをせずに直葬を選ぶと、トラブルになる恐れもあります。

直葬を選択される場合には、家族や親族とよく話し合いをしてから選択しましょう。

葬儀の種類については、こちらの記事でより詳しくご紹介しております。
様々な場所での葬儀や、自然葬についても紹介しておりますのでぜひあわせてご覧ください。

葬儀費用を抑えるポイント

お金

各葬儀形式の費用平均額をご紹介してきました。
葬儀形式によって、費用に大きな差があることがお分かりいただけたと思います。

葬儀費用は決して少額ではないので、少しでも費用を抑えて経済的負担を軽くしたいと思われる方もいらっしゃいます。
では、どうすれば葬儀費用は抑えることができるのでしょうか。

ここでは、葬儀費用を抑えるポイントをご紹介していきます。

葬儀費用の安い葬儀形式を選ぶ

葬儀費用を抑えるポイントとして、費用が安い葬儀形式を選ぶという方法があります。
先程ご紹介した通り、葬儀形式によって葬儀費用には大きな違いがあります。

葬儀費用が安い葬儀形式を選ぶことで、しっかりと費用を抑えることができます。
以下に、葬儀費用の安い葬儀形式をご紹介しますので参考にしてください。

市民葬・区民葬

市民葬や区民葬は自治体が葬儀社と提携して、安い費用で葬儀が行えるようにしている形式になります。
市民葬や区民葬ですと、自治体により異なるのですが50万円以内で葬儀が行える場合もあります。

安い費用で行えるというメリットはありますが、葬儀プランは最低限のものとなりますので質素な葬儀となってしまいます。

また、追加料金が発生する場合もありますので、事前によく確認しておくようにしましょう

一日葬

一日葬とは、お通夜を行わず葬儀と告別式を1日で終わらせる形式になります。
お通夜を行わないので、葬儀会場を利用する日数が少なくなる、お通夜の費用が必要なくなるといった点で費用が抑えられます。

平均額としては、30万円から40万円程度といわれていますので葬儀費用を抑えたい方にはこちらもおすすめです。

お通夜がないことから、僧侶の方によっては一日葬をいいと思われない方もいらっしゃいます。
よく話し合いをして、トラブルにならないように注意しておきましょう。

一日葬については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

複数の葬儀社の見積もりを比較する

葬儀費用を抑えるためには、複数の葬儀社から見積もりを取る必要もあります。
葬儀社によって、同じ葬儀形式でも費用に大きな違いがあることもあります。

相場を理解するためにも、1社ではなく複数社の葬儀社から見積もりを取り、比較をしてみるようにしましょう。

見積もりを取る際には、必ず同じ条件にすることも重要なポイントです。
A社では基本料金に含まれているものが、B社ではオプション料金になっているということもあります。

条件が違うことに気がつかず契約をすると、追加料金が発生して費用が高くなってしまうこともあります。

病院や警察に紹介された葬儀社に任せない

病院などに葬儀社を紹介されることがあります。
しかし、紹介された葬儀社に依頼をすると葬儀費用が高いといったことがよくあります。

少しでも葬儀費用を抑えたいのであれば、紹介された葬儀社を選ばずに自分で葬儀社を探す方がいいでしょう。

紹介された葬儀社は断っても、問題はありません。
すでに、葬儀社が決まっているなど理由を伝えてお断りするようにしましょう。

葬儀社に勧められたオプションを選ばない

葬儀社によっては、オプションをどんどん勧めてくる場合もあります。
しかし、勧められたオプションをすべて利用していると葬儀費用はどんどん増える一方です。

勧められたオプションを選ぶのではなく、自分でよく内容を確認して必要なオプションを選択していくようにしましょう。

無理にオプションを勧めてくる葬儀社は、あまりおすすめできません。
断っているのにオプションを勧めてくる場合には、葬儀社を変更することも検討したほうがいいでしょう。

「終活ねっと」では、低価格・高品質の葬儀プランを分かりやすい料金体系でご案内しております。
一般葬のプランは、565,000円(税抜)よりご用意しており、「終活ねっと」の登録割で最大71,000円の割引もご利用いただけます。
葬儀についてお困りでしたら、24時間365日電話対応しておりますので、お気軽にご相談ください。



生前に終身保険に入って葬儀に備える

人々

葬儀費用が決して少額ではないことが、ここまででお分かりいただけたと思います。
葬儀費用は遺族の負担となるので、少しでも軽減してあげたいと考える方もいらっしゃると思います。

そういった場合には、生前に終身保険に加入しておく方法がおすすめです。
終身保険では、被保険者が死亡した場合に保険金が支払われます。

保証が一生涯継続する、途中解約した場合でも解約返戻金を受け取ることができるといった特徴を持っていることが多いです。

万が一自分が亡くなった場合でも、終身保険に加入していれば保険金を葬儀費用に充てることができるので、遺族の負担は軽減されます。

葬儀費用を払えない場合

困った人々

葬儀費用を抑える方法などをご紹介してきましたが、どうしても葬儀費用が支払えない場合があります。
そういった場合には、どういった対処方法があるのでしょうか。

ここでは、葬儀費用が払えない場合の対処方法を2つご紹介していきます。
葬儀費用が払えず困っているときには、これらの方法を行ってみるといいでしょう。

葬祭扶助制度を利用する

葬祭扶助制度は、喪主の方が生活保護を受けている場合や、故人が生活保護を受けており遺族以外の方が葬儀を行う際に利用できる制度になります。

葬祭扶助制度では、最低限の葬儀が行える金額が給付されます。
最低限の葬儀ですので、基本的に直葬が行える程度の金額になります。

申請をする場合には葬儀の前に行う必要があるなど、注意点などがいくつかありますので事前によく確認しておきましょう。

葬儀ローンを組む

葬儀費用が支払えない場合、葬儀ローンを組むという方法もあります。
葬儀ローンは、葬儀社からお申し込みができて融資までのスピードも早いといった特徴を持っています。

ただ、ローンになりますので審査を通過しなければ利用することができません。
葬儀ローンの審査が万が一通らなかった場合には、どうするかといったこともよく検討しておくようにしましょう。

また葬儀社によっては葬儀ローンに対応していない場合もあるので、事前に確認をしておきましょう。

葬儀費用の平均額についてまとめ

お金

今回「終活ねっと」では、葬儀費用の平均額についてご紹介してきました。
以下に、今回の記事の内容をまとめていきます。

  • 一般的な葬儀を行う場合には、平均で200万円程度の費用が必要となる。
    葬儀形式により平均額は変わり、火葬のみを行う直葬になると費用平均額は10万円から30万円程度となる。

  • 葬儀費用を抑えるためには、費用の安い葬儀形式を選ぶといい。

  • 見積もりを取る際には、1社ではなく複数社からとることで比較ができるので費用を抑えることができる。
    見積もりはすべて同じ条件で取るようにする。

  • 病院や警察などから紹介される葬儀社は、費用が比較的高い傾向にある。
    紹介を断っても問題はないので、自分で葬儀社は探すようにする。

  • 葬儀社にオプションを勧められても、必要ないものは断るようにする。
    オプションを無理に勧めてくる葬儀社であるなら、他の葬儀社に変更することも検討する。

  • 生前に終身保険に加入していると、万が一の際に保険金が支払われるので遺族の負担が軽減される。

  • 喪主が生活保護を受けている場合などには、葬祭扶助制度を利用することができる。
    葬祭扶助制度では、最低限の葬儀が行える金額が支給される。

  • 葬儀社によっては、葬儀ローンを組むこともできる。

いかがでしたでしょうか。
一般的な葬儀ですと、平均で200万円程度必要になるのですが葬儀形式を変えることで費用抑えることができます。

また、見積もりを比較するなどいくつかの方法をとることで葬儀費用は安くすることができます。
葬儀費用を少しでも抑えたい方は、今回ご紹介した方法を行ってみるようにしましょう。

また、どうしても費用が用意できない場合には葬祭扶助制度や葬儀ローンを利用することも検討してみましょう。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。
「終活ねっと」では、他にも葬儀に関する記事を多数掲載しております。
ぜひ合わせてお読みください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像
    葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

    近親者が亡くなった場合、社会人の常識として自分や故人が所属する会社へ連絡を行います。連絡を受けた会社側は、葬儀への参列などについて社内規則に沿って対応を行います。これら葬儀に関する一連の流れの中で、双方が注意すべき点をまとめました。

  • 葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像
    葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

    家族葬や直葬など様々な種類の葬儀を聞いたことはありませんか?自分たちはどの葬儀をすればいいのかわからないですよね?この記事で全ての種類の葬儀の特徴や違いを説明いたします。ご自身がどの葬儀を選択すればいいのか必ずわかるはずです!

  • 葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!のサムネイル画像
    葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!

    現在は、故人や家族の想いや事情に合わせた葬儀をさまざまな場所で執り行うことができます。何人くらいの人に来てもらい、どんな形式と流れで故人を送るかにより場所の選び方は変わってきます。いざというとき、何を基準にどんな葬儀の場所を選べばいいのかを考えてみましょう。

  • 大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説のサムネイル画像
    大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説

    冠婚葬祭には、行っていい日取りと、行ってはいけない日取りがあります。結婚式は大安にあげると良いとされているのは知ってる方も多いと思いますが、葬儀の日取りは六曜と関係があるのでしょうか。大安の日に葬儀を行ってもいいのかについてや、六曜の意味なども解説します。

  • 葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!のサムネイル画像
    葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!

    お葬式が終わった後にも、残されたご家族にはたくさんにやらなければならない葬儀後の手続きがあります。葬儀後の手続きをしっかりと行わないと、損をしてしまう場合があるので注意が必要です。今回はそんな葬儀後の手続きについて、年金や相続の手続きとともに解説します。

  • 葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像
    葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

    故人とのお別れの時間を過ごすご葬儀の場で、故人を偲び、ご遺族と悲しみを分かち合う時。その場に合う装いはとても大切です。しかし、大切だからとアクセサリーで身を飾るのは相応しくない場です。今回は、ご葬儀の場で失礼にならないアクセサリーの身に着け方をご紹介します。

  • 葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像
    葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

    この記事では、葬儀のマナーの中でも特にネクタイの色や結び方などの常識について書いていきたいと思います。また、例えば葬儀の際のネクタイの色や結び方など常識とされているものがなぜそうなのかという点にも注目していきたいと思います。

  • 葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説しますのサムネイル画像
    葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説します

    葬儀に行くときに身に着けるものって迷いますよね。葬儀に参列される際、髪型や服装、身に着けるアクセサリー、持っていくバックなども様々な決まり事があります。この記事では、葬儀にふさわしいバックの選び方のポイントを紹介します。

  • 葬儀にふさわしいネックレスの色や形とは?NGなアクセサリーも解説のサムネイル画像
    葬儀にふさわしいネックレスの色や形とは?NGなアクセサリーも解説

    葬儀に参列するとき、女性は喪服に真珠のネックレスをつけている印象がありませんか?一口に真珠のネックレスと言っても、色や長さなどいろいろな種類があります。今回は、葬儀にふさわしいネックレスがどんなものなのか、ご説明したいと思います。

  • ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説のサムネイル画像
    ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説

    大切な方とのお別れはいつ訪れるか分かりません。いざ最期のお別れを迎えた時に、落ち着いて葬儀の準備をすることはとても大変です。今回終活ねっとではご臨終から葬儀までの手順について解説していきます。いざという時のために葬儀までの手順を把握しておきましょう。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事