火葬の際棺に入れる花の種類は?花を添える流れについても解説!

火葬の際棺に入れる花の種類は?花を添える流れについても解説!

火葬の際は棺に納められているご遺体の周りに花を添えるのが一般的です。しかし実際に添える花の種類は、宗教形式によっていろいろとあります。今回は火葬の際にご遺体の周りに添える花の種類や花を添える流れについて見ていきましょう。

最終更新日: 2020年12月17日

火葬の際棺に入れる花の種類は?

葬儀

火葬を行う際、棺に納められているご遺体の周囲に花を添えるのが一般的です。
中には故人が生前好んでいた種類の花を添えることで、これから旅立つ故人が喜ぶようにしようと考える方もいるでしょう。

もし火葬の際に添える花の種類でお悩みの場合は、葬儀の宗教形式について考えてみてください。
実は火葬の際に棺の中に添える花の種類は、葬儀の宗教形式によってさまざまであるためです。
はたして火葬する際にご遺体の周りにはどのような種類の花を添えれば良いのでしょうか。

そこで今回「終活ねっと」では、火葬で棺の中に添える花の種類について詳しく見ていきます。
あわせてご遺体の周りに花を添える流れや、ペット葬儀の場合に添える花の種類についても見ていきましょう。

  • 火葬の際に棺の中に入れる花の種類とは?

  • 火葬の際に棺の中に花を添える流れとはどのようなものなのか?

  • ペットの火葬で一緒に添える花の種類とは?

喪主で葬儀や火葬を近くに控えており、棺にどのような花を添えれば良いか迷っている方にとって、大変役立つ内容となっています。
ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

「DMMのお葬式」では、必要なものを厳選した低価格かつ高品質なセットプラン5つの葬儀形式からお選びいただけます。

「DMMのお葬式」ついて詳しくはこちらをご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、全国の斎場葬儀/家族葬を執り行うことが可能です。
お近くの葬儀場・斎場をお探しの方はぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

火葬の際棺に入れる花の種類について

葬儀

火葬の際に棺の中に納められているご遺体を彩る花を「別れ花」といいます。
別れ花で選ばれる種類は、葬儀の宗教形式によってさまざまです。
ここではまず、火葬の際に彩る別れ花として選ばれる種類の定番について、詳しくご紹介しましょう。

仏教式

仏教式葬儀の場合は、基本的に白い花がお供えされるのが一般的です。
菊やカーネーション、ユリ、アイリスなど落ち着いた色合いのものがお供えされます。

一見すると、菊以外の花はあまり仏教となじみがないように見えますが、実は一輪花で持ちやすいという点が特徴です。
このため近年では仏教式の葬儀であっても、菊に加えてユリやカーネーションなど白い種類の花を、別れ花としてご遺体周りに飾るケースも増えてきています。

神道式

神道で植物といえば榊をイメージする方も多いでしょう。
たしかに神道式の葬儀では、仏教式の焼香に当たるものに玉串奉奠(たまぐしほうてん)があり、その際に榊の枝をお供えするのが一般的です。

しかし神道式葬儀でも別れ花は菊やユリ、カーネーションなどが選ばれます。
白色以外にも、あまり派手さのない淡い黄色の花が添えられることも多いです。
神道式葬儀でもカーネーションなどが選ばれる理由は、やはり仏教式の場合と同じように持ちやすい点が挙げられます。

以下の記事では榊について詳しく説明しているので、ぜひあわせてご覧ください。

キリスト教式

キリスト教式の葬儀では別れ花を添える際に、献花を行うのが一般的です。
このため献花でお供えする花も、別れ花としてご遺体の周りを飾る際に使われる花も、ほぼ同じといって良いでしょう。

キリスト教式葬儀では、白ユリカーネーションが主に選ばれます。
どちらもキリスト教では純粋さや純潔さを意味する花です。
特に白いカーネーションについては、アメリカで始まった母の日で亡くなった母親のために添える慣習が深く関係しています。

なお菊についても、キリスト教式葬儀では別れ花として選ばれる種類に数えられますが、白色ではなく青色などのものが添えられるのが一般的です。

どのような色を選ぶべき?

火葬の際にご遺体の周りを彩る花を選ぶ場合、色が重要となってきます。
一般的に別れ花としてよく選ばれるのが、白色や淡い黄色といった、ほどほどに明るめの色のものです。
ほかにもピンク色や青色のように、ご遺族の要望に応えた色の花が選ばれることもあります。

ただし色によっては、火葬後のご遺骨に色移りするものもあるという点に注意が必要です。
このためどのような色の花であれば、ご遺骨に色移りせずに済むのかについても、事前に相談しておくと良いでしょう。
このほかにも、あまり派手な色遣いの花も避けるべきとされています。

避けるべき花は?

一方で別れ花として避けるべき花の種類もあります。
特にこの点は仏教式の葬儀で厳格に決まっていることがあるため、仏教式で葬儀を行う場合は、あらかじめ花の種類を確認しておくと良いでしょう。
仏教ではお供えした花は、故人や仏様のもとに直接届くとされているためです。

別れ花として避けるべき種類としては、毒を持つもの棘のあるものが挙げられます。
どちらも直接手にするなどした際に、痛い目に遭ったり苦しい目に遭ったりするためです。

ほかにはアレジメントフラワーも避けるべき種類とされています。
アレジメントフラワーには吸水スポンジが一緒に入っていて、火葬でご遺体を焼却する際に障害になるためです。
このため花束や一輪ずつの花をお供えする形がおすすめでしょう。

加えてご遺族や葬儀社に断りなく、参列者が勝手に花を持ち込むこともタブーです。
別れ花として使われる花の種類には、宗教や地域の慣習もあるため、勝手に持ち込むとかえってご遺族が不快な思いにとらわれることがあります。

花を添える流れについて

葬儀

火葬の際に棺の中に入れる花の種類は、以上のようなものが一般的です。
同時に花を添える際は、一定のマナーに沿った流れで添えていくことになります。
ここでは、火葬で棺に花を添える一連の流れについてご紹介しましょう。

花を受け取る

棺に別れ花を添えるタイミングは、葬儀終了後である場合の方が多いです。
いずれにせよ、まずは葬儀社のスタッフがご遺族やご親族、参列者に1人ずつ花を渡していきます。
この際に花を受け取った後、すぐに棺の中に添えることは控えるべきです。
この次の項目で見ていきますが、実は別れ花を添えていく順番も作法で決まっています。

順番に一輪ずつ添える

全員に花が行き渡ったら、まず喪主が棺の中に花を添えます。
喪主の番が終わったら喪主以外のご遺族が、その次にご親族、さらに一般参列者の順番です。
言い換えれば仏教式葬儀の焼香と同じような順番で、別れ花を添えていくことになります。

ただし場合によっては、ご遺族とご親族だけが別れ花に参加して、一般参列者は外で待機することもあるため、詳しくは式次第などを確認すると良いでしょう。
この場合も、花を添える順番は同じで、喪主・ご遺族・ご親族の順番で行われます。

残りの花を棺に入れる

全員が花を添え終えても、花が余っているケースは非常に多いです。
このため、残りの花についても全員で棺の中に添えていきます

ただし時間などによっては、葬儀社スタッフが代わりに行うことも多いです。
このため残りの花を誰が添えるのかについては、事前に喪主と葬儀社とで話し合っておくと良いでしょう。
なお花をすべて添えた後は、ご遺族などが蓋をかぶせてくぎ打ちを行い、出棺する流れとなります。

日本では、火葬の際に花ではなく、小銭を入れる風習が過去にありました。
下記の記事では、火葬の際に棺に小銭を入れる風習について詳しく説明しています。
こちらもあわせてご覧ください。

ペットの火葬の際棺に入れる花は?

葬儀

最近では空前のペットブームということもあり、亡くなったペットにも家族に対するものと同様のお弔いをしたい方も増えてきています。
もしペットの葬儀を行う場合、火葬に先立ってどのような花を添えれば良いのでしょうか。
ここでは、ペット葬儀の際にご遺体とともに添える花について見ていきます。

白色を用いることが多い

ペットの葬儀を行う場合でも、火葬に先立って添える花には白色のものが多いです。
代表的なものとして、カーネーションやスイートピーなどが挙げられますが、ペットを人間と同様に家族の一員とみなす傾向も大きく影響しています。

ただしペットに添える花については、特定の種類でなければいけないという決まりがありません
このため基本的に白以外の花でも添えることができるため、ほかの色のものを添えても問題ないでしょう。

最近ではパステルカラーが人気

ペットの葬儀で火葬の際に添える花で人気のものとして、パステルカラーのものも挙げられます。
パステルカラーは淡い色遣いが特徴であるとともに、故人やご遺族の心を慰める優しいイメージを持たせてくれる点が特徴です。

このためペットとの楽しい思い出を思い出しつつ、ご遺体とともにパステルカラーの花を添えるのも良いでしょう。

オススメの花

ペットの葬儀で一緒に添える花の種類でオススメのものは、以下のような種類です。

  • カーネーション
    花言葉が「無垢で深い愛」であるうえ、季節を問わずいつでも入手できるという理由で人気が高いです。
    色も白のほか、ピンクや黄色、青などバリエーションがいろいろとあります。

  • チューリップ
    見かけがかわいらしく、「思いやり」の花言葉を持っているため、ペットをお見送りするうえでオススメの花です。

  • ひまわり
    花言葉が「私はあなただけを見つめる」というものがあるうえ、明るいイメージを持っているため、亡くなったペットに対する深い愛を示すうえでオススメです。

以上のような花々が、ペットを火葬する際に定番の花となっています。
このほかにも、スイートピーやガーベラもオススメです。

火葬の際棺に入れる花についてまとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では、火葬の際に棺の中に納められている故人のご遺体を彩る花の種類について見てきました。
あわせて別れ花の手順や、ペットを火葬する場合に添える花の種類についてもご紹介しました。

今回の記事で触れた内容をまとめますと、以下に挙げられる各ポイントの通りです。

  • 火葬の際に棺に添える花は別れ花と呼ばれ、宗教形式によっていろいろな花が添えられるが、基本的にはユリやカーネーション、菊など白色のものが入れられる。

  • 花を添える際は、まず葬儀社のスタッフが参列者全員に一輪ずつお渡しし、喪主・ご遺族・ご親族・一般参列者が順番に添え、その後残りの花を入れていくことになる。

  • ペットを火葬する場合は、基本的に人間の場合と同じく白色のものやパステルカラーの花を添えることになり、特にカーネーションやひまわりなどが添えられる。

棺の中に安置されているご遺体の周りに添える別れ花は、ペットも含めてお別れする方に対する思いを込めて添えられるものです。
基本的には白色の花が添えられますが、できるだけ故人の思いに沿った花の種類を入れるとなお良いでしょう。

なお別れ花を添える際は、焼香や玉串奉奠などと同じように順番がきちんと決まっているため、焦ることなくきちんと順番を守って添えるべきです。
別れ花として添えるうえで適切な種類や手順については、葬儀の前にあらためて確認していただけると良いでしょう。

以下の記事では供花の選び方について詳しく説明しています。
ぜひあわせてご覧ください。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事