女性の喪服のマナーって?鞄や靴・髪型・メイクについても解説します

葬儀では原則としても服を着用したうえで出席するのがマナーです。特に女性の場合は喪服に関するマナーのほかにも、メイクや髪型についても気を付けるべき作法があります。今回は葬儀の際に女性が着用すべき喪服のマナーを、髪型やメイクも合わせて見ていきましょう。

目次

  1. 女性の喪服のマナーについて
  2. 喪服とは
  3. 女性の喪服について
  4. 女性の髪型やメイク、持ち物のマナー
  5. 女性の喪服のマナーについてまとめ

女性の喪服のマナーについて

困った人々

葬儀に参列する際、必ず着用することになるのが喪服です。
一般的に喪服は黒いスーツやワンピースといった、葬儀に着用する黒いものというイメージがあります。

そして男性であっても、また女性であっても葬儀の際に着用すべき喪服はあらかじめ決まったものがあるものです。
特に女性については喪服に限らず、メイクや髪型についても葬儀の際に適切とされるマナーがあります。

そこで今回終活ねっとでは、女性が葬儀に参列する際に適切とされる喪服について、詳しく見ていきます。
合わせて髪型やメイクについても、適切なものを見ていきますので、ぜひとも葬儀の準備をする際にご活用ください。

  • 喪服とはどのような服装なのか?
  • 葬儀で適切とされる女性の喪服とは?
  • 葬儀で適切とされる女性の髪型やメイク、持ち物のマナーとは?

葬儀に参列する必要がある場合に大変役立つ記事になっています。
ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

喪服とは

葬儀

よく見聞きする喪服ですが、具体的にどのようなものなのでしょうか。
まずは喪服がどのようなものであるのかについて、簡単にご説明します。

喪服は葬儀や法事の際に着用すべき服装です。
葬儀の厳粛な場に臨んだり故人を弔ったりするため、基本的に黒色など地味な色遣いのものを着用します。

喪服には正喪服と準喪服、平服の3種類があり、このうち正喪服は、葬儀・告別式の際にご遺族が着用する最も格式の高い服装です。
準喪服は、主に参列者が着用する黒いスーツやワンピースで、ご遺族もお通夜の際に着用します。

平服は普段着のことではなく暗色系のスーツやワンピースのことで、ご遺族から指定があった場合のみ、参列者が着用して良いとされるものです。

女性の喪服について

葬儀

喪服の大まかな種類について見てきたところで、ここからは女性が葬儀に参列する際にふさわしいとされる喪服やマナーについてご紹介します。
実は立場や儀式によって、喪服にまつわるマナーは様々です。

遺族側の場合

まずご遺族の女性が着用する喪服は、葬儀に参列する女性の中でも最も格式の高いものが選ばれます。
ここではご遺族の女性が着る喪服のマナーを、洋装と和装の場合に分けて見ていきましょう。

洋装の場合

女性のご遺族が洋装で葬儀に参列する場合は、黒系のスーツやワンピース、アンサンブルが基本的な服装となります。
下には黒いシャツを着用するのもマナーのうちです。

スカートについても、なるべく膝が露出しない程度の長さのものを着用します。
ひざ下が5センチに届かない場合は、それよりも長いスカートを用意するのが無難です。
加えてストッキングも黒色のものを着用します。
万一伝染した場合に備えて、予備のものをもう1組準備しておくと良いでしょう。

和装の場合

一方和装は、女性で故人にかなり近い人物が、葬儀・告別式で着用すべきとされているものです。
具体的には、故人の妻や娘などが和装を着用するのが一般的とされています。

和装で参列する場合は、黒無地で羽二重に染め付きの五つ紋が付いたものが基本です。
なお関西の場合は、地紋のない縮緬の和装がマナーとされています。
いずれの場合も、帯揚げや帯は黒で無地のものにするのが一般的な作法です。

なお和装を着用する際に欠かせない、襦袢(じゅばん)や足袋は白色で、草履など人目に触れやすい小物は黒色で統一するべきとされています。

親族側の場合

ご遺族ではなくご親族として参列する場合、女性が着用するべき喪服は以下のようなものです。
ただし基本的には、ご遺族と同じようなものを着用します。

洋装の場合

洋装についてはご遺族の女性と同じように、黒系のスーツやワンピース、アンサンブルを着用します。
インナーについても黒無地のブラウスを着用するのがマナーです。

スカートも膝が隠れるほど丈の長いものを着用します。
ストッキングも黒無地のものを着けるのがマナーです。

和装の場合

一方和装の場合は、ご遺族女性に比べると一回り格式の低いものを着用するのがマナーとされています。
具体的には、一つ紋の黒無地で地味なものを着用するというものです。
なお帯揚げや帯などの小物は、黒無地のもので統一するという点はご遺族の女性と同じといえます。

ご親族が和装で参列する場合も、襦袢や足袋は白色で、草履など人目に触れやすい小物は黒色で統一するのが作法です。

女性の髪型やメイク、持ち物のマナー

葬儀

葬儀に参列する際、女性がマナーの面で気を付けるべきなのは喪服だけではありません。
持ち物やメイク、髪型など身だしなみの点でもいろいろと気を付けるべき点があります。

この章では葬儀に参列する際に適切とされる女性の髪型やメイク、持ち物のマナーについて、いろいろと見ていきます。

メイク

葬儀に限らずフォーマルな場に参列する際に女性にとって欠かせないのがメイクです。
特に葬儀に参列する場合は、故人の冥福を祈る厳粛な場の雰囲気を壊さないようにするためにも、メイクには気を使う必要があります。

葬儀の場にふさわしいメイクは、片化粧と呼ばれるメイクです。
片化粧とは、口紅を使わずに、チークなども薄めに使う化粧のことを指します。
ただし当日体調が悪く、顔色も優れないように見えそうな場合に限って、血色良く見えるように口紅を薄く引くことは問題ありません。

髪型

次に髪型ですが、ロングヘアーなどのように長めであれば、ゴムなどを使って1くくりにまとめます。
ヘアゴムなどを使う場合は、黒や茶色など自然な外見に見えるような色のものを使うと良いでしょう。

もし髪が染めてある場合は、時間に余裕があれば美容院などに行って、黒く染めなおしてもらうのがおすすめです。
ただし染め直してもらう余裕がない場合は、黒色の染色スプレーを持参したうえで、葬儀に参列している間だけでも黒く見えるようにします。

女性が葬儀に参列する場合、靴は基本的にパンプスを履くのが一般的なマナーです。
具体的には黒無地で、光沢の目立たないものを履くようにします。
光沢が目立つものは、葬儀の場で派手な印象を与える光物とみなされて避けられるためです。

また靴の材質にも注意する必要があります。
具体的には、見た目が明らかに皮や革など動物のものを使って作ったものはNGです。
これは仏教で説かれている、生き物の命を奪ってはいけない不殺生の教えにそぐわないためという理由があります。

鞄についてもさまざまなマナーがあります。
まず手提げタイプやセカンドバッグタイプになっているものを選ぶのが一般的です。
加えて色についても、黒無地で光沢の目立たないものを持参します。
光沢に関しては、金具など輝きの強いものが極力付いていないものを選ぶと良いでしょう。

なお材質は靴と同じように動物由来のものではなく、布製のものがおすすめです。

アクセサリー

女性がフォーマルな場に顔を出す際は、男性の場合以上にアクセサリー関係のマナーが多いです。
ここでは葬儀に参列する際に守るべき、アクセサリー関係のマナーをご紹介しましょう。

なお葬儀の場で着用するのに一番無難とされているアクセサリーが、結婚指輪や婚約指輪です。
結婚指輪も婚約指輪も性別に関係なく葬儀の場で着けてきて良いとされています。
そして葬儀の場で着けて良いアクセサリーは、結婚指輪・婚約指輪とその他のアクセサリー1種類だけという組み合わせが原則です。

基本的に真珠を選ぶ

女性が葬儀に参列する際のアクセサリーについては、真珠のものを選んで着用するという点がポイントです。
これは真珠の形が涙のように見えるという理由によります。

つまり涙のように見える真珠のアクセサリーを着けていくことが、故人のご不幸に対する悲しい気持ちを示すことにつながるという意味です。
このため以下にご紹介するネックレスやイヤリングなどは、基本的に真珠性のものを選んで着用すると良いでしょう。

なお色については普通の真珠のほか、黒真珠でも問題ありません。

ネックレスは一連がマナー

女性がフォーマルな場に出席する際に着けられることが多いのが、ネックレスです。
ネックレスについては着けていく数に注意する必要があります。

ネックレスは一連のみであれば着けて良いというのが作法です。
二連以上着けていくことは、不幸の連続を連想させるという意味で縁起が悪いとされています。
このため、ご遺族やほかの参列者を不快な思いにさせないようにするためにも、一連だけ着けていくようにするのが無難です。

ピアス・イヤリングについて

ネックレスとともに女性がフォーマルな場に着用していくものが、ピアスやイヤリングです。
どちらも1粒だけであれば着けて良いとされています。
こちらについても、ネックレスの場合と同じように2粒以上着けることが不幸の連続を連想させるためです。

女性の喪服のマナーについてまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、女性が葬儀で着用する喪服のマナーについて、いろいろと見てきました。
今回の記事で触れた内容をまとめますと、以下に挙げられる各ポイントの通りです。

  • 喪服は葬儀や法事の際に着用するべきとされる服のことで、大まかに分けると正喪服と準喪服、平服の3種類がある。
  • 女性のご遺族が着用する喪服は黒のスーツやワンピースが基本で、インナーやストッキングも黒とするが、和装についてはご遺族とご親族とで若干異なる。
  • メイクは片化粧にし、髪型も長い場合はゴムでまとめ、靴はパンプスを着用し、鞄も手提げタイプで黒無地の布でできたものを持参し、結婚指輪と真珠のアクセサリーを着ける。

女性が葬儀に参列する際に着用する喪服は、基本的に黒のスーツやワンピースに、黒いインナーといういで立ちが基本です。
ただし和装についてはご遺族の方が羽二重に染め付きの五つ紋を着用するのに対し、ご親族はそれよりも少し格式の低いものを着用する点に注意が必要となります。

アクセサリーや持ち物関係でもさまざまなマナーがありますが、一度に覚える方のは大変です。
このため葬儀のことを考える際に時折確認していただけると良いでしょう。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

シェアする

「喪服・女性・マナー」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「喪服・女性・マナー」についてさらに知りたい方へ

お葬式参列時のマナーとは?服装や香典・焼香について詳しくご紹介!のサムネイル画像

お葬式参列時のマナーとは?服装や香典・焼香について詳しくご紹介!

火葬のマナーを解説!精進落としや焼香、服装のマナーとともにご紹介のサムネイル画像

火葬のマナーを解説!精進落としや焼香、服装のマナーとともにご紹介

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方も紹介しますのサムネイル画像

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方も紹介します

葬式の受付係に必要なマナーとは?事前にやることや仕事内容も解説のサムネイル画像

葬式の受付係に必要なマナーとは?事前にやることや仕事内容も解説

いざという時焦らないように!葬式でのお焼香のマナーのサムネイル画像

いざという時焦らないように!葬式でのお焼香のマナー

葬式に参列する際の正しいマナーとは?服装や香典のマナーも解説!のサムネイル画像

葬式に参列する際の正しいマナーとは?服装や香典のマナーも解説!

礼服に合わせる女性靴は?適切な種類や色や素材、ストッキングも紹介のサムネイル画像

礼服に合わせる女性靴は?適切な種類や色や素材、ストッキングも紹介

喪服の着物を詳しく解説!着る際のマナーや小物、髪形も紹介しますのサムネイル画像

喪服の着物を詳しく解説!着る際のマナーや小物、髪形も紹介します

知っておくべきお悔やみのマナーは?お悔やみの言葉や注意点も解説!のサムネイル画像

知っておくべきお悔やみのマナーは?お悔やみの言葉や注意点も解説!

お葬式の受付のマナーとは?誰が受付をするかも合わせて解説します。のサムネイル画像

お葬式の受付のマナーとは?誰が受付をするかも合わせて解説します。

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「喪服・女性・マナー」についてさらに知りたい方へ

お葬式参列時のマナーとは?服装や香典・焼香について詳しくご紹介!のサムネイル画像

お葬式参列時のマナーとは?服装や香典・焼香について詳しくご紹介!

火葬のマナーを解説!精進落としや焼香、服装のマナーとともにご紹介のサムネイル画像

火葬のマナーを解説!精進落としや焼香、服装のマナーとともにご紹介

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方も紹介しますのサムネイル画像

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方も紹介します

葬式の受付係に必要なマナーとは?事前にやることや仕事内容も解説のサムネイル画像

葬式の受付係に必要なマナーとは?事前にやることや仕事内容も解説

いざという時焦らないように!葬式でのお焼香のマナーのサムネイル画像

いざという時焦らないように!葬式でのお焼香のマナー

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと