喪中にお寺詣りをしてもいい?|神社・参拝・厄除け・注意点

喪中にお寺詣りをしてもいい?|神社・参拝・厄除け・注意点

喪中は亡くなった方のために喪に服し冥福を祈る期間です。喪中期間の過ごし方はよくわからないという方もいると思います。その中でも喪中にお寺参りをすることは可能なのでしょうか?今回は喪中にお寺詣りをすることは可能なのか、喪中の厄除けや注意点を解説します。

最終更新日: 2020年12月18日

喪中のお寺詣りは可能なの?神社は?

お墓

大切な方が亡くなれば、葬儀を行ったうえでお墓に納骨するのが一般的です。
同時にご遺族は大切な方のために一定期間の間、喪に服して冥福を祈る日々を送ります。
いわゆる喪中ですが、喪中の間は控えるべきことがいくつかあります。
これも故人の冥福を祈ることに集中するためといえるでしょう。

さて喪中に控えるべきことの中には、神社にまつわるものもあります。
神社は神道の建物であり、「寺社仏閣」といわれるようにお寺とひとくくりにされることも多いです。
そうなると、「喪中はお寺に行ってはいけないのか」という疑問も出てくるでしょう。

しかし喪中の間、お寺にお詣りできないとなると、菩提寺の場合は住職の方への挨拶や相談もできないことになります。
実際のところ、喪中はお寺に行ってはいけないのでしょうか。

そこで今回「終活ねっと」では、喪中にお寺へお詣りしてはいけないのかどうかについて解説します。

  • 喪中とはどのような期間なのか?

  • 喪中にお寺詣りをしても大丈夫なのか?

  • 喪中でも厄除けはできるのか?

  • 忌中に神社やお寺に行く際の注意点とは?

  • 宗派別の喪中に行った初詣への対応例とは?

今現在喪中を過ごしていてお寺にお詣りすべきかどうかに悩む方や、将来喪中を過ごす場合に備えたい方にとって大変役立つ内容となっています。

ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

喪中とは

葬儀

最初に喪中がどのようなものであるのかについて、簡単にご説明します。
喪中とは、故人が亡くなった日から1年間のことを指し、ご遺族が故人の冥福を祈って喪に服すための期間です。
同時に喪中の間は、おめでたい行事への参加や神社へのお参りも避けるべきとされています。

なお似た言葉に「忌中」もありますが、こちらは故人が亡くなってから四十九日を迎えるまでの期間です。
四十九日法要が終わった段階で忌中が明け、一周忌を経れば喪が明けると理解すると良いでしょう。

喪中にお寺詣りをしても大丈夫?

お墓

喪中に控えるべきとされる行為の1つに、神社へのお参りが挙げられるのは広く知られています。
しかし、神社仏閣と一括りにされているお寺へのお参りをすることは可能なのでしょうか?

ここでは喪中のお寺詣りについて解説します。

喪中のお寺詣りは可能

実は喪中の期間中にお寺へのお参りをしても問題ありません
神社とお寺が一緒のように見えるためによく間違われますが、神社は神道の建物であるのに対し、お寺は仏教の建物です。

そして仏教では、忌中や喪中にいつも通りお詣りしても、悪いことがあるわけではありません
仮に「喪中のお寺詣りをすると悪いことがある」と言われても、いわゆる迷信の類ですので心配しなくて大丈夫です。

むしろ喪が明けるまでの間は、菩提寺で葬儀や初七日法要や四十九日法要などの法事を行ったり、先々の法要のことで住職に相談したりすることもあるでしょう。

法事や相談をしたくても、喪中だから電話で相談するよう住職から言われることはありませんのでご安心ください。

神社への参拝には注意

一方神社については、喪中にお参りする際は注意するべきでしょう。

実は基本的に喪中の神社参拝は問題ありません
ただ神社の中には喪中にある方の参拝を控えるべきという考え方があります。

神道は穢れを避ける立場に立つため、少なくとも忌中は神社に参拝することは避けるべきという考え方です。

このように喪中については、基本的に参拝できるということになっていますが、もし気になるのであれば念のため神社への確認をし、心配であれば参拝を避けるというのも一つの手でしょう。

もし止むを得ない事情で神社に行かなければならない場合は、事前にお祓いをうけてもらい、参拝しましょう。

初詣の場合は?

喪中は故人が亡くなってから1年間を指しますが、そうなると喪が明けるまでに正月を迎えることになります。

喪中の初詣についても、基本的には正月以外の時期にお参りする場合と同じです。
つまりお寺への参詣は問題なく、神社に参拝する場合は事前に確認したほうが良いといえます。
特に受験や就活、特定の願い事がある場合は関係するお寺でお願いをする方が、後でわだかまりを感じることがないでしょう

神社にどうしてもお参りをしたい場合は事前に連絡して、相談しておきましょう。

成田山新勝寺や川崎大師はお正月の初詣として人気な場所となっています。

喪中のお正月と初詣についてさらに詳しく知りたいという方は以下のリンクもご覧ください。

喪中でも厄除けはできる?

神社

ここまで見てきたように、喪中の間はお寺への参詣は問題ありませんが、神社への参拝は避けるべきとされています。

ところで私たちの中には、年明けのタイミングに1年の無病息災を願うために、厄除けにご利益があるとされる寺社仏閣にお参りする方も非常に多いです。

人によって厄除けは大変重要なことに感じられるでしょうが、喪中に厄除け目的で参拝することは大丈夫なのでしょうか。
ここでは喪中と厄除けの関係について見ていきましょう。

お寺は可能だが神社なら忌中は避ける

厄除けについても、基本的には喪中のお寺や神社へのお参りと同じように考えます。
つまりお寺での厄よけは可能ですが、神社の場合は少なくとも忌中であれば極力避けた方がよいでしょう。

喪中にある状態で厄除けの目的で神社への参拝を考える場合も、やはり厄除けの時期以外にお参りする場合と同じように、基本的に問題ありません。

もし気になるのであれば、事前に神社に相談してみると良いです。

年末年始に不幸があり忌中が節分後も続く時

人が亡くなる時期は誰にも予想ができないもので、病状などによっては年末年始に亡くなる場合もあります。
このような場合に問題になるのが、年末年始にご不幸があったことで、忌中の期間が節分後も続くという点です。

実は厄除けは毎年元旦から節分の間に行われます。
もし節分を過ぎても忌中の期間が続くような場合、厄除けの時期を過ぎることになりますが、それでも厄除けはしてもらえるのでしょうか。

基本的には節分が過ぎると厄除けの受付は終わります
ただお寺によっては、節分後の厄除けも受け付けてもらえることもあるため、あきらめることなくお寺側に相談してみると良いでしょう。
一方神社の場合は、忌中であればもちろん避けるべきです。

忌中の神社・お寺詣りの注意点

困った人々

忌中は先ほども見たように、故人が亡くなってから四十九日までの間の期間を指します。
この時期は特に神社への参拝は控えるべきとされており、喪中の場合よりも注意が必要です。

もし忌中の時期にお寺や神社への参拝を考える場合、いくつか注意すべき点があります。
ここでは、忌中の神社・お寺詣りの注意点について解説します。

お守りは購入して良い?

忌中については、極力神社にお参りしない方が良いということでしたが、基本的にお守りは神社の中に入らなければ購入できません。
このため忌中の場合は、お守りの購入もあきらめた方が良いでしょう。

どうしても急ぎでお守りが欲しいのであれば、神社に相談したうえで、神職の方に鳥居の前でお祓いをしてもらったうえで中に入るか、友人などに頼んで買ってきてもらいましょう

お祓いを受けたうえで、中に入ればお守りも遠慮なく購入することができるでしょうし、友人に頼んで買ってきてもらえば、自分が神社に入る心配もありません。

喪中の期間は、お守りを購入しても大丈夫です。

鳥居以外なら入っても大丈夫?

神社といえば、「喪中に鳥居をくぐってはならない」という考え方があります。
それでは鳥居以外の場所から神社の敷地内に入ることは、問題にはならないのでしょうか。
確かに神社の中には、柵で囲っていないところも多く、鳥居以外の場所から入ろうと思えばできます。

しかし鳥居以外であれば無断で入ってよいということはありません
神社のある区域は、すべて神社に祀られている神様の区域です。

そして神社の中でも鳥居は、人々が参拝する際に通ることが許されている入口といえます。
鳥居をくぐってはいけないという意味には、神社の境内に入ってはいけないという意味も含まれているため、鳥居以外の場所から入るというのはマナー違反となるため、注意しましょう。

ただし、喪中であれば、神社を参拝しても問題ありません。

観光目的の場合は?

忌中の場合は、たとえ観光目的であっても神社への参拝は避けるべきでしょう。

一方喪中であれば、観光目的でも基本的に神社への参拝は問題ありません。
なかなかめったに来れない神社であれば、なおさらお参りして思い出を残すとよいでしょう。
それでも心配になるのであれば、念のため社務所などで問い合わせてみるとよいでしょう。

全国にある神社の中には、観光スポットも兼ねているようなところもあります。
特に明治神宮や伊勢神宮、厳島神社のような知名度の高い神社は、例年多くの観光客が参拝しに来るところで有名です。

安産祈願はできる?

ご遺族の中には、喪が明ける前に出産する予定の方もいるでしょう。
妊婦さん本人としては、出産に先立って安産祈願をしたり安産のお守りをいただいたりしたい方も多いのではないでしょうか。
果たして忌中に安産祈願はしてもらえるのでしょうか。

結論から書けば、お参りが忌中の時期にあたる場合は神社については控えましょう
忌中の場合は普通のお参りさえはばかられるものであるためです。
どうしても急ぎであれば、神職に相談したうえでお祓いを受けたうえで、祈願してもらうべきでしょう。

一方喪中の場合あればお寺も神社も問題ありませんのでご安心ください。

喪中の安産祈願でより詳しいことや有名な神社については、以下の記事をぜひともご参照ください。

宗派別の喪中の初詣への対応例

仏壇

ここまで喪中のお寺詣りは、神社の場合以上に問題ないということを見てきました。
しかし、喪中のお寺詣りについては、初詣のケースも含めて宗派ごとに対応の仕方が異なっているということはご存知でしょうか。

ここでは、喪中の初詣への仏教宗派ごとの対応について、浄土真宗と真言宗の例を挙げて解説します。

浄土真宗

浄土真宗は仏教の宗派の中でも、独特な考え方を持つ宗派として有名です。
実は浄土真宗には、忌中や喪中という考え方がないため、初詣する方が忌中や喪中の時期であっても、浄土真宗の寺院では受け入れてもらえます。
浄土真宗では亡くなった方はすぐに極楽浄土で成仏するという考え方に立つためです。

このため、故人の冥福を祈る目的がある忌中や喪中を必要ないものとみなしています。
また、浄土真宗のお寺は、商売繁盛や祈願成就といったお願いごとをする場所ではないので注意しましょう。

真言宗

弘法大師が開いたことで有名な真言宗でも、忌中や喪中に初詣をすることに対して抵抗はなく、特に喪中・忌中期間の参拝に制限も設けていません。

ただ真言宗の寺院で初詣のスポットとして知られているのが、先ほどあげたような成田山新勝寺や川崎大師です。
これらの寺院は毎年非常に多くの初詣客でにぎわうため、非常に混雑したりにぎやかになったりします。
もし喪中であることを気にして静かに初詣したいのであれば、3が日以外の日を選ぶなど工夫すると良いでしょう。

喪中のお寺詣りについてのまとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では、喪中の時期にお寺詣りすることは問題ないのかどうかについて見てきました。

今回の記事で触れた内容をまとめますと、以下のリストで挙げられる各ポイントの通りです。

  • 喪中とは、故人が亡くなった日から1年間のことで、故人の喪に服しつつおめでたいことは避けるのが一般的で、四十九日までの忌中よりも長めである。

  • 喪中のお寺へのお参りは、初詣の場合も含めて特に問題はなく、その理由として仏教では喪中であっても死の穢れはないと考えるためである。

  • 喪中の厄除けはお寺では問題なく、神社でも基本的に大丈夫であるが、忌中に神社で厄除けしてもらうことは避けた方が良い。

  • 忌中については特に神社の場合は注意が必要で、お守りの購入や鳥居以外からの出入り、観光目的などといった理由があっても、忌中の期間が明けるまで待つなどする。

喪中の期間はお寺への参詣も、また神社への参拝も特に問題はありません。
ただ忌中と喪中は意外と混同されがちであるため、喪中にお寺や神社にお参りすることに不安がある場合は、お参り先に相談すると良いでしょう。

一方で忌中の場合はお寺への参詣は問題ありませんが、神社については穢れを避けるという神道の考え方もあるため、避けるべきといえます。
どうしても参拝したいのであれば、神職に相談してお祓いを受けてからにすると良いでしょう。

喪中と忌中についてさらに知りたいという方は、以下のリンクもご覧ください。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事