告別式では御霊前?表書きの書き方は?|意味・宗派・マナー

告別式では御霊前?表書きの書き方は?|意味・宗派・マナー

告別式の際に持参する香典。香典を包んでいる香典袋には、表書きをすることが基本です。表書きに種類があり、御霊前もその一つになります。今回終活ねっとでは、告別式で渡す香典に書く御霊前についてご紹介をしていきます。

最終更新日: 2020年03月10日

告別式で渡す香典には御霊前と書く?

葬儀

訃報を受けて参列をする告別式。
告別式に参列する際には、香典を持参する必要があります。
香典には表書きをすることが基本となっています。

今回「終活ねっと」では表書きの一つである御霊前について、以下の内容を中心にご紹介していきます。

  • 表書きで使う御霊前って何なの?

  • 告別式で持参する香典に相場はある?

  • 告別式で香典を渡す際にマナーはある?

香典を持参する場合、正しく用意をしていないと遺族の方に対して大変失礼です。
表書きも重要なポイントになりますので、表書きの一つである御霊前がどういったものなのかしっかりと学んでいきましょう。

ぜひ最後までお読みください。

香典に書かれている御霊前について

葬儀

香典に書かれている御霊前は、どういったものになるのでしょうか。
ここでは、香典に書かれている御霊前について解説をしていきます。

表書きの献辞に使われる言葉

御霊前は、表書きの献辞として使われる言葉になります。
意味としては、亡くなった方の御霊にお供えをするといったものになります。

仏教の場合ですと四十九日法要までは御霊前が使えるのですが、四十九日法要後は御霊前を使用できなくなります。
これは、仏教では四十九日法要を過ぎると故人は仏になると考えられているからです。

多くの宗派で使える

仏教にはさまざまな宗派があるのですが、御霊前は多くの宗派で使用できる表書きとなっています。
しかし、浄土真宗では四十九日法要前であっても使用できないので注意が必要です。

御霊前は宗派だけでなく、他の宗教でも使用できる表書きでもあります。
告別式に参列する際に、宗教が分からない場合には御霊前と書くようにするといいでしょう。

御香典を使う場合は?

表書きには他にも種類があり、御香典と書く場合もあります。
御香典はどういった場合に使用するのでしょうか。

御香典は宗派を問わない表書きとされています。
仏式の告別式に参列する際に、どうしても宗派が分からない場合には御香典と表書きをしておくといいでしょう。

宗教別の香典の表書き

先程ご紹介した御香典は、仏式でのみ使用できる表書きです。
その他にも宗教ごとの表書きがあるので、以下にご紹介をしていきます。

  • 御仏前

    御仏前は仏式で使用できる表書きになります。
    四十九日法要が終了した後は、故人は仏になりますので御仏前と表書きをします。

  • 御玉串料・御榊料・御神饌料

    御玉串料や御榊料、御神饌料といった表書きは神式で使用されます。
    神式に関しても宗派はありますが、表書きに関しては違いはありません。

  • お花料

    お花料は、キリスト教の告別式などに参列する際に使用する表書きです。
    キリスト教では本来香典をお渡しするという風習はありませんでした。
    日本では香典を渡すため、この風習に合わせて行うようになりました。

御霊前がマナー違反となる宗派もある

宗派により考え方が違い、浄土真宗では即得往生という考えを持っています。
即得往生の考えでは、故人は亡くなった場合すぐに極楽へ往生できるというもので御霊の考えがありません。
そのため、御霊にお供えをするという意味がある御霊前は使用できないのです。

同様にプロテスタントでも、故人は亡くなってすぐに天に召されると考えているので御霊前は使用できません。

御霊前・御仏前・御香典の違いについてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

告別式で渡す香典の金額相場

葬儀

香典に書く御霊前についてご紹介をしてきました。
香典を用意する際には、表書きだけでなく香典の金額についても知識をつけておく必要があります。
ここでは、告別式で渡す香典の金額相場についてご紹介をしていきます。
ぜひ参考にしてみてください。

故人との関係性によって金額は変わる

告別式で渡す香典の金額相場は、故人との関係性により変わるとされています。
自分の家族に対して香典を包む場合と、友人に対して包む場合では相場は大きく違います。
ただ、ご友人であってもとても親しくされていたのであれば少し多めに香典を包むといった対応もできます。

金額相場はあくまで目安として考えるようにしておきましょう。

故人との関係性別の金額一覧

以下に故人との関係性別の金額相場をご紹介していきます。

  • 故人が祖父母の場合

    約1万円~約5万円程度

  • 故人が両親の場合

    約3万円~約10万円程度(喪主を務める場合は不要)

  • 故人が兄弟姉妹の場合

    約3万円~約10万円程度

  • 故人が友人の場合

    約5千円~約1万円程度

  • 故人が同僚や上司の場合

    約5千円~約2万円程度

新生活の場合

香典は故人へのお供え物であり、弔意を伝えるものです。
新生活を始めたばかりの場合ですと、金額相場分の香典を包むことが難しいこともあります。
そういった場合には、無理のない程度で香典を包むようにしましょう。

いくら包んでいるかということが重要なのではなく、弔意を伝えることが重要であるということを忘れないようにしましょう。

以下の記事では、香典の金額相場について詳しく解説をしています。
関係性別だけでなく、法要別の金額相場についてご紹介しています。
香典を包まれる際には、ぜひ参考にしてください。

告別式で渡す香典に関するマナー

葬儀

香典の金額相場についてご紹介をしてきました。
香典に関しては、金額相場や表書き以外にもマナーがあります。
ここでは、告別式で渡す香典のマナーについて解説をしていきます。

薄墨を使って書く

告別式に持参する香典の表書きは、薄墨を使って書くことがマナーとされています。
涙で墨が薄くなってしまった、涙で文字が滲み薄くなったなど悲しみを伝える意味で薄墨を使用するといわれています。

四十九日法要後ですと、薄墨ではなく通常の墨で書いても問題はありません。
以下の記事では、香典を薄墨で書く理由について詳しく解説をしています。
薄墨を使用して表書きをする際の注意点もご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

お金の入れ方

香典袋にお金を入れる場合、お金を入れるのではなく中袋に包むようにします。
また、この際にお金の向きに関してもマナーがあるので注意しておかなければいけません。

お金には表裏、上下が決まっています。
これがバラバラの状態で中袋に入れてしまうと、大変失礼です。
お金の向きは揃えて入れるようにしましょう。

また、香典には新札を入れてはいけないというマナーもあります。
新札を入れてしまうと、不幸が起きることを事前に予想していて準備したと思われるからです。
新札は避けるようにしておきましょう。

以下の記事では、香典袋へのお札の入れ方について詳しく解説しています。
お札の向きや、枚数についてもご紹介していますので覚えておくようにしましょう。

香典の渡し方

告別式で香典を渡す際に、渡し方にも注意しなければいけません。
香典を渡す際には、まず袱紗から香典を取り出して渡す必要があります。
また、無言で渡すのではなく一言お悔やみの言葉を述べてから渡すようにしましょう。

告別式で渡せなかった場合には、後日香典を郵送する方法や弔問した際にお渡しする方法もあります。
この場合もマナーがあるので、気をつけておかなければいけません。

以下の記事では、香典を渡すタイミングについてご紹介をしています。
また先程少しご説明した、お通夜や告別式に参列できなかった場合の渡し方についても詳しく紹介していますので、ぜひ一度ご覧ください。

袱紗での包み方

香典を葬儀会場へ持参する場合、香典袋の状態で持っているとマナー違反となります。
香典は受付の方にお渡しする直前まで、袱紗に包んで持っていくことがマナーとなります。
袱紗での包み方も決まっており、正しく包んで持参しておく必要があります。

以下の記事では、香典袋を袱紗で包む方法についてご紹介をしています。
袱紗がない場合に、ハンカチで包む方法も解説していますので参考にしてください。

告別式で渡す香典の御霊前についてまとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では、告別式で渡す香典の御霊前についてご紹介をしてきました。
以下に今回の記事の内容をまとめていきます。

  • 御霊前は表書きの献辞に使用される言葉である。
    故人の御霊へお供えするという意味がある。
    仏式では、四十九日法要を過ぎると故人は仏になると考えられているので、四十九日法要後は御霊前は使用できない。

  • 御霊前は多くの宗教で使用できる、汎用性の高い言葉である。
    告別式に参列する際に、宗教が分からない場合には御霊前と書くといい。
    御香典は、仏式で使用できる表書きで宗派を問わず使用できる。

  • 宗教別に使用する表書きが決まっているので、事前に確認しておく。
    御霊前は浄土真宗やプロテスタントでは使用できない。
    理由としては、これらの宗派では故人は亡くなると直ぐに成仏、天に召されると考えているので御霊という概念がないからである。

  • 告別式で渡す香典の金額相場は、故人と自分の関係性により変わってくる。
    自分の家族であれば香典の金額相場は高くなるし、顔見知り程度であれば相場は低くなる。
    香典は弔意を伝える手段なので、無理のない程度の金額を包むようにする。
    弔意を相手の方に伝えるということを重要視するようにして、相場はあくまで目安程度としておく。

  • 告別式に持参する香典の表書きは、薄墨を使用して書く。
    薄墨を使用することで、涙で墨や文字が薄くなってしまったという意味があり悲しみを伝えることができる。
    四十九日法要後は普通の濃さの墨で書いて問題ない。

  • 香典袋にお金を入れる際には、中袋にお金を包んでから入れる。
    中袋にお金を入れる際には、お金の向きを揃えていれるようにする。
    また、香典には新札を入れてはいけないというマナーもある。
    新札を入れてしまうと、不幸を事前に予想しており香典を用意していたと思われてしまう。

  • 告別式の会場で香典を渡す場合には、必ず袱紗から取り出して渡す。
    また、無言で渡すのではなくお悔やみの言葉を述べるようにする。
    告別式に参列できない場合には、後日香典を郵送する、弔問の際に香典を渡すといった方法もある。

  • 香典を持参する場合、葬儀会場まで香典袋の状態で持って行くとマナー違反となる。
    必ず袱紗に包んだ状態で、香典は持参するようにする。
    袱紗に包む方法も決まっているので、正しい包み方を学んでおく。

いかがでしたでしょうか。
御霊前は汎用性の高い表書きですので、参列する告別式の宗教が分からない場合に役立ちます。
香典に正しく表書きをして、しっかりと弔意を伝えられるようにしておきましょう。

「終活ねっと」では、この他にも葬儀に関する記事を多数掲載しております。
以下の記事では、香典袋の連名での書き方についてご紹介しています。
職場の方、友人、家族など連名でよくあるケースごとに書き方を解説していますので、ぜひ参考にしてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事