病院で危篤状態の家族に付き添いはできる?|重篤・差し入れ・準備

病院で危篤状態の家族に付き添いはできる?|重篤・差し入れ・準備

誰もが生きている限り必ず最後の時を迎えますが、まさに最期を迎えようとしている時に見舞われるのが危篤です。危篤となればご家族は心に動揺を覚えながらも付き添いをしたいのが人情でしょう。大切な方が危篤状態に陥った場合、付き添いは可能なのでしょうか。

最終更新日: 2020年03月10日

危篤状態の家族に付き添いはできるの?

誰もが生きている限り、必ず最後の瞬間を迎えることになります。
最期を迎えるのがご家族の誰かである場合、その方がまさに最期の瞬間を目の前にしている危篤に陥ったと聞かされると、誰もが動揺した気持ちになるでしょう。

一方で、その方の最期を看取りたいと考えるのが人情です。
はたして大切なご家族の方が危篤状態に陥った場合、病院での付き添いは可能なのでしょうか。

そこで今回「終活ねっと」では、危篤に陥ったご家族の付き添いが可能なのかどうかについて、詳しくご説明いたします。

  • 危篤状態になったご家族の付き添いは可能なのか?

  • 付き添いをしているご家族への差し入れはどうすれば良いのか?

  • 危篤状態に陥った際に準備すべきこととは?

万が一に備えて、ご家族が危篤状態に陥った場合の付き添いについて知っておきたい方にとって役立つ内容になっています。
ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

危篤と重篤の違いについて詳しく知りたい方は以下の記事をご参照ください。

また、お急ぎの方は今すぐお電話ください。「DMMのお葬式」の相談窓口スタッフが、迅速に対応いたします。

危篤状態の家族の付き添いについて

大切なご家族が危篤になった場合、なるべく近くで付き添いをしたいと考えるでしょう。
はたして病院で付き添いは可能なのでしょうか。
まずはこの点について見ていきましょう。

病院で泊まり込みで付き添いはできるの?

入院しているご家族の病状によっては、危篤状態が比較的長時間続くこともあるでしょう。
このような場合、泊まり込みをしてでもご家族のそばで付き添いをしたいと考える方もいますよね。

ここで気になってくるのが、はたして病院で泊まり込みの付き添いができるのかどうかという点です。
まずは危篤状態にあるご家族のために、泊まり込みで付き添いが可能かどうか見ていきましょう。

病状によっては可能

危篤状態のご家族がいるときに、泊まり込みで付き添いができるのかどうかについては、その方の病状によって左右されます。
危篤状態が非常に深刻な場合であれば、ご家族が泊まり込みで付き添いをすることに許可が出るでしょう。

医師の診断でもかなり危険な状態に陥っているという判断であるため、せめてご家族に付き添いのうえ看取ってもらおうという配慮と言えます。

何日くらい泊まり込みをするの?

泊まり込みで危篤状態のご家族の付き添いをすることになった場合、問題となってくるのが何日ほど泊まり込みをするのかという点です。
ここで1つ触れておくべき点に、24時間にわたって泊まり込みの付き添いをするだけでも、非常に疲れるという点があります。

言い換えれば1泊しただけでも、心身両面での負担が大きいということです。
このため泊まり込みで付き添いをするのは、長くても2日から3日に留めるべきでしょう。
ただそれでも心配になる気持ちは強いでしょうから、毎日のように無理ない範囲で病院に出かけると良いです。

早めに医師に相談をすること

もし泊まり込みで付き添いたいと考えているのであれば、早めに担当医師に相談して許可をもらう必要があります。

当然ながら宿泊日数と人数をきちんと伝えるべきです。
宿泊許可が下りた場合、病院側で宿泊用のベッドと道具を用意してもらえます。

場合によっては、宿泊すべきかどうかで判断に迷うこともあるでしょう。
そのような場合も担当医師などに相談すれば、適切な助言をしてもらったり宿泊を促されたりします。

病院での泊まり込みはかなり苦しい

先ほども触れましたが、病院に泊まり込みつつ付き添いをするのは、かなり負担の大きいことです。
大切なご家族がいつどうなるかわからない状態でずっと付き添うのは、肉体的にも精神的にも極度の緊張を強いられるためです。

また意外に感じられるようですが、危篤に陥っているご本人にとっても、ずっと付き添われているのは大変苦しい状態です。
意識不明の状態でご本人が眠るようにして亡くなる場合もありますが、病気によってはひどく苦しんで亡くなることもあります。

このように泊まり込みの付き添いは、危篤状態のご本人にとっても、それを見守るご家族にとっても大変苦しいことになりがちです。
特にご本人がひどく苦しむ状態を直視するご家族にとっては、非常に辛く感じられるでしょう。

泊まり込みで付き添いする必要はあるの?

場合によって可能な泊まり込みの付き添いですが、ここまで見てきたようにご本人とご家族双方にとって非常に苦しく感じられがちです。
読者の中には、危篤状態の際に泊まり込みで付き添うべきかどうかに疑問を持つ方もいるでしょう。
実際のところ、泊まり込みの付き添いは必要なのでしょうか。

基本的に病院は24時間体制

まず基本的に病院は24時間体制で動いており、夜中であっても何かあったときに備えて夜勤の看護師と宿直の医師が詰めています。
だからこそ全体として病院に入院している患者に何かが起こっても、比較的すぐに対応してもらえるでしょう。

患者が普通に入院していて、危篤とは程遠い状態にある場合は、病院で決まった面会時間以外は面会できないことになっています。

安定している場合は帰宅を勧められる

たとえ危篤状態であっても、奇跡的に病状が回復して安定することもあります。
もし病状が安定した場合は、医師や看護師から帰宅を勧められる場合もあるでしょう。
もし帰宅を勧められた場合は、心身の疲れを癒すためにも医師たちに任せて帰宅するのが良いです。

付き添いを促された場合

泊まりがけの付き添いを医師から促される場合もあります。
一見すると泊まりがけで付き添いができるということで、ほっとする気持ちでしょう。

しかし実は医師から泊まり込みの付き添いを促されることは、危篤状態がかなり深刻でいつどうなるかがわからないことを意味します。
このため泊まり込みの付き添いを促された場合は、その時点で心の準備も必要になってきます。

付き添いをしている家族への差し入れ

もし泊まりがけで危篤状態の方に付き添う場合、別のご家族や知人は差し入れをしたくもなるでしょう。
はたして付き添いをしているご家族に、差し入れを持参することはできるのでしょうか
ここでは付き添いをしているご家族への差し入れについて見ていきます。

泊まり込みが長期になる可能性がある

泊まり込みの付き添いがどのくらいの期間になるのかは、実のところ患者の病状によって異なってきます。
危篤状態に陥ってからすぐご臨終を迎える場合もあれば、比較的長期間にわたって危篤状態が続くこともあるでしょう。

ただ危篤状態で付き添いをしているご家族への差し入れは、基本的に必要ありません
いつどうなるかわからない状態で、差し入れを持っていくことはあまり良いことではないためです。
しかし数日から1種間にわたって泊まり込みが必要な場合は、付き添いのご家族のために差し入れを持参することもできます。

どんな差し入れを持って行くといいの?

もし付き添いをしているご家族のために差し入れを持っていくとしたら、どのようなものを持参すると良いのでしょうか。
一般的には付き添いをしている方にとって、あると助かるものが良いでしょう。

具体的には飲み物や食べ物類、お菓子類などがおすすめです。
長期間の付き添いをしている場合、付き添っている側は患者のそばを離れたくない気持ちになっているものの、心身が非常に疲れ果てています。

また場合によっては見舞金をお渡しするやり方もありますが、あまり早いタイミングでお渡しすることは、ご本人の危篤を予期していたと思われがちですので避けましょう。

危篤状態の際の準備

大切な方が危篤状態に陥った場合、ご家族にできることに何があるのでしょうか。
ここでは危篤を告げられた場合に、ご家族ができることや準備すべきことをご紹介します。

連絡をする

大切な方が危篤状態に陥った場合、ご家族が最初にやるべきことが患者にゆかりのある方たちに連絡することです。
連絡する手段としてさまざまなものが考えられますが、最も迅速かつ的確な連絡手段として電話が良いでしょう。

電話であれば、直接相手に声で危篤の連絡ができます。
加えて、「落ち着いて聞いてほしい」という旨の前置きを入れるだけで、相手のショックを和らげる効果があるのもメリットです。

家族や親族への連絡

ご家族やご親族に連絡する場合、具体的に誰に連絡すれば良いのかは気になることでしょう。
一般的には、患者から見て三親等のご親族までが良いとされています。

三親等は親戚の叔父・叔母や甥・姪まで含まれる範囲です。
いわば患者に直接関係のあるご親族に連絡すると良いでしょう。

会社への連絡

ご家族が危篤状態になった場合、危篤状態が長期間に及んだりご逝去して葬儀を行う必要が出てきたりした場合は、会社にも連絡が必要です。
会社側も1日から3日程度であれば、了承してくれるでしょう。

ただし比較的長期間にわたって危篤状態が続く場合は、会社の上司と定期的に相談しながら休みの許可を取るかどうか検討するべきです。

以下の記事で危篤時の連絡について解説をしていますのでぜひご参考にしてください。

宗教に関する準備

ご家族が危篤状態に陥った場合、万一に備えて宗教者を呼ぶ準備も必要です。
日頃お世話になっている菩提寺や教会の連絡先を確認したうえで、なるべく早く来てもらうようにしましょう。

菩提寺への連絡

菩提寺がある場合は、なるべく早く連絡することが大切です。
危篤状態が続いているようであれば、連絡の際にご家族の状況を伝えておきましょう。
ただしあまりにも危ない状態であれば、葬儀の段取りもした方が良いです。
なお菩提寺が遠くにある場合は、より早いタイミングで連絡する必要があります。

神父、牧師への連絡

もし危篤状態のご家族がクリスチャンである場合は、日頃お世話になっている教会の神父または牧師に早めに連絡しましょう。
キリスト教では危篤状態に陥ったご家族がいる場合、神父や牧師が導く形で臨終前の儀式を行うためです。

なおキリスト教で行われる臨終前の儀式については、よくわからなくても問題はありません
神父や牧師がいろいろと説明しながら儀式を導くため、彼らの言うとおりに動けば大丈夫です。

手続きに関する準備

万一の場合に備えて手続きの準備も必要です。
最も重要なものが死亡届に関するものと、葬儀社に関することです。

死亡届については、ご臨終を迎えてからなるべく早めに提出する必要があります。
葬儀社が代行してくれる場合もありますが、早めに署名・捺印や必要事項の記入をしておけばスムーズに手続きできるでしょう。

葬儀社についても臨終後すぐに依頼できるように、連絡先などを確認しておきます。
できれば依頼する際に搬送の手配もしておくと良いでしょう。

危篤状態の家族の付き添いについてまとめ

今回「終活ねっと」では、大切な方が危篤状態に陥った場合に、ご家族が付き添いできるかどうかについて見てきました。
今回の記事で触れた内容をまとめますと、以下に挙げられる各ポイントの通りです。

  • 危篤状態になった場合、ご家族の付き添いは病状によっては泊まり込み付きで可能だが、泊まり込みの付き添いは大変苦しいことを理解しておく必要がある。

  • 付き添いをしているご家族への差し入れは、危篤状態が長引く場合はしても問題はなく、品物は飲食類が特に良い。

  • 大切な方が危篤状態に陥った場合にご家族ができる準備として、ご親族などへの連絡や宗教関係の準備、手続きの準備がある。

大切なご家族の方が危篤状態に陥った場合、状況によっては泊まり込みでの付き添いもできます。
しかし泊まり込みでの付き添いが許される場合、ご本人にとってかなり深刻な状態であるため、ご家族の側も万一の時に備えて覚悟が必要でしょう。

加えて万一ご本人が亡くなった場合、ご家族も葬儀の準備や手続きなどで非常に忙しくなります。
このため大切な方が危篤状態に陥った時点で、どうすれば良いのかについても知っておくことが大切です。
危篤状態の際に付き添いたい場合は、当記事の内容を思い返していただければと思います。

「終活ねっと」では他にも様々な記事を掲載しております。
以下では危篤での休みが忌引き扱いになるのかについて解説をしていますので、併せてご覧ください。
今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事