葬儀場って混雑するの?火葬場の混雑や葬儀の流れなども合わせて解説

葬儀場って混雑するの?火葬場の混雑や葬儀の流れなども合わせて解説

葬儀はどこで執り行われているかご存知ですか?最近ではご自宅での葬儀よりも葬儀場で葬儀を執り行うの方が多く、葬儀場の需要が増加しています。そこで今回は葬儀場の混雑について、火葬場の混雑や葬儀の流れも合わせて解説します。

2019-08-12

葬儀場って混雑するの?

葬儀

一昔前までは葬儀はご自宅で執り行われることが多かったですが、最近では葬儀場で執り行うのが一般的です。
葬儀場で葬儀を執り行う方が多いというお話を聞くと、いざ葬儀場を予約しようと思った時に混雑を心配される方もいるのではないでしょうか。

そこで今回終活ねっとでは、葬儀場の混雑について下記の点を中心に解説します。

  • 葬儀場が混雑している要因は?

  • 火葬場が不足して混雑が見込まれるって本当?

  • 葬儀場での葬儀の流れをご紹介

お通夜や葬儀を執り行うには場所が必要ですが、前もって葬儀場を予約をするということはできません。
そのため、お通夜や葬儀を執り行う葬儀場の予約が希望通りに取れなかったという経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

この記事では葬儀場・火葬場の混雑と葬儀の流れについて解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀場の混雑について

葬儀

一昔前までは葬儀はご自宅で執り行うのが一般的でしたが、最近ではお通夜や葬儀を葬儀場で取り行う方が増えています。
それに伴って葬儀場が混雑することも多く、お通夜や葬儀の際に葬儀場の予約が希望通りに取れなかったという方もいるのではないでしょうか。

では、なぜお通夜や葬儀を葬儀場で取り行う方が増えているのでしょうか?

ここでは葬儀場の混雑について、詳しく見ていきましょう。

葬儀場の需要が増加している

一昔前まではご近所同士のつながりも強く、ご近所の方が亡くなった場合にはご自宅で葬儀を執り行い、ご近所みんなで故人を偲ぶというのが一般的でした。
しかし、最近ではご近所付き合いが希薄化し、隣に住んでいる方を知らないということも珍しくありません。

また、都市部では特にマンションに入居する方が増加し、ご自宅にご遺体を運び込むのが難しくなりました。
これらの事情からご自宅での葬儀が減少し、葬儀場の需要が増加していると考えられます。

高齢化による1年間の死亡数の増加

葬儀場の混雑の要因の一つには、高齢化による死亡者数の増加があります。
日本は高齢化社会を背景に死亡者数が年々増加しており、2016年の死亡者数は129万人で、2040年には170万人と予想されています。

1年間の死亡者数の増加により葬儀が増加し、葬儀場の混雑の要因となっています。

遺体安置期間の長期化

日本の法律で死亡から24時間は火葬がでませんので、必ずご遺体の安置が必要になります。
一般的にご臨終の翌日に葬儀を執り行い、翌日に葬儀と火葬の流れになりますが葬儀場が混雑していると予約が取れず、ご遺体の安置期間が長期化します。

ご遺体の安置期間が長期化すると、費用の増加にもつながりますので注意が必要です。

事前に葬儀プランを決めておくことが重要

葬儀は突然くるものなので、悲しみの中でいろいろと準備するのはとても大変です。
何の知識もない状態で1から葬儀社や葬儀プランを決めようとすると、決断に時間がかかることも予想されその分葬儀の手配が遅れます。
そのため、事前に知識としてどの葬儀社でどの葬儀プランを執り行うかを決めておくことはとても重要です。

火葬場が不足し混雑が見込まれる?

困った人々

先程、高齢化社会を背景とした死亡者数の増加が葬儀場が混雑する要因の一つというお話をしましたが、葬儀場だけでなく火葬場も不足し混雑が見込まれます。
特に人口が密集する大都市では火葬場の不足が顕著です。

全国に約5100か所ある火葬場ですが、東京都には26か所の火葬場しかありません。
明らかに人口に対する火葬場の数が少なく、混雑が予想されています。

火葬場の運営は、民営の火葬場もありますが大部分は公営の火葬場になります。
民営の火葬場の増加は、建設場所の確保や建設費用の高さから容易には数を増やすことが難しいとされています。

葬儀場での葬儀の流れについて

葬儀

ここまでお通夜や葬儀を執り行う葬儀場と火葬場の混雑についてお話してきました。
それでは、お通夜から葬儀・告別式、火葬まではどのような流れで行われるのでしょうか?

葬儀の形式や葬儀場(ご遺体の安置・宿泊・会食などの可否)によって多少流れは異なりますが、葬儀場での基本的な葬儀の流れについてご紹介します。

お通夜の流れ

基本的なお通夜の流れは以下の通りです。

  • ご遺族が会場到着

    余裕を持って1時間~2時間前には到着するようにしましょう。

  • 会場の準備

    受付・祭壇は葬儀社が担当します。
    礼状・返礼品・僧侶への挨拶はご遺族が担当します。

  • 受付開始

    開式の30分前には受付を開始しましょう。

  • 開式

    開式の15分前には着席して僧侶を待ちましょう。

  • 読経・焼香

    僧侶が読経・焼香を行います。
    その後、故人との縁が深い順に喪主→ご遺族・親族→一般参列者の順で焼香を行います。

  • 閉式

    閉式では喪主から謝辞・挨拶を述べます。

葬儀・告別式の流れ

基本的な葬儀・告別式の流れは以下の通りです。

  • ご遺族が会場に到着

    余裕を持って1時間前には到着しておきましょう。

  • 会場の準備

    お通夜と同じ会場で行う場合は、受付や祭壇の設営は必要ありません。
    弔辞・弔電の確認をしておきましょう。

  • 開式

    開式の15分前には着席して僧侶を待ちましょう。

  • 読経・弔辞・弔電

    僧侶の読経の後に、弔辞・弔電が奉読されます。

  • 焼香

    僧侶の焼香の後に、喪主・ご遺族に続いて一般参列の焼香が行われます。

  • 閉式

    僧侶の退場後に、司会者が閉式を宣言して終わりになります。

閉式の後は、出棺になります。
ご遺体を霊柩車にのせて火葬場に移動します。

下記の記事では、葬儀場の基本的な流れを説明しています。
また、葬儀開始から終了までの注意点も紹介していますので、ぜひあわせてご覧ください。

葬儀場の混雑についてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?

今回終活ねっとでは、葬儀場の混雑について解説してきました。
内容をまとめると以下のようになります。

  • 葬儀場の混雑については、ご自宅よりも葬儀場で葬儀を執り行う方が増えたために混雑するようになりました。
    これにはご近所付き合いの希薄化による自宅葬儀の減少や、マンションへ入居する人が増えたため、ご自宅にご遺体を運び込むことが難しくなったことなどが要因として考えられます。

  • また、葬儀場の混雑の要因には、高齢化社会を背景とした死亡者数の増加もあります。
    葬儀場の混雑により予約が取れないために、ご遺体の安置期間の長期化が懸念されます。
    事前に準備をしておかないと決断に時間がかかることが予想されるため、事前に葬儀社や葬儀プランを決めておくことは重要です。

  • 葬儀場の混雑と同じように、火葬場が不足し混雑が見込まれます。
    特に人口が密集する大都市では、火葬場の不足が顕著です。
    全国に5100か所ある火葬場ですが、東京都には26か所しかありません。

  • 葬儀場での葬儀の流れについては、お通夜の流れは①ご遺族が会場到着②会場の準備③受付④開式⑤読経・焼香⑥閉式になります。
    葬儀・告別式の流れは①ご遺族が会場に到着②会場の準備③開式④読経・弔辞・弔電⑤焼香⑥閉式になります。
    閉式の後は出棺で火葬場にご遺体を移動します。

この記事で葬儀場の混雑についてご理解いただけたのではないでしょうか。

亡くなられる方の高齢化によって喪主の高齢化も進み、喪主の負担軽減や参列者数の減少により小規模な葬儀を希望する方が増えています。
また、都市部では身内が一人もいないケースも増加していて、葬儀社を通さない葬儀なども増えているようです。

この他にも、終活ねっとでは葬儀に関する記事を多数掲載しています。
ぜひ、あわせてご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀場・混雑」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料