互助会に入会した場合の斎場はどうなるの?互助会の注意事項も解説!

互助会に入会した場合の斎場はどうなるの?互助会の注意事項も解説!

冠婚葬祭のために互助会に入会している方も多いと思います。互助会に入会していると割安で斎場が利用できたり、その他にも様々なサービスを受けることができます。今回は互助会に入会した場合の斎場はどうなるのかについて、互助会の注意事項とあわせて解説します。

最終更新日: 2019年08月30日

互助会に入会した場合の斎場について

葬儀

冠婚葬祭に備えて互助会に入会している方も多いと思いますが、入会している場合に利用できる斎場についてご存知ですか?
互助会に入会すると斎場が割安で利用できたり、その他にも様々なサービスを受けることができます。
しかし、互助会で利用できる斎場やプランには決まりがあります。

そこで今回「終活ねっと」では互助会に入会した場合の斎場について下記の点を中心に解説します。

  • そもそも互助会ってどんなもの?

  • 互助会に入会した場合に利用できる斎場は?

  • 互助会に入会するメリットにはどんなものがあるの?

  • 互助会に入会する際に気をつけるポイントは?

以上の点を中心に解説します。

結婚式や葬儀などを執り行うには、決して安くない金額がかかります。
その費用の準備として互助会に入会している方も多いと思いますが、互助会で利用できる斎場やプランには決まりがあることをご存知ですか?

互助会を利用する際に慌てないでいいように、互助会で利用できる斎場の種類や注意事項について詳しく解説します。
ぜひ最後までご覧ください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

互助会とは

困った人々

そもそも互助会とは、将来の冠婚葬祭に備えて月々積み立てることにより、掛け金に応じたサービスを受けることができるシステムです。
互助会は相互扶助の考え方から生まれたもので、個人個人は少額の積み立てでもみんなで積み立てることとで、利用する際には割安で利用できるようになっています。

互助会と保険の違いは保険は積み立てたお金を現金で受け取りますが、互助会は掛け金に応じたサービスで受け取る点にあります。

互助会はどの企業でも行える事業ではなく、経済産業大臣の営業許可が必要な事業です。

互助会に入会した場合の斎場とは

葬儀

互助会に入会し月々積み立てを行うことで斎場を割安で利用できますが、互助会に入会しているとどんな斎場を利用できるのでしょうか?

互助会と一言にいっても、日本全国で多くの企業が互助会のサービスを展開しています。
入会した互助会によって利用できる斎場も受けれるサービスも異なります。

ここでは互助会に入会した場合に利用できる斎場についてご紹介していきます。

互助会が所有する斎場を使用する

互助会に入会している場合に利用できる斎場は、基本的には互助会が所有する斎場になります。
その地域限定で互助会のサービスを展開している企業の場合は、自社で所有する斎場の場合が多いです。

もしも、お住まいの地域以外の斎場の利用を考えている場合は、入会する互助会が対応する斎場かどうかを事前に確認しましょう。

互助会が提携する斎場から選ぶ

互助会に入会している場合に利用できる斎場には、上記で紹介した直営の斎場以外にも提携する斎場から選ぶ事もできます。
互助会によっては、関東地方・九州地方のように地方一帯に提携斎場がある互助会もありますし、日本全国に提携斎場をもつ互助会もあります。

互助会に入会するメリット

葬儀

葬儀費用の全国平均は200万円程度と言われています。
決して安くない金額がかかる葬儀費用への準備として、互助会に入会して月々積み立てるのは有効な方法の1つだと思います。

ここでは互助会に入会するメリットについて見ていきましょう。

葬儀のために計画的に資金を貯められる

互助会のメリットには、葬儀のために計画的に資金を貯めることができる点があります。

互助会にもよりますが、月々2,000円~5,000円などの少額な金額から始めることができます。
積み立て回数もプランによって20回・40回・80回・一括など選ぶ事ができます。
積み立て途中に葬儀を行うことになった場合は、残金を一括清算することで互助会のサービスを受けることが可能な互助会が多いです。

互助会によって内容が異なりますので、事前に確認してください。

葬儀に際して手厚いサービスがある

互助会のメリットには、葬儀に対して手厚いサービスがあるという点があります。

葬儀プランの一般価格から積立金と互助会会員割引を差し引いた価格になりますので、一般価格よりも割安な料金で葬儀を執り行うことができます。
また、積立金を完納後にすぐ利用する必要はなく、何年後でも葬儀が必要になった時に利用できます。
完納後からかなりの時間が経過していても、景気や物価の変動を考慮したサービスが提供されます。

さらに、ご家族の方が互助会に入会している場合は加入者のご家族の方もサービスを利用できることがあります。

こちらも互助会によって内容が異なりますので、事前に確認してください。

互助会に入会する際に気をつけること

困った人々

先程は互助会に入会するメリットをご紹介しましたので、ここでは互助会に入会する際の注意点をご紹介します。

互助会に入会する際は、解約手数料や葬儀プラン、積立の費用について注意するポイントがあります。
それではそれぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

解約手数料が高い

互助会は何らかの理由で解約したい場合は、加入者の申し出により解約することができます。
ただし、解約しても掛け金の全額が戻るわけではありません。

掛金残高から解約手数料を差し引いた金額が払い戻されます。
積立回数が0~5回のように少ない場合は、入会している互助会によっては払い戻されない場合もありますので注意が必要です。

解約手数料は互助会によってことなりますが、掛け金に対して10%程度の解約手数料がかかる互助会もありますので解約手数料は高額になってきます。

互助会の解約についてはこちらの記事でも詳しく説明しています。
ぜひ合わせてお読みください。

互助会の葬儀プランから選ぶことになる

互助会に入会する際に気をつけることとして、葬儀プランがある程度決まっているという点があります。
互助会に入会し葬儀を割安で執り行うには、互助会が指定した葬儀プランから選ばないと互助会を利用できません。

もしも、葬儀を自由度が高く凝った作りにしたいとお考えの場合は互助会の利用が難しいかもしれません。
また、すべての葬儀の形式(一般葬・家族葬・一日葬・直葬など)に対応しているとも限りません。

前もって利用できる葬儀プランを確認することをおすすめします。

積立は葬儀費用の一部である

互助会に入会する際に気をつけることとして、積立は葬儀費用の一部であるという点があります。
互助会に入会し決められた葬儀プランから選べば、一般価格よりも割安で執り行うことはできますが、あくまでも積立は葬儀費用の一部に充てられるだけで、不足分は支払う必要があります。

規模の大きな葬儀プランを選んだ場合は、不足分が100万円以上になる場合もあります。
互助会に入会していても、不足分を支払うお金は用意しておく必要があります。

互助会に入会した際の斎場についてのまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回「終活ねっと」では、互助会に入会した際の斎場について解説してきました。
内容をまとめると以下のようになります。

  • 互助会とは、月々の積み立てで掛け金に応じたサービスを受けることができるシステムです。
    互助会と保険の違いは、積み立てを現金で受け取るか、掛け金に応じたサービスで受け取るかにあります。

  • 互助会に入会した場合に利用できる斎場は、互助会が所有する斎場か互助会が提携している斎場になります。
    互助会に入会しているからといって、全国どの斎場でも利用できるわけではありませんので注意が必要です。

  • 互助会に入会するメリットには、葬儀のために計画的に資金を貯められる・葬儀に際して手厚いサービスがあるなどがあります。
    互助会は少額から積立てることができ、積立回数も選ぶ事ができます。
    積立て途中でも残金を一括清算すれば利用することができます。

  • 互助会に入会している場合は、一般価格よりも割安な価格で葬儀を行うことができます。
    ご家族が互助会に入会している場合は、加入者のご家族であれば利用できます。

  • 互助会に入会する際に気をつけることは、解約手数料が高いということがあります。
    互助会の葬儀プランから選ばないと割引などのサービスが受けられません。
    積立は葬儀費用の一部でしかないため、不足分は支払う必要があります。

以上の内容について解説してきました。

この記事で互助会に入会した際の斎場についてご理解いただけたのではないでしょうか。

互助会は決められた斎場で決められた葬儀プランで葬儀を執り行うのであれば、将来の葬儀費用に備える対策としては有効な手段です。
しかし、葬儀を少人数の家族葬で行う場合などは、互助会の用意するプランが利用できないこともありえます。

この記事を参考に互助会のメリット・デメリットをしっかりと吟味し、互助会に入るかをしっかりと検討してみることをおすすめします。

この他にも、「終活ねっと」では葬儀に関する記事を多数掲載しています。
ぜひ、あわせてご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事