危篤の際にかける言葉|重篤・ビジネス・英語・上司・本人・彼氏

危篤の際にかける言葉|重篤・ビジネス・英語・上司・本人・彼氏

親しい方が危篤に陥ると、どのような言葉をかけるべきなのかがわからなくなるでしょう。しかし危篤の際にかける言葉についてあらかじめ知っておくと、落ち着いて言葉をかけられるうえ、後で悔やむことがありません。今回は親しい方が危篤に陥った時にかける言葉を見ていきます。

最終更新日: 2020年03月10日

危篤の際にかける言葉はどうすればいいの?

ある日突然、ご自身にとって親しい方の病状が悪化して危篤状態になったとき、多くの方がどのような言葉をかけるべきなのかに戸惑うでしょう。

それも無理のないことで、危篤に陥っている方のご家族と同じように、危篤の報を聞いた方ご自身も落ち着きを失って動揺しているためです。
加えて、ご家族や危篤に陥っている方本人にかけるべき言葉もつい考えてしまいがちでしょう。

ただ前もって危篤の方やご家族にかける言葉を知っておくと、親しい方が実際に危篤に陥っても落ち着いてご自身の気持ちを伝えられます。
加えて万一のことがあった後で、親しい方にかける言葉をきちんとかけなかったことで、悔やんだり苦しんだりすることもありません。

そこで今回「終活ねっと」では、親しい方が危篤に陥った際にかける言葉を詳しく見ていきます。

  • 危篤状態とはどのようなものなのか?

  • 危篤の際にご家族や本人にかける言葉とは?

  • 危篤の際に送るメールとは?

  • 危篤の際にお見舞いするときのマナーとは?

危篤の際にかける言葉について知っておきたい方にとって大変役立つ内容となっています。
ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

危篤と重篤の違いについて詳しく知りたい方は以下の記事をご参照ください。

また、お急ぎの方は今すぐお電話ください。「DMMのお葬式」の相談窓口スタッフが、迅速に対応いたします。

危篤状態とは?

病人関係で聞くことがある「危篤」の状態ですが、具体的にどのような状態なのでしょうか。
ここではまず、危篤がどのような状態のことを指すのかや、危篤状態にある方のご家族がどのような気持ちになるのかについて見ていきましょう。

危篤ってどんな状態?

危篤状態とは、病状が医師も手を施せないほどに深刻で、いつ臨終を迎えてもおかしくない状態のことを指します。
このような場合、危篤に陥っている病人のご家族や親しい知人・友人などが病院に来て、ご本人の最期に立ち会うことが多いです。

しかし危篤になったとはいえ、病人が最期を迎えるとは限りません
むしろ危篤状態から病状が回復することもあります。
加えて危篤状態から最期を迎えるまでの時間も個人差があるため、すぐに亡くなる場合もあれば数日ほどそのままの状態であるなどさまざまです。

危篤状態の家族の心理とは?

危篤状態はいつ最期を迎えるのかがわからないため、危篤に陥っている病人のご家族も気持ちの面で非常に不安定です。
このため、ちょっとした言動でご家族が不快に感じたり傷ついたりすることもあります。

このような理由から、危篤状態に陥っている病人のご家族がいる前では、軽はずみな言動は避けるべきです

危篤の際にかける言葉

親しい方が危篤状態に陥ると、ご家族から連絡を受けて病院に駆けつけることが多いです。
しかし病室に着いたときに、ご家族やご本人にかける言葉で悩む方もいるでしょう。
ここでは、危篤状態の病人やそのご家族にかける言葉や、その際の注意点について詳しく見ていきます。

どんな言葉をかけるべきか?

一言で危篤状態の方がいる場合にかける言葉といっても、ご本人にかける場合やご家族にかける場合などいくつかのパターンがあります。
ここではパターン別に、危篤状態の方がいる場合にかける言葉を見ていきましょう。

友人などの家族の危篤を知らされた場合

危篤状態で言葉をかける際によくあるのが、友人など親しい方の家族が危篤状態にあるという知らせを受けた場合です。
このような場合にかける言葉として、以下のようなものが挙げられます。

  • 「それは早く行ってあげてください。ご本人も皆さんも待っているはずですから。」

  • 「辛くてたまらないときは連絡をください。お話を聞くだけならできますから。」

  • 「今日は早退で良いですので、早く行ってあげなさい」(職場の上司が知らせを受けた場合)

このように親しい方のご家族が危篤に陥った場合は、基本として早く病院に行くように促すのが一般的です。
もし親しい方が動揺しているようであれば、タクシーを呼んだり、病院かその近くまで車で送ってあげたりしても良いでしょう。

また、下記の記事では友人の母親の葬儀に参列すべきかどうかについて詳しく紹介しています。
ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。

危篤状態の本人にかける言葉

次に病院に駆けつけて危篤状態にある本人にかける言葉も見ていきましょう。
以下にご紹介する文例が適切ですので、ぜひともご参考にしてください。
まず危篤に陥っているのが、ご友人など極めて親しい方の場合から見ていきます。

  • 「○○だよ。今着いたよ。」(危篤に陥っているのが友人などの場合)

  • 「まだ死なないでほしい。元気になったらまた一緒に旅に行こう。」

危篤状態に陥っているのが友人などの親しい方の場合、日ごろ話しかけるのと同じような口調でご本人に話しかけると良いでしょう。
また別れを惜しむ文言でも良いです。
次に危篤状態になっているのが仕事関係の方の場合も見ていきます。

  • 「○○です。日ごろお世話になっております。」

  • 「○○です。いつも仕事だけではなく、仕事以外の面でもいろいろとよくしてくださりありがとうございます。」

危篤状態に陥っているのが仕事関係で付き合いのある方の場合は、日ごろお世話になっていることへの感謝を伝えるのが一般的です。

英語で言葉をかけるには?

現在では一昔前に比べて国際化が進んでいることもあり、外国の友人やビジネス上のパートナーを作る機会も格段に増えています。
このため、外国人の知人や友人が危篤状態に陥った時に立ち会って、英語で言葉をかけることも多いでしょう。

英語では危篤状態の際にどのような言葉をかければ良いのでしょうか。
ここでは英語でかける言葉についても見ておきます。
コツは日ごろの自分らしく伝えたいことをはっきり伝えるという点です。

  • 「This is ○○.I'm coming here!(○○だよ。今来たよ!) 」

  • 「I want to play with you again, after You will recover.(君が元気になったらまた一緒に遊びたいよ。)」

基本的に外国の友人や知人が危篤の状態でも、別れを惜しむような気持ちで自分の思っていることを伝えると良いでしょう。

言葉をかける際の注意点とは?

危篤状態に会う知人や友人の本人やご家族に言葉をかけることは、後のことまで考えて発言することもたしかに大切です。
しかしどのような言葉をかけても良いわけではなく、むしろかけるべきではない言葉もあります。
実際に危篤状態の方やそのご家族に言葉をかける際は、次のような文言に注意するべきです。

まず挙げられるのが「ご愁傷様です」で、こちらはすでに亡くなった方のご家族に対して使われます
しかし危篤状態はまだ臨終を迎えていない状態です。
「ご愁傷様です」と使うとご家族が非常に不快な思いをすることから、使わないようにします。

ほかにも「しっかりして」といった励ますような言葉も使ってはいけないものです。
一見親切心から励ましているように見えますが、すでにご家族の方が頑張りすぎて張りつめている状態であるため、使わない方が無難でしょう。

危篤の際に送るメールについて

もし危篤の報を受けた際、何らかのやり取りをする必要が出てきます。
ここでは、危篤の際にやり取りされる文言や使われる手段などについてご紹介しましょう。

電話とメールのどちらがいいの?

まず危篤の際にやり取りする手段ですが、すぐに連絡に使える手段であれば電話をイメージしがちです。
しかし危篤状態にある方のご家族は、非常に忙しく心にゆとりもない状態にあります。

このため頭が真っ白になってしまいがちであるため、後できちんと確認できるように文字で残りやすいメールの方がおすすめです

危篤の際のメールの送り方

また危篤の際にメールを送る際は、なるべく手短な文言になるようにする点も大切といえます。
こちらについてもご家族の心に余裕がないため、時間をかけてメールを確認している暇がないためです。

このため確認にそれほど時間を使わないように、メールの文言も手短で済むように心がけるべきでしょう。

危篤の際に送るメールの文例

実際に危篤の際に送るメールは、どのような書き方をすれば良いのでしょうか。
ここではいくつかのパターンに分けて、危篤の際に送るメールの文例をご紹介します。

友達・彼氏彼女の家族の危篤のメール

まず、日ごろから関係の親しい友人や彼氏彼女のご家族が危篤に陥った場合から見ていきます。
親しい友人や恋人のご家族が危篤に陥った場合は、以下の文例で送ると良いでしょう。

  • 「今君にできることをやってあげて。」

  • 「もし何か手伝えることがあったら言ってね。」

  • 「辛かったら話を聞くからね。」

このように相手の気持ちに配慮しながら、手短に優しく寄り添ったり、いざという時は力になるようなことを伝えたりします。

ビジネスの場面での危篤のメール

一方仕事の上司や同僚などに危篤関係でメールを送るときは、以下のような書き方をします。
仕事で親しい付き合いのある方は、ぜひともご参考にしていただければ幸いです。

上司

まず上司に対してメールを送るときは、以下のような内容で送ります。
相手に気遣って、安心してもらうような内容がおすすめです。

  • 「こちらのことはご心配なく、今は○○様とのお時間を大切にしてください。」

  • 「もし私にできることがあれば、遠慮なくお知らせください。」

このように上司が仕事の面で心配しないようにする配慮や、できることがあれば力になる旨を伝えることがポイントです。

同僚

一方同僚のご家族が危篤の場合は、基本的に上司の場合と同じような内容で書きますが、書き方が少し異なります。
以下のような文例でメールを送ると良いでしょう。

  • 「○○さんの分の仕事も引き受けますので、今は○○様のそばにいてあげてください。」

  • 「何かできることがあれば言ってください。力になります。」

同僚の方が担当している仕事を代行するなど力になる旨や、心配を和らげる内容を伝えると良いでしょう。

英語で危篤のメールが来た場合

英語で危篤についてメールのやり取りをする際は、以下のような文例で記すのがおすすめです。
決まり文句もありますので、ぜひとも覚えておくと良いでしょう。

  • 「I'm sorry to hear about his condition. I will always be here for you.(彼の状態を聞き気の毒です。気持ちはいつも同じです。)」

  • 「I can't imagine what you feel. I will always support for you.(あなたの気持ちが想像できないほどです。いつでも力になります。)」

このように決まり文句を使って相手の気持ちに配慮したうえで、「力になる」といった文言を書くのが良いです。

危篤の際のお見舞いのマナー

知人や友人で危篤状態に陥っている場合、お見舞いしたいと思う方も多いでしょう。
お見舞いする場合、どのような点に配慮すれば良いのでしょうか。

家族から頼まれた場合のみお見舞いする

危篤状態にある方のお見舞いは、原則としてご家族から頼まれた場合のみ駆けつけるようにしましょう。
頼まれもしないのにお見舞いに行くことは、ただでさえ不安定になっているご家族の気持ちを不快にさせることになるためです。

対面時間はなるべく少なく

またお見舞いする場合でも、対面時間はなるべく短くなるようにします
あまり対面時間が長くなると、ご家族も対応に追われるなど余計な負担を強いられることになるためです。

ただでさえ余裕のないご家族に配慮する意味でも、必要最低限の時間だけ対面することが大切になってきます。

もし、危篤の方が亡くなってしまった場合にするべきことなどを以下の記事では解説しております。
よろしければこちらもご参照ください。

危篤の際にかける言葉についてまとめ

今回「終活ねっと」では、親しい方やそのご家族が危篤の場合にかける言葉について見てきました。
内容をまとめますと、以下に挙げる各ポイントの通りです。

  • 危篤とは病人の状態が深刻で最期を迎える危険性があることを指すため、ご家族も心に余裕がなく、ちょっとした言動で傷つくほど不安定である。

  • 知人や友人などが危篤の際は、本人のご家族に対しては配慮したり早く行くように促したりし、ご本人には別れを惜しむ旨の言葉をかけるようにする。

  • 危篤の際のメールは、ご家族に配慮するためにもなるべく手短で、優しく寄り添ったり力になったりするような内容で書く。

  • 危篤の際のお見舞いは、基本的にご家族に呼ばれた場合のみに出かけ、対面時間も極力短くなるようにする。

危篤の際は特にご家族が動揺している状態にあるため、いつも以上にかける言葉に注意する必要があります。
このためなるべくご家族に配慮した言葉をかけるようにすることが大切です。

もし危篤状態の方やご家族にかける言葉が見つからない場合は、ぜひともこの記事をお役立てください。

危篤の準備について詳しく知りたいという方は、以下のリンクをご覧ください。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 危篤時のお見舞いマナー|重篤・服装・持ち物・かける言葉・メールのサムネイル画像
    危篤時のお見舞いマナー|重篤・服装・持ち物・かける言葉・メール

    危篤状態で差し迫った状況のところにお見舞いに行く場合、何に気をつければよいのでしょうか?今回は、危篤状態のお見舞いのマナーやかける言葉、持ち物、メールで知らされた場合の返信方法などについて詳しく解説します。

  • ペットの危篤で仕事を休むことはできる?|理由・忌引きのサムネイル画像
    ペットの危篤で仕事を休むことはできる?|理由・忌引き

    大切な家族の一員であるペットが危篤の際、仕事の休みを取りたい方も多いでしょう。しかし、中にはペットの危篤のために仕事を休むことを快く思わない人もいます。それでは、どのような方法で、どのような理由を言うのが無難でしょうか?今回はそれらを詳しく解説します。

  • 家族が危篤・重篤の際の会社への連絡はどうする?連絡方法や例文も紹介のサムネイル画像
    家族が危篤・重篤の際の会社への連絡はどうする?連絡方法や例文も紹介

    家族が危篤の際の会社への連絡はどうしたよいのでしょうか。誰に連絡したらよいのか、方法はどうするか、内容はどんなことを伝えたらよいのでしょうか。休暇についても気になりますね。この記事では、家族が危篤の際の会社への連絡について、連絡方法や例文を含めてご説明します。

  • 危篤の時の待期期間ってどれくらい?|重篤・臨終・日数・持ち直すのサムネイル画像
    危篤の時の待期期間ってどれくらい?|重篤・臨終・日数・持ち直す

    家族が危篤と診断されると、臨終に立ち会うための覚悟をしなければなりませんが、危篤になってから臨終までにはどれくらいの期間があるのでしょうか?今回は、危篤のときの待機期間について、待機中にやるべきことなども合わせて解説します。

  • 危篤・重篤状態の血圧はどうなる?|40・50・60・70・80のサムネイル画像
    危篤・重篤状態の血圧はどうなる?|40・50・60・70・80

    どなたもがいずれは訪れるその時。大切な方が危篤状態になったとき、動揺してしまうのは当然ですよね。しかし危篤に関する血圧の知識や、心の準備があれば大切な人と大切な時を過ごすことができるのかもしれもせん。その目安となる危篤状態の血圧に解説していきたいと思います。

  • 危篤状態の本人にかける言葉は?|例文・注意点・家族・マナー・重篤のサムネイル画像
    危篤状態の本人にかける言葉は?|例文・注意点・家族・マナー・重篤

    危篤状態の連絡を受けて慌てて駆けつけたものの、かける言葉が見つからなくて戸惑う方もいることでしょう。本人や付き添っている家族に失礼なことを言わないためにはどうすればいいのか悩んでしまいます。そこで危篤状態の本人や家族にかける言葉の注意点などを解説します。

  • 危篤の場合のメールはどうする?|重篤・会社・友人・文例・言葉のサムネイル画像
    危篤の場合のメールはどうする?|重篤・会社・友人・文例・言葉

    危篤とは命の瀬戸際にある状態を指します。家族が危篤の際、連絡をメールで行うこともあると思いますが、文章はどのように作成すればよいのでしょうか?今回は家族が危篤の際の連絡メールや、上司や部下の家族が危篤となった場合の連絡メールへの返信文例について紹介します。

  • 危篤の時の連絡方法は?|重篤・電話・電報・メール・お見舞いマナーのサムネイル画像
    危篤の時の連絡方法は?|重篤・電話・電報・メール・お見舞いマナー

    危篤とは、病人の意識が無くなり、いつ亡くなってもおかしくない状況のことです。もし家族の誰かが危篤になってしまった場合は、どのような方法で、どれくらいの範囲の人に連絡するべきなのでしょうか。今回はそんな危篤の際の連絡方法や、対応の仕方について解説していきます。

  • 危篤状態から回復する可能性はあるの?|重篤・確率・何日・連絡のサムネイル画像
    危篤状態から回復する可能性はあるの?|重篤・確率・何日・連絡

    危篤とは、生命の危機にある危険な状態です。家族や大切な方が危篤になると、最期に立ち会うために駆け付ますが、危篤から回復することはあるでしょうか。今回危篤状態から回復する可能性はあるかについて、詳しく解説をしていきます。

  • 家族が危篤になったら会社は休めるの?|重篤・連絡・報告・証明のサムネイル画像
    家族が危篤になったら会社は休めるの?|重篤・連絡・報告・証明

    ご家族が危篤になるということがあるかもしれません。しかし実際にご家族が危篤になったとき、どうすればいいのか分からないことも多いと思います。今回は家族が危篤になったら会社を休むことはできるのか、会社に提出する危篤証明や連絡はどうすればよいのか解説します。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事