斎場でのマナーとは?葬儀全体の流れや服装、香典ついても解説

斎場でのマナーとは?葬儀全体の流れや服装、香典ついても解説

葬儀を行う場所といえば、一昔前まではご自宅や菩提寺が一般的でした。しかし最近では斎場や葬儀場に行われることも多くなってきています。斎場などで葬儀を行う際、どのようなマナーを守る必要があるのでしょうか。今回は斎場での葬儀で守るべきマナーについて見ていきましょう。

2020-02-09

斎場での葬儀の流れとマナーについて

葬儀

一昔前まで葬儀を行う場所といえば、故人のご自宅や菩提寺が一般的でした。
しかし最近では、ご自宅や菩提寺に加えて斎場や葬儀場で行うケースも増えてきています。
特に斎場については1ヶ所で葬儀の儀式から火葬までできるため、途中でマイクロバスを使って火葬場まで移動する手間がかからずに済みます。

もし斎場で葬儀を行うとすれば、どのような点に気を付けるべきなのでしょうか。
実際のところ、斎場で葬儀を行う場合は独特の守るべきマナーがいくつかあるため、事前に知っておくと良いでしょう。
そこで今回「終活ねっと」では、斎場で葬儀を行う際のマナーや流れについて詳しく見ていきます。

  • 斎場で行う葬儀の流れとは?

  • 斎場で守るべきマナーとは?

  • 斎場に持参する香典のマナーとは?

斎場で葬儀を行うことを考えている方や、将来に備えて斎場での葬儀について知りたい方にとって役立つ内容となっています。
ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

斎場での葬儀の流れ

葬儀

近年斎場で葬儀を行うケースが増えてきていますが、斎場で葬儀を行う際はどのような流れになるのでしょうか。
ここではまず、斎場で行う葬儀の流れについて見ていきましょう。

お通夜開式前までの流れ

葬儀で最初に行う儀式がお通夜ですが、お通夜の開式までにやっておくべきことも多いです。
まずはお通夜に向けて準備する流れから見ていきましょう。

死亡証明書を受け取る

故人が病院で亡くなったら、まず担当医師から死亡証明書を受け取ります
そして死亡届とともに故人が住民票を登録している自治体の戸籍を担当している部署に届け出て、代わりに火葬証明書を発行してもらいましょう

なお火葬証明書の発行手続きは、葬儀社に代行してもらえることも多いため、葬儀社に依頼した際に一緒に相談してみると良いです。

安置場所を決めて搬送する

故人が亡くなった直後、なるべく早くにやるべきことが、葬儀社を決めて依頼することご遺体の安置場所を決めることです。
病院には基本的に長期間にわたってご遺体を安置できる設備が整っていません。
このためなるべく早く安置場所を決めて、葬儀社などに搬送を依頼しましょう。

安置場所は、基本的に故人のご自宅か斎場になります。
斎場に直接搬送する場合は、葬儀社に連絡する際に一緒に依頼しましょう。

葬儀社と葬儀のスケジュールを話し合う

葬儀の準備を担当する葬儀社が決まったら、葬儀のスケジュールを話し合いましょう。
決めるべき事柄は、葬儀・火葬の会場や日程・時刻、そのほかの細かいスケジュールなどです。

一般的に葬儀のスケジュールは、火葬場の都合に合わせて決めていきます。
火葬場のスケジュールさえ決まれば、お通夜や告別式の日程も決まっていく流れです。
特に斎場で葬儀や火葬を行う場合は、葬儀場と火葬場が一緒になっていることが多いため、比較的日程を決めやすいでしょう。

このほか告別式などで読経を行う僧侶の手配も欠かせません。
僧侶については、菩提寺がある場合は住職とスケジュールをうまく調整しましょう

なお葬儀のスケジュールがおおよそ決まったら、故人の訃報をご親族や親しい知人・友人に送ります。
あらかじめ顔ぶれや人数を決めておくと、会場選びや会葬御礼品の用意、会食関係の準備をする際に手間がかからないでしょう。

以下の記事では訃報の連絡について説明しているので、ぜひご参考にしてください。

お通夜について

葬儀の会場や細かなスケジュールなどが決まったら、斎場に向かいます。
斎場でのご遺体の安置や儀式の準備は葬儀社の方で行うため、ご遺族は儀式に間に合うよう斎場へ向かえば良いだけです。

斎場で行う場合のお通夜の流れは、菩提寺などで行う場合とほとんど変わりません
故人が亡くなった次の日の夕方に開式し、僧侶の読経と焼香が行われます
儀式が終わった後は別室にて通夜振る舞いを催し、遅くとも午後9時に終わる流れです。

通夜振る舞いの後は、夜通し通夜の番を行うのが慣習ですが、斎場によっては夜間は施設を閉めるところもあります。
施設を閉める場合は、閉鎖の時間までご遺体の番をした後、近くの宿泊施設に泊まりましょう。
一方斎場でも宿泊できる場合もあるため、宿泊する場合は必要な数の寝具を手配します。

お通夜の流れについてさらに詳しいことは、以下の記事もご活用ください。

葬儀・告別式について

葬儀・告別式を斎場で行う際の流れも、基本的に菩提寺や葬儀場などで行う場合と変わりません。
午前10時か11時に開式し、僧侶の読経・弔事や弔電の紹介・焼香を中心に行います。
告別式が終わったら、出棺して火葬場へ移動する流れです。

葬儀・告別式の流れについてより詳しいことは、以下の記事で説明されていますので、ぜひともご参照ください。

出棺から精進落としまでの流れ

告別式が終わった後は、出棺して火葬し、精進落としを行う流れになります。

出棺の際には喪主からの挨拶がある

菩提寺や葬儀場などで葬儀を行う場合、霊柩車に棺をお載せして出棺します。
なお火葬場を備えた斎場であれば、霊柩車を使うことはありません。
出棺の際には喪主が参列者に対して簡単な挨拶を行うため、私語は慎んで耳を傾けましょう。

その後ご遺体が火葬場に向かう際には、ご遺体に対して参列者一同が合掌をするのがマナーです。
なお霊柩車を見送る場合は、霊柩車に対して合掌しましょう。

火葬を終えたら精進落としを行う

火葬場でご遺体の火葬を済ませた後は、精進落としと呼ばれる会食を行います。
精進落としの会場が火葬場付きの斎場にある場合は、それほど移動に手間がかからずに済むでしょう。

なお精進落としの会場は、ほかにも料理店やホテル、菩提寺などが選ばれることがあります。
所要時間は1時間から2時間ほどで、喪主は精進落としの開始前と終了前に挨拶するのが一般的です。

斎場でのマナーについて

葬儀

葬儀の際に斎場を利用する場合、いくつか守るべきマナーが存在します。
ここでは斎場で葬儀を行う際に知っておきたいマナーを見ていきましょう。

服装のマナー

斎場に限らず葬儀の場でまず心掛けたいのが、服装に関するマナーです。
実はお通夜と告別式とでは、服装にまつわるマナーが若干異なります。

お通夜での服装

まずお通夜に参列する際のマナーですが、基本的にご遺族も参列者も準喪服を着用するのがマナーです。

男性の場合は、黒系の上下スーツを着用します。
インナーとして白無地のワイシャツを着用して、黒無地のネクタイを締めましょう。
靴や靴下も黒無地のものを履き、とくに靴については光沢が目立たないものを選びます。

女性の場合は黒系のスーツやワンピースを着用し、インナーも黒無地のものを着用しましょう。
靴は黒のパンプスを、ストッキングも黒無地のものを履きます。

葬儀・告別式での服装

葬儀・告別式では、ご遺族が正喪服を、参列者が準喪服を着用するのがマナーです。
正喪服の場合、まず男性はモーニングに黒とグレーの縞柄ズボンを着用しましょう。
女性の場合は黒系のスーツやワンピース、あるいはアンサンブルを着用します。
靴や靴下、ストッキングについては準喪服の場合と同じです。

お通夜や葬儀・告別式の服装についてより詳しいことは、以下の記事で説明されています。
葬儀に参列する方は、ぜひともご活用ください。

忌み言葉を使わない

次に葬儀で守るべきマナーが、言葉遣いに関することです。
特に気を付けるべきなのが、忌み言葉と呼ばれる不吉な言葉を使わないようにする点です。

具体的にはご不幸に関する直接的な表現や、「ますます」や「しばしば」といった重ね言葉などがあります。
どちらにしても、ご遺族に対する不幸が続くことや新たな災難が襲うことを連想させる言葉です。
ご遺族の気持ちを不快にさせないように、忌み言葉を使わないようにしましょう。

死因を尋ねず、お悔やみの言葉を伝える

また参列者がご遺族に挨拶する際は、故人の死因を尋ねないようにしましょう。
ご遺族は故人を失った悲しみに打ちひしがれている中で多忙なため、精神的に張り詰めた状態になっています。

特に通夜振る舞いや精進落としのような、一息つける時間につい尋ねてしまいがちであるため、会食の時間は特に注意しましょう。
以上の点を心がけながら、お悔やみの言葉を伝えます

斎場に持参する香典のマナー

葬儀

斎場で葬儀を行う場合も、当然ながら香典を持参することが一般的です。
最後にここでは、香典にまつわるマナーについても見ておきましょう。

金額相場

葬儀の際に持参する香典で気になるのが金額です。
葬儀の場合、香典の金額は故人との関係性に応じた相場で包むのが一般的とされています。
故人が親の場合であれば5万円から10万円もしくはそれ以上、叔父や叔母の場合で1万円から3万円程度、知人や友人の場合で5千円から1万円程度です。

ただし故人との親しさに応じて、金額を調整しても大丈夫でしょう。
葬儀で持参する香典の金額については、以下の記事でより詳しく説明されていますので、ぜひともご参考にしてください。

香典袋の書き方

香典を持参する際は、香典袋の書き方も重要です。
最も目立つ表書きについては、故人の宗教・宗派で適切とされるものを書きます。
もし宗教・宗派がわからない場合は、御霊前と書くのが無難です。

表書きの下には名前を、裏面右側や中袋の表面には金額を書きますが、金額を縦書きで書く場合は漢数字の旧字体を使って、「金○○圓」と書きましょう。
なお葬儀の香典袋を書く時は、薄墨を使います。
香典袋の正しい書き方についてさらに詳しいことは、以下の記事をぜひともご参照ください。

斎場での流れとマナーのまとめ

葬儀

今回の「終活ねっと」では、斎場で葬儀を行う際の一般的な流れや守るべきマナーについて見てきました。
内容をまとめますと、以下の通りです。

  • 斎場での葬儀の流れは故人の逝去後にご遺体を搬送し、葬儀社と打ち合わせした後にお通夜や葬儀・告別式、火葬、精進落としを行う。

  • 斎場でのマナーとして、服装はお通夜と告別式とでマナーに即したものを着用し、言葉遣いでも忌み言葉を使わない点や故人の死因を尋ねないようにする。

  • 香典については故人との関係性や親しさに合わせた金額を包み、香典袋にはマナーに即して表書きや金額などを記入する。

斎場で葬儀を行う場合、斎場独特のマナーがいくつかあるものの、基本的なマナーや流れは菩提寺などで葬儀を行う場合と同じです。
このため基本的なマナーや流れを確認して、葬儀に臨めばまず大丈夫でしょう。
今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

以下の記事では斎場と葬儀場との違いについて詳しく解説しています。
ぜひこちらもお読みください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「斎場・マナー」に関連する記事

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料