葬儀にかかる費用の平均は?葬儀費用の内訳や安くする方法も解説

身内の方が亡くなった場合、冥福をお祈りするために葬儀を行います。実際に葬儀を行う場合、費用はどれくらいかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の平均について、葬儀形態ごとの平均金額やその内訳・安く抑える方法について詳しく解説していきます。

目次

  1. 葬儀にかかる費用について
  2. 葬儀費用の全国平均と内訳
  3. 葬儀形態によって変わる葬儀費用の平均
  4. 葬儀費用を抑える方法
  5. 葬儀費用の支払いについて
  6. 葬儀にかかる費用についてまとめ

葬儀にかかる費用について

お金

身内の方が亡くなってしまった時は、冥福を祈り故人を送り出すために、葬儀を行いますよね。
葬儀を行うには、葬儀社の手配や火葬の準備、また参列者をもてなすための会食など、準備しなければならないことがたくさんあります。

これらの準備には多額の費用が必要となりますが、実際にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の平均について、全国平均やその内訳を紹介した上で、葬儀形態ごとの費用の違い、費用を安く済ませる方法、支払い方法などについて説明していきます。

  • 葬儀費用の全国平均と内訳は?
  • 葬儀費用は、葬儀の形態によって変わる?
  • 葬儀費用を抑える方法は?
  • 葬儀費用の支払いはどうする?

以上の項目を軸に解説していきます。

ぜひ最後までお読みいただき、葬儀の費用について検討する際の参考となれば幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀費用の全国平均と内訳

お金

葬儀に参列したことはあっても、喪主や遺族を経験したことがなければ葬儀費用のことはあまりわからないと思います。

葬儀といえば、大きな葬儀場でたくさんの人が集まり、花で祭壇を飾って会食を行ったりと、お金のかかるイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。
実際に、葬儀は大きな経済的負担がかかるものです。

かつては少しでも喪主の経済的負担を軽く出来るようにと、葬儀に参列する際には身内や親族が食料を持ち寄っていたと言われています。
このようにみんなで助け合いながら葬儀を行なっていたことからも、葬儀の経済的負担の大きさが分かりますよね。

ここからは、そんな葬儀の費用について、実際にはどのくらいかかるのか、全国平均や葬儀費用の内訳を解説していきます。

葬儀費用の全国平均はいくら?

まずは、葬儀にかかる費用の全国平均と地域ごとの平均について解説していきます。

全国平均は約200万円

葬儀費用の全国の平均額は、約200万円となっています。

この全国平均は、年々減少傾向にあります。
核家族化や家族葬などの普及により、規模が小さな葬儀が増えていることが要因だと言われています。

北海道の葬儀費用の平均は安い

葬儀は、昔からの伝統やしきたり・慣習が強く残る儀式です。
そのため、地域ごとに値段に差が出ています。

地域ごとの葬儀費用の平均は次の通りです。

費用
北海道 154万円
東北 202万円
北関東・千葉 238万円
東京・神奈川・埼玉 186万円
北陸・新潟 227万円
東海・甲信 245万円
近畿 189万円
中国 163万円
四国 156万円
九州 166万円

表の通り、北海道が全国の中で一番安い金額となっています。
一番金額の高い関東地方とは80万円以上の差があり、地域によって大きく差があることが分かります。

葬儀費用の内訳は?

葬儀費用の全国平均は約200万円と説明しましたが、何に使うための費用が含まれているのでしょうか?

ここからは、飲食費や返礼品などの、葬儀費用の内訳について説明していきます。

葬儀の基本費用

葬儀の基本プランとも言える部分に必要な費用です。
遺体の搬送や、お通夜・告別式の準備・進行、それに伴う葬儀社の方の人件費などが含まれています。

飲食費

お通夜の後の通夜振る舞いや葬儀の後の精進落としなど、会食のための費用も必要です。

参列者1人あたりに5000円程度かかるため、参列者が多ければ多いほど費用がかかります。
このような飲食費は、先ほどの葬儀の基本費用には含まれていないため、注意が必要です。

返礼品にかかる費用

お通夜や葬儀に参列する場合は、香典を持参します。
香典を頂いた方に対しては、香典返しとして返礼品をお渡ししなければなりません。

香典返しの金額は、いただいた香典の金額の3分の1から半額程度が適していると言われています。

お布施

日本で一番多く行われている葬儀は、仏式の葬儀です。
仏式の葬儀では僧侶による読経が行われますが、そのお礼としてお布施をお渡しする必要があります。

また、戒名料や、車で来ていただいた場合は御車代、僧侶が会食に参加されない場合は御膳料もお渡ししなければなりません。

お布施の金額は地域によって異なってきますが、20万~50万円が相場となっています。
御車代や御膳料は5000円~1万円が適していると言われています。

キリスト教式や神式の葬儀など仏式の葬儀でない場合でも、宗教者を呼んで葬儀を行う場合はお礼をお渡しする必要があります。

葬儀費用の相場については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

葬儀形態によって変わる葬儀費用の平均

お金

一口に葬儀と言っても、その内容や規模は様々です。
終活ブームに伴って葬儀の形態は多様化しており、親族から友人・知人、また職場の関係者まで幅広く参列する一般的な葬儀もあれば、都市部などでは核家族化などの影響もあって家族と親しい友人のみで行う葬儀もあります。

ここからは、一般的な葬儀・家族葬・一日葬・直葬の、葬儀の形態ごとの費用について説明していきます。

一般葬

一般葬とは、お通夜と告別式を二日間にかけて行う従来から存在する葬儀の形態です。

親族や身内だけでなく、職場関係や友人・知人など、多くの方が参列することができるため、参列者が多くなり返礼品や会食のための費用が多額になってしまう可能性があります。

他の葬儀の形態に比べると費用は高くなってしまい、相場は200万円程度となっています。

家族葬

家族葬は、家族や親族、ごく親しい知人のみで行う葬儀の形態のことをいいます。
身内だけで、ゆっくりと故人とお別れをすることが出来るのが特徴です。

家族葬の場合の費用は、参列者が少ない分、一般葬より安くなります。
150万円〜160万円程度が家族葬の平均費用です。

一日葬

一日葬とは、お通夜を行わない葬儀の形態です。
葬儀における負担を減らしたいと考える方も多く、最近では増えている形態です。

家族葬とは違いますので参列者は友人・知人なども参列することができますが、参列しやすいお通夜を行わないため一般葬に比べると参列者は少ない場合が多いです。

一日葬の費用の平均は50万〜60万円程度となっており、一般葬に比べるとかなり安い相場です。

直葬

直葬とは、お通夜や告別式は行わずに親族や身内のみで火葬のみを行う葬儀の形態です。
基本的には僧侶の読経なども行わないですが、火葬場まで僧侶に来てもらい、読経をすることもあります。

参列者も少ないため他の葬儀の形態に比べると費用は各段に安くなり、平均費用は20〜30万円程度となっています。

費用はかからないですが、故人とのお別れを出来る時間は少ないので、行う場合は周囲の理解を得ることが大事です。
よく相談して決めるようにしましょう。

葬儀の種類については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

家族葬や直葬など様々な種類の葬儀を聞いたことはありませんか?自分たちはどの葬儀をすればいいのかわからないですよね?この記事で全ての種類の葬儀の特徴や違いを説明いたします。ご自身がどの葬儀を選択すればいいのか必ずわかるはずです!

葬儀費用を抑える方法

お金

これまで説明してきた通り、葬儀を開催にするには大きな経済的な負担がかかってしまいます。
葬儀は故人の冥福を祈り最後のお別れをする儀式ですから、多くの方に参列してもらいたいという気持ちもありますが、出来るだけ費用を抑えたいですよね。

ここからは、葬儀費用を抑える方法について解説します。

直葬をする

いくつかある葬儀の形態の中で、直葬は費用を一番安く抑えることのできる葬儀です。

しかし直葬の場合は参列者が少ないため、受け取る香典の額が少なくなってしまいます。
実質の負担額が他の形態の葬儀を行う場合よりも高くなる可能性もあるので、慎重に検討する必要があるでしょう。

市民葬・区民葬を利用する

葬儀費用を抑える方法の1つとして、市民葬や区民葬を利用することがあげられます。
市民葬・区民葬とは、市や区が決めた価格で葬儀を行うことが出来る制度で、市や区と提携している葬儀社が葬儀を行うものです。

相場より安い訳ではなく、標準的な葬儀を定額で受け取れるサービスですので、オプションなどを追加すれば相場よりも高くなってしまいます。
他の葬儀社との比較を行ったうえで利用すると良いでしょう。

複数の葬儀社に見積もりを出す

葬儀費用は葬儀社によって大きく異なっているため、安く抑えるには複数社から見積もりをとって比較することが大切です。

故人が亡くなった後、精神的な余裕がない状態で葬儀社を決めるケースが多く、葬儀社の言いなりの予算になっている場合もあります。

可能であれば、生前の余裕がある時期に、じっくりと見積もりを比較しておくと良いでしょう。

生活保護受給者であれば生活保護葬もできる

生活保護を受給されている方が亡くなった場合や、生活保護を受給されている方が喪主となる場合は自治体などから支給される葬祭扶助をもらうことがきます。

この葬祭扶助を使って、自己負担なく行う葬儀を生活保護葬といいます。
「福祉葬」や「民生葬」などとも呼ばれます。

しかし、対象となる費用は火葬などの必要最低限なものだけで、お通夜や告別式は行うことが出来ません。

生前から葬儀を予約しておく

葬儀費用を抑えるには、生きている内から自分の葬儀を葬儀社に予約する生前予約という方法もあります。

生前予約をすることで、自分の希望通りの葬儀を行うことができますし、複数の葬儀社を時間をかけて比較することも出来ます。
また、生前予約をしておくことで葬儀費用が割引になるというメリットもあります。

終活を行っている方は、ぜひ生前予約を検討してみてください。

相続財産や生命保険を葬儀費用に充てる

葬儀費用そのものを安くする方法ではありませんが、葬儀費用に故人の財産や保険金を充当することによって、遺族の負担を減らすことができます。
遺族の一時的な費用負担を回避出来ますし、故人の遺産や保険金で葬儀費用を払う方は多いと言われています。

ただし、遺産分割協議など、葬儀費用を誰が負担するかで揉めるケースもあります。
その為にも、領収書などはきちんと保管しておきましょう。

保険金であればすぐに資金化が可能ですが、故人の死亡の事実が銀行に伝わると、口座は凍結され引き出すことができなくなってしまうので注意が必要です。

葬儀費用の支払いについて

葬儀

実際の葬儀費用の支払いは、どのように行われているでしょうか。
数百万にもなる場合もあるので、現金で用意しておく必要があるのかどうか、気になるところですよね。

ここからは、葬儀費用の支払いについて、現金・銀行振込で支払う場合、クレジットカードなどで後から支払う場合、それぞれについて解説していきます。

現金手渡しか銀行振り込みが一般的

葬儀費用の支払いは、葬儀の前後に銀行振り込みか現金手渡しで行う場合が多いです。

一括で払えるだけの余裕があれば問題はありませんが、余裕がない場合、またいただいた香典で支払いたい場合もありますよね。
支払いを遅らせたい場合には、以下のような支払い方法を選ぶことも可能です。

クレジットカードが使えるところもある

クレジットカードを使える葬儀社も少なくありません。
カードを使うことにより一括払いでも支払いは翌月に繰り越せるため、その間に香典の集計や故人の財産整理を行うことができます。

他にも、ボーナス一括払いや分割払いをすることによって、楽に支払いをすることも可能です。
分割払いの場合は、利息がかかってしまうので注意しましょう。

葬儀終了後に支払う

葬儀社によっては、支払いのタイミングが葬儀終了後となっていることもあります。

葬儀終了後から1週間程度が支払期限の葬儀社が多いですが、事前に打ち合わせをすることによって少し伸ばしてくれる葬儀社もあります。
相談してみるのもいいかもしれません。

葬儀にかかる費用についてまとめ

お金

いかがでしたか?

今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の平均について、以下の内容を中心に説明してきました。

  • 葬儀費用の全国平均は約200万円である。葬儀費用には、葬儀の基本費用のほかに、飲食費や返礼品費、お布施などが含まれている。
  • 葬儀には、一般葬・家族葬・一日葬・直葬などの形態があり、葬儀にかかる費用は葬儀の形態によって異なっている。
  • 葬儀費用を抑えるには、直葬の利用、市民葬・区民葬の利用、複数の葬儀社の見積もり、生前予約などをするとよい。また、生活保護葬を利用したり、故人の相続財産を利用するという方法もある。
  • 葬儀費用の支払いは現行振込や現金支払いが一般的であるが、葬儀社によってはクレジットカードの利用や葬儀終了後しばらくしてからの支払いができる場合もある。

葬儀は多額の費用がかかるものですが、金額は地域や葬儀の形態によって大きく異なり、安くする方法や支払い方法には多くの種類があります。
突然の葬儀の際に困らないよう、最適な方法を事前に決めておけるといいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

下の記事では、日本の葬儀費用が高い理由について紹介していますので、よろしければこちらもお読みください。

こちらも読まれています

日本の葬儀費用が高い理由って?費用を安く抑えるポイントも紹介!

日本は葬儀代が高いという話をよく聞きませんか?平均200万円とかそんな大金払えない!と思っている人も少なくないでしょう。ここではどうして葬儀費用はこんなに高いのか、どうやったら安く抑えられるかのポイントを解説していきます。

シェアする

「葬儀・費用・平均」に関連する記事

  • 葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像

    葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

    家族葬や直葬など様々な種類の葬儀を聞いたことはありませんか?自分たちはどの葬儀をすればいいのかわからないですよね?この記事で全ての種類の葬儀の特徴や違いを説明いたします。ご自身がどの葬儀を選択すればいいのか必ずわかるはずです!

  • ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説のサムネイル画像

    ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説

    大切な方とのお別れはいつ訪れるか分かりません。いざ最期のお別れを迎えた時に、落ち着いて葬儀の準備をすることはとても大変です。今回終活ねっとではご臨終から葬儀までの手順について解説していきます。いざという時のために葬儀までの手順を把握しておきましょう。

  • 葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

    葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

    この記事では、葬儀のマナーの中でも特にネクタイの色や結び方などの常識について書いていきたいと思います。また、例えば葬儀の際のネクタイの色や結び方など常識とされているものがなぜそうなのかという点にも注目していきたいと思います。

  • 葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説のサムネイル画像

    葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説

    身近な人が亡くなったとき、葬儀の日程を決めなくてはなりません。急いで決めなくてはならない状況で、どのようなことに気を付けて決めればよいのでしょうか?この記事では、葬儀日程を決めるうえで押さえておくべき項目や、決まった日程のお知らせについてを紹介しております。

  • 葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説しますのサムネイル画像

    葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説します

    葬儀に行くときに身に着けるものって迷いますよね。葬儀に参列される際、髪型や服装、身に着けるアクセサリー、持っていくバックなども様々な決まり事があります。この記事では、葬儀にふさわしいバックの選び方のポイントを紹介します。

  • 葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像

    葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

    故人とのお別れの時間を過ごすご葬儀の場で、故人を偲び、ご遺族と悲しみを分かち合う時。その場に合う装いはとても大切です。しかし、大切だからとアクセサリーで身を飾るのは相応しくない場です。今回は、ご葬儀の場で失礼にならないアクセサリーの身に着け方をご紹介します。

  • 葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像

    葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

    近親者が亡くなった場合、社会人の常識として自分や故人が所属する会社へ連絡を行います。連絡を受けた会社側は、葬儀への参列などについて社内規則に沿って対応を行います。これら葬儀に関する一連の流れの中で、双方が注意すべき点をまとめました。

  • 葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!のサムネイル画像

    葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!

    お葬式が終わった後にも、残されたご家族にはたくさんにやらなければならない葬儀後の手続きがあります。葬儀後の手続きをしっかりと行わないと、損をしてしまう場合があるので注意が必要です。今回はそんな葬儀後の手続きについて、年金や相続の手続きとともに解説します。

  • 葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説のサムネイル画像

    葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説

    葬儀の受付を任されたら、どのようなマナーを守ればいいのでしょうか。葬儀の受付を行う機会自体、人生の中でそう多くはなく、それ故に実際、どのように振舞うべきか分からない方は多いと思います。その為、今回は葬儀の受付を行う際のマナーを紹介したいと思います。

  • 葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!のサムネイル画像

    葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!

    現在は、故人や家族の想いや事情に合わせた葬儀をさまざまな場所で執り行うことができます。何人くらいの人に来てもらい、どんな形式と流れで故人を送るかにより場所の選び方は変わってきます。いざというとき、何を基準にどんな葬儀の場所を選べばいいのかを考えてみましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・費用・平均」についてさらに知りたい方へ

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説のサムネイル画像

ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説

葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説しますのサムネイル画像

葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説します

葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像

葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!のサムネイル画像

葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!

葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説のサムネイル画像

葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説

葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!のサムネイル画像

葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・費用・平均」についてさらに知りたい方へ

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説のサムネイル画像

ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説

葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説しますのサムネイル画像

葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと