家族葬の香典は孫夫婦も必要?金額や夫婦連名についても解説します

家族葬の香典は孫夫婦も必要?金額や夫婦連名についても解説します

孫夫婦が家族葬に参列するケースは少なくありません。家族葬における孫夫婦の香典についての情報はなかなか出回っておらず、悩んでいる方も多いと思います。今回は家族葬の香典は孫夫婦も必要なのかについて解説します。香典を夫婦連名とすることや香典の渡し方にも触れています。

最終更新日: 2020年12月17日

家族葬の香典は孫夫婦も必要かについて

葬儀

家族葬は近年人気が高まっている葬儀のひとつです。
親しい間柄で執り行う小規模な葬儀である家族葬は、静かに故人とのお別れができることから注目を集めています。

ところで、家族葬に対する孫夫婦の香典についてお悩みの方が多いようです。
孫夫婦の香典については、必要ないといった意見もあれば、必要だという意見もあるようです。
果たして、実際のところ孫夫婦は香典を包む必要はあるのでしょうか?

今回「終活ねっと」では、家族葬の香典は孫夫婦も必要なのか、解説していきたいと思います。
この記事は、以下の項目を軸に解説していきます。

  • 家族葬の香典は孫夫婦も必要なの?

  • 家族葬の香典はいくらくらい包めばいいの?

  • 家族葬の香典は夫婦それぞれの分を包む必要がある?

  • 家族葬の香典は孫夫婦の連名でもいいの?

  • 家族葬の香典はどうやって渡せば良いの?

家族葬で孫夫婦は香典が必要なのかについて、なかなか情報が出回っていないかと思いますので、ぜひこの記事を読んで疑問を解消しましょう!

ぜひ最後までお読みください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

家族葬の香典は孫夫婦も必要

葬儀

結論から申し上げますと、家族葬の香典は孫夫婦も必要です。

そこで気になるのは、香典としていくら包めばよいのかということですよね。
また、香典には孫夫婦それぞれ(二人分)の金額を用意するべきなのでしょうか?

孫夫婦であれば1万~5万円が目安

まずは、孫夫婦が包むべき香典の金額について見ていきましょう。
香典として包む金額は、孫夫婦であれば1~5万円が目安といわれています。
これは故人が祖父母である場合だけでなく、義理の祖父母である場合も同様です。

香典の金額の相場というのは、続柄だけで決まるものではありません。
年齢や付き合いの深さなどによっても変動します。
孫夫婦が包むべき香典金額の年齢別の相場は、以下を参考にしてみてください。

  • 20代

    1万円~

  • 30代

    1万~3万円

  • 40代

    3万~5万円

  • 50代

    3万円~

また、葬儀後などに行われる会食や宴席に参加する場合は、それに相当するだけの金額を上乗せして香典に包む必要があります。

1つの香典に人数分の金額を包む必要はない

香典には孫夫婦2人分の金額を包む必要はないでしょう。
この理由は、香典は個人間で発生するものではなく、家族という単位で発生するものと考えられているからです。

また、香典を孫夫婦が1人1つずつ包んで渡すということも避けておきましょう。
この行為がかえって混乱を生んでしまうかもしれません。
結論として、孫夫婦が香典を包むときは、1つの香典には1家族分の香典を包めばよいのです。

香典は孫夫婦の連名でもいいの?

葬儀

では、次は香典の表書きについての疑問を解消していきましょう。
孫夫婦が香典を包むと言った場合、表書きを孫夫婦の連名にするのかお悩みではありませんか?
実は、香典の表書きは連名である場合も考えられる一方、そうでない場合のほうが主流ともいわれています。

以下で詳しく見ていきましょう。

一般的には表書きは夫名義で

孫夫婦の香典の表書きは、一般的には夫名義であることが多いです。
先ほども述べました通り、香典は家と家の間で発生するものと考えられていますので、香典の表書きには夫ただ一人の名前をフルネームで記せばよいのです。

表書きは夫婦連名であることも

ただし、稀に香典の表書きを孫夫婦の連名にすることもあります。
孫夫婦の連名で記す場合は以下の理由が考えられます。

  • 孫夫婦と故人の親交が深かったという場合

  • 妻の親族の葬儀に夫婦で出席するという場合

香典の表書きを孫夫婦の連名にするという場合、香典の下側中央に夫の名前をフルネームで記し、その左隣に妻の名前のみを記すようにしましょう。
夫の名の隣に妻の名を添えるといった具合です。

一方、地域や風習によっては香典の表書きが孫夫婦の連名であることが失礼に思われてしまうこともあります。
このようなトラブルを生まないためにも、香典の表書きは孫夫婦の連名ではなく、夫名義にしておくことが無難であるといえるでしょう。

夫の代理で妻が参列した場合は?

夫の都合でどうしても家族葬に参列できないという場合、夫の代理で妻が参列するというケースも考えられますよね。
このときには、香典の表書きは夫の名前をフルネームで記した上で、夫の名の左隣にという文字を書き添えます。

「内」という文字を添えることで、妻が夫の代理で出席したということを示すことができるのです。

供花なども夫名義が無難

供花の札名も孫夫婦の連名であることは一般的ではなく、こちらもやはり夫名義で記すのが無難であるといわれています。
供花の札名を夫婦連名としてしまうと、別居や離婚など特別な事情を抱えているとみなされることがあります。

供花だけでなく、弔電やお供えについても夫名義であることが多いので、いずれの場合も夫名義で記しておくのが無難だといえるでしょう。

供花を辞退されている場合の対応については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

家族葬の香典の渡し方とマナー

葬儀

孫夫婦が香典を用意する際のポイントはあらかたおわかりいただけたかと思います。
香典の準備が整ったら、今度は葬儀当日の香典の扱いについて押さえておく必要がありますよね。

続いては、家族葬の香典の渡し方とマナーについて確認していきましょう。

香典は袱紗(ふくさ)から出して渡す

香典の渡し方には注意が必要です。
香典をそのまま直接手渡しするのはマナー違反であるといわれています。

まず、香典を持参する際は袱紗に包んでおきましょう。
香典を渡すときには、袱紗から香典を取り出して渡します。
香典を渡す流れを以下に示しておきましたので、ぜひご確認ください。

  • 香典を袱紗に包んで持参する。

  • 香典を渡す際には、まずお悔やみの言葉を端的に述べる。
    (『この度はご愁傷さまでございます』など。)

  • 袱紗から香典を取り出し、その香典を一旦たたんだ袱紗の上に置く。

  • 香典を180度回転させ、香典の文字が相手にとって正面を向くようにする。

  • 『ご霊前にお供えください』と一言添えて、香典を渡す。

香典は受付で渡すことが多いです。
しかしながら、家族葬の場合ですと受付が設けられていないことも考えられます。
その場合には、拝礼の際にご霊前にお供えするか、頃合いを見て遺族に渡すといった方法も考えられます。

香典は通夜か葬儀のいずれかで渡す

香典は通夜か葬儀のいずれかで一回のみ渡すものです。
香典を複数回渡すことがないようにしましょう。

また、通夜と葬儀・告別式のいずれにも出席するという場合には、通夜で香典を渡すということが多いようです。
一方、葬儀・告別式のみに出席するという場合にはそこで渡しても問題ありません。

参列できないときは郵送も可能

やむを得ず、通夜や葬儀・告別式のいずれにも出席できないという場合には、香典を郵送することもできます。
現金書留封筒を利用することで香典を郵送することができます。
香典を郵送する場合には、香典の他にお悔やみの言葉を書いた手紙を添えて送るのがよいでしょう。

また、家族葬の主催者側が香典を辞退していた場合は、その意思を尊重する形で香典を渡すのは控えましょう。
遺族が香典を辞退しているのにもかかわらず香典を渡すことは、失礼にあたってしまいますので注意する必要があります。

家族葬の後日香典を渡す場合については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

家族葬の香典は孫夫婦も必要かまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。
今回「終活ねっと」では、家族葬の香典は孫夫婦も必要なのかについてお話してきました。
この記事は、以下の項目に添って解説してきました。

  • 家族葬の香典は孫夫婦も必要であるとの考え方が一般的です。

  • 家族葬の香典は、孫夫婦であれば1~5万円を目安として包むのが良いでしょう。
    香典の金額は続柄だけでなく、年齢によっても変動するという点も意識しておきましょう。

  • 家族葬の香典は、夫婦それぞれの分を包む必要はなく、1つの家ごとに1つの香典を包めばよいでしょう。
    夫婦それぞれの分を包んでしまうと、かえって混乱や誤解を生んでしまうかもしれません。

  • 家族葬の香典を孫夫婦の連名とすることは、一定の条件下では考えられますが、一般的ではありません。
    香典が夫婦連名であることが失礼であると受け取る人も中にはいますので、香典の表書きは夫名義にしておくのが無難だといえるでしょう。

  • 香典には渡し方の作法やマナーがあります。
    特に気をつけたいのは、香典を袱紗に包んで持参し、渡す際は袱紗から香典を取り出すという点です。

葬儀は人生を通してもあまり多くない経験でしょう。
だからこそ、いざというときに焦らず冷静に対応できるように、ぜひこの記事を頭の片隅に入れておいていただければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「終活ねっと」では、他にも家族葬に関する記事を多数掲載しております。
香典の辞退については、以下の記事よりご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事