葬儀で目にするリボンとは?服装では適切か、遺影のリボンを解説

髪飾りや遺影のリボン等、葬儀でもリボンは深く関係しています。しかし、葬儀の服装で本当にリボンをして良いのでしょうか。また、遺影にかけられたリボンの取り扱いなど疑問点が多くあると思います。ここでは葬儀のリボンに関する疑問に全てお答えしているのでぜひご覧ください。

目次

  1. 葬儀で見かけるリボンとは?
  2. 礼服でのリボンは適切か?
  3. 故人の写真に付いているリボン
  4. リボン型の喪章について
  5. 葬儀に関するリボンのまとめ

葬儀で見かけるリボンとは?

葬儀

贈り物など祝儀のイメージの強いリボンですが、葬儀の際の髪飾りや、遺影の飾りなど不祝儀にもリボンは用いられます。
葬儀の際は地味な装いが鉄則のため、参列する場合は、リボンを身に付けた方が良いのか、付けない方が良いのか迷う方も多いでしょう。
遺影のリボンに関しては、どのような意味があるのか、いつまで付けておいた方が良いのか疑問に思われるのではないでしょうか。

そこで今回終活ねっとでは、葬儀でのリボンについて以下のポイントを中心に解説いたします。

  • 礼服でリボンはふさわしいのか
  • 礼服でのリボンはどんな時につけ、どんな色がふさわしいのか
  • 靴やバッグのリボンは問題ないのか
  • 遺影にかけられているリボンの意味とは
  • 遺影にかけられているリボンを外すタイミングと処分方法
  • リボン型喪章について

記事を読んでいただければ、葬儀のリボンについて理解が深まると思います。
どうぞ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

終活ねっとのお葬式ではご希望・状況にあわせて、低価格葬儀から豪華葬儀までわかりやすいセットプランをご用意しております。追加費用がかかる場合は、丁寧に詳細を説明させていただきます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

礼服でのリボンは適切か?

葬儀

リボンは慶事にも使われるデザインのため、本当に葬儀の際に身に付けて良いのか迷う方もいらっしゃるでしょう。
しかし、身に付けた方がマナー的には良い場合があります。
それはどのような時なのか、そしてどのようなタイプのリボンを身につければ良いのか、ここでは礼服でのリボンについてご説明します。

リボンの髪飾りは適切である

結論を申し上げると、リボンの髪飾りは葬儀の場でも適切な装いになります。
礼服を着用する際、髪が長い女性はリボンの髪飾りを付けた方が無難です。
その理由や、どのようなリボンを選んだら良いか見ていきましょう。

どんな時に身に付けるのか?

葬儀ではお辞儀をしたり、椅子から立ち上がったりといった動作が多いです。
このような場合、髪が長い女性が髪の毛をまとめずにいると、動きによって髪が乱れ、ご本人も周囲の方も気になります。
したがって、長い髪をまとめる必要がある時にリボンが必要になります。

髪の毛をゴムでまとめることもありますが、葬儀の際ゴムが見えることについては賛否両論です。
ゴムは地味で良いという意見と、カジュアルで良くないという意見があるのです。
どちらが正しいということがないため、ゴムは念のため隠した方が無難です。
そして、ゴムを隠すためにリボンの髪飾りが用いられるのです。
地味なリボンも多く、きちんと選べば葬儀にふさわしいものが豊富にあります。

どんな色が適切か?

葬儀の際の髪の毛のリボンは黒色の地味なものが適切です。
また、サイズは大きすぎない適度なもので、装飾などがされてないものを選びましょう。
柄なども入っていない、無地のリボンを選ぶようにしましょう。

ちなみに、明るく染色している髪の毛は葬儀では黒っぽくする方が良いとされています。
せっかく黒いリボンの髪飾りを選んでも、髪の毛の色が明るすぎると葬儀の場面にふさわしくありません。
最近では、1日だけ黒髪に戻せる染料も販売されていますので、できるだけ葬儀には黒に近い髪の毛で参列しましょう。

韓国の葬儀での白いリボン

韓国では、葬儀の際に男性は襟の部分、女性は髪の毛に小さな白いリボンを付けます。
この小さな白いリボンは、喪章です。
韓国では葬儀の際、遺族は喪服を着用し、喪章を身に付け過ごします。

また葬儀が終わっても、喪中の間は通常の服にこちらの喪章を付けて生活をします。
喪中の間、ずっと喪服を着て過ごすことは困難ですが、白いリボンの喪章であれば邪魔にならず、故人への哀悼の意を表せるのです。

バレッタでも問題ない?

葬儀の際の髪飾りはバレッタでも問題ありません
また、バレッタに髪をまとめるネットが付いたシニヨンバレッタもありますが、そちらも葬儀の髪飾りとして使えます。
ネットが付いていると、長い髪の毛もきちんとまとめられます。

リボン付きではないシンプルなバレッタを選ぶ際にも、地味なものを選びましょう。
できれば、黒一色で光沢がなく飾りや模様が入っていないものがおすすめです。

靴やバッグはシンプルに

靴やバッグのリボンは葬儀に適切かどうかをご説明します。
靴のリボンについてですが、葬儀の際はできるだけリボンがついていない靴が良いです。
ブラックフォーマルににリボン付きの靴というものはあまりなく、葬儀でもリボン付きの靴を履いている方はほとんどいらっしゃいません。
リボンが付いている靴は、どうしても華やかなものが多いので、葬儀の際は避ける方が無難です。

バッグのリボンに関しては問題ありません
ですが、それはブラックフォーマル用のバッグにリボンが付いている場合に限ります。
ブラックフォーマル用であれば、リボン付きといっても大人しいデザインのものが多いためです。
ただし、ブラックフォーマル用ではないリボン付きのバッグは、よくデザインを見てから葬儀にふさわしいか判断しましょう。
葬儀の際のバッグは、黒・光沢がない・派手でない・革製ではないが基本です。

また、以下の記事では、葬儀の服装マナーに関して詳しく解説しておりますので、ご参考にしてください。

こちらも読まれています

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

葬儀の際には、どんな服装でいくのが正式なのか、はっきりと答えられますか?そこで、いまさら聞けない葬儀に着ていく服装について調べてみました。親族や身内、知り合い、会社関係など立場によっても変わってくる服装のことをしっかりと確認しときましょう。

故人の写真に付いているリボン

葬儀

遺影にリボンが付けられているのをご覧になったこともあるかと思います。
続いて、その遺影のリボンについてその意味や、外すタイミングについてご紹介します。

どういう意味があるのか?

遺影に付けられているリボンですが、実は宗教的な意味は全くありません
それでは、なぜ遺影にリボンを付けるのかをご説明します。

始まりは明治時代、日清・日露戦争の頃だと言われています。
この頃、出征前に軍人の間で自分の遺影用の写真を撮影をしてから戦地に赴きました。
戦死した場合は、この写真を使って葬儀を執り行うのです。

そして葬儀に参列した友人は自分達が戦地で身に付けていた喪章を遺影にかけ、別れを惜しんだのです。
この戦時中の出来事が、遺影にリボンをかけるようになった始まりだと言われています。

外すタイミングと処分方法

遺影にかけられたリボンですが、外すタイミングや処分方法について明確な決まりごとはありません
遺影のリボンに宗教的な意味合いがないからです。
しかし、四十九日を過ぎたらリボンを遺影から外すのが一般的です。

そしてリボンは自治体のルールにしたがって、ゴミに出してもかまいません。
ただし、やはり故人のためのリボンだったので、ゴミに出すのはためらわれる方もいらっしゃいます。
その場合は、菩提寺に相談してお焚き上げなどをしてもらいましょう。
お寺に相談すれば、より良い処分方法が見つかるでしょう。

リボン型の喪章について

葬儀

葬儀の際に、一部の方が黒い長方形の小さな布や、黒い腕章を付けていることがあります。
その小さな布や腕章が喪章で、小さな布はリボン型の喪章と呼ばれるものです。
最後に、このリボン型の喪章について見ていきましょう。
喪章とは何か、リボン型の喪章はどこに付ければ良いのかをご説明します。

喪章とは何か?

喪章とは、故人の死を悼むため、主に喪主とその家族が身に付ける印のことです。
リボン型の喪章は、オーソドックスな黒の小さな長方形タイプや、その上部に花飾りが付いたタイプなどがあります。
近年では、葬儀の多様化に伴い、喪家が喪章を付けない葬儀も見かけられるようになりました。
しかし、以前は喪章を身に付けるのが一般的で、喪家と弔問客の区別する役割も喪章にはありました。

また喪章は喪家だけでなく、葬儀社のスタッフや葬儀の手伝いの方も身に付けることがあります。
喪章は、葬儀だけでなくお通夜の際にも付けます。

喪章を付ける位置

リボン型の喪章を付ける位置は、左胸の部分です。
男性であれば、ジャケットのポケットがあるため、そのやや上に付けます。
女性の礼服はポケットがないものありますが、男性同様左胸のやや上に付けます。

左側に付けるというのが原則です。
これはなぜかというと、本尊から見て右側(喪章を付ける側)が上位と仏教では考えられているからです。
上位の側に喪章を付けることにより、故人へ弔意を示せるのです。

終活ねっとでは、喪章についてより詳しい記事をご用意しています。
以下の記事では、リボン型の喪章だけではなく腕章型の喪章についても詳しく解説しています。
どうぞこちらも、あわせてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀用のリボンとは?リボンの付け方や作り方についても解説!

葬儀用リボンや喪章について、皆さんはどのくらいご存知ですか?高齢化が進んみ、葬儀に呼ばれることが多くなってきたと感じている方も多いのではないでしょうか。この記事では、葬儀用のリボン、喪章について解説していきます。

葬儀に関するリボンのまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回、終活ねっとでは葬儀に関するリボンについて、以下の通り解説してきました。

  • 髪が長い人が葬儀に参列する際、髪をまとめるのがマナーで、その際にリボンを使用しても問題ない
  • 髪飾りのリボンは、黒色がふさわしい
  • 髪飾りのリボンは、カジュアルになりすぎないように、髪をまとめるゴムを隠す意味がある
  • リボンだけでなく、リボン付きのバレッタやシニヨンバレッタ、装飾なしの黒いバレッタも葬儀では使える
  • 遺影のリボンは、明治時代に軍人が戦友の死を悼むため遺影に喪章をかけ始めたのが始まりである
  • 遺影のリボンは、宗教的な意味合いがないため外すタイミングに決まりはないが、四十九日が過ぎたら外すのが一般的である
  • リボン型の喪章があり、喪家が主にお通夜や葬儀の際に左胸に身に付ける
  • 韓国での喪章は、白い小さなリボンであり、男性は襟、女性は髪の毛に付ける

以上のことが中心です。
リボンは、弔事においてもマナー上や、故人への弔意を表すために必要です。
この記事が、葬儀の際にリボンはふさわしいのかや、遺影のリボンの取り扱いについて迷われている方の参考になれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

終活ねっとでは、この他にも葬儀に関する記事を豊富にご用意しています。
以下の記事では、葬儀の費用について詳しく紹介しております。

ぜひあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「葬儀・リボン」に関連する記事

  • 葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像

    葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

    家族葬や直葬など様々な種類の葬儀を聞いたことはありませんか?自分たちはどの葬儀をすればいいのかわからないですよね?この記事で全ての種類の葬儀の特徴や違いを説明いたします。ご自身がどの葬儀を選択すればいいのか必ずわかるはずです!

  • ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説のサムネイル画像

    ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説

    大切な方とのお別れはいつ訪れるか分かりません。いざ最期のお別れを迎えた時に、落ち着いて葬儀の準備をすることはとても大変です。今回終活ねっとではご臨終から葬儀までの手順について解説していきます。いざという時のために葬儀までの手順を把握しておきましょう。

  • 葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

    葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

    この記事では、葬儀のマナーの中でも特にネクタイの色や結び方などの常識について書いていきたいと思います。また、例えば葬儀の際のネクタイの色や結び方など常識とされているものがなぜそうなのかという点にも注目していきたいと思います。

  • 葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説のサムネイル画像

    葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説

    身近な人が亡くなったとき、葬儀の日程を決めなくてはなりません。急いで決めなくてはならない状況で、どのようなことに気を付けて決めればよいのでしょうか?この記事では、葬儀日程を決めるうえで押さえておくべき項目や、決まった日程のお知らせについてを紹介しております。

  • 葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説しますのサムネイル画像

    葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説します

    葬儀に行くときに身に着けるものって迷いますよね。葬儀に参列される際、髪型や服装、身に着けるアクセサリー、持っていくバックなども様々な決まり事があります。この記事では、葬儀にふさわしいバックの選び方のポイントを紹介します。

  • 葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像

    葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

    故人とのお別れの時間を過ごすご葬儀の場で、故人を偲び、ご遺族と悲しみを分かち合う時。その場に合う装いはとても大切です。しかし、大切だからとアクセサリーで身を飾るのは相応しくない場です。今回は、ご葬儀の場で失礼にならないアクセサリーの身に着け方をご紹介します。

  • 葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像

    葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

    近親者が亡くなった場合、社会人の常識として自分や故人が所属する会社へ連絡を行います。連絡を受けた会社側は、葬儀への参列などについて社内規則に沿って対応を行います。これら葬儀に関する一連の流れの中で、双方が注意すべき点をまとめました。

  • 葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!のサムネイル画像

    葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!

    お葬式が終わった後にも、残されたご家族にはたくさんにやらなければならない葬儀後の手続きがあります。葬儀後の手続きをしっかりと行わないと、損をしてしまう場合があるので注意が必要です。今回はそんな葬儀後の手続きについて、年金や相続の手続きとともに解説します。

  • 葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説のサムネイル画像

    葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説

    葬儀の受付を任されたら、どのようなマナーを守ればいいのでしょうか。葬儀の受付を行う機会自体、人生の中でそう多くはなく、それ故に実際、どのように振舞うべきか分からない方は多いと思います。その為、今回は葬儀の受付を行う際のマナーを紹介したいと思います。

  • 葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!のサムネイル画像

    葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!

    現在は、故人や家族の想いや事情に合わせた葬儀をさまざまな場所で執り行うことができます。何人くらいの人に来てもらい、どんな形式と流れで故人を送るかにより場所の選び方は変わってきます。いざというとき、何を基準にどんな葬儀の場所を選べばいいのかを考えてみましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像

    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・リボン」についてさらに知りたい方へ

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説のサムネイル画像

ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説

葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説しますのサムネイル画像

葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説します

葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像

葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!のサムネイル画像

葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!

葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説のサムネイル画像

葬儀の受付は誰がやる?受付の準備方法や具体的なマナーまで解説

葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!のサムネイル画像

葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像

葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・リボン」についてさらに知りたい方へ

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説のサムネイル画像

ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説

葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説しますのサムネイル画像

葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと

女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-403-556
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料
事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引