授乳中の喪服はどう用意する?レンタル・手持ちで済ませる方法も解説

授乳期の赤ちゃんがいる時期に、お通夜やお葬式などに参列しなければならないとしたら喪服をどうしたらいいか悩みますよね。授乳口つきの喪服を買う以外の選択肢はないのでしょうか。授乳中の喪服を購入、レンタル、手持ちで済ませるなどの方法について解説します。

目次

  1. 授乳中の喪服はどう用意する?
  2. 普段の喪服で対応する
  3. 授乳用の喪服をレンタルする
  4. 授乳用の喪服を購入する
  5. 授乳中の子供と葬儀に参列する際の持ち物
  6. 授乳中の喪服についてまとめ

授乳中の喪服はどう用意する?

困った人々

赤ちゃんを育てていると、頻繁に授乳が必要になります。
親族などで不幸があり、葬儀などへ参列しなければならない時、授乳中だと喪服をどうしたらいいかと悩みますよね。

亡くなった方が、ごく親しい身内の方であれば短時間の参列では終わらないことも多々あります。
赤ちゃんが小さいうちはしょっちゅう授乳をしなければなりませんから、とても大変です。

今回終活ねっとでは、授乳中の喪服について以下の項目について解説します。

  • 授乳中に普段の喪服で対応する場合のメリット、デメリットは?
  • 授乳用の喪服をレンタルする方法は?
  • 授乳用の喪服をレンタルした場合のメリット、デメリットは?
  • 授乳用の喪服を購入する場合のメリット、デメリットは?
  • 授乳中の子供と葬儀に参列する際の持ち物は?

この記事では、「一般的な喪服で参列する」、「授乳用の喪服をレンタルする」、「授乳用の喪服を購入する」という3つの対処法について説明します。

それぞれのメリット、デメリットについても紹介しておりますので、ご自身に合った方法を選んでください。

少し長いですが、ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

普段の喪服で対応する

葬儀

1つ目の選択肢は、普段の喪服で対応するです。

一般的にお悔やみごとの参列というのはそれほど頻繁にあるものではありません。
しかも授乳の時期とお悔やみごとのタイミングが重なるというのも、これから先あるかどうかわからないですよね。

このため、わざわざ授乳中専用の喪服を買うまでもないかな、と考える人がいても当然でしょう。
購入するとなればそれなりにお金もかかりますから、一回きりのために買うのを躊躇してしまう気持ちもわかります。

その場合は、既に持っている一般的な喪服で対応するという方法があります。
次の具体的な方法を説明します。

普段の喪服で対応する方法

お通夜や葬儀などの式の途中では、一般的な喪服を着用します。
そして、赤ちゃんがぐずってくるなど授乳の時間になったら、別室へ移動して授乳をしやすい服装に着替えて授乳する方法です。

授乳時に着る服装は、できるだけ黒などの地味な色のものを選びましょう。
授乳と同時に、赤ちゃんのおむつを替えることもあるでしょうから、場合によっては控室から外へ出ることも考えられます。
その時に地味な色やデザインの服を着ていれば、悪目立ちしてしまう心配がありません。

ケープを使う

授乳口つきの服を持っていない場合は、周りの目が気になりますよね。
授乳専用のケープを使ったり、大きめのタオルなどで隠しながら授乳をすると安心です。

この際のケープについても、地味な色のものを選ぶようにしましょう。

普段の喪服で対応するメリット

普段から持っている喪服で対応するメリットは、次の通りです。

費用がかからない

すでに持っている服を利用することができるので、新たに喪服を買う必要がありません
そのため、特段費用がかからないというメリットがあります。

すぐに用意できる

授乳専用の喪服は、どこかしこでも手に入るものではありません。
専門店で手に入れなければならないでしょうから、自宅から遠い店でないと売っていなかったり、住んでいる地域では売られていなかったりする可能性もありますよね。
通販で購入しても、期日までに配送してもらえるか不安になってしまう、なんてことも考えられます。

その点、普段の喪服を利用すると決めたら、すぐに用意できるので安心です。

普段の喪服で対応するデメリット

普段の喪服で対応するデメリットは次のようなことです。

着替えの場所が必要

普段の喪服はワンピースやアンサンブルなどが多く、伸縮性もないためそのまま授乳することは到底不可能です。
そのため着替えが必要になります。

他の人が沢山いる場所で着替えるわけにはいきませんので、授乳の際に着替えができる場所が必要になります。
赤ちゃんがぐずった時はいつでも自由に使うことができる着替え場所がないと、対応できないのはデメリットといえるでしょう。

クリーニング代がかかる可能性も

生後間もない赤ちゃんほど、授乳時間は頻繁になります。
お母さんはそのたびに着替えをする必要があるのですが、慌てていると何かの拍子で喪服を汚してしまう可能性もあります。

母乳は血液と同じ成分でできていると言われ、衣類についてしまうと案外取れにくいものです。
その場合、クリーニング専門店に依頼する必要が出てくるかもしれません

授乳用の喪服をレンタルする

葬儀

持っている喪服で対応しようにも、着替える場所がなかったり、着替えるのが手間と考える人もいると思います。
とは言え、購入するにはそれなりに費用もかかりますよね。

喪服を購入をするのは気がひけるけれど、授乳用の喪服を着用した方が安心する、という人におすすめなのが、授乳用の喪服をレンタルする方法です。

授乳用の喪服をレンタルする方法

授乳用の喪服をレンタルするには、インターネットサイトでの注文が便利です。
インターネットショッピングのように簡単にレンタルをすることができます。
「授乳 喪服 レンタル」のように検索し、自分にあったショップを探します。
遠方だと配送に時間がかかるため、できるだけ配送先に近い店がいいでしょう。

写真などでデザインやサイズを確認し、気に入ったものが見つかったら、配送先の住所や支払い方法を入力して注文します。
店にもよりますが、返却は着払い用の伝票を貼り付けて店が指定した配送業者にて発送手続きをすればよいので、手軽です。

授乳用の喪服をレンタルするメリット

授乳用の喪服をレンタルするメリットはどのようなものでしょうか。
次の2つのようなメリットが考えられます。

保証をつければ汚しても大丈夫

授乳用の喪服という特性上から、授乳中に誤って喪服を汚してしまったり、子供がよだれをつけてしまったりする心配があると思います。
そのような心配がある人は、店が用意している保証をつけてはいかがでしょうか。

喪服のレンタル料金に上乗せして費用を払うことで、使用中に誤って汚したり、傷をつけてしまったりしても事前に保証をつけていればクリーニング代などの損害賠償しなくても大丈夫です。
それには、喪服のレンタル料金に上乗せした金額で保証プランに加入している必要があります。

保証プランを設けている店を選べば、汚してしまったらどうしよう、と気を遣い過ぎずに済みます

お店にもよりますが、保証プランの値段もそこまで高くないため、利用しやすいです。

購入するよりも安く済む

品物や店にもよりますが、授乳用の喪服をレンタルする場合、大体5,000円ほどで借りられます。
同じような品質の商品を購入するとなれば1万円程度はするでしょうから、価格的にみて購入するよりも安く収まるのはメリットと言えるでしょう。

購入した後で汚してしまったら、クリーニング代の負担が必要になります。
レンタルで保証をつければ、クリーニングの必要はありませんからクリーニング代の費用負担が少なくて済みます
また購入した場合に必要になる保管場所に頭を悩ませる必要がないのもメリットと言えるでしょう。

授乳用の喪服をレンタルするデメリット

授乳用の喪服をレンタルするデメリットとしては、次のようなものが考えられます。

  • 他の人が着用したものを着ることに抵抗を感じてしまう。
  • たとえ保証プランに入っていたとしても、借りているものなので気を遣う。
  • サイズが合わなくても自分のものでないのでお直しなどが出来ない。

授乳用の喪服を購入する

葬儀

普段の喪服では、着替えるのが面倒かと言って、レンタルするのはなんだか気がひける、という人は思い切って授乳用の喪服を購入してはいかがでしょうか。

手持ちの喪服はある程度品質の高いものを求めた方がよいと思います。
しかし、1度きりと割り切ってさほど品質にこだわり過ぎなければ、案外レンタルよりも安く手に入る場合もあります。

授乳中に喪服を着る機会が今後も何度もありそうだ、という場合も購入しても良いかも知れません。

授乳用の喪服を購入する方法

それでは授乳用の喪服はどのような場所で手に入れられるのでしょうか。
特別な品物だけにどこにでも売っているというわけではありません。
次からは、授乳用の喪服を購入できる場所について説明します。

しまむらなどの店舗

ベビー、マタニティ用品を扱っている店では、授乳用の喪服を売っていることがあります。
西松屋や赤ちゃん本舗、しまむらなどの専門店や、イオンなどの総合スーパーでも取り扱いがある場合があります。
サイズ感や質感を実際に手に取って確かめられるので、安心ですね。

通販

2]自宅にいながら24時間注文ができる[/emp2]のが魅力です。
小さな子供がいるお母さんは、外出をしてゆっくり買い物をすることが難しいですからね。

ベルメゾン、セシール、ニッセンなどの大手通信販売会社では、授乳口つきの喪服を販売しています。
ワンピースタイプであれば、価格も5千円ほどからでも購入できるものもあります。
これから先長く着るものではないと割り切れば、リーズナブルな商品を購入するという選択肢もありそうです。

授乳用の喪服を購入するメリット

授乳用の喪服を購入するメリットとしては、次のようなものが考えられます。

  • 自分専用の服なので気兼ねなく着用ができる。
  • レンタルのような返却期限がないので、葬儀後の法要の際など、今後も使える。
  • 丈などのサイズが合わなければ、丈詰めなど補正をするのも自由である。
  • 価格帯や素材、デザインなど比較的選択の幅が広い。

授乳用の喪服を購入する最大のメリットは、自分の好きなものを選ぶことができ、汚れなどを気にする必要がない点でしょう。
レンタルとは違って返却する必要がないので、着用後に自分のペースでメンテナンスできるのも良いですね。

授乳用の喪服を購入するデメリット

授乳用の喪服を購入するデメリットは以下のようなものが考えられます。

  • 使用用途が限定されているため、購入しても今後着る機会がないかも知れないのでもったいない。
  • 着るのが1回きりだからという理由で、安価なものを選ぶと、品質に納得できないことがある。
  • 購入後、クリーニングに出すなどのメンテナンスが必要になる。
  • 収納場所を確保しなければならない。

授乳用の喪服を購入するデメリットとしては、1度きりしか着ないものを購入するのはもったいないという点があげられます。
購入後にメンテナンスをして、保管をして、というのも案外手間がかかるものです。
最終的に取っておくのか、誰かに譲るのか、と考える必要があるので、それが大変に感じる人はレンタルなどの方法が向いているかもしれませんね。

授乳中の子供と葬儀に参列する際の持ち物

葬儀

授乳中の子供と葬儀に参列する際にはどのような持ち物が必要になるでしょう。
基本的には、普段外出する時に持ち歩いているものを持参すれば大丈夫です。
具体的には次のようなものが考えられます。

  • 保険証、母子手帳、お薬手帳
  • おむつ、おしりふき、おむつ交換の時の下に敷くシート、おむつを捨てる袋
  • 大きめで黒などの暗い色のマザーズバッグ
  • 抱っこ紐(普段使い慣れているもの)
  • 下着や洋服などの着替え、寒い時に羽織るもの
  • 授乳ケープ
  • タオルなど(寒ければ防寒になり、ねんねの赤ちゃんなら寝せる時にも役に立つ)

おむつやおしりふき、おむつを捨てる袋などは必ずしもすぐに買いに行けるとは限りません。
少し多めに用意しておくと安心です。

式場は夏でもクーラーがきいていたりして、案外冷えることもあります。
温度調節ができる羽織りものなどもあると便利です。

授乳ケープは授乳できる場所がない時に役立ちますので、忘れずに持参しましょう。
お通夜やお葬式に赤ちゃんを連れていく際に気を付けることや、持ち物については下の記事で詳しく説明しています。
詳しい内容を知りたい方は、ぜひそちらもご覧ください。

こちらも読まれています

赤ちゃんをお通夜に連れて行くのは失礼?適切な服装やマナーも解説!

お通夜に赤ちゃんを連れて行くのは失礼なのでしょうか?赤ちゃんを預けたりするのも不安で連れて行かざるを得ないこともあるでしょうが、大声で泣き出しても困りますね。この記事では、赤ちゃんを連れてお通夜に参列することの是非、連れていく際の服装やマナーなどを解説します。

授乳中の喪服についてまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、授乳中の喪服はどう用意したらいいかについて詳しく解説してきました。

  • 授乳中に普段の喪服で対応するメリットは、費用が抑えられ、すぐに用意できることである。
    デメリットは、着替えの場所が必要であり、喪服を汚したらクリーニングが必要になることである。
  • 授乳用の喪服をレンタルする方法は、インターネットでのレンタルが手軽である。
    インターネットのサイト上では、買い物をするように気軽にレンタルをすることができて便利である。
  • 授乳用の喪服をレンタルするメリットは、購入するよりも安く済んだり、保管場所を考える必要がない点である。
    汚しても弁償する必要のない保証つきのプランであれば、より安心である。
    一方で、他の人が着たものに抵抗がある人にとっては、レンタルは都合がよくない。
  • 授乳用の喪服を購入する場合のメリットは、自由に好きなデザインのものを選び、必要があれば補正をすることもできる点である。
    デメリットは、1度きりの使用で購入するのはもったいないのと、後日のメンテナンス、保管の手間がかかること。
  • 授乳中の子供と葬儀に参列する際の持ち物は、日常の外出の時と大きな変わりはない。
    おむつや着替えなどの消耗品は少し多めに用意する。
    授乳室が無い場合に備えて、授乳用ケープを持参した方がいい。

以上の項目を解説してきました。

小さな子供を育てている時にお葬式などに参列するのは本当に大変なことです。
まして授乳中であれば、お母さんの負担も大きいことでしょう。

授乳用の喪服を購入した方がいいかどうか迷った時は、ぜひこの記事を参考にしていただければ幸いです。

また、以下の記事では、葬儀での赤ちゃんの服装についても解説しています。
ぜひあわせて参考にしてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の際の赤ちゃんの服装の選び方って?注意点もご紹介します!

突然の訃報を受けたとき、すぐにでも駆けつけたいけれど、赤ちゃんを連れて葬儀に参列しても良いのかどうか悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこで今回は葬儀の際の赤ちゃんの服装の選び方を紹介します。服装とともに葬儀参列への注意点も解説していきます!

シェアする

「喪服・授乳」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「喪服・授乳」についてさらに知りたい方へ

これから買い替えるなら、おしゃれな喪服にしませんか?のサムネイル画像

これから買い替えるなら、おしゃれな喪服にしませんか?

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方は?のサムネイル画像

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方は?

着物の喪服について~葬儀に着る黒紋付きの詳細~のサムネイル画像

着物の喪服について~葬儀に着る黒紋付きの詳細~

どんなものを付ければ良い?喪服に相応しいアクセサリーとはのサムネイル画像

どんなものを付ければ良い?喪服に相応しいアクセサリーとは

喪服のブラウスは何を選ぶべき?種類や色、注意点も解説のサムネイル画像

喪服のブラウスは何を選ぶべき?種類や色、注意点も解説

喪服といえば黒?昔の日本は白い喪服での葬列だった?のサムネイル画像

喪服といえば黒?昔の日本は白い喪服での葬列だった?

完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事のサムネイル画像

完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話のサムネイル画像

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話

礼服と喪服ってなに?間違えやすい葬儀の服装について解説します!のサムネイル画像

礼服と喪服ってなに?間違えやすい葬儀の服装について解説します!

夏用の喪服って何を着ればいいの?選び方や持ち物についても紹介のサムネイル画像

夏用の喪服って何を着ればいいの?選び方や持ち物についても紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「喪服・授乳」についてさらに知りたい方へ

これから買い替えるなら、おしゃれな喪服にしませんか?のサムネイル画像

これから買い替えるなら、おしゃれな喪服にしませんか?

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方は?のサムネイル画像

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方は?

着物の喪服について~葬儀に着る黒紋付きの詳細~のサムネイル画像

着物の喪服について~葬儀に着る黒紋付きの詳細~

どんなものを付ければ良い?喪服に相応しいアクセサリーとはのサムネイル画像

どんなものを付ければ良い?喪服に相応しいアクセサリーとは

喪服のブラウスは何を選ぶべき?種類や色、注意点も解説のサムネイル画像

喪服のブラウスは何を選ぶべき?種類や色、注意点も解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと