告別式と通夜の違いは?両方に参列する?|流れ・服装・香典

告別式も通夜も葬儀では主な儀式として行われます。同じ葬儀で行われる儀式でも、告別式と通夜とではどのような違いがあるのでしょうか。今回は告別式と通夜の違いに触れるとともに、どちらに参列すべきかや香典との関係についても見ていきましょう。

目次

  1. 告別式と通夜はどう違うの?
  2. 告別式と通夜の違いとは
  3. 告別式と通夜どちらに参列すべきか
  4. 告別式と通夜のどちらに香典を持参すべきか
  5. 告別式と通夜についてまとめ

告別式と通夜はどう違うの?

葬儀

故人の葬儀ではほとんどの場合、告別式と通夜が行われます。
どちらも葬儀の中で、ご遺族や参列者が故人とお別れし、なおかつ故人の冥福を祈るための場です。
最近では直葬などのように儀式が行われないケースがあるにせよ、今でもなお告別式も通夜も葬儀の中で大切な儀式であることに変わりはありません。

両方とも葬儀の中で行われる儀式である点は一緒ですが、告別式と通夜の違いは果たしてどこにあるのか気になりますよね。
そこで今回終活ねっとでは、告別式と通夜の違いについて詳しく見ていきます。

  • 告別式と通夜の違いとは?
  • 告別式と通夜のどちらに参列すべきなのか?
  • 告別式と通夜のどちらで香典を持参すべきなのか?

告別式と通夜の違いが気になる方や、告別式か通夜のどちらかに参列する必要に迫られている方にとって、大変役立つ内容になっています。
ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

終活ねっとのお葬式ではご希望・状況にあわせて、低価格葬儀から豪華葬儀までわかりやすいセットプランをご用意しております。追加費用がかかる場合は、丁寧に詳細を説明させていただきます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

告別式と通夜の違いとは

葬儀

告別式も通夜も葬儀の中で行われ、かつ故人にお別れを告げるための大切な場です。
ここでは告別式と通夜にはどのような違いがあるのかについて、流れや適切な服装の点から詳しく見ていきましょう。

通夜とは

通夜は一般的には、故人が亡くなった次の日の夕方から夜にかけて行われる儀式や寝ずの番のことです。
同時に通夜が行われるのは、告別式の前夜でもあります。

もともとは故人のご遺体が生き返らないことを確認したり、またご遺体を野犬などから守ったりする目的で、夜通しで番をしていたことに由来する儀式です。
通夜の一般的な流れや適切な服装は、以下のようになります。

流れ

通夜の儀式は夕方の6時か7時ごろから、1時間から2時間ほどかけて行われます。
おおよその流れは以下の通りです。

  • 開式・僧侶の入場
  • 僧侶の読経
  • 焼香:喪主・ご遺族・ご親族・一般参列者の順に行う。
  • 僧侶の説法:短時間説法が行われるが、省略されることもある。
  • 僧侶の退場・喪主の挨拶
  • 閉式

服装

通夜での服装は、ご遺族側も参列者側も準喪服で参列するのが一般的です。
準喪服は男性の場合、黒系の上下スーツと黒ネクタイを結んだ白のワイシャツを着用します。
靴や靴下も黒系のもので、とくに靴は光沢の目立たないものを履きましょう。

女性の場合は、黒系のスーツ・ワンピースが一般的です。
靴は黒のパンプスで、ストッキングも黒のものを履きましょう。
アクセサリーについては、男女とも結婚指輪や婚約指輪以外は極力身につけないようにします。

なお場合によっては一般参列者は平服を着用しても良いとされていますが、ここでいう「平服」は、具体的に暗色系のスーツやワンピースのことです。

告別式とは

告別式は葬儀の中で最も主な儀式を指します。
正確には「葬儀・告別式」とも「葬式」ともいい、この後見ていく流れのうち、僧侶の読経が終わってからのパートのことです。

流れ

告別式は一般的に故人が亡くなって2日目の午前中から昼にかけて行われます。
開始時刻は午前10時または11時で、参列者の人数にもよるものの2時間から3時間ほど行われるのが普通です。
告別式のおおよその流れは、以下の通りに進みます。

  • 開式・僧侶の入場
  • 僧侶の読経
  • 弔辞・弔電の紹介
  • 焼香
  • 僧侶の退場・喪主の挨拶
  • 閉式

服装

告別式の服装は、通夜の場合と少し異なる点に注意が必要です。
特に喪主は最も格式の高い正喪服を着用します。
正喪服は男性であればモーニングと縦縞のズボンが、女性であれば黒のスーツやワンピースが一般的です。

その他の参列者は、通夜と同じように準喪服を着用します。
一方で平服は告別式で着用するのはマナー違反ですので避けましょう。

以下の記事でお葬式での持ち物のマナーについて解説をしていますので合わせてご活用ください。

こちらも読まれています

お葬式の持ち物リストを一挙紹介!バッグ・数珠や服装についても解説

お葬式にはいったいどんな持ち物が必要なのかわからない時はありませんか?この記事では、バッグや数珠やアクセサリーなど、お葬式での持ち物リストを紹介します。男女別の服装(喪服)についての注意点も説明いたします。

告別式と通夜どちらに参列すべきか

困った人々

葬儀に参列する場合、通夜か告別式のどちらに参列すべきか悩むでしょう。
実はどちらの儀式に参列すべきかについては、ご自身の立場によってさまざまです。

親族の場合

まず故人の親族である場合は、故人に最も近しい存在であることから通夜と告別式の両方に参列すべきです。
特にご遺族である場合は、喪主とともに故人に代わって参列者対応をする必要があるため、両方に参列する必要があります。

一方ご親族の場合であれば極力両方に参列した方がよいですが、どちらかにしか参列できない場合は無理する必要はありません。

故人と親しかった友人の場合

故人と親しい付き合いがあった友人の場合は、故人の親族と同じように極力両方に参列すべきです。
場合によっては通夜振る舞いや火葬、精進落としにも参加して、ご遺族とともに故人をしのぶことにもなります。

普通の友人・知人以上に故人と親しい付き合いがあったのであれば、なるべく両方に参列した方が故人に対して真心を尽くすことにもなるでしょう。

友人・知人の場合

故人と普通の付き合いをしていた友人・知人の場合は、どちらかの儀式に参列するとよいでしょう。
特に最近では告別式当日に仕事があるような場合は、通夜の儀式に参列するのが一般的です。

なお通夜が終わった後で通夜振る舞いの声がかからない場合は、そのままご帰宅しましょう。
もちろん通夜が参加できない代わりに告別式に参列できる場合は、告別式に出かけます。

会社関係者の場合

会社関係者についても、基本的には故人の知人・友人と同じです。
つまり告別式当日に仕事がある場合は通夜に、通夜の参列が難しく告別式に参列できそうであれば告別式に出向きます。

ただ会社関係者の場合は時間的に告別式に参列できない場合の方が多いでしょう。
このケースで通夜にも参列できないような場合については、次の項で説明します。

両方に参列できない時はどうするか

もし通夜と告別式の両方に参列できない場合は、香典や弔電を郵送したり、後日都合のよい時に弔問したりしましょう。
香典や弔電の郵送については、郵便局などで所定の手続きを行います。
特に香典を郵送するときは、現金書留封筒にお悔やみの手紙とともに入れて送りましょう。

後日弔問する場合は、事前に喪主に連絡して日時を決めたうえで出向きます。
事前連絡なしに弔問することは失礼ですので避けましょう。

告別式と通夜のどちらに香典を持参すべきか

葬儀

通夜と告別式といえば、香典を持参するのが一般的です。
ここで気になるのが香典をお渡しするタイミングですが、どのようにすればよいのでしょうか。

香典はどちらかに1回持参すればよい

香典は通夜または告別式のどちらかで1回持参するだけで大丈夫です。
むしろ通夜と告別式の両方に分けて香典を持参することはマナー違反とされています。
2回に分けて持参することは、不幸が重なることにも通じて縁起が悪いとみなされるためです。

受付での記帳はそれぞれ行う

香典はほとんどの場合受付でお渡ししますが、その際に記帳も行うのが一般的です。
ただし記帳については香典と異なり、通夜と告別式のそれぞれで行います。
これは記帳簿が通夜用と告別式用とで分けられているためです。
このため両方に参列する場合は、忘れることなく2回とも記帳しましょう。

葬儀に持参する香典の金額相場については、以下の記事でより詳しく説明されていますので、葬儀に参列する場合にはぜひともご活用ください。

こちらも読まれています

香典の金額相場を関係別・法要別に紹介!書き方や入れ方マナーも解説

香典はいくら包めばいいのでしょうか?お葬式や法要に参列する際に必要になる香典ですが、故人との関係性や法要によって金額の相場が変わり、いくら包めばよいのか悩んでいる人も多いと思います。今回は香典の金額相場を香典の書き方・入れ方等のマナーも併せて解説いたします。

告別式と通夜についてまとめ

葬儀

今回の終活ねっとでは、葬儀で行われる告別式と通夜の違いについて見てきました。
記事の内容をまとめますと、以下の通りです。

  • 通夜は故人が亡くなった翌日の夕方から夜にかけて行われる。
    開式後に読経と焼香を行い、喪主の挨拶後に閉式する流れである。
    服装はご遺族も一般参列者も準喪服でよい。
    また場合によっては、一般参列者が平服でよいこともある。

    告別式は通夜翌日の午前中からお昼にかけて行われ、読経と弔辞・弔電の紹介、焼香、喪主の挨拶を行って閉式する流れである。
    服装については喪主は正喪服、その他の参列者は準喪服が一般的である。
  • 告別式と通夜のどちらに参列すべきかは立場により異なる。
    親族のうちご遺族は必ず両方とも参列し、ご親族や故人の親しい友人は極力両方に参列する。
    故人の知人・友人や会社関係者の場合は、参列可能な方に顔を出す。

    もし両方とも参列できない場合は、香典や弔電を郵送したり後日弔問したりする。
  • 通夜と告別式で香典を持参するタイミングは、どちらか一方にする。
    逆に両方で香典を持参することはマナー違反である。
    記帳については通夜・告別式の両方で必ず行う。

告別式と通夜の違いは、まず流れについては告別式の方が行うべきことが多い点が挙げられます。
また適切な服装も、告別式の場合では喪主が正喪服を着用するのが作法です。
告別式と通夜のどちらかに参列すべきかは立場によってさまざまで、特にご遺族やご親族、故人と親しかった人については極力両方に参列すべきとされています。

このように告別式と通夜の違いは、そのまま参列の際に守るべき作法にも関係してきますので、しっかりと理解しておくことが大切でしょう。
ちなみに通夜に参列する際の服装について、より詳しいことは以下の記事で触れられています。
通夜に参列する方は、ぜひとも事前に目を通しておいてください。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!

お通夜は告別式と並び、葬儀の中で故人の冥福を祈りお見送りするための場です。このためお通夜の場にはふさわしい服装で臨む必要があります。そして立場によってお通夜に適しているとされる服装はさまざまです。今回はお通夜にふさわしい服装について見ていきましょう。

シェアする

「告別式・通夜」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像

    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「告別式・通夜」についてさらに知りたい方へ

お通夜の意味ってなに?お通夜ですることについても解説!のサムネイル画像

お通夜の意味ってなに?お通夜ですることについても解説!

お通夜に行けない場合はどうすればいいの?連絡方法や対応も解説!のサムネイル画像

お通夜に行けない場合はどうすればいいの?連絡方法や対応も解説!

お通夜での遺族側の作法は?通夜の流れや喪主側の服装についても解説のサムネイル画像

お通夜での遺族側の作法は?通夜の流れや喪主側の服装についても解説

告別式とは?その流れや通夜との違い、火葬と香典についても解説のサムネイル画像

告別式とは?その流れや通夜との違い、火葬と香典についても解説

お通夜の化粧は濃いのはNG?マナーを解説のサムネイル画像

お通夜の化粧は濃いのはNG?マナーを解説

通夜にふさわしい料理の準備方法を解説!通夜振る舞いのレシピとは?のサムネイル画像

通夜にふさわしい料理の準備方法を解説!通夜振る舞いのレシピとは?

通夜での親族代表の挨拶例文をご紹介!受付での挨拶やマナーも解説のサムネイル画像

通夜での親族代表の挨拶例文をご紹介!受付での挨拶やマナーも解説

お通夜にふさわしい格好とは?男女別に詳しく解説!のサムネイル画像

お通夜にふさわしい格好とは?男女別に詳しく解説!

お通夜の手伝いは何をするの?仕事内容や心構えについて解説!のサムネイル画像

お通夜の手伝いは何をするの?仕事内容や心構えについて解説!

通夜の準備~故人をしのぶための大切な心がまえのサムネイル画像

通夜の準備~故人をしのぶための大切な心がまえ

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像

葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「告別式・通夜」についてさらに知りたい方へ

お通夜の意味ってなに?お通夜ですることについても解説!のサムネイル画像

お通夜の意味ってなに?お通夜ですることについても解説!

お通夜に行けない場合はどうすればいいの?連絡方法や対応も解説!のサムネイル画像

お通夜に行けない場合はどうすればいいの?連絡方法や対応も解説!

お通夜での遺族側の作法は?通夜の流れや喪主側の服装についても解説のサムネイル画像

お通夜での遺族側の作法は?通夜の流れや喪主側の服装についても解説

告別式とは?その流れや通夜との違い、火葬と香典についても解説のサムネイル画像

告別式とは?その流れや通夜との違い、火葬と香典についても解説

お通夜の化粧は濃いのはNG?マナーを解説のサムネイル画像

お通夜の化粧は濃いのはNG?マナーを解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと

女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-403-556
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料
事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引