弔電に関するマナー|宛名・差出人・内容・時期・香典

弔電を打つ際のマナーを知っていますか。通夜、葬儀ともに参ができない場合などに、弔電を利用する場面は意外とあるものです。弔電に関するマナーをはじめ、宛名や差出人の記し方、文章のルールなど、突然の訃報でもきっと役立つ弔電マナーをご紹介します。ぜひご覧ください。

目次

  1. 弔電にはどんなマナーがあるの?
  2. 弔電とは?
  3. 弔電のマナーについて
  4. 弔電はいつまでに送るの?
  5. 香典と弔電は一緒に送るの?
  6. 弔電のマナーについてのまとめ

弔電にはどんなマナーがあるの?

困った人々

弔電にはどんなマナーがあるのでしょう。
葬儀で読まれるのを耳にする機会もある弔電ですが、自分で打つとなるとその文面から送り方まで、どのようにしたらいいのか悩んでしまうことはありませんか。

今回終活ねっとでは弔電を打つ際のマナーについて、誰宛に出したらいいのか、差出人の記し方、文章を作成する際のルールまで気を付けておきたいポイントを含め解説していきます。

今回紹介する内容は以下のとおりです。

  • 弔電とはどういうものなの?
  • 弔電を打つ際のマナーとは?
    宛名や差出人の記し方、文面の作成する際に気を付けたいこと
  • 弔電はいつまでに送ったらいいのか?
  • 弔電と香典を送る場合には、どうしたらいいのか?
  • 弔電を打つ際のマナーのまとめ

通夜や葬儀に送る弔電は、速やかな対応が求められるにもかかわらず、マナーについては意外と知られていないものでもあります。
葬儀の場面で披露されることもあり、多くの人の目に触れることもある弔電は、ぜひ文面にも気を付けて贈りたいものです。

今回は、実際に弔電を送る場面できっと役立つ内容になっています。
ぜひ最後までお読みください。

弔電とは?

年賀状

訃報を受けたけれど、やむを得ぬ事情があり、通夜、葬儀ともに弔問に訪れることができない場合には弔電を打ちます。
弔問の代わりに「弔意を表す」意味で葬儀会場に送る電報が、弔電です。

一般的に葬儀・告別式においては、司会者が届いた弔電の披露を行います。
弔電の文面と差出人の名前が読み上げられますが、複数届いた場合の多くは、代表となる弔電のみの紹介となり、その他は差出人の名前のみが読み上げられます。

故人にお世話になっていたり、親しくしていたにもかかわらず弔問できなかった場合は、後日改めて手紙を送り、遺族の気持ちに寄り添う文面でお悔やみを伝えることもあります。

弔電のマナーについて

人々

弔電を打つ際のマナーには、どのようなものがあるのでしょうか。

弔電は、故人や喪主の自宅ではなく、葬儀会場に送る電報です。
大きな会場などでは同日に複数の葬儀や通夜が行われる場合もあることから、きちんと届くように宛名や差出人を明確に記すことが必要になります。

葬儀への弔電は、誰宛に送ったらいいのでしょうか。
亡くなった方とお付き合いしていた場合などは弔電は誰宛に送ったらいいのか、連名で送ることはできるのか、文面はどうしたらいいのかなど、実際に弔電を打つ場面になると悩むことも多いものです。

ここでは、弔電のマナーについて具体的に紹介していきます。

宛名について

故人としかおつきあいをしていなかったので遺族のことはよく知らない場合や、友人の親などが亡くなった時に喪主が友人のきょうだいである場合など、弔電の宛名に悩むことはありませんか。

ここでは、弔電を打つ場合の宛名について解説します。

基本的には喪主の名前にする

弔電を打つ場合の宛名は、喪主の名前にします。
また、「〇〇(故人の氏名)様 ご遺族様」「〇〇(故人の氏名)様 御遺族御一同様」とすることもできます。

友人や知人の家族の葬儀で、友人が喪主ではなく、兄弟が喪主となっている場合など、あえてご遺族宛の表記にすることもありそうです。

喪主の名前が把握できない場合は?

喪主の名前が分からない場合は葬儀場に確認することができます。

そのほかにも、故人とは親しくしていたものの家族のことは知らない時や、喪主の名前がわからない場合には「〇〇(故人の氏名)様 ご遺族様」「〇〇(故人の氏名)様御遺族御一同様」とすることはあります。

喪主家は通夜や葬儀の準備で慌ただしくしています。
弔問できない場合、喪主の名前の確認のためだけに電話をかけるようなことは避けましょう。

差出人について

弔電の差出人の欄には、どのように記したらいいのでしょうか。

弔電は、多くの人が集まる葬儀の場に届く電報です。
弔意を表しつつも簡潔さが求められる電報ですが、故人や遺族の誰とのお付き合いで送られた弔電であるかは明確にわかるように送ることも大切です。

自分の氏名、住所を入れる

差出人は、自分の名前をフルネームで入れます。

多くの人が目にする可能性のある弔電は、親しい間柄であっても、苗字のみ、名前のみなどとすることなく氏名を明確に入れます。

仕事上のお付き合いの場合には会社名、プライベートなお付き合いでは所属グループ名などを入れることもあります。

連名の場合は、名前の順番に注意する

連名で弔電を送る場合には、名前の順番に気を付けます。

礼儀としてはもちろん、名前を読み上げられることも想定しながら、役職・立場・年齢などの順番に配慮して差出人の名前を入れます。

連名は3人程度までとし、人数が多くなる場合には同級生一同、友人一同、〇〇部一同などとします。

人数が多くなる場合には、弔電ではなく「〇〇一同」で供花を出すことも考えてもよいでしょう。

弔電の内容について

弔電の文面は、どうしたらいいのでしょうか。

郵便局やNTT、KDDIなどのサービスでは、電報の文例や雛型が用意されています。
しかし、親しくしていた方への弔電などでは、心を込めた文章を送りたいということもあることでしょう。

ここでは、弔電の文面を作成する際に気を付けたいポイントをご紹介します。

故人の敬称の付け方を確認する

弔電を打つ際には、故人の敬称に気を付けることが大切です。

故人の敬称は、氏名に「様」を付けるほか、葬儀当日に弔電を受け取るのは喪主なので、喪主から見た故人の続柄を記します。
父はご尊父様・お父様、母はご母堂様・お母様、夫ならご主人様、妻ならご令室様・奥様と書きます。
また、息子はご子息様・ご令息様、娘はご息女様・お嬢様などとします。

弔電では、あえて故人の呼称を使わず「ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申しあげます」とする場合もあります。

忌み言葉を使わない

弔電の文面には、忌み言葉を使わないように気を付けます。
「重ね重ね」などの重ね言葉、「繰り返す」などの不幸が続くことを連想させる言葉、「九」「四」などの言葉は避け、「死ぬ」はご逝去などとします。

以下の記事で忌み言葉について詳しく解説をしていますので合わせてご活用ください。

こちらも読まれています

葬儀で避ける忌み言葉って?一覧や言い換えの表現をご紹介します!

葬儀の際には遺族におかけする言葉にも迷ってしまいますね。葬儀の際には避けるべき忌み言葉をご存知ですか?忌み言葉に関して、意味や具体的な言葉さらには言い換えの表現などを例文なども用いて詳しく解説し、さらには宗教別の意味言葉もご説明します。

句読点は使わない

会葬礼状をはじめ、四十九日の法要後の香典返しに添える手紙など、仏事の手紙には句読点を使わないという慣習があります。
その理由は、もともと毛筆の手紙には句読点は入れなかったことや、儀式が行われることを願ってとのこととされます。

現在では、句読点を使っている弔電もありますが、マナーとしては知っておくとよいでしょう。

弔電はいつまでに送るの?

葬儀

弔電は、いつごろまでに届くように送ったらいいのでしょうか。
葬儀の場で披露される弔電は、葬儀会場に余裕を持って到着するように手配したいものです。

葬儀が始まるまでに到着していれば間に合うものではありますが、喪主が事前に目を通したり、司会者と読み上げる弔電を打合せして決めることを考えると、開始時刻の3時間前までには会場に届いていることが望ましいでしょう。

自宅で通夜や葬儀を行う場合などは特に、忙しくしている喪主を慌てさせることのないよう、余裕を持って送るようにします。

香典と弔電は一緒に送るの?

葬儀

弔電を依頼するために郵便局に行くので、香典も同時に送ってもよいものかと悩むことはありませんか。
ここでは、弔電を香典を両方送る場合の送り方についてご紹介します。

お通夜・告別式で香典を手渡す場合

弔意を表すための方法としては、通夜や葬儀・告別式に参列するのが最善です。
つまり、通夜や葬儀で香典を手渡す場合には、弔電は必要ありません。

また、通夜や葬儀に参列できない時に代理人に香典を託した場合にも、一般的に弔電を打つことはありません。

香典と弔電を送る場合

香典と弔電を両方送るのは、どういう場合なのでしょうか。

遠方や病気療養中などのやむを得ない事情により通夜にも葬儀にも参列できなかった時に、お悔やみの気持ちをきちんと伝えたいという思いから、香典と弔電を両方送るということが考えられます。

香典と弔電のどちらかでもよいところ両方送るのですから、義理のお付き合いなどではなく、本来ならば葬儀に駆け付けたかったという気持ちや、故人を悼む気持ちが強くある時ということになりそうです。

その場合、まず弔電を葬儀の会場に届くように送ります。
一方、通夜や葬儀前後の慌ただしくしている時に、香典を郵送してはいけません。

香典を郵送する場合には、葬儀会場に送るのではなく、後日少し落ち着いた頃に喪主や親族の自宅に届くように郵送します。
その際には、お悔やみの言葉や故人を悼む気持ち、葬儀に参列できなかったことを詫びる言葉を認めた手書きの手紙を同封します。

終活ねっとでは、他にも「香典を郵送する際の手順」について詳しく解説した記事を掲載しています。
そちらもぜひご覧ください。

こちらも読まれています

香典を郵送する方法とは?手順や宛名の書き方・送るタイミングを解説

香典はお葬式の際などに直接持参するという方が多いかと思いますが、遠方の方など、直接持参するのが難しいという場合もあるかと思います。香典は郵送でも問題はないのでしょうか?今回の記事では、香典を郵送してもよいかや、香典に沿える手紙の例文などについて紹介します。

弔電のマナーについてのまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。
今回終活ねっとでは、弔電を打つ際のマナーについて解説してきました。

紹介した内容は以下のとおりです。

  • 弔電とは、葬儀で披露される電報であり、弔意を表すもの
  • 弔電は喪主宛に送るものだが、ご遺族宛にすることもできる
  • 差出人には氏名と住所を明記し、連名にする場合には3名程度にとどめる
  • 弔電を打つ際には、故人の敬称は喪主から見た続柄として敬称に気を付け、忌み言葉や句読点を使わない
  • 弔電は、葬儀開始時刻の3時間前までには到着しているように、余裕を持って送る
  • 香典と弔電は同時に送ってはいけない。弔電は葬儀当日に葬儀会場に送り、香典は後日お悔やみの手紙を添えて送る

弔電は、お悔やみの気持ちを表すものです。

通夜や葬儀に参列できない場合の弔意の表し方には、供花・供物や香典を代理人に託す、弔電を打つ、後日香典を送るなどの選択肢があります。

どれを選択するかは、故人とのこれまでのお付き合いや故人への思いによって変わってきますので、それぞれの葬儀において最適な方法を選択するとよいでしょう。

弔電は、あくまでも弔問に訪れることができない場合の選択肢です。
遺族に会ってお悔やみを伝えることのできない分、礼儀やマナーに叶った形できちんと故人を悼む気持ちが伝わるように送りたいものです。

今回の内容が、皆さんが弔電を打つ際のお役に立つことが幸いです。

終活ねっとでは「弔電のマナーと宛名や文面について」の他にも、葬儀に参列できない場合のマナーについての記事を多数掲載しています。
ぜひそちらもご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀に参列できない場合って?お悔やみの手紙や香典の渡し方を解説!

遠方の場合などで時には葬儀に参列できないことがあります。葬儀に参列できないけれど、ご遺族にせめて香典をお渡ししたい場合、お悔やみの手紙をしたため気持ちを伝えたい場合、どのようにしたら良いのでしょうか。キリスト教式葬儀の場合の注意点も併せて解説します!

シェアする

「弔電・マナー」に関連する記事

  • お葬式参列時のマナーとは?服装や香典・焼香について詳しくご紹介!のサムネイル画像

    お葬式参列時のマナーとは?服装や香典・焼香について詳しくご紹介!

    お葬式に参列する場合、服装やマナーなど気をつけなければならない点がたくさんあります。今回はお葬式に参列する際の服装や香典、焼香に関するマナーについてまとめました。突然葬儀に参加することになっても落ち着いて対応できるようにしましょう。

  • 火葬の流れとマナー|骨上げ・精進落とし・服装・直葬のサムネイル画像

    火葬の流れとマナー|骨上げ・精進落とし・服装・直葬

    通夜と葬儀・告別式が終わった後は、火葬・骨上げの儀式を行います。参列する際には、どんな流れで行い、どんな服装やマナーなどを注意しておくべきなのかを知っておきたいです。火葬、骨上げのマナーをしっかりと把握しておきましょう。

  • 葬式の受付係に必要なマナーとは?事前にやることや仕事内容も解説のサムネイル画像

    葬式の受付係に必要なマナーとは?事前にやることや仕事内容も解説

    葬式に参列すると式場の入り口に受付があり、受付係は故人の関係者が務めています。もし、あなたが受付を任された場合に、マナーを守り、仕事をこなせるでしょうか。そこで、今回は受付係に必要なマナー、葬式の前にやっておくことや仕事内容についても解説していきます。

  • 葬儀の連絡を受けたらすぐに弔電を手配しようのサムネイル画像

    葬儀の連絡を受けたらすぐに弔電を手配しよう

    弔電という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?弔電とは故人にお悔やみの言葉を送ることです。今回はこの弔電の手配について紹介していきます。

  • いざという時焦らないように!葬式でのお焼香のマナーのサムネイル画像

    いざという時焦らないように!葬式でのお焼香のマナー

    お葬式で行うお焼香。正しいやり方やマナーはご存知ですか?お葬式はそう何回も経験するものではないので、なんとなく前の人のやり方を見てお焼香するという方も少なくないのではないでしょうか。今回はそんな、つい緊張してしまうお焼香のマナーについて見ていきましょう。

  • 葬式に参列する際の正しいマナーとは?服装や香典のマナーも解説!のサムネイル画像

    葬式に参列する際の正しいマナーとは?服装や香典のマナーも解説!

    葬式に参列する際には、様々なマナーに気を付けなければなりません。普段、葬式のマナーについて触れることがないため、葬式のマナーは難しく感じるかもしれません。今回は、葬式に参列する際に抑えておきたいマナーについてまとめました。

  • 知っておくべきお悔やみのマナーは?お悔やみの言葉や注意点も解説!のサムネイル画像

    知っておくべきお悔やみのマナーは?お悔やみの言葉や注意点も解説!

    突然の訃報を聞いたときには、すぐにお悔やみの言葉を伝えたほうがいいでしょう。しかし、こちらも突然のことでお悔やみのマナーを守ることができていないと、ご遺族に対して失礼にあたってしまうかもしれません。今回はそんなお悔やみのマナーについて詳しく解説します。

  • お葬式の受付のマナーとは?誰が受付をするかも合わせて解説します。のサムネイル画像

    お葬式の受付のマナーとは?誰が受付をするかも合わせて解説します。

    お葬式は様々な方に支えられて行われます。その中の一つに受付係がありますが、受付係は遺族の立場で参列者の対応をしなければいけません。はたして受付係にはどのようなマナーがあるのでしょうか。葬式の受付の仕事やマナー、誰が受付を行うかまで解説します。

  • 突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?のサムネイル画像

    突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?

    突如入ってくるお通夜の知らせには、いろいろと準備も必要で慌ててしまいがちですが、いざ参列となると「お通夜ってどうすればいいんだっけ?」や「参列した時のマナーって?」と不安になるものです。そんな時に慌てないよう、今回はお通夜に参列する時のマナーをご紹介します。

  • 社葬に参列する時に知っておくべきマナーなどをご紹介のサムネイル画像

    社葬に参列する時に知っておくべきマナーなどをご紹介

    社葬とは、創業者や社長などの会社の功労者、勤務中の不慮の事故などで亡くなった社員などのために遺族と会社が主催者として行う葬儀のことをいいます。社葬には一般葬とは異なる特有のマナーがありますので、ここでは社葬に参列する時に知っておくべきマナーなどをご紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像

    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「弔電・マナー」についてさらに知りたい方へ

お葬式参列時のマナーとは?服装や香典・焼香について詳しくご紹介!のサムネイル画像

お葬式参列時のマナーとは?服装や香典・焼香について詳しくご紹介!

火葬の流れとマナー|骨上げ・精進落とし・服装・直葬のサムネイル画像

火葬の流れとマナー|骨上げ・精進落とし・服装・直葬

葬式の受付係に必要なマナーとは?事前にやることや仕事内容も解説のサムネイル画像

葬式の受付係に必要なマナーとは?事前にやることや仕事内容も解説

葬儀の連絡を受けたらすぐに弔電を手配しようのサムネイル画像

葬儀の連絡を受けたらすぐに弔電を手配しよう

いざという時焦らないように!葬式でのお焼香のマナーのサムネイル画像

いざという時焦らないように!葬式でのお焼香のマナー

葬式に参列する際の正しいマナーとは?服装や香典のマナーも解説!のサムネイル画像

葬式に参列する際の正しいマナーとは?服装や香典のマナーも解説!

知っておくべきお悔やみのマナーは?お悔やみの言葉や注意点も解説!のサムネイル画像

知っておくべきお悔やみのマナーは?お悔やみの言葉や注意点も解説!

お葬式の受付のマナーとは?誰が受付をするかも合わせて解説します。のサムネイル画像

お葬式の受付のマナーとは?誰が受付をするかも合わせて解説します。

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?のサムネイル画像

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?

社葬に参列する時に知っておくべきマナーなどをご紹介のサムネイル画像

社葬に参列する時に知っておくべきマナーなどをご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像

葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「弔電・マナー」についてさらに知りたい方へ

お葬式参列時のマナーとは?服装や香典・焼香について詳しくご紹介!のサムネイル画像

お葬式参列時のマナーとは?服装や香典・焼香について詳しくご紹介!

火葬の流れとマナー|骨上げ・精進落とし・服装・直葬のサムネイル画像

火葬の流れとマナー|骨上げ・精進落とし・服装・直葬

葬式の受付係に必要なマナーとは?事前にやることや仕事内容も解説のサムネイル画像

葬式の受付係に必要なマナーとは?事前にやることや仕事内容も解説

葬儀の連絡を受けたらすぐに弔電を手配しようのサムネイル画像

葬儀の連絡を受けたらすぐに弔電を手配しよう

いざという時焦らないように!葬式でのお焼香のマナーのサムネイル画像

いざという時焦らないように!葬式でのお焼香のマナー

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと

女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-403-556
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料
事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引