喪服の際はどんな革靴を履けばいいの?男女別の革靴のマナーをご紹介

葬儀に参列することになったとき、あなたは喪服に合わせてどんな革靴を履いたら良いのかご存知でしょうか?足元はあまり目立たないからといって、雑に選ぶとマナー違反になりかねません。そこで、今回は喪服を着用するときに履くべき革靴について解説したいと思います。

目次

  1. 喪服時にふさわしい革靴について
  2. 喪服を着るときに革靴を履いてもいいの?
  3. 喪服時の革靴のマナー
  4. どんなデザインの革靴が喪服に適している?
  5. 喪服時のその他のマナー
  6. 喪服時にふさわしい革靴のまとめ

喪服時にふさわしい革靴について

葬儀

喪服を着るとき、あなたはどんな革靴を合わせたら良いのかご存知でしょうか?
喪服が黒色だから、黒い革靴ならどんなものでも良いのだろうとか、仕事で普段履いている革靴を何気なく合わせる方も多いのではないでしょうか?
しかしながら、喪服を着る際の革靴には一定の決まりがあり、雑な選び方をするとマナー違反になってしまいます。
そこで、今回終活ねっとでは、喪服のときの革靴について徹底解説します。

  • そもそも喪服のときに革靴を履いても良いの?
  • 喪服のときに気をつけたい革靴のマナーとは?
  • どんなデザインの革靴が喪服に適しているの?
  • 喪服を着用しているときに気をつけたいその他のマナーとは?

以上の4点を軸に話を進めていきたいと思います。

今回は、喪服を着用するときにおすすめの革靴も紹介していきます。
急な葬儀や法事のために、喪服に合わせられる革靴を1足持っておくと安心です。
ぜひ購入の際の参考にされてはいかがでしょうか?

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

喪服を着るときに革靴を履いてもいいの?

困った人々

そもそも喪服を着用する際に、革靴を履くことは良いことなのでしょうか?

革靴とは、その名前の通り、牛やヤギなどの動物の皮をなめしたものを使って作られた靴です。
動物の皮を使っているということは、葬儀の席では縁起の悪い「殺生」にもつながるため、喪服を着用するときに革靴は避けたほうが良いと、考える方もいらっしゃるでしょう。

実際に、革靴は殺生の関連するものではあります。
しかしながら、フォーマルな場で革靴を着用するのはマナーとされているため、葬儀に参列する際においても革靴を履くのは一般的なことです。
同じ革製のものであっても、より生物の殺生をイメージしやすいものや、華美なものは避けたほうが良いものがあります。
このため、どんな革靴が喪服の際のマナーに適しているのかをしっかりと把握することが大切です。

喪服時の革靴のマナー

葬儀

ここからは、喪服を着用する際にどんな革靴を履いたら良いのかを解説していきます。
まず、大前提として履きやすく疲れにくい革靴を選ぶことをおすすめします。
喪服を着用するようなお通夜や葬儀の場面では、立ったり歩いたりすることが多くあるからです。

その大前提を踏まえたうえで、今度はマナーに即した選び方を説明していきたいと思います。
ぜひ購入の際の参考にしてみてください。

色は濃い黒

喪服に合わせる革靴は、男女ともに濃い黒色のものを選びましょう。
ビジネスシーンでは、茶色の革靴を愛用される方が多くいらっしゃいますが、喪服に合わせるのであれば喪服と同じ濃い黒でなければいけません。
濃紺や濃いグレーなどであっても、黒色が並ぶ中では目立ってしまうので履かないほうが良いでしょう。

殺生を強く連想させる素材は避ける

もともと動物の皮由来のものである革靴ですが、先ほども話した通りフォーマルな装いの際に適しているものですので、葬儀の場でも革靴を履いていくのが一般的となっています。
しかしながら、殺生を強く連想させるような素材は避けるようにしましょう。
例えば、ワニ革やヘビ革、アニマル柄の靴はマナー違反になりますので、履かないようにします。

光沢や金具に注意する

黒色であっても、光沢や金具がついていないシンプルなデザインのものを選びましょう。
例えば、エナメル素材のような素材自体に光沢があるものは派手な印象が強くなります。
また、金具やリボンなどがついている革靴も、喪服には似合いません。

ヒールの高さに気を付ける

女性の場合、ヒールの高さにも気をつけましょう。
ヒールが高すぎると、歩きにくいだけでなく華美な雰囲気が出てしまうため、好ましくありません。
逆に、ヒールのない靴はカジュアルな印象に見えることもあります。
疲れにくくきちんと見えるのは、3㎝から5㎝程度のヒールのある靴です。
ヒールの形もピンヒールではなく、安定感のあるものを選びましょう。

どんなデザインの革靴が喪服に適している?

葬儀

それでは、より具体的にどんなデザインの革靴が喪服に合うのか、実際の商品を挙げて説明したいと思います。

メンズ

メンズ フォーマルシューズ
メンズ フォーマルシューズ

商品価格2500円

冠婚葬祭で履けるフォーマルシューズ

この商品を購入

男性の革靴でしたら、上記のような内羽根でストレートチップのデザインが好ましいでしょう。

内羽根とは、紐を解いても靴の羽根部分が開かないデザインのことです。
ストレートチップとは、靴のつま先に1本横にラインが入っている靴のことを指します。
内羽根のストレートチップというデザインははフォーマルな靴の条件ですので、覚えておくと便利です。
金具などはついていない、紐靴タイプを選びます。
靴の色は黒色で、素材は合成皮革でも本革でも構いません。

レディース

レディース フォーマルシューズ
レディース フォーマルシューズ

商品価格2138円

履きやすく、歩きやすいフォーマルシューズ

この商品を購入

女性の場合は、シンプルな黒色のパンプスをおすすめしたいと思います。

太めのヒールの高さは3cmから5cmほどで、安定感のあるデザインになっています。
もし、より歩きやすさを求める方はストラップが付いているタイプのパンプスでも構いません。
もしストラップ付のパンプスを選ぶ場合には、留め金が目立ちすぎないものにしましょう。
リボン飾りや金具のついていないデザインのものを選びます。

素材は、布製・合成皮革・本革のいずれかのものにします。

喪服時のその他のマナー

葬儀

ここまで、喪服に合わせる革靴について話をしてきましたが、ここではその他に気をつけたいマナーについて解説していきたいと思います。

バックについて

まずは、喪服を着用するときに持参するバックはどのようなものを選んだら良いのでしょうか?

男性

葬儀に参列する際、男性はバックを持たないのが一般的です。
葬儀に必要な、お香典・数珠・ハンカチなどを喪服のポケットに入れて持参することが多いのです。

もし、それ以上の荷物があり、バックを持たなければいけないときはどんなバックを選んだら良いのでしょうか?
革靴の選び方と同じで、色は黒色の派手ではないシンプルなデザインのものを持つようにしましょう。
サイズは大きすぎないもので、セカンドバックのように手で直接持てるようなものにします。
金具が付いていたりブランドのロゴが大きく書いてあったりするものは、喪服に合わせるのにふさわしくありません。
また、クロコダイルやヘビ革など、殺生をイメージするような革製のバックは避けましょう。

女性

女性の場合も、バックは黒色のものを持ちましょう。
金具やリボンのないシンプルなデザインのものを選びます。
靴とは違い、バックは革製のものは避け、布製のもののほうが好ましいでしょう。
黒色であっても、ブランドのロゴが大きくプリントされているものは、目立ってしまうので喪服には似合いません。

指輪、腕時計以外のアクセサリーは控える

喪服を着ているときは、結婚指輪と腕時計以外のアクセサリーは控えるようにします。
女性の場合、洋装の喪服を着ているのであれば、ネックレスをつけるのが正式な形となります。
喪服に合わせるネックレスは、真珠や黒曜石、ジェットなどでできているもので、一連のシンプルなデザインのものがふさわしいでしょう。

黒のネクタイは必須である

男性の場合、喪服のブラックスーツには白いワイシャツに黒のネクタイを合わせます。
黒のネクタイは必須ですので、忘れないようにしましょう。

実際にお通夜に参列する際に気になる持ち物やマナーについては、次の記事で詳しく解説しています。
男女によって違いもありますので、ぜひ一度読んでみてください。

こちらも読まれています

お通夜に必要な持ち物は?男女での違いや数珠・香典のマナーも解説!

急に参列する事が決まり、その日のうちに急いで持ち物を用意しなければいけないのがお通夜です。でもいざという時、どこからどう準備して良いかわからないときがあるのではないでしょうか。今回はお通夜における持ち物について詳しく解説していきます。

喪服時にふさわしい革靴のまとめ

葬儀

ここまで、喪服を着用しているときに合わせる革靴について解説してきました。

  • 革靴は本革のものであれば動物の皮から作られているものですが、喪服の際に履いても構いません。
    これは、フォーマルな場で革靴を履くのが好ましいためであり、葬儀のときに身につけるものの中で靴だけが例外的に革製のものの着用を認められています。
  • 喪服にふさわしい革靴のマナーとして、まず第一に色は濃い黒色に限るというのが挙げられます。
    また、殺生を強く連想させるような素材は避けるようにします。
    具体的には、クロコダイル柄やパイソン柄などはたとえ黒色であっても喪服に似合いません。
    革靴はシンプルなデザインのものを選び、エナメル素材のような光沢やリボンや金具といった装飾品は避けましょう。
    女性の場合は、3㎝から5㎝ほどの太めのヒールのあるパンプスが好ましいでしょう。
  • 喪服を着用しているときのマナーとして、まずは持参するバックについて説明します。
    男性の場合、お通夜や葬儀に参列するときはバックを持たず、手ぶらで斎場に行くのが一般的です。
    お香典や数珠、ハンカチといった葬儀で必要なものは、すべて喪服のポケットに入れます。
    もし、バックを持つ必要がある場合には、黒色のシンプルなものを選びましょう。
    サイズは大きすぎないもので、革製ではないものにします。

    女性がバックを持つときは、黒色で布製のものを持つと良いでしょう。
    靴の選び方と同様、装飾品のついていない落ち着いたデザインのものを選びます。

    その他、男性も女性も喪服の際は結婚指輪と腕時計以外のアクセサリーは控えます。
    洋装の喪服を着る女性のみ、ネックレスを付けることが必要です。
    ネックレスは真珠かジェットなどの喪服にふさわしい一連のシンプルなデザインのものにします。

    男性の場合、喪服の中には白いワイシャツを着て黒いネクタイを必ず締めます。

以上が喪服の際の革靴のマナーについてのまとめです。

喪服を着用するときは、普段仕事に行くときに履いている靴を履いてしまってはマナー違反になることがあります。
喪服にふさわしいのは、男女ともに黒色のシンプルなデザインの革靴です。
個性的であったりおしゃれであったりする素材や装飾品の靴は、喪服には似合わないので気をつけましょう。
また、喪服を着用するようなお通夜や葬儀などに参列する際は、立ったり座ったりといった動きも多く、歩きやすさや疲れにくさも革靴選びの重要なポイントになります。
使用頻度は少ないかもしれませんが、大切な場面で履く革靴ですので、ぜひ購入の際はしっかり選びましょう。

終活ねっとでは、その他にもお通夜や葬儀に参列する前に知っておきたいマナーについて、たくさん紹介しています。

いざというときに役立つ情報を掲載していますので、ぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか?

こちらも読まれています

葬儀で着る喪服のマナーは?喪服がない場合や女性の喪服について解説

葬儀では喪服を着ますが、喪服とはどんな服なのか、男性・女性で違いがあるのか、子供にはどんな服を着せればよいのか、など喪服のマナーが分からず困ることも多いでしょう。 この記事では、葬儀で着る喪服のマナーについて、喪服がない場合や女性の喪服などに分けて解説します。

シェアする

「喪服・革靴」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「喪服・革靴」についてさらに知りたい方へ

これから買い替えるなら、おしゃれな喪服にしませんか?のサムネイル画像

これから買い替えるなら、おしゃれな喪服にしませんか?

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方は?のサムネイル画像

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方は?

着物の喪服について~葬儀に着る黒紋付きの詳細~のサムネイル画像

着物の喪服について~葬儀に着る黒紋付きの詳細~

どんなものを付ければ良い?喪服に相応しいアクセサリーとはのサムネイル画像

どんなものを付ければ良い?喪服に相応しいアクセサリーとは

喪服のブラウスは何を選ぶべき?種類や色、注意点も解説のサムネイル画像

喪服のブラウスは何を選ぶべき?種類や色、注意点も解説

喪服といえば黒?昔の日本は白い喪服での葬列だった?のサムネイル画像

喪服といえば黒?昔の日本は白い喪服での葬列だった?

完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事のサムネイル画像

完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話のサムネイル画像

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話

礼服と喪服ってなに?間違えやすい葬儀の服装について解説します!のサムネイル画像

礼服と喪服ってなに?間違えやすい葬儀の服装について解説します!

夏用の喪服って何を着ればいいの?選び方や持ち物についても紹介のサムネイル画像

夏用の喪服って何を着ればいいの?選び方や持ち物についても紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「喪服・革靴」についてさらに知りたい方へ

これから買い替えるなら、おしゃれな喪服にしませんか?のサムネイル画像

これから買い替えるなら、おしゃれな喪服にしませんか?

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方は?のサムネイル画像

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方は?

着物の喪服について~葬儀に着る黒紋付きの詳細~のサムネイル画像

着物の喪服について~葬儀に着る黒紋付きの詳細~

どんなものを付ければ良い?喪服に相応しいアクセサリーとはのサムネイル画像

どんなものを付ければ良い?喪服に相応しいアクセサリーとは

喪服のブラウスは何を選ぶべき?種類や色、注意点も解説のサムネイル画像

喪服のブラウスは何を選ぶべき?種類や色、注意点も解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと