5000円の香典に香典返しは必要なの?品物の選び方も解説!

お通夜や告別式などの際に参列者の方から頂く香典。香典を頂いた際には、後日お礼の意味を込めて香典返しを贈るといわれています。もし5000円の香典を頂いた際には、香典返しは必要なのでしょうか。今回は5000円の香典に香典返しは必要なのか解説していきます。

目次

  1. 5000円の香典に香典返しは必要?
  2. 5000円の香典に対する香典返しについて
  3. 5000円の香典の香典返しに最適な品物
  4. 香典返しに関するマナー
  5. 5000円の香典に対する香典返しまとめ

5000円の香典に香典返しは必要?

困った人々

お通夜や告別式を行う際、参列者の方から故人へのお供え物として香典を頂きます。
香典を頂いた際には、後日香典返しを贈る必要があるといわれています。
香典で頂く金額は様々なのですが、もし5000円の香典を頂いた場合には香典返しは贈る必要があるのでしょうか。

今回終活ねっとでは、5000円の香典に香典返しについて以下の点を中心に解説していきます。

  • 5000円の香典に対して香典返しは贈る必要があるの?
  • 5000円の香典返しにおすすめの品物は?

香典返しは金額によっては贈る必要がないものなのでしょうか。
ぜひ最後まで記事をお読みいただき、香典を頂いた際に正しく香典返しが行えるように供えておきましょう。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積もりやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

ぜひご利用ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

5000円の香典に対する香典返しについて

葬儀

香典として5000円を頂いた際にも香典返しを贈る必要はあるのでしょうか。
また5000円の香典に対する香典返しの金額相場はいくらになるのでしょうか。

ここでは、5000円の香典に対する香典返しについて解説をしていきます。

5000円の香典に香典返しは必要?

香典返しの意味について先程ご説明しましたが、香典返しは頂いた香典に対するお礼や法要を終えることができた報告を兼ねて贈ります。
金額が少ない5000円であっても、香典返しを行うことがマナーです。

後述する香典返しが不要なケースを除いて、基本的に金額がいくらであっても香典返しは贈るようにしましょう。

5000円の香典への香典返しの金額相場

香典返しに金額相場が決まっています。
金額相場以上の、高額な香典返しを贈ってしまうと受け取った方が気を遣ってしまう恐れがあります。

香典返しを贈る際には、金額相場を知り適切な金額の品物を贈る必要があります
以下に、5000円の香典への香典返しの金額相場をご紹介しますので参考にして下さい。

半返し

香典返しの金額相場としては、頂いた香典の金額の半分となる「半返し」が一般的な考え方になります。
5000円の香典を頂いているのであれば、その半分となる2500円程度の香典返しを贈るといいでしょう。

5000円程度の比較的少額な香典を頂いた場合には、半返しをされる方が多いです。

三分の一返し

香典返しの金額相場として、半返しのほかに頂いた金額の三分の一の金額で品物を贈る「三分の一返し」という考え方もあります
5000円の香典を頂いている場合は、三分の一となる1600円~1700円程度の品物を贈るという事になります。

三分の一返しは、高額な香典を頂いた際に選択されることが多い考え方ともいわれています。

香典返しが不要なケースとは?

先程少し触れましたが、香典返しが不要となる場合があります。
香典返しが不要となるケースはどういったものがあるのでしょうか。
以下に香典返しが不要となるケースをご紹介していきます。

  • 香典返しを辞退されている場合
  • 会社の規定により香典返しが不要となっている場合
  • 故人が亡くなったことにより、経済状況が不安定になった場合

このような場合には、香典返しを贈る必要はなくなります。
香典返しを贈らないとしても、香典を頂いているのでお礼は伝える必要があります

香典返しを辞退された場合は送っていいの?

香典返しを相手の方が辞退されている場合に、こちらから香典返しを贈ってもいいのでしょうか。
香典返しを気を遣って辞退されている方に対して贈ったとしても、マナー違反とはなりません
しかし、こちらの状況を気遣って辞退されていますので相手の気持ちを考慮するようにしましょう

もし会社の規定で香典返しを辞退されている場合には、無理に香典返しを贈ってしまうと迷惑となってしまいますので注意しましょう。

香典返しを辞退されている方に対しては、無理に品物を贈るのではなく、お手紙や電話などを利用してお礼の言葉を伝えるようにしましょう

5000円の香典の香典返しに最適な品物

お金

5000円の香典に対して香典返しが必要なのかご紹介をしてきました。
香典返しを贈る際に、多くの方が悩まれるポイントとしてどんな品物を贈ればいいのかという点が挙げられます。

5000円の香典を頂いた際に香典返しとしてはどういったものがあるのでしょうか。
ここでは、5000円の香典の香典返しに最適な品物をご紹介していきます。

香典返しの品物の選び方

香典返しの品物を選ぶ際にはどういった点に注意しておくといいのでしょうか。
以下に香典返しの品物の選び方を解説していきます。

生物は避ける

香典返しでは食べ物を贈ることがよくあるのですが、食べ物であればなんでもいいという訳ではありません。
香典返しでは、お肉や魚などの生物を送ることは殺生を連想させることから、一部の宗教ではマナー違反となっています。

また生物は傷みやすいため、送られた相手の方も処理に困ってしまいます。
この様な理由がありますので香典返しの品物として、生物は避けるようにしましょう。

形に残らないものにする

香典返しの品物を選ぶ際には、不祝儀を残さないという意味を込めて使えばすぐになくなる、形に残らないものを贈るとされています。
香典返しとして、お菓子や海苔、お茶などがよく選ばれる理由は食べてしまえば形に残らずなくなるからです。

例外的なものとして、タオルやハンカチは涙を拭い去るという意味があるため形には残りますが香典返して贈られることがあります。

お菓子について

香典返しの品物としてお菓子はおすすめです。
しかし、お菓子を香典返しと贈る際にもいくつかの点に注意しておかなければいけません。

注意点として、日持ちがするものを贈るようにしましょう。
生物を避ける理由の際にもご説明しましたが、日持ちがしないものは相手の方が処理に困ってしまいます。
お菓子であっても、相手の方がいつ食べられるか分からないので、日持ちがしないものを贈ると傷んでしまう恐れがあります。

また、贈る相手によっては小分けにされているお菓子を贈るようにしましょう。
一人暮らしの方や、職場に向けてお菓子を贈る際に小分けになっていないお菓子を贈ると食べきれない場合や、職場の方全員で分けることができません。

小分けになっているお菓子を贈る方がこういった場合には喜ばれますので、贈る相手によっては梱包についても考えるようにしましょう。

カタログギフトでもいいの?

カタログを贈り、相手の方に欲しいものを選んでいただくカタログギフト
結婚式の引き出物など贈り物でよく選ばれているカタログギフトは、香典返しとして贈ってもマナー違反とはならないのでしょうか。

カタログギフトは最近増えている

カタログギフトは値段の幅も豊富ですし、相手の方も欲しい物が選べるので満足度が高いということから香典返しでも最近ではよく贈られています
カタログギフトであれば、先程控えるべきといったお肉や魚、生物を相手の方が選んでも問題にはなりません。

香典返しの品物を選ぶ手間も省けますので、香典返しとして選択される方は増えています。

香典返しをカタログギフトにする際の注意点

香典返しをカタログギフトにする際の注意点として、人によってはカタログギフトは失礼であると思われる場合があるということです。
カタログギフトを香典返しとして贈るようになってきたのは最近のことですので、高齢の方になるとカタログギフトは香典返しに適していないと考えられていることもあります。

商品を選ぶ必要がなく、相手の方が欲しい物を選べるためメリットが多いように思えるカタログギフトですが、人によっては印象が悪い場合があるということもよく覚えておきましょう。

以下の記事では香典返しでカタログギフトを贈るのは失礼なのか解説をしています。
おすすめの品物もご紹介していますので、ぜひ参考にして下さい。

こちらも読まれています

香典返しでカタログギフトを送るのは失礼?おすすめの品物もご紹介!

最近は、弔事用のカタログギフトも豊富に種類があります。香典返しにカタログギフトは失礼にあたらないのでしょうか?今回は香典返しにカタログギフトを送るのは失礼ではないのかという疑問ついて解説します。また、香典返しにおすすめの品物についてもご紹介します。

香典返しに関するマナー

葬儀

香典返しを贈る際には、品物以外にも気をつけなければいけないマナーがあります。
ここでは、香典返しに関するマナーをご紹介していきますので覚えておくようにしましょう。

香典返しの熨斗(のし)について

香典返しの品物には熨斗をかけて、表書きを行わなければいけません
使用する熨斗の種類や、表書きの内容については宗教によって違いがあるので事前に知識をつけておく必要があります。

どの宗教でも使用できるものとしては、熨斗は白色無地のもの、水引きは黒白結びきり、表書きは「志」となります。
以下の記事では、香典返しの熨斗の選び方を詳しく解説しています。
表書きの書き方についてもご説明していますので、ぜひ一度ご覧ください。

こちらも読まれています

香典返しの熨斗(のし)はどう選ぶ?表書きの書き方やマナーも解説

香典返しを贈る時、のしはどうすればよいのでしょうか。あまり贈る機会がないため、どうすればよいか分からない方もお見えになるのではないでしょうか。ここでは、香典返しののしの選び方や表書きの書き方などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。

香典返しに添えるお礼状について

香典返しを贈る際には、品物だけでなくお礼状を併せて贈るようにしましょう
お礼状を添えておくことで、感謝の気持ちをしっかりと相手の方に伝えることができます。
お礼状を書く際には、細かいマナーが決まっており注意して書く必要があります。

以下の記事では香典返しに添えるお礼状や挨拶状について説明をしています。
注意点や例文もご紹介していますので、ぜひ参考にして下さい。

こちらも読まれています

香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!

香典を頂いたら必要になるお返しですが、香典のお返しに添えられる挨拶状はどのようにすればいいのか悩むところです。香典返しの挨拶状の作成には書き方などいろいろと注意しなければならないこともあります。ここでは香典返しに使える挨拶状の文例や注意点を解説します。

香典返しはいつ送ればいいの?

香典返しを贈る時期としては、忌明けの法要が終了してからといわれています。
忌明けのタイミングは宗教によりことなり、仏式であれば故人がなくなってから49日目、神式であれば50日目といわれています。

最近では忌明けではなく、葬儀会場で香典返しをお渡しする当日返しや、初七日法要の際にお渡しすることも増えてきています。
以下の記事では、香典返しを当日した方がいいのかご紹介しています。
当日返しのメリットやデメリットを説明していますので、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説します

香典返しは本来四十九日終了後、無事に法要が終わったという報告を兼ねて送るお礼の品のことです。しかし最近ではできるだけ早くお返しを済ませたいという考えから、葬儀当日に香典返しを渡すことがあります。当日、香典返しを渡すメリットやマナーをご紹介します。

5000円の香典に対する香典返しまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、5000円の香典に対する香典返しについてご紹介をしてきました。
以下に今回の記事の内容をまとめていきます。

  • 頂いた金額が5000円でも香典返しは必要。
  • 香典返しが不要となるケースとして、香典返しを辞退されている、会社の規定で香典返しを受け取れない、故人がなくなり経済状況が不安定になったというものがある。
    香典返しを辞退されている方に対しては、無理に贈るのではなくお礼の電話や手紙をするなど別の方法で感謝の気持ちを伝えるようにする。
  • 香典返しには、形が残らないものを贈るといい。
    お菓子や海苔、お茶などを香典返しに贈ることが多い。
    肉や魚は一部の宗教では殺生を連想させるため、香典返しで贈ることはマナー違反とされている。
    生物は傷みやすいため、贈られた方が処理に困るので控えるようにする。
  • お菓子を贈る際にも、日持ちがするものを選ぶ、贈る相手によっては小分けになっている物を贈るなど注意点がいくつかある。
  • 最近では、カタログギフトを香典返しとして贈る人も増えている。
    カタログギフトはメリットは多いが、人によってはマナー違反と感じる場合もあるので注意が必要である。
  • 香典返しを贈る際には贈る品物だけでなく、その他のマナーについても注意しておく必要がある。
    マナー違反とならないためにも、事前に正しい知識をつけておく。

頂いた香典の金額が少額であったとしても、感謝の気持ちをお伝えするために香典返しは贈るようにしておきましょう。
香典返しを贈る際には、今回ご紹介している品物の選び方を参考にして下さい。

終活ねっとでは、この他にも葬儀に関する記事を多数掲載しております。
以下の記事では、香典返しに商品券を贈るのは失礼なのかを解説しています。
ぜひ併せてご覧ください。

こちらも読まれています

香典返しに商品券を贈るのは失礼?メリットや郵送方法もご紹介!

香典返しの品物は、贈る相手に喜んで頂けるような品物を選びたいですよね。商品券であれば自分の好きな物を選んでいただけますが、失礼になってしまわないでしょうか?今回は香典返しに商品券を贈るのは失礼かどうかと共に、おすすめの品物やマナーについてご紹介しています。

シェアする

「香典返し・5000円」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「香典返し・5000円」についてさらに知りたい方へ

香典返しが不要なケースとは?辞退の方法や辞退された時の対応も解説のサムネイル画像

香典返しが不要なケースとは?辞退の方法や辞退された時の対応も解説

香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!のサムネイル画像

香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説しますのサムネイル画像

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説します

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明しますのサムネイル画像

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明します

香典返しの熨斗(のし)とは?選び方や書き方、マナーを解説!のサムネイル画像

香典返しの熨斗(のし)とは?選び方や書き方、マナーを解説!

キリスト教の香典返しの作法とは?仏教との違いも解説します!のサムネイル画像

キリスト教の香典返しの作法とは?仏教との違いも解説します!

香典返しに適した時期とは?宗教別の時期や即日返しについても解説!のサムネイル画像

香典返しに適した時期とは?宗教別の時期や即日返しについても解説!

四十九日後の香典返しの挨拶状はどう書く?宗教ごとの例文もご紹介!のサムネイル画像

四十九日後の香典返しの挨拶状はどう書く?宗教ごとの例文もご紹介!

葬儀後の香典返しの金額は?挨拶状の書き方や当日に渡す場合も解説!のサムネイル画像

葬儀後の香典返しの金額は?挨拶状の書き方や当日に渡す場合も解説!

香典返しに添える礼状の文例は?友人や親戚など関係別の例文も紹介!のサムネイル画像

香典返しに添える礼状の文例は?友人や親戚など関係別の例文も紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「香典返し・5000円」についてさらに知りたい方へ

香典返しが不要なケースとは?辞退の方法や辞退された時の対応も解説のサムネイル画像

香典返しが不要なケースとは?辞退の方法や辞退された時の対応も解説

香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!のサムネイル画像

香典返しに添える挨拶状・お礼状とは?例文や注意点を解説します!

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説しますのサムネイル画像

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説します

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明しますのサムネイル画像

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明します

香典返しの熨斗(のし)とは?選び方や書き方、マナーを解説!のサムネイル画像

香典返しの熨斗(のし)とは?選び方や書き方、マナーを解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと