女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?おすすめのブランドも紹介!

女性の喪服にパンツスーツはよいのか、スカートにすべきなのかと悩むことはありませんか。喪服のマナーとともに、パンツスーツを着用してもよい場合と避けたほうがよい場合を取り上げ、おすすめのブランドもご紹介します。生活に役立つ内容となっております。ぜひご覧ください。

目次

  1. 女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?
  2. 女性の喪服でパンツスーツを着ること
  3. パンツスーツを買えるブランドとは?
  4. 女性の喪服に関するマナー
  5. 女性の喪服のパンツスーツについてまとめ

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?

困った人々

ビジネスシーンでは女性のファッションとしてよく目にするパンツスーツですが、通夜や葬儀の場面ではどうでしょうか。

女性の喪服として、黒のパンツスーツは大丈夫なのか、それとも礼装とは認められないのか。
現代の生活においてよく着用するパンツスーツであるだけに、弔事での扱いについても気になるところです。

今回終活ねっとでは、女性の喪服としてのパンツスーツの捉え方について詳しく解説していきます。

ご紹介する内容は以下の通りです。

  • 女性の喪服としてパンツスーツを着用することに問題はないか?
  • パンツスーツを着用してもいい場合と、着用しないほうがいい場合
  • フォーマルウェアとして着用できるパンツスーツを購入できる主なブランド
  • 女性の喪服におけるマナーは? アクセサリーや小物、メイク
  • 女性の喪服マナーとパンツスーツに関するまとめ

今回は、女性の喪服としてのパンツスーツの捉え方に加えて、女性の喪服のマナーについてご紹介していきます。

喪服や礼服のマナーの知識は、社会人としてぜひ知っておきたいものです。
ファッションとしては問題ない洋服のデザインも、儀礼の場である通夜や葬儀にはふさわしくないことも考えられます。

実際の場面に遭遇した時にきっと役立つ内容となっていますので、ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

女性の喪服でパンツスーツを着ること

葬儀

女性の喪服として、パンツスーツは着用してもよいのでしょうか。

故人の死を悼み“喪に服すこと”を意味する喪服は、葬儀において喪主や親族が着用するものです。
葬儀において、正礼装は喪主や近しい親族に限られる装いです。

弔問に訪れる一般の参列者は、喪家側よりも格式の高い服装になることのないようにするのがマナーであり、準礼装が適当とされますが、喪家側が準礼装であることは問題ありません。

女性の喪服でパンツスーツを着てもいいの?

パンツスーツは略礼装とみなされるため、喪家側の女性の喪服としては、ふさわしくありません。
正礼装も準礼装も女性の場合は長袖のアンサンブルかワンピース、ひざ下程度のスカートになります。

状況によって変わる

女性の喪服は基本的にはスカートであるということを知った上で、個人的な事情や状況に応じた選択をする場合もあります。

状況によってアレンジする場合にも、喪服、礼服の格式を知っておくことは、服装の選択にきっと役立つことでしょう。

パンツスーツは喪服になるの?

黒であってもパンツスーツは、略礼服です。
通夜などに参列者が急いで駆け付ける場合に、略礼服で訪れることはありますが、喪主や親族が身に着ける喪服としては適切ではありません。

パンツスーツを着てもいい場合

しかし、高齢の方が参列する場合や身体的な事情など、女性が黒のパンツスーツで葬儀に出席することはあります。

また、天候が厳しい場合などにも、女性が喪服としてパンツスーツを選択する場合があるでしょう。

儀礼の場は、服装で気持ちを表現する場面です。
つまり、喪服としてパンツスーツを着用してもいいのは、略式であることを理解つつ、あえて選択する理由がある場合ということになります。

パンツスーツを避けたほうがいい場合

喪服としてパンツスーツを避けたほうがいい時としては、どのような場面があるのでしょうか。

葬儀における服装は、立場によって変わってくるものです。
以下、立場ごとにご紹介します。

喪主や親族の場合

喪主を務める場合や近しい親族が亡くなった場合などは、特段の理由がない限り、女性の喪服として、略式とみなされるパンツスーツを選ぶのは避けたほうがよいでしょう。

喪主や親族にふさわしい服装は、正礼装もしくは準礼装です。

一般参列者の場合

一般参列者として弔問に訪れる場合には、状況によってはパンツスーツを選択することもあります。

その場合にも、パンツスーツは略礼装であることを理解した上で身に着けることが大切です。

パンツスーツを買えるブランドとは?

人々

黒のパンツスーツを取り扱っているブランドには、どのようなものがあるのでしょうか。

フォーマルウェア専門ブランドの他、身近なブランドでも取り扱いがあるのが黒のパンツスーツです。
ここでは、突然の葬儀出席や大きいサイズの方でも用意しやすいブランドをご紹介します。

しまむら

生活に身近な存在として、全国の各都道府県に店舗展開をしているのがしまむらです。
ネット通販は行っていませんが、ブラックのフォーマルスーツも一万円程度で揃えることができるので、急な葬儀出席の際などにはお近くの店舗をチェックしてみるとよいでしょう。

特に年明けから卒業や入学、就職などを迎えるシーズンは、チラシなどでもフォーマルのフェアを展開しています。
お手頃な価格とサイズ展開が豊富なのも魅力です。

ニッセン

通信カタログやオンラインショップでの購入を考えているなら、ニッセンをチェックしてみませんか。
サイズを選ぶことができるブラックのパンツスーツは、喪服や礼服のみならず様々な場面で活躍してくれるアイテムになりそうです。
オールシーズン使えて、着心地やアレンジのしやすさにもこだわったデザインです。

ベルーナ

カタログ通販やオンラインショップで購入できるだけでなく、店舗展開もしているのがベルーナです。
気になるアイテムをチェックしてから、店舗で実際に手にとってみることができるのも安心して購入できるポイント。

幅広い年齢層のフォーマルウェアとして、エレガントなパンツスーツも展開しています。

大きいサイズが買えるブランドとは?

上記のブランドをはじめ、フォーマルウェアは基本的にサイズ展開が豊富です。

実店舗を訪れた際にサイズがなかった場合などには、オンラインショップを利用してみてはいかがでしょうか。

また、大きいサイズ専門店にもフォーマルウェアのラインナップがあり、パンツスーツを取り扱っています。

  • 大きいサイズ専門店 Clette
  • カタログ通販セシール(cecile)
  • AOKI Size MAX
  • 洋服の青山
  • サガゼン

大きいサイズのフォーマルウェアやパンツスーツを探している場合には、紳士服の量販店をチェックしてみてはいかがでしょうか。

近年は、紳士服の店舗でもレディースにも力を入れており、品揃えも豊富に展開しているお店が多いため、自分に合ったサイズに出会うことができるかもしれません。

女性の喪服に関するマナー

葬儀

女性の親族が着用する洋装の喪服は、黒のアンサンブル(スカート)が一般的です。
若い女性、妊婦さん、夏場などには黒の長袖ワンピースを着用することもあります。

喪服や礼服として着ることができるフォーマルウェアのアンサンブルは、上着を脱ぐとワンピースになっているものが多いので、季節や気温に応じて調節することができます。

靴・バッグの選び方とは?

靴は、光沢のないシンプルなデザインのパンプスです。
しかし、高齢者の参列者も多い葬儀では、状況に応じて履きやすい黒い靴を選ぶこともあるでしょう。

バッグは、小ぶりで光沢や華美なデザインのないハンドバックを持ち、革製品は避けます。

ストッキングについて

ストッキングは肌色でもよいとされますが、黒が一般的です。
ポイントアクセントの付いたものや、ラメの柄が入ったものは避けます。

メイク・髪型について

メイクは頬に紅をささず、口紅は薄くつける程度の片化粧とします。
しかし、ノーメイクで参列するのはマナー違反です。

ネイルは落とし、長い髪は低い位置に束ねるなどして、すっきりとまとめます。

「通夜や葬儀の髪型や持ち物のマナー」については、終活ねっとに他にも詳しく解説している記事がありますので、ぜひそちらもご覧ください。

こちらも読まれています

お通夜での女性の適切な服装とは?髪型や持ち物などのマナーも解説!

お通夜の服装は女性のみなさんにとって不安になることが色々ありませんか?メイクやアクセサリーなどマナー違反にならないように、事前に知っておきたい大切なお通夜の服装についてのポイントをご説明します。女性に適切な髪形や持ち物なども解説していきます。

女性の喪服のパンツスーツについてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。
今回は喪服でのパンツスーツについて解説いたしました。

今回ご紹介した内容は以下のとおりです。

  • 喪家側である女性が身に着ける喪服は、正礼装もしくは準礼装であるため、略礼装となるパンツスーツはふさわしくない。
  • 黒のパンフスーツを女性の喪服として着用する場合には、高齢である場合や天候が厳しい場合など、特別な事情がある場合か考えられる。
  • 一般参列者が黒のパンツスーツで弔問に訪れる際も、略礼服であることを理解しておくとよい。
  • 身近な量販店や通信カタログのオンラインショックでも、フォーマルウェアとして着用できる黒のパンツスーツは購入できる。
  • 大きいサイズなどを求める場合には、紳士服量販店のレディースフォーマルや大きいサイズ専門店の実店舗またはオンラインショップをチェックしてみるとよい。
  • 女性の喪服としてふさわしい装いは、ブラックフォーマルのアンサンブルスーツ(スカート)やワンピースであり、ひざ下スカートになる。
  • 小さめの黒のハンドバッグ、光沢のない黒のシンプルなパンプス、黒のストッキングを着用し、ネイルは落として、片化粧とし、髪はすっきりとまとめる。

喪服は、故人を悼む気持ちを装いでも表現するものであり、儀礼の場である通夜や葬儀では、服装は非常に大切です。
しかし、喪家側の親族であっても、必ずしも正礼装や準礼装のスタイルにすることができない場合もあるでしょう。

通夜や葬儀での服装は、自分のおしゃれのためではなく、弔意を表すためのものであることを踏まえておくことは、喪服や礼服を選ぶ際にも役立ちそうです。

今回ご紹介した内容が、皆さまのお役に立つことができましたら幸いです。

また、終活ねっとでは「女性の喪服としてパンツスーツ」に関する記事以外にも、通夜や葬儀で必要な持ち物のマナーについて詳しく紹介した記事を多数掲載しています。
男女別でわかりやすい記事となっていますので、ぜひそちらもご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

お通夜に必要な持ち物は?男女での違いや数珠・香典のマナーも解説!

急に参列する事が決まり、その日のうちに急いで持ち物を用意しなければいけないのがお通夜です。でもいざという時、どこからどう準備して良いかわからないときがあるのではないでしょうか。今回はお通夜における持ち物について詳しく解説していきます。

シェアする

「喪服・パンツスーツ」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「喪服・パンツスーツ」についてさらに知りたい方へ

これから買い替えるなら、おしゃれな喪服にしませんか?のサムネイル画像

これから買い替えるなら、おしゃれな喪服にしませんか?

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方は?のサムネイル画像

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方は?

着物の喪服について~葬儀に着る黒紋付きの詳細~のサムネイル画像

着物の喪服について~葬儀に着る黒紋付きの詳細~

どんなものを付ければ良い?喪服に相応しいアクセサリーとはのサムネイル画像

どんなものを付ければ良い?喪服に相応しいアクセサリーとは

喪服のブラウスは何を選ぶべき?種類や色、注意点も解説のサムネイル画像

喪服のブラウスは何を選ぶべき?種類や色、注意点も解説

喪服といえば黒?昔の日本は白い喪服での葬列だった?のサムネイル画像

喪服といえば黒?昔の日本は白い喪服での葬列だった?

完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事のサムネイル画像

完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話のサムネイル画像

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話

礼服と喪服ってなに?間違えやすい葬儀の服装について解説します!のサムネイル画像

礼服と喪服ってなに?間違えやすい葬儀の服装について解説します!

夏用の喪服って何を着ればいいの?選び方や持ち物についても紹介のサムネイル画像

夏用の喪服って何を着ればいいの?選び方や持ち物についても紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「喪服・パンツスーツ」についてさらに知りたい方へ

これから買い替えるなら、おしゃれな喪服にしませんか?のサムネイル画像

これから買い替えるなら、おしゃれな喪服にしませんか?

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方は?のサムネイル画像

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方は?

着物の喪服について~葬儀に着る黒紋付きの詳細~のサムネイル画像

着物の喪服について~葬儀に着る黒紋付きの詳細~

どんなものを付ければ良い?喪服に相応しいアクセサリーとはのサムネイル画像

どんなものを付ければ良い?喪服に相応しいアクセサリーとは

喪服のブラウスは何を選ぶべき?種類や色、注意点も解説のサムネイル画像

喪服のブラウスは何を選ぶべき?種類や色、注意点も解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと